1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Perfect Paths01

 

■ Perfect Paths
ルートを作りブロックを移動させる完全思考型パズル。すべてのブロックを正しいゴール地点に移動させることが出来ればクリア。

 

ルートを作りブロックを移動させる完全思考型パズルです。ボード上をなぞると矢印のルートを設定できます。設定してから再生すると、その矢印の方向の通りにブロックが移動していきます。パーツをマスの間に配置すると、ブロックを繋げてまとめて動かすことが出来ます。全てのブロックを同じ色の丸のマスまで移動させることが出来ればクリアです。

 

 

Perfect Paths02 Perfect Paths03

 

ボードの上にブロックがあります。盤面をフリックするとボードのマスに矢印を設定することが出来ます。

設定したあと上の再生ボタンをタップすると、その矢印の方向にブロックが移動します。

Perfect Paths04 Perfect Paths05

 

マスをなぞれば、そのまま連続した矢印を設定できます。

ブロックを矢印で移動させ、ボード上にある色の丸の場所まで動かすことが出来ればレベルクリアです。

Perfect Paths06 Perfect Paths07

 

複数のブロックがある場合は、すべてのブロックを同じ色の丸の場所まで移動させます。

Perfect Paths08 Perfect Paths09

 

ブロックがボード上のどんなルートを通ろうが、ちゃんと同じ色の丸の場所まで移動できればOKです。

Perfect Paths10 Perfect Paths11

 

斜線の入っているマス、またゴールの丸のマスには矢印は設定出来ません。

Perfect Paths12 Perfect Paths13

 

ブロックは他のブロックで押すことが出来ます。

丸のマスに矢印を設定できなかった場合などは、他のブロックで目的のブロックを押してその先へ進めることが出来ます。

Perfect Paths16 Perfect Paths17

 

矢印によるブロック移動は「フェイズ」ごとに行われます。

1つのフェイズの中に「上下左右」の矢印があります。

下に表示されているのがそのフェイズです。矢印は右から左に順番に実行されます。

Perfect Paths18 Perfect Paths19

 

まず最初は「上」です。上向きの矢印のマスにあるブロックが上に移動します。

次は「下」です。下向きの矢印のマスにあるブロックが下に移動します。

Perfect Paths20 Perfect Paths21

 

次は「右」です。右向きの矢印のマスにあるブロックが右に移動します。

そして「左」です。左向きの矢印のマスにあるブロックが左に移動します。

このようにブロックは、すべてが同時に動くのではなく、フェイズの「上下左右」の順番によって1つずつ実行されていきます。

Perfect Paths22 Perfect Paths23

 

例えばこんな感じのルートを設定した場合、まず最初に「上向き」の矢印が実行されますので、上向きの矢印があるマスのブロックが上に移動します。

上向きの矢印は2つのマスに設定されているので、2つのブロックが同時に動きます。

Perfect Paths24 Perfect Paths25

 

次は「下向き」の矢印のマスにあるブロックが下に移動します。

このとき動くのは下向きの矢印マスにあるブロックだけで、他のマスにあるブロックは一切移動しません。

Perfect Paths26 Perfect Paths27

 

そして「右向き」「左向き」の順でブロックが移動します。

ブロックの移動は、フェイズに設定されている「上下左右」の矢印の順に1つずつ実行されます。4つの矢印が実行されたらまた最初に戻り繰り返します。

このフェイズはBGMの音と連動しているので、リズムに合わせながら順番にブロックが移動していくことになります。

Perfect Paths28 Perfect Paths29

 

このようなルートを設定してみました。

最初に動く矢印は「上向き」なのでブロックが上に移動します。ブロックは上に押されて2つが縦に移動します。

Perfect Paths30 Perfect Paths32

 

次は「右向き」「左向き」の順でブロックが1つずつ移動します。

Perfect Paths33 Perfect Paths34

 

これで設定したルート通りにブロックが移動しました。左側はゴールと同じ色ですが、右側が逆の色になってしまっていますね。

左下の消しゴムのアイコンをタップすると、設定したルートはなぞって消すことが出来ます。

上に並んでいるアイコンをタップすれば、コマ送りをしてブロックを動きを細かく再生することが出来ます。

Perfect Paths35 Perfect Paths36

 

右のゴール位置とブロックが逆になっているので、黄色と赤のブロックの位置を入れ替えればよさそうですね。

まず最初に「上向き」のブロックが移動します。

Perfect Paths37 Perfect Paths39

 

次は「下向き」の矢印です。上向きにスライドしたブロックがまた下に戻されます。下向き以外のブロックは移動しません。

そして右向きに黄色のブロックが移動します。

Perfect Paths40 Perfect Paths41

 

「左向き」のブロックが移動したら、また「上向き」のブロックが移動します。

ブロックの移動は、フェイズで設定してある「上下左右」の矢印が順番に実行されます。

各レベルごとにフェイズでの矢印の順番は違いますから、レベルごとにルートの形は考えなおす必要があります。

Perfect Paths42 Perfect Paths43

 

画面の右上の黄色い点をタップすると、作ったルートをコピーしたり別の解答を保存しておくことが出来ます。

Perfect Paths44 Perfect Paths45

 

このような配置の場合、どちらかのブロックのルートを他のルートの外を迂回するようにするとクリアできます。

しかし迂回させるスペースがないとルートを繋げることが出来ません。

Perfect Paths46 Perfect Paths47

 

このようなときは、ルートが交差するところを再度タップして、どちらにも進める菱形の矢印にします。

菱形の矢印の場合、下から来たブロックも左から来たブロックもそのままの方向で通過させることが出来ます。

Perfect Paths48 Perfect Paths49

 

ゴールとなる丸が線で繋がれています。

このような場合は、同じ色のブロックをただゴール地点に移動させただけではクリアになりません。

Perfect Paths55 Perfect Paths56

 

下に「コンビネータ」という、丸い輪のようなパーツがあります。

これを盤面にドラッグしてマスとマスの間に置くと、そのマスに来た2つのブロックを繋げることが出来ます。

Perfect Paths57 Perfect Paths58

 

繋げた2つのブロックは、離れることなくそのままの形で移動します。

青いほうのブロックだけに矢印があっても、2つのブロックは繋がっていますので一緒に上に向かって移動します。

Perfect Paths60 Perfect Paths61

Perfect Paths62 Perfect Paths63

 

各レベルをクリアすると、その状態に応じで得点が入ります。

Perfect Paths64 Perfect Paths65

 

例えばいまのレベルは、こんな感じのルートでもクリアできます。

2つのブロックが繋がっていますから、矢印のルートの設定は片方のブロックだけでも大丈夫です。

Perfect Paths66 Perfect Paths67

 

もっとシンプルにこんな感じのルートでもいけます。

レベルの得点は、ルートは短く、さらに使うマスを少なくすれば上がっていきます。

Perfect Paths69 Perfect Paths72 

 

縦の輪を使うと、縦方向のブロックを繋げることが出来ます。

ブロックをコンビネータで繋げるときは、その両方のマスにブロックが無いと繋がりませんので、タイミングをうまく合わせましょう。

Perfect Paths77Perfect Paths79

 

小さい矢印のようなパーツは「スプリッター」です。コンビネータとは逆で、繋がったブロックをスプリッターで切り離すことが出来ます。

Perfect Paths98 Perfect Paths99

 

スプリッターを途中に設置して、中央部分でブロックを切り離してみます。

黄色のブロックはこのルートでゴールまで移動できましたから、あとは赤いブロックを左に移動させればOKですね。

Perfect Paths100 Perfect Paths101

 

そこで赤のブロックが左に進むようなルートを追加してみました。

ところが下のフェイズを見ると、「上向き」の矢印よりも先に「左向き」の矢印が実行されてしまうので、このままだと中央のスプリッターで分離する前に繋がったブロックが左にまとめて移動してしまいます。

Perfect Paths102 Perfect Paths103

 

そこでスプリッターでブロックを切り離す位置を、中央から右側に変えます。このルートでも黄色のブロックはゴールまで移動します。

あとは赤いブロックを左側に移動するように設定します。

Perfect Paths104 Perfect Paths105

 

しかし、これでもやはり左向きが先に実行されてしまい、またもや繋がったブロックは左に移動してしまいます。

Perfect Paths106 Perfect Paths107

 

そこで中央の矢印を菱形に変えて、ブロックをそのまま通過させるようにします。

これなら左向きの矢印が先に実行されたとしても、まっすぐ進むようになります。

Perfect Paths108 Perfect Paths110

 

分離した赤いブロックも菱形の矢印を通過して左側に進みます。何とかクリアできそうですね。

分離させるスプリッターだけではなく、くっつけるコンビネータもあわせると、移動だけではない複雑なルートでクリアすることが出来ます。

Perfect Paths112 Perfect Paths113

 

パズルのレベルは全部で33あります。毎週、新たな問題が追加されていくようです。

Perfect Paths94 Perfect Paths90

 

矢印でブロックを動かすルートを作り、正しくゴール地点まで移動させていきましょう!

Perfect Paths92 Perfect Paths115

Perfect Paths96 Perfect Paths52

 

 

ルートを作りブロックを移動させる完全思考型パズルです。ボード上をなぞると矢印のルートを設定できます。設定してから再生すると、その矢印の方向の通りにブロックが移動していきます。パーツをマスの間に配置すると、ブロックを繋げてまとめて動かすことが出来ます。全てのブロックを同じ色の丸のマスまで移動させることが出来ればクリアです。

 

ルートを作ってブロックを移動させる完全思考型パズルです。これは面白いですね!

大きなくくりでは「ナンバーリンク」のアレンジになるのですが、ルート上の移動のタイミングやブロック移動の変化がとてもユニークです。

 

ルールはシンプルで、ブロックを同じ色のゴール地点まで移動させればクリアです。

ボードをなぞると矢印のルートを設定できます。ルートが繋がっているように表示されていますが、矢印は「それぞれのマス」に対して1つずつ設定されています。そのマスにブロックがあれば、設定してある矢印の方向にブロックが移動するというわけです。

 

矢印には色の概念は無く、どの色のブロックがマスに入って来ても同じように動作をします。

例えば、2本のルートがあったとして、他のブロックを使って押し、ブロックを違うルートに乗せてしまうと、ブロックが移動する本来のルートを変えてしまうことが出来ます。

ナンバーリンクのようにスタートとゴールを繋げるだけでなく、ブロック移動、ブロック接続、ブロック分離を使った、それとは全く違ったルートの構築が必要なのです。

 

もう1つユニークなのは「タイミング」です。このタイミングが非常に重要です。

マスに設定する矢印の方向は「上下左右」の4種類です。ゲーム中の矢印の動作は、全ての向きの矢印が同時に行われるのではなく、フェイズで設定された順に1つずつ実行されていきます。

 

フェイズが「上-下-左-右」という順番だったら

 

「上向きの矢印があるマスのブロックが全て上に移動する」

「下向きの矢印があるマスのブロックが全て下に移動する」

「左向きの矢印があるマスのブロックが全て左に移動する」

「右向きの矢印があるマスのブロックが全て右に移動する」

 

の順でブロックが移動します。

矢印が「各マス」に設定されているのというのがこういうことです。

 

上に一直線に向かうルートを設定するとブロックは上に移動しますが、厳密に言うと

 

「上向きの矢印があるマスのブロックが全て上に移動する」

「なし」

「なし」

「なし」

「上向きの矢印があるマスのブロックが全て上に移動する」

「なし」

「なし」

「なし」

 

と、こういう感じでブロックは進みます。

 

それぞれのレベルごとにフェイズの矢印の順番は違いますから、複雑なルート構築をしていると「左に進む前に、先に上に移動してしまった」なんてこともあります。

ブロックが1つだけならそんなことは起きませんが、2つの繋がったブロックが「下-右」という2つの矢印のマスに乗っていた場合、「上-下-左-右」のフェイズだったら、右に動く前に先にブロック全体が下に動いてしまうというわけです。

もちろんこのタイミングを逆に利用すれば、右向きの矢印のマスに乗ったとしても、ブロックを下に動かすことが出来ますね。

ブロックを動かすの順序があるというのが大きな特徴です。

 

さらにこのフェイズの「上-下-左-右」の矢印には、それぞれサウンドが設定されています。

ですから上に向かうルートの場合、「上移動-なし-なし-なし-上移動-なし-なし-なし-上移動-」と、一定のリズムに乗ってブロックがまるで生き物のように楽しそうに移動していくのです。

また「コンビネータ」や「スプリッタ」にもサウンドが設定されているので、配置によってBGMのアレンジが出来たりします。ルートの設定図がそのまま楽譜にもなっているというわけですね。

パズルとしての要素と、プレイの楽しさの演出がうまくかみ合っていて非常に素晴らしいです。

 

見た目よりもシビアではありますが、十分に楽しめるパズルではないかと思います。

 

グラフィックはとても綺麗ですね。シンプルでスタイリッシュです。画面をなぞるだけでルートを決めることができる簡単操作です。矢印の方向を変えるときには、上からまたなぞれば違う方向に自由に変えることが出来ます。

 

パズルのレベルは全部で33あります。

これから毎週、新しい問題が追加されていくそうです。

 

難点。消しゴムで矢印を消すとき、狙ったところ以外も消えてしまうことがあってイラッとします。特にコンビネータ、スプリッタを消すときによく起きます。

現時点での問題数が少ないです。チュートリアルの意味合いがあるのか、難易度は全体的に低めです。今のままでは物足りないですね。

新しいパーツ(条件分岐とか)の追加や、ブロックを押したり繋げたりの移動などをかなり複雑にできると思うので、これから配信される問題に期待です。

 

ルートを作りブロックを移動させる完全思考型パズルです。

 

 

     

    Perfect-Paths100

    完全思考型パズル
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.01
    開発 / Hyperbolic Magnetism

    iOS 7.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Perfect Paths
    AppStoreへ

     

 

 

 

  • Cytus
  • Bop It!
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • San Juan
  • Mr.Mの謀殺ルール:ビザンチウムからの暗殺者

Comments are closed.

PAGE TOP ↑