1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Card-Dungeon01

 

3枚のカードを駆使してダンジョンを進んでいくローグライク系カジュアルゲーム

ターン制でキャラクターを動かしモンスターを倒しながら進むローグライク系カジュアルゲームです。手札のカードで、直接攻撃、魔法攻撃、体力回復などのアクションを行うことが出来ます。カードは3枚だけしか持つことが出来ず、宝箱などから新しいカードを手に入れたときは、そのカードを捨てるか手札のカードと交換します。カードには使用制限があり、一定の回数使用するとボロボロになって使えなくなってしまいます。各フロアにいるボスモンスターを倒せばクリア、体力が無くなってしまったらゲームオーバーです。

 

 

Card-Dungeon02 Card-Dungeon03

 

最初にカードを2枚選んで自分のキャラクターの特徴を決めます。特徴はいい効果のものと悪い効果のものを1枚ずつ選びます。

Card-Dungeon05 Card-Dungeon07

 

特徴が決まったら、左下のダンジョンからスタートです。

Card-Dungeon08 Card-Dungeon09

 

中央にいるのが自分のキャラクターです。画面をマルチタップしてスライドすると視点を動かすことが出来ます。ピンチイン/ピンチアウトでズームになります。

Card-Dungeon10 Card-Dungeon11

 

キャラクターの周囲に表示された8方向の矢印をタップすると、その方向にキャラクターを動かすことが出来ます。

ゲームはターン制で、自分が1回行動をするとダンジョン内のモンスターもそれぞれ1回の行動をします。自分が行動をしないときにモンスターが勝手に行動することはありません。

キャラクターの下に表示されている赤い数字が「体力」、青い数字が「マナ」です。

Card-Dungeon12 Card-Dungeon13

 

カードを使ってモンスターに攻撃をする

ダンジョン内にいるモンスターにはカードを使って攻撃をします。下に並んでいる3枚が自分が現在持っているカードです。

左下にいるのがモンスターの「コウモリ」です。下のカードを選択すると、損カードを使って攻撃できるモンスターのマスが赤くなります。

Card-Dungeon14 Card-Dungeon15

 

これは「FLASH OF STEEL」という直接攻撃のカードです。

カードの左側にあるのはカード効果のアイコンです。左下にある数字はカードの使用マナ数です。右上のアイコンはカードの効果対象の範囲を示しています。1番下はカードのレアリティです。

カードを選択した状態でターゲットのモンスターをタップすると、そのカードの効果を使うことが出来ます。カードを使うときは左下のマナ数を使用します。

Card-Dungeon16 Card-Dungeon17

 

カードは3枚だけしか持つことが出来ない

ダンジョン内に置いてある宝箱や、モンスターを倒したときに出てくる宝袋から新しいカードを獲得することが出来ます。

これは「THORN BUSH」です。いばらのトゲを召喚することが出来るカードです。

Card-Dungeon18 Card-Dungeon19

 

カードを手に入れたら下のカード欄に置く場所を選べます。

カードは常に「3枚だけ」しか持つことが出来ません。新しいカードをカード欄に置いたら、もともとそこに置いてあったカードは破棄されてしまいます。ダンジョン内に出てくる全てのカードを獲得できるわけではないのです。

Card-Dungeon20 Card-Dungeon21

 

ダンジョン内にはこのような空き箱、テーブル、水たまりなどがあります。このような場所をタップすると、そこからお金やヒールポーション、マナポーションが手に入ります。ヒールポーション、マナポーションはその場で使いきりです。

Card-Dungeon22 Card-Dungeon23

 

各フロアにいるボスモンスターを倒すとクリア

ダンジョン内は部屋ごとに分かれていて、ドアを開けることで次の部屋の状況がわかります。

Card-Dungeon24 Card-Dungeon25

 

おっと。2部屋目でいきなりボスモンスターと遭遇してしまいました。

ダンジョンの各フロアにはボスモンスターがいて、そのモンスターを倒すとレベルクリアになります。このフロアでは正面にいる「GRUNT SUMMONER」がボスになります。

Card-Dungeon26 Card-Dungeon27

 

この「GRUNT SUMMONER」は別のモンスターを次々に召喚していく厄介なモンスターです。

もう1匹いる亀のようなモンスター「SPORE TORTOISE」は、実は無害なモンスターです。ただし攻撃をしてしまうと周囲に毒をまき散らします。

Card-Dungeon28 Card-Dungeon29

 

モンスターもそれぞれ自分のカードを持っていて、攻撃ではそのカードを使います。

これは「REINFORCEMENT」で、モンスター「GRUNT」を召喚するカードです。当然これらのカードもモンスターもそれぞれが持っているマナを消費します。

モンスターが使用したカードは画面の右上に表示されていきます。

Card-Dungeon30 Card-Dungeon31

 

カードにはそれぞれターゲットになる範囲が決められて、それは右上のアイコンで表示されています。

例えば「FLASH OF STEEL」は打撃攻撃です。隣接する1マス以内にいるモンスターに対して使用することが出来ます。

「THORN BUSH」は召喚魔法です。これはフロアのどのマスにでも使用することが出来ます。

ボスモンスターの「REINFORCEMENT」もどのマスにでも使える魔法ですから、ボスは隣の部屋に仲間モンスターを召喚しちゃっています。

Card-Dungeon32 Card-Dungeon33

 

どこにでも使える召喚魔法「THORN BUSH」を使ってみましょう。赤いマスが召喚できる場所です。

使用したいマスを選んでタップします。中央にいばらが出ましたね。これでいばらを通過してくるモンスターはダメージを受けることになります。

Card-Dungeon34 Card-Dungeon35

 

カードにはすべて使用するためのマナ数が決まっています。マナが無くなったときは左上の「REST」をタップすると、そのマスに留まってマナを回復させることが出来ます。

ただし「REST」をしたときは1ターンを消費します。

Card-Dungeon35 Card-Dungeon36

 

無事にボスを倒すことが出来ればレベルクリアです。倒して出てきた出口へ進むと次のフロアに行くことが出来ます。

もちろんここで出口に進まずに別の部屋でアイテムを探索をしても構いません。

Card-Dungeon37 Card-Dungeon38

Card-Dungeon40 Card-Dungeon41

 

カードはそのうち破れて使えなくなる

カードは使用すると徐々にボロボロになっていきます。カードは攻撃成功、攻撃失敗にかかわらず、一定の回数使用すると破れて使えなくなってしまいます。

そのような場合はカードに大きく×の印がつきます。

Card-Dungeon44 Card-Dungeon45

 

ダンジョン内にこのようなオブジェがありますが、これをつかうとカードの使用回数が元に戻ります。ただし1つのフロアに1個しかないので、使うタイミングが重要です。

Card-Dungeon51 Card-Dungeon52

 

カードには、打撃、魔法のほかに、装備できる武器カードや防具カードがあります。

防具カードは、装備することでキャラクターの防御力を上げることが出来ます。防具には靴やベルト、ヘルメットなどの種類があります。

Card-Dungeon49 Card-Dungeon50

 

装備している防具は右下のバッグアイコンから確認することが出来ます。

Card-Dungeon53 Card-Dungeon58

 

防具もそれぞれ1枚ずつしか装備できません。新しい防具カードを装備したら、古い防具カードは破棄することになります。

防具があると相手の攻撃のダメージを軽減したり、特殊な効果が適用されたりします。

Card-Dungeon67 Card-Dungeon61

 

ダンジョン内にお店が出てくることがあります。お店では獲得したお金でキャラクターの体力の上限、マナの上限を増やすことが出来ます。

Card-Dungeon121 Card-Dungeon122

 

ダンジョン内のマスには、その上に乗ると作動するトラップが仕掛けられていることがあります。

トラップには体力が回復するものもあれば、移動不可になってしまったり、ダメージを受けるものもあります。

Card-Dungeon109 Card-Dungeon76

 

獲得するカードの中にも、このようにタイルに作用する魔法があります。

例えばこの「LAVA ERUPTION」を使うと、周囲9マスのタイルを溶岩に変えることが出来ます。モンスターがこの上に乗るとダメージを受けます。

Card-Dungeon112 Card-Dungeon113

 

これらのタイルには自分が乗ったときもダメージを受けます。

ダンジョン内のタイルは自分とモンスターのどちらにも作用します。どちらもダメージを受けますし、体力回復のタイルの上にモンスターが乗ればモンスターの体力が回復してしまいます。

Card-Dungeon114 Card-Dungeon115

 

しかしモンスターがたくさん出てくるような場面では、「LAVA ERUPTION」や「ACID CLOUD」、「POISON CLOUD」のような、周囲マスに影響を及ぼすカードは非常に有効になります。

上手く使えばダメージを受けずにまとめてモンスターを倒すことが出来ます。

Card-Dungeon74 Card-Dungeon77

 

こちらがダンジョンの最終ボスです。最深階にいます。体力も高く、非常に強いです。

Card-Dungeon123 Card-Dungeon124

 

この最終ボスを倒せばレベルクリアです。出てくる出口に入れば次のダンジョンへと進むことが出来ます。

Card-Dungeon125 Card-Dungeon126

Card-Dungeon127 Card-Dungeon135

 

ダンジョンの宝箱から「KNOWLEDGE GEM」というアイテムが出てくることがあります。このアイテムを手に入れるとスタート画面の「NEW GAME」の横にマークがつきます。

Card-Dungeon120 Card-Dungeon138

 

「KNOWLEDGE GEM」があると、最初の特徴選択のところで選べるカードが増えます。

例えばこの「LAMINATE CARDS」をセットすれば、ダンジョン内で使うカードの使用回数が倍になります。

Card-Dungeon139 Card-Dungeon140

 

獲得した「KNOWLEDGE GEM」の数だけ新しいカードをめくることが出来るようになります。

Card-Dungeon141 Card-Dungeon142

 

モンスターに攻撃され体力が無くなってしまったらゲームオーバーです。

ゲームオーバーになると、全てのお金、カードを失い、またダンジョンの最初からチャレンジすることになります。カードを持ち越すことは出来ません。

Card-Dungeon131 Card-Dungeon99

 

宝箱から手に入るカードを使い分けながら、せまりくるモンスターを倒してダンジョンを制圧していきましょう!

Card-Dungeon137 Card-Dungeon65

Card-Dungeon95 Card-Dungeon136

Card-Dungeon101 Card-Dungeon97

 

ゲームの流れと考えどころ

カードを使ったローグライク系のターン制ロールプレイングゲームです。普通のローグライクと同じようにダンジョンを進みながらモンスターを倒していくのですが、攻撃、魔法、体力回復などは全てカードで行います。

 

このゲームでの1番のポイントは「カードは3枚だけしか持つことが出来ない」というところです。ゲーム中に新しいカードを手に入れたら、それを「そのまま捨ててしまうか」「手札のカードと入れ替えるか」のどちらかを選ばなければいけません。もし3枚を全て攻撃カードにした場合、宝箱から魔法のカードを手に入れるまでは攻撃しかできなくなるし、魔法のカードを3枚揃えればモンスターへの直接攻撃は出来なくなってしまいます。

これがとてもやっかいで、いい補助系の魔法が手に入ったからとカードを溜め込んでしまうと、いざモンスターに囲まれたときに攻撃するカードが無かった、なんてことが起きてしまうのです。

新しいカードを手に入れるたびに「捨てるか」「取るか」の選択を迫られるわけですね。

 

またもう1つのポイントとして、カードに使用回数があるということです。たとえ良いカードを手に入れたとしても、カードは何回も使っているうちにボロボロになって使えなくなってしまいます。破れてしまうとなんにもなりませんから、その前に新しいカードと入れ替えないといけません。

見つけた良いカードをずっと最後まで使えるというわけではないのです。

「捨てるか」「取るか」の選択に、カード使用回数も考慮しなければいけません。

 

カードを使うには必ず「マナ」が必要になります。普通であれば魔法力であるマナを節約しつつ進んでいくのですが、Card Dungeonではその場で休憩(1ターン消費)さえすればいくらでもマナは回復するので、マナは節約する必要がありません。

むしろカードを使用回数をどれだけ節約できるかのほうが重要です。魔力よりも使用回数のほうを大事にして進んでいくというのはなかなか面白いですね。

キャラクターやモンスターが紙のコマのようになっていたり、最初にキャラ作りをしているような部分を見てもわかる通り、これはテーブルトークロールプレイングの「ヒーロークエスト」などからインスパイアされたものでしょう。TRPGではファイアーボールは「1日2発まで」とか使える数が少なくなっているので、カード使用制限はその辺を意識しているのではないかと思います。

 

進むコツとしてはなるべく余計な戦闘は避けることですね。ローグライクの基本です。

あとは直接攻撃よりも、毒や炎、酸などのステータス異常攻撃が効果的です。一応ノックバック、麻痺とかモンスター召喚とかいろいろとあるのですが、そんなのよりも「毒矢」を1発当てたほうがよっぽど効きます。毒は「1ターンで体力3ロス」ですからボスであっても十分に倒せます。

ボス戦までにこのようなカードはためておき、探索時に出てくるモンスターへは、直接攻撃、タイル魔法でまとめて倒すといいでしょう。1部屋ずつ決着をつけていくのではなく、いくつかの部屋のモンスターを引き連れまとめながら倒すと簡単です。

「KNOWLEDGE GEM」で追加できる特徴は、やはりカード使用回数を倍にする「LAMINATE CARDS」が有効ですね。位置がランダムでなければ1番右下のカードです。

 

グラフィック・操作性・ゲームモード

ボードゲーム風ローグライクということで、キャラクターは紙のコマ、ダンジョンはボードゲームのような感じになっています。ゲームの雰囲気はとてもいいですね。操作もタップだけで行いますので簡単です。

全部で7つのダンジョンがあり、各ダンジョンは3階構成になっています。

登場モンスターは40以上、出てくるカードは1000枚もあります。

 

難点

非常にアプリが不安定で、かなりの頻度で落ちます。一応ゲームにはコンティニューも用意されているのですが、これがバグで全く使用できません。要するにアプリが落ちたらホントにゲームのすべてが終わりという、別の意味でローグライクの「死んだらおしまい」ならぬ「落ちたらおしまい」を楽しめます。

各カードが独立していてカード間での絡みが全くありません。そのため「やりくり」という要素はほぼ無く、強いカードは普通に強いし、弱いカードは使い物になりません。感触としては「風来のシレン」の1つ1つのアクションを全部カード化して、所持数3枚+使用回数ありにした、という感じですね。要するにただ面倒くさくなっているだけです。

モンスターの体力、マナの数字が小さくどのくらいの体力が残っているのが見えません。相手の使ったカードがわかっても残りマナ数がわからないので意味がないです。モンスターの行動も全部同時ではなく、1体ずつ処理されるのでゲームテンポが悪いです。期待はずれです。

ランダムダンジョンではなく、モンスターやアイテム、ダンジョン構成などきちんとデザインされたクエスト形式だったらまだよかったのかなという感じがしますね。

あとどうでもいいことですが、スタートの画面に「RARECARD DUNGEON」があって「なんて親切な!」と思っていたら「RATE CARD DUNGEON」でひどくがっかりしました。

 

カードを3枚だけ使ってモンスターを倒しながら進んでいくゲームです。

 

 

Card-Dungeon175

  • カードゲーム / ストラテジー / ロールプレイングゲーム / ローグライク系
  • 価格 / ¥240
  • カテゴリ / ゲーム
  • バージョン / 1.0
  • 開発 / Playtap Games, LLC
  • iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化されています。

  • bit Dungeon
  • Tekken Card Tournament
  • SPEED CLUSTER
  • iMamonoSweeper
  • Card Wars – Adventure Time

Comments are closed.

PAGE TOP ↑