1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Geistesblitz01

 

カードに描かれていない物を素早く取る、判断力が大事なオバケのゲーム

5つのアイテムが置いてあります。カードを1枚めくり、そこに描かれているもの「以外」のアイテムを選んで素早く取ります。正解のアイテムを取れば、めくったカードを自分のものにすることが出来ます。お手つきをしてしまったらカードが1枚減ってしまいます。決められた枚数のカードを全てめくり終わったとき、最も多くのカードを持っていたプレイヤーが勝ちとなります。

 

ツォッホの「おばけキャッチ/Geistesblitz」の iPhone / iPod touch / iPad 版です。

Geistesblitz02

Geistesblitz03

 

 

Geistesblitz07 Geistesblitz08

 

ゲームが始まると、画面の中央にあるカードがめくられます。

カードの周囲には

  • 白いオバケ
  • 赤いイス
  • 青い本
  • 灰色のネズミ
  • 緑色のビン

の5つのアイテムが並んで置かれています。

Geistesblitz09 Geistesblitz10

 

カードには取ってはいけないものが描かれている

めくられたカードには「2つの物」と「2つの色」が描かれています。

このカードの場合は

  • イス

です。

やることは、めくられたカードに描かれたもの「以外」のものを素早くタップして取ることです。

 

この場合は

  • 赤い「イス」
  • 青い「本」
  • 「緑色」のビン
  • 「白い」オバケ

以外の、「灰色のネズミ」を取ります。

Geistesblitz13 Geistesblitz11

 

正解のアイテムをタップすると、そのカードを自分のものにすることが出来ます。

Geistesblitz124 Geistesblitz12

 

アイテムを取るのは早い者勝ちです。先に相手にタップされて取られてしまうと、カードは相手のものになってしまいます。

Geistesblitz15 Geistesblitz16

 

カードを獲得したらアイテムは場に戻り、次のカードがめくられます。

次にめくられたカードは、「灰色のオバケと赤いビン」です。描かれていないものは何でしょうか?

そうです。「青い本」ですね。

Geistesblitz19 Geistesblitz20

 

「白いイスと青いビン」のカードの場合は正解はなんでしょうか?

これも「灰色のネズミ」ですね。

色の違いや組み合わせの違いなどはありますが、カードに描かれていないアイテムは必ず1つだけです。

Geistesblitz22 Geistesblitz23

 

各プレイヤーの下に表示されている数字は獲得したカード数です。正解のアイテムを素早くタップしていくとこのカード数が増えていきます。

Geistesblitz111 Geistesblitz112

 

時には取るべきものが描かれている

カードをめくっていくと、たまに周りにあるアイテムと全く同じものが描かれていることがあります。

このようなカードが出てきた場合は、今度は描かれていないアイテムではなく、描かれているアイテムそのものをタップして取らなければいけません。

このカードの場合は「緑色のビン」ですね。

Geistesblitz25 Geistesblitz26

 

このカードでは「青い本」です。

いつもはカードをめくって描かれていないものを見つけなければいけませんが、そのものがズバリと描かれていた場合は、逆に描かれているものを見つけなければいけません。

ここで描かれていないものを探してしまうと、いつまでも見つけられなくなってしまいます。

Geistesblitz103 Geistesblitz104

 

もし、間違えたアイテムをタップしてしまった場合は、手持ちのカードを1枚失います。

Geistesblitz33 Geistesblitz32

 

お手つきをした場合、他の人が正解のアイテムを見つければその人がカードを取ります。

全員がお手つきをしてしまった場合は、次のカードのときにキャリーオーバーで上乗せされ2枚4枚と増えていきます。

Geistesblitz34 Geistesblitz35

 

カードをたくさん取った人が勝ち

ゲームではめくるカードの枚数が決められています。全てのカードをめくり終わったらそこでゲーム終了です。

終了したときに最も多くのカードを獲得していたプレイヤーが勝者となります。

Geistesblitz67 Geistesblitz68

 

ゲームを始めるときに、プレイヤーを2~6人まで設定できます。AIも4種類の強さから選ぶことが出来ます。

またここでめくるカード枚数の設定もできます。

Geistesblitz95 Geistesblitz102

 

強いAIを1つだけ入れてしまうとバランスが悪く独り勝ちしてしまうので、AIを追加するときは強さを揃えたほうがいいかもしれません。

Geistesblitz69 Geistesblitz73 

 

モードは1人用、対戦用、タイムアタックがあります。

1人用は制限時間内に正しいアイテムをひたすらタップしていきます。1回でも間違えたらそこでゲームオーバーとなります。正解すると時間が回復したり、レベルアップして難易度が上がっていきます。

Geistesblitz81 Geistesblitz90

 

タイムアタックは、時間内にいくつのカードを獲得できるかを競うモードです。世界中のプレイヤーが同時にスタートし、カードも同じ内容で競います。

Geistesblitz86 Geistesblitz84

 

対戦モードではオンライン対戦が選べます。オンライでは、自分でゲームを作成することもできますし、他のプレイヤーの作成したゲームに入って対戦することもできます。

Geistesblitz91 Geistesblitz93

 

作成するゲームにはパスワードをかけることもできます。チャットも日本語入力が可能です。

Geistesblitz99 Geistesblitz101

 

めくったカードの条件に合うアイテムを素早くタップし、より多くのカードを獲得して対戦相手に勝利していきましょう!

Geistesblitz63 Geistesblitz71

Geistesblitz107 Geistesblitz100

Geistesblitz06 Geistesblitz111

 

ゲームの流れと考えどころ

これは「Zoch/ツォッホ」というドイツのボードゲームメーカーが作っている、反射神経と判断力のゲームです。以前レビューした「Chicken Cha Cha Cha/にわとりのしっぽ」もこのツォッホのゲームですね。

おばけキャッチは「グッド・トイ2013」にも選ばれました。

 

ルールはとても簡単で1分もあれば理解できます。

アイテムは「白いオバケ」「青い本」「灰色のネズミ」「赤いイス」「緑のビン」の「5つ」があります。

それぞれが「色」と「形」の2つの要素を持っています。

 

次にカードが1枚めくられます。カードには「2つのアイテム」が描かれています。

つまり「4つの要素」が描かれていることになります。

 

カードが表になったら、描かれている「4つの要素」の色と形にあてはまらないアイテムを探して素早くタップします。

例えばカードに、「緑色のオバケと青いイス」が描かれていたら、「緑」「オバケ」「青」「イス」以外の「灰色のネズミ」を取らなければいけないというわけです。

しかも、中には「アイテムそのもの」がズバリと描かれているカードが混ざっています。そういうカードの場合は当てはまらないアイテムではなく、そのアイテムそのものを取らなければいけません。

そのようなときにいつも通りに要素以外のアイテムを探していたら、いつまでたってもアイテムは見つかりません。

 

他のプレイヤーより早く正解のアイテムを取ることができたら、めくられたカードは自分のものになります。お手つきをしたら持っているカードが減らされてしまいます。

山札のカードが無くなるまでこれを繰り返し、最後にたくさんのカードを持っていたプレイヤーが勝ちです。

 

このゲームのポイントは、取るアイテムを「消去法で探す」というところです。

カードに描かれていないものを取るのですから、「緑色のオバケと青いイス」の場合、「緑じゃなくて、オバケじゃなくて、青くなくて、イスじゃないもの」という具合にして「灰色のネズミ」を見つけていきます。

 

実はこの消去法というのは頭を非常によく使います。

それは記憶のときも同じで、例えば三叉路があって、「右に行ったら行き止まりだった」「真ん中に行っても行き止まりだった」「左に行ったら通り抜けられた」となったら、次に来たときは迷わず左に行くことができます。右と真ん中の可能性が消去したことにより、正解の左を強く覚えるんですね。

単に「左が正しい道ですよ」と教えられるよりも、「行き止まりの右と真ん中以外の左が正しい」のほうが試行錯誤した分だけ頭が活性化するわけです。

 

ですからこういうゲームは、頭の柔らかい子供はとても得意。

何回も頭の中で消去法を繰り返してるうちに「緑色のオバケと青いイス = 灰色のネズミ」という風に、カードとアイテムが直結してしまいます。

大人でもかなりのスピードでアイテムを取れるようになりますが、それでも子供には勝てません。

 

「描かれていないもの」というちょっと変わったルールのゲームですが、頭を柔らかく保つためにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

グラフィック・操作性・ゲームモード

グラフィックはなかなか綺麗です。置かれているアイテムもときどき動いたりするので面白いです。プレイするたびにアイテムの位置がちょっとずつ変わるので、位置を覚えてしまうということはありません。

モードは、対戦モード、1人用モード、タイムアタックです。対戦はAIを含めた2~6人で設定できます。カード枚数は20枚~60枚の中で設定できます。

オンライン対戦も可能です。また本体を横に向けて遊ぶこともできます。

 

対戦では本体をテーブルに置いて複数プレイヤーで遊ぶこともできます。

カードを取る操作はタップとスワイプの2種類が選べますが、テーブルトップでみんなで遊ぶときは自分のキャラクターのオバケに向かってアイテムをスワイプして取ってきます。

画面の狭いiPhoneではキツイですが、iPadくらいならちょうどいいですね。

Geistesblitz125

 

難点

ボードゲームには、戦略的なものやブラフが必要なものなどいろいろとありますが、中にはこのような非常に簡単で一気に場や全員の体温を上げるようなゲームがあります。こういうゲームは最初に遊ぶと、あとが非常にスムーズになります。

しかし、やはりこういう類のゲームは実物を手に取って遊んだほうがいいでしょう。

もしくはアイテムだけは実物のゲームのものを使って、カードめくりだけ行うツールモードなどがあってもよかったかもしれないですね。一応、カードめくりを秒数とタップで切り替えることは出来ます。

 

縦向きでも普通に遊べますが、セッティングなどで左右の画面外に切れてしまう部分があります。

オンラインは人がまったくおらず寂しいものです。

 

実物のボードゲームも、1800円くらいで手軽に遊べるので気になった方は試してみてください。

 

 

瞬間的な判断力が必要なオバケのゲームです。

 

 

Geistesblitz175

  • ボードゲーム / カードゲーム / オンラインゲーム
  • 価格 / ¥360
  • カテゴリ / ゲーム
  • バージョン / 1.0.6
  • 開発 / Terra Infinity
  • iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化されています。

  • ウィッチウォーズ
  • Egg vs. Chicken
  • Tricky Chicken
  • Drop The Chicken
  • A Fistful of Penguins

Comments are closed.

PAGE TOP ↑