1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Card Wars Adventure Time01

 

■ Card Wars – Adventure Time
クリーチャーを召喚し相手を攻撃するカードゲーム。相手の体力をゼロにすると勝ち。

 

クリーチャーを召喚し相手を攻撃するカードゲームです。マジックポイントを消費し、場に手札のクリーチャーを召喚します。召喚したクリーチャーと相手のクリーチャーに対して攻撃ができます。クリーチャーの体力が無くなると、そのクリーチャーはボード上から取り除かれます。正面に相手のクリーチャーがいない場合は、直接相手のヒーローに対して攻撃できます。相手のヒーローの体力を先にゼロにしたほうが勝ちです。

「アドベンチャー・タイム」という「カートゥーン・ネットワーク」で放送されているアニメのカードゲームです。

Card Wars Adventure Time02

Card Wars Adventure Time03

 

 

Card Wars Adventure Time06

Card Wars Adventure Time07

 

「アドベンチャー・タイム」とは、アメリカの「カートゥーン・ネットワーク」というアニメ専門チャンネルで放送されているアニメです。

アドベンチャー・タイムの中で、主人公の「フィン」と「ジェイク」がカードゲームを遊ぶ「バトルの鬼」という回があります。これはそのカードゲームのアプリ版です。

Card Wars Adventure Time14

Card Wars Adventure Time15

Card Wars Adventure Time16

 

ゲームを始める前に、まずボード上の自分の「土地(LandScape)」の位置を決めます。

Card Wars Adventure Time17

 

4枚の土地カードを持っていますので、好きな場所にドラッグしてセットしていきます。セットすると4列の土地のラインができます。

Card Wars Adventure Time18

 

相手も土地をセットしますので、互いにセットした土地が4つずつ並びます。

現在の自分の土地は、左から「コーン畑(黄色)」「コーン畑(黄色)」「いい感じの土地(ピンク)」「無意味な沼(灰色)」です。

ボード上にあるピザを上下にスライドして回転させ、先攻後攻を決めます。

Card Wars Adventure Time19

Card Wars Adventure Time20

 

画面の下に並んでいるのが自分の手札です。

このゲームは自分のカードデッキを使って対戦します。残りのカードは左下のオレンジの山札として置かれています。

Card Wars Adventure Time21

 

カードを長押しすると詳細を確認できます。

1番上に「カードの種類」、中央に「カードの名前」、その下のテキストが「特殊能力」です。

左上がカードの「使用コスト」で右上が「召喚可能な土地」、左下が「攻撃力」、右下が「防御力」となっています。

Card Wars Adventure Time22

 

画面の右下の「2」が、そのターンで使える「マジックポイント」です。マジックポイントはカードを使うときに消費します。

コスト分のマジックポイントを持っていない場合は、カードを使うことが出来ません。

Card Wars Adventure Time23

 

まずは「クリーチャー」を召喚してみます。

「クリーチャーカード」を対応する土地にドラッグすると、その土地に「クリーチャー」を召喚することが出来ます。

Card Wars Adventure Time24

Card Wars Adventure Time25

 

クリーチャーを召喚するときは、そのカードコスト分のマジックポイントを消費します。

「Cornball」の召喚コストは「1」ですから、右下のマジックポイントが「1」に減っています。

Card Wars Adventure Time26

 

召喚したクリーチャーをタップすると下に詳細が表示されます。名前とカードの種類、カードの特殊能力と攻撃力、防御力が表示されてます。

召喚したクリーチャーの上には、体力と攻撃力が表示されています。左側の「2」が攻撃力で、「5/5」は「現在の体力/最大体力」となっています。

Card Wars Adventure Time27

 

クリーチャーはそれぞれ召喚できる「土地」が決まっています。召喚できる土地の種類は、カードの右上に表示されています。

Card Wars Adventure Time29

 

この「Wandering Bald Man」は「無意味な沼(Useless Swamp・灰色)」の土地に召喚できます。黄色の「コーンフィールド」には召喚できません。

Card Wars Adventure Time30

 

最初に決める土地をどういう並びにするは自由ですが、隣接する土地に効果を及ぼす特殊能力もあったりするので、そういうカードを持っている場合は配置を考える必要があります。

Card Wars Adventure Time31

 

これで自分のマジックポイントがゼロになりました。

自分の番では、マジックポイントを消費して手札のカードを使います。プレイが終わったら右下の「BATTLE!」をタップしてターンを終了、相手のターンに変わります。

Card Wars Adventure Time33

 

相手も同じようにマジックポイントを使ってカードをプレイしていきます。

Card Wars Adventure Time35

 

自分の土地にクリーチャーがいると、「BATTLE!」をタップしたときに相手に対して攻撃が出来ます。

このときクリーチャーは、正面にいる相手クリーチャーに対してだけ攻撃をすることができます。

Card Wars Adventure Time37

Card Wars Adventure Time38

 

攻撃のときは、画面の中央にルーレットが表示され剣がグルグルと回転をします。

Card Wars Adventure Time266

 

ここで画面をタップして回っている剣を止めます。

止めたときに剣が緑色のゲージの部分にあると「ヒット」となって、相手モンスターへの攻撃が成功となります。

Card Wars Adventure Time267

 

攻撃が成功すると、クリーチャーの攻撃力分のダメージを相手に与え、相手クリーチャーはそのぶん体力が減ります。

Card Wars Adventure Time268

 

画面をタップして止めたとき、剣がゲージの赤い部分にあると「ミス」となり、攻撃は失敗します。失敗するとダメージを与えることは出来ません。

Card Wars Adventure Time269

 

画面をタップして止めたとき、剣がゲージが黄緑色の部分にあると「クリティカル」となります。

Card Wars Adventure Time270

 

攻撃が「クリティカル」になると、クリーチャーの攻撃力x2のダメージを与えることが出来ます。

相手クリーチャーの体力をゼロにすると、相手クリーチャーはその土地から取り除かれます。

Card Wars Adventure Time272

 

相手のターンの時に攻撃された場合は「防御」をします。

Card Wars Adventure Time276

 

攻撃と同じように画面をタップして盾を止めます。

止めたときに盾が緑色のゲージの部分にあると「防御」成功となって、相手の攻撃を防ぐことが出来ます。

Card Wars Adventure Time277

 

防御が成功すると相手の攻撃を完全にブロックし、ダメージを受けません。

Card Wars Adventure Time280

 

画面をタップして止めたとき、盾がゲージの赤い部分にあると「ミス」となり、防御は失敗します。

Card Wars Adventure Time278

 

防御が失敗すると、相手の攻撃力分のダメージを受けます。体力がゼロになるとクリーチャーは自分の土地から取り除かれてしまいます。

Card Wars Adventure Time279

 

画面をタップして止めたとき、盾がゲージの黄緑色の部分にあると「カウンター」となります。

Card Wars Adventure Time285

 

「カウンター」が成功すると、相手の攻撃をすべてブロックしたあとに、クリティカルの攻撃が相手クリーチャーに当たります。

Card Wars Adventure Time283

Card Wars Adventure Time289

 

攻撃時、防御時はルーレットの剣や盾が5回転しますが、その間に止めることが出来なかった場合も「ミス」となります。

Card Wars Adventure Time40

 

正面の土地に相手クリーチャーがいない場合は、クリーチャーの攻撃は直接「ヒーロー」に当たります。

画面の右上、左上に表示されているのがそれぞれの「ヒーロー」で、ヒーローの体力は青いゲージで表示されています。

Card Wars Adventure Time286

 

召喚したクリーチャーの下に「FLOOP」というボタンがあります。

Card Wars Adventure Time41

 

この「FLOOP」で土地にいるクリーチャーの特殊能力を使うことが出来ます。

使う場合はボタンをタップしたあと下の「Yes」を選択します。特殊能力を使う場合も自分のマジックポイントを消費します。

Card Wars Adventure Time42

 

この「Cornball」の特殊能力は「攻撃力+1」です。クリーチャーの特殊能力は、それぞれターン中に1回ずつしか使えません。

Card Wars Adventure Time43

 

相手のプレイヤーも特殊能力を使ってきます。

この「The Pig」の特殊能力は「全てのコーンクリーチャーの攻撃力を1減らす」というものです。

Card Wars Adventure Time47

 

コーン系のクリーチャーの攻撃力が下がっています。

特殊能力は、自分だけではなく、相手に対して効果を及ぼすものもあります。次のターンになればまた使えるようになりますから、何回も使われると攻撃力がなくなってしまいます。

Card Wars Adventure Time49

 

相手クリーチャーを倒すと「宝箱」を落とすことがあります。宝箱をて回収すると戦闘終了後に新しいカードを獲得できます。

Card Wars Adventure Time46

 

各「ヒーロー」にもそれぞれ特殊能力があり、一定のターン数を経過するとその効果を利用できます。

「ジェイク」の特殊能力は「全てのコーン系クリーチャーの攻撃力を3上げる」というものです。

Card Wars Adventure Time54

Card Wars Adventure Time55

 

コーン系クリーチャーの攻撃力が上昇していますね。

ヒーローの特殊能力はマジックポイントを消費しません。一定ターンを経過するとまた使えるようになります。

Card Wars Adventure Time56

 

マジックポイントが「5」になりました。

これで「攻撃力13」「防御力30」の強いクリーチャー、「Mother Fluff Bucket」を出せるようになりました。

Card Wars Adventure Time57

 

「Mother Fluff Bucket」の右上にはハートのマークがついてますので、ピンク色の「いい感じの土地(Nice Lands)」に召喚することが出来ます。

Card Wars Adventure Time58

 

「Mother Fluff Bucket」の特殊能力は「ヒーローの体力を3回復する」というものです。

左上のヒーローのゲージを見るとかなりダメージを受けています。

Card Wars Adventure Time66

 

「Mother Fluff Bucket」の特殊能力を使って、ヒーローの体力を回復しました。

相手クリーチャーの攻撃を自分のクリーチャーで受ければダメージは受けませんが、相手のクリーチャーの前に自分のクリーチャーがいない場合は、クリーチャーの攻撃はそのままヒーローが受けることになります。

クリーチャーの特殊能力には、減ってしまったヒーローの体力を回復するというものもあるのです。

Card Wars Adventure Time67

 

この「Wandering Bald Man」の特殊能力は「正面の敵クリーチャーに対してダメージ2を与える」というものです。

「Yes」のところについている数字は、この特殊能力を使うために必要なマジックポイントです。

Card Wars Adventure Time68

 

「The Pig」の体力を見ると「2/4」で残り「2」になっています。特殊能力を使うと、敵クリーチャーを倒すことが出来ます。

Card Wars Adventure Time69

 

特殊能力には相手クリーチャーに対して直接ダメージを与えるものもあります。

クリーチャー攻撃以外でダメージを与えられるということはとても重要なのです。

Card Wars Adventure Time71

 

このような攻撃・防御を繰り返し、相手ヒーローの体力を先にゼロにすることが出来たほうがそのゲームの勝者となります。

Card Wars Adventure Time74

Card Wars Adventure Time76

 

戦闘に勝つと、お金と経験値、そして戦闘中に相手が落とした宝箱を獲得できます。

Card Wars Adventure Time77

 

宝箱をタップして開けると、そのなかからカードを獲得できます。

Card Wars Adventure Time79

 

下に並んでいる箱のアイコンをタップし「Build Deck」を選ぶと自分のデッキの編集が出来ます。

Card Wars Adventure Time101

Card Wars Adventure Time102

 

所持しているカードは、好きなように自分のデッキに組み込むことが出来ます。編集するときは、左上の「Deck 1」のところを切り替え、右下の「Edit Deck」をタップします。

Card Wars Adventure Time103

 

カードをタップして「In Deck」のマークをつけるとデッキに追加できます。デッキには追加できるカードの最大枚数、追加しなければいけない最小枚数が決まっていて、現在の枚数は下の「Deck Size:14/16」で確認できます。

Card Wars Adventure Time104

 

右上の「クリーチャー」「スペル」「ビルディング」をタップするとカードの切り替えが出来ます。

Card Wars Adventure Time105

 

こちらは「Cerebral Bloodstorm」という「スペルカード」です。

Card Wars Adventure Time106

 

「In Deck」のマークをつけてから「Confirm」で確定すると、デッキの中に表示されていますね。

Card Wars Adventure Time109

 

作ったデッキは、相手と対戦する前に下のデッキ変更で選択することが出来ます。

Card Wars Adventure Time110

 

デッキにセットしたカードは順番に手札として出てきます。

「スペルカード」は、「クリーチャーカード」と同じようにマジックポイントを消費して自分のターン中に使用することが出来ます。

Card Wars Adventure Time123

 

「Cerebral Bloodstorm」は、選択したクリーチャーの攻撃力分のダメージを、そのクリーチャーそのものに与えます。攻撃力のほうが高いクリーチャーの場合はこのスペルで一撃で倒してしまうことが出来ます。

Card Wars Adventure Time122

 

ゲームを進めていくと新しいヒーローカードを手に入れることが出来ます。

Card Wars Adventure Time125

 

ヒーローカードはデッキの編集画面の左側の「Hero Cards」をタップすることで切り替えることが出来ます。

Card Wars Adventure Time126

 

デッキの「Landscapes」では、自分の4つの土地カードを切り替えることが出来ます。

デッキに組み入れたクリーチャーカードは対応する土地が無いと召喚できませんので、デッキに合わせた土地をここで設定しておきます。

Card Wars Adventure Time131

 

こちらは「ビルディング」カードです。

Card Wars Adventure Time152

 

ビルディングカードも、クリーチャーカード、スペルカードと同じように、自分のターンで使います。ビルディングカードは土地に建物を建てることができます。

Card Wars Adventure Time154

 

土地に建物を建てると、その土地にいるクリーチャーは常に建物の特殊効果を受けます。

この「Corn Dome」は「同じ土地にいるクリーチャーの攻撃力+3」の効果を得ます。クリーチャーの攻撃力が上がっていますね。

Card Wars Adventure Time157

 

デッキ編集のところに「Craft Cards」というのがあります。

Card Wars Adventure Time161

 

「Craft Cards」では、所持しているカードから別の新しいカードを作ることが出来ます。

Card Wars Adventure Time169

 

左側が作成するカードで、右側がそのカードを作るのに必要なカードとお金です。それぞれのカードの下の数字は現在の所持枚数を表しています。

下の欄で作成するカードを選べます。暗くなっているカードは、そのカードを作るのに必要なカードが足りないことを示しています。

Card Wars Adventure Time168

 

対戦するときは、自分のカード、相手の特殊能力、所持カードや残り枚数をちゃんと考えて戦わなければいけません。

Card Wars Adventure Time182

Card Wars Adventure Time183

 

先攻後攻も結構重要です。

自分のターンでは「クリーチャーの召喚→攻撃」となりますが、ゲームの最初の先攻のターンのときだけは「クリーチャー召喚」だけで攻撃をすることなく順番が変わります。

Card Wars Adventure Time185

 

強いクリーチャーの「Mother Fluff Bucket」が最初の手札にきました。

強いクリーチャーはそれだけで有利ですから、どうやって召喚できるところまで無事にターンを進めることが出来るかが勝負です。

Card Wars Adventure Time187

 

クリーチャーにもいろいろいて、防御力・攻撃力が違います。

「Ethan Allfire」は防御力が「1」と低いですが「攻撃力」は「5」と高いです。

Card Wars Adventure Time190

 

そこで体力を上げるためにビルディングカードの「Astral Fortress」を同じ土地に出します。

カードの右上が虹色のマークになっていますが、これはどの土地にでも出すことが出来るカードという意味です。

Card Wars Adventure Time193

Card Wars Adventure Time194

 

「Astral Fortress」は「同じ土地のクリーチャーの防御力+4」です。

これで体力1だった「Ethan Allfire」は「攻撃力5」「防御力5」のクリーチャーになりました。

Card Wars Adventure Time196

 

相手の「マーセリン」は「Orange Slimey」を召喚してきました。

このクリーチャーはとても厄介です。クリーチャーの「攻撃力3」「防御力4」はともかく、特殊能力に「正面の相手クリーチャーにダメージ4を与える」がついています。

Card Wars Adventure Time197

 

例えばこういう「Mouthball」のように「防御力2」しかクリーチャーだった場合、「クリーチャーの召喚→攻撃」ですから、攻撃の前に特殊能力で倒されてしまいます。

そうなると攻撃を防御するチャンスも無く、ヒーローがそのままダメージを受けてしまうのです。

Card Wars Adventure Time199

 

攻撃以外でダメージを与えられるというのはとても重要なのです。

そういった能力を持つものがいた場合は、それに対応したクリーチャーを配置しないとすぐに負けてしまいます。さきほど建物の「Astral Fortress」を建てて「Ethan Allfire」の防御力を「5」にしたのも、この「Orange Slimey」対策です。

Card Wars Adventure Time201

 

次に「Travelin’ Farmer」を召喚します。コーン系のクリーチャーで、これも「攻撃力5」「防御力5」あります。

Card Wars Adventure Time203

 

自分の番では「クリーチャー召喚→攻撃」ですから、相手クリーチャーがいない土地の前に出せば攻撃は確実に相手ヒーローに当たります。

Card Wars Adventure Time205

Card Wars Adventure Time207

 

相手の「マーセリン」はクリーチャーからの攻撃を防ぐべく、正面に自分のクリーチャーを召喚していきます。

相手クリーチャーを倒したとき、超えたダメージはヒーローには当たりませんので、クリーチャーが居さえすれば最低でも1ターンは持ちこたえることが出来ます。

Card Wars Adventure Time210

 

また相手の攻撃のときゲージを合わせてしっかりと防御すればクリーチャーは生き残りますから、ダメージを受けることもありません。

Card Wars Adventure Time211

 

ところが先ほどのように攻撃以外でクリーチャーを取り除かれしまうと、ルーレットの防御をするチャンスもなくなってしまうので、こういった特殊能力はとてもやっかいなのです。

Card Wars Adventure Time200

 

「Wandering Bald Man」の特殊能力は「正面のクリーチャーにダメージ2を与える」というものです。ここで特殊能力を使うと「Orange Slimey」を倒して、マーセリンに直接2ダメージを与えることが出来ます。

しかし「Wandering Bald Man」の攻撃力も「2」です。次の攻撃時には間違いなく倒すことが出来ます。次の攻撃で倒すか、マジックポイント2を消費してマーセリンに2ダメージを与えるか考えどころです。

Card Wars Adventure Time214

 

ここでの重要な点として「マジックポイント」があります。

実は「マジックポイント」はターンを持ち越すことができません。

Card Wars Adventure Time215

 

マジックポイントは1ターン目が「2」、2ターン目が「3」、3ターン目が「4」と、ターンごとに「+1」ずつ増えて、毎ターン決まった数のマジックポイントが補充されます。

使用しなかったマジックポイントが次のターンに加算されることはありませんので、そのターンで使い切れなかったマジックポイントは無駄になります。

Card Wars Adventure Time216

 

毎ターンで使えるマジックポイントが決まっているということは、「召喚コスト5」の「Mother Fluff Bucket」は4ターン目からしか使えないことになります。

強くコストの高いカードをデッキに入れすぎてしまうと、マジックポイントが足りず序盤で土地に召喚できなくてあっさり負けてしまうこともあります。

デッキ構成はターン数を計算に入れたカードのバランスが重要なのです。

Card Wars Adventure Time187

 

マーセリンが「スペル」の「Cerebral Bloodstorm」を使ってきました。

Card Wars Adventure Time222

 

「クリーチャーの攻撃力分のダメージを、そのクリーチャーそのものに与える」という効果ですので、攻撃力の高い「Ethan Allfire」は一撃で倒されてしまいます。

Card Wars Adventure Time223

 

当然スペルも「クリーチャーの召喚→攻撃」の「クリーチャーの召喚」のところでプレイしますから、スペルでクリーチャーを取り除かれてしまうと、その後の攻撃を防ぐ術がなくなってしまいます。

Card Wars Adventure Time224

 

このゲームでは自分のクリーチャーの攻撃を、いかに相手ヒーローに当てていけるかが重要です。

手持ちのクリーチャーと使えるマジックポイント、相手のクリーチャーとの相性など先を展開を読んでカードを出していくことがコツです。

Card Wars Adventure Time225

Card Wars Adventure Time239

 

自分のデッキのカードが無くなった場合、またカードをシャッフルして引き直すということはできません。

Card Wars Adventure Time311

 

倒されたりしたクリーチャーは捨て札になりますが、使ったスペルなどはゲームから除外されます。

Card Wars Adventure Time312

 

強いクリーチャーカードを召喚したとしても、「Volcano」などの「同じラインの土地やクリーチャーすべてを破壊する」という強いスペルでボード上から消されてしまうと、強いクリーチャーはもう使うことが出来なくなります。

戦略をひとつだけに絞ってしまうのは危険です。

Card Wars Adventure Time255

 

ゲームはクエストをクリアしながらマップ上を進んでいきます。

Card Wars Adventure Time265

 

クエストをクリアしていくと経験値が貰え、自分のヒーローのレベルが上がっていきます。

そうすると使えるデッキの最大枚数も増えますし、作成できるカードの種類も増えていきます。

Card Wars Adventure Time245

 

ほとんどのカードは対戦相手のクリーチャーを倒すとドロップします。

それぞれのクエストでドロップするカードや確率が違いますが、レア度の高いカードもクラフトで作ることができます。

Card Wars Adventure Time246

 

各クエストには条件が付いていてそれをクリアすると星がもらえます。3つの条件をクリアすると「ジェム」がもらえます。

Card Wars Adventure Time300

Card Wars Adventure Time302

 

ジェムを使えば、宝箱からレア度の高いカードを獲得できたり、所持カード数の上限を増やしたりできます。

Card Wars Adventure Time303

 

自分のカードデッキのクリーチャーを召喚して攻撃し、相手を倒していきましょう!

Card Wars Adventure Time293

Card Wars Adventure Time179

Card Wars Adventure Time165

Card Wars Adventure Time298

Card Wars Adventure Time176

Card Wars Adventure Time100

 

 

クリーチャーを召喚し相手を攻撃するカードゲームです。マジックポイントを消費し、場に手札のクリーチャーを召喚します。召喚したクリーチャーと相手のクリーチャーに対して攻撃ができます。クリーチャーの体力が無くなると、そのクリーチャーはボード上から取り除かれます。正面に相手のクリーチャーがいない場合は、直接相手のヒーローに対して攻撃できます。相手のヒーローの体力を先にゼロにしたほうが勝ちです。

 

「アドベンチャー・タイム」は、アメリカの「カートゥーン・ネットワーク」というアニメ専門チャンネルで放送されているアニメです。このチャンネルで扱われるアニメは基本は子供向けなんですが、「カートゥーン」という名の通り風刺的なニュアンスがあるものも多かったりします。

日本のアニメでいうと「星のカービィ」とか「キョロちゃん」とかあんな感じでしょうか。「アドベンチャー・タイム」はもっとナンセンスですけども。

 

その中で「バトルの鬼」というカードゲームの回がありまして、それが実際のカードゲームになって発売されました。発売したのは「Cryptozoic Entertainment」で、ここは「Food Fight iOS」とか「ナルトのデッキビルディングカードゲーム」を手がけているところです。

これはそのカードゲームのさらにiOS版ということなるのですが、ルールは番組の中でのカードゲーム、実際に発売されたカードゲームとは結構違っていてアレンジされています。

 

ざっくりと内容をいうと、手札のクリーチャーを場に召喚して攻撃をします。正面に相手のクリーチャーがいればそのクリーチャーに、いない場合は相手ヒーローに攻撃をします。スペルカード、建物カードは基本的にクリーチャーの補助の役割です。

まあ簡単にした「マジック・ザ・ギャザリング」「Spectromancer」「Kard Combat ™」といったところですね。

番組内でもマジック・ザ・ギャザリングのパロディ的な感じで扱われていました。

 

プレイはクリーチャーでの殴り合いになるのですが、大きな特徴としては

 

・マジックポイントの入手量が決まっている。

・攻撃・防御はルーレットを止めて行う。

 

この2点でしょうか。

 

マジック・ザ・ギャザリングなどは、ポイントを土地から生み出して使ったりしますが、このCard Warsでは、毎ターンの最初にマジックポイントが補充され、さらにそのポイントは「2-3-4-5-6-7-8-9-10-10-10-10-」とターンごとに1ずつ増えていって、10を超えると10で固定されます。

例えば「コスト5」のカードを最初の手札でも持っていたとしても、マジックポイントが足りないので結局そのカードは4ターン目からしか使うことが出来ません。ポイントは持ち越すことが出来ないので、1ターン目は「2」しか使えないし、2ターン目は「3」までしか使えないのです。

強いコスト4やコスト5のカードばかり入れても、最初のうちはポイントが足りずに召喚出来ませんし、やっとのことで召喚したとしても「Volcano」のような破壊スペルを使われてしまうと、どんなにクリーチャーを強く育てたとしてもあっさりチャラにされてしまいます。

使えるマジックポイントの総量が決まっていると、召喚コストや特殊能力の使用に使ったマジックポイントが相手へのダメージ1にもならず無にされてしまうとキツいです。

 

そうなると切り札のクリーチャーを使うタイミングを駆け引きすることになります。

 

もう1つは「攻撃・防御はルーレットを止めて行う」です。

これがCard Warsでの最大の特徴ですね。

 

普通カードゲームの場合は、カードを出せばダメージはとりあえずは当たるものです。

ところがこのゲームでは、グルグルと高速で回るルーレットを止めて成否判定をします。「攻撃」のみならず「防御」でもこれを行いますので、うまく止めれば相手の攻撃は完全に防御することが出来ます。

特定のカード効果の成否判定をすることはありますが、すべての成否判定するのは珍しいですね。

 

いただきストリート for SMARTPHONE わたしのお店にタッチして!」や「街コロ」等のデジタルボードゲームでもよくサイコロが使われますが、サイコロを使うものは大体出目操作の問題や不満が出てきます。

そういう部分の解決に、このルーレットのようなスタイルがひとつの方法じゃないだろうかと考えたことがあります。結局は自分で実際にサイコロを振らない以上、どんなにランダムだといったところで出目操作を疑うでしょうし、そうなると「みんなのゴルフ」のゲージのように最後に自分の手で決定させれば、たとえそれが公平ではなくても不満は出ないんじゃないでしょうか。

 

実際、ゲーム中ではクリーチャーの状況によってゲージの配分は狭くなったり広くなったりと変化します。最初は「カードゲームでこれは・・・」と戸惑いはありましたが、やってみるとこれはこれでなかなか緊張感があって楽しいものです。

遊んでみると、自分で止めている割に成功ばっかりミスばっかりとかたよったりはせず、ルーレットが戦闘の勝ち負けを完全に決めてしまうということはありません。それよりはカードデッキの構成や配置、カードプレイ順などで勝敗が決まることが多い感じです。

アドベンチャー・タイムなら、まあこれもアリかなと思います。

 

カードは全部で200枚弱あり、レア度により5段階に分かれています。レア度の高いカードは、有料コンテンツの宝箱から獲得できますが、レア度の高いカードでも敵からドロップしますし、また条件は厳しいですがカードクラフトでほとんどのカードを作成することが可能です。

クエストも120ほどあり、それぞれに3つのクリア条件が設定されています。3つクリアするとジェム1個が貰えるのでそれを使えば宝箱を引くことが出来ます。

 

キャラクターもヒーローもたくさん出てきますし、ルールもシンプル。

効果に特別トリッキーなものもないお手軽カードゲームという感じで、「アドベンチャー・タイム」が好きな方は十分に楽しめるのではないでしょうか。

 

グラフィックはとてもよく出来ていますね。全てのカードのキャラクターが召喚や攻撃時にちゃんと動くので、これは見ていて楽しいです。

カード操作はドラッグが主体で、ドラッグする位置によっては反応しづらいことがあります。

 

モードはクエストモードのみですが120もあるのでやりごたえはかなりあります。敵のドロップを狙うと何回もチャレンジしたくなりますし。

クエストをプレイするのにハートが必要になりますが、このハートは時間で回復します。普通のソーシャル系のゲームよりは速くたまりますが、回復するまで待たなくてはいけませんので後半はプレイ頻度が下がります。

 

難点。キャラクターカードゲームとしては十分な出来といってもいいでしょう。見た目よりは全然遊べます。しかし、途中からカードの数値がインフレしてしまい、弱いカードのほとんどが素材と化してしまうので、そのへんのバランスがちょっと悪いかなという感じです。

クエストやカードの収集作成・コレクタ要素などかなりボリュームがありますが、マルチプレイヤーモードはありませんので、全部遊びつくせばそこで終わりになります。

ゲーム中は全て英語です。カード効果に変な条件はないのでとりあえずは普通に遊べると思います。

 

一応、以下のようなヒーローが登場します。

「フィン」「ジェイク」「プリンセス・バブルガム」「BMO」
「レディ・レイニコーン」「ランピー」「マーセリン」「フレイムプリンセス」
「アイスキング」「マジックマン」「アッシュ」「シナモンパン」
「レモングラブ」「ハンソン」「ペパーミントバトラー」「ドクターフィン」「パジャマフィン」
「ドクタードーナッツ」「リカルディオ」「グンター」「バナナガード」

 

Redeem codeに次のコードを入れればカードを獲得できます。

「Cerebral Blood Storm」 – C3R3BL

「Pig (アップグレード)」 – P1GGY1

「Brief」 – BRIEF

「Doctor Finn」 – DRKUNGFU

「PJ Finn」 – UND3RPANT5

 

 

「アドベンチャー・タイム」のキャラクターを召喚して対戦するカードゲームです。

 

 

     

    Card-Wars-Adventure-Time100

    ボードゲーム / カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥480
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.5
    開発 / Cartoon Network

    iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Card Wars – Adventure Time
    AppStoreへ

     

 

 

 

 

 

  • Annoying Orange: Kitchen Carnage
  • Card Dungeon
  • Tentacle Wars
  • Adventure Bay
  • Tekken Card Tournament

Comments are closed.

PAGE TOP ↑