1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Outpost Luna01

 

■ Outpost Luna
資源を集めて月面都市を開拓していくカードゲーム。最初に都市を3つ建設したプレイヤーの勝ち。

 

資源を集めて月面都市を開拓していくカードゲームです。月面に自分のユニットを配置して資源を獲得します。集めた資源を使って工場や住居といった建物を建設します。ユニットの移動や資源の調達、建物の建設は、手札のアクションカードをスロットにセットすることで行います。アクションでは相手のユニットに攻撃をして土地を奪うということもできます。誰よりも早く3つの都市を建設することが出来たプレイヤーが勝者となります。

 

 

Outpost Luna02

 

これは資源を集めて月面を開拓していくというゲームです。

中央が開発する「月面」で、下が自分の「手札」となっています。左の緑の丸が自分で、黄色い丸が対戦相手です。今回は対戦相手が1人だけの2人対戦となります。

Outpost Luna03

 

手札はアクションカードです。1枚のカードの上下には、2つのアクションが書かれています。

このカードの場合は、上が「Move Unit(ユニット移動)」、下が「Build City(都市建設)」となっています。

Outpost Luna04

 

カードの左側に3つのスロットがあります。ここには手札を3枚セットします。セットしたいカードをドラッグして左側に移動します。

Outpost Luna08

 

これでカードが3枚、スロットにセットされました。

Outpost Luna13

 

左端のカードをタップすると、そのアクションカードの「どちらか1つだけ」のアクションが選択できます。

プレイしたいアクションのほうのチェックマークをタップします。そのアクションが条件によってプレイできない場合は、赤いチェックマークになって選択できません。

ここでは上の「Move Unit(ユニット移動)」を選んでみます。

Outpost Luna16

 

「ユニット移動」では自分のユニットを月面に配置することが出来ます。

最初に20枚の月面タイルのうち好きな場所を1枚タップして表向きにします。

Outpost Luna17

 

次に自分のユニットを配置したい月面タイルをタップします。

Outpost Luna18

 

月面のタイル上に自分のユニットを配置すると、そのユニットのある月面タイルと、ユニットの上下左右の月面タイルが表向きになります。

これで自分のターンは終了です。右下の「End Turn」をタップします。

自分のターンではアクションを1回だけプレイできます。プレイが終わると相手のターンになり、相手も同じようにアクションを1回プレイします。

Outpost Luna19

 

再び自分のターンになりました。先ほどと同じように、まず手札からカードを1枚選んで左側のスロットにセットします。

Outpost Luna21

 

そしてカードのアクションをプレイします。

また「ユニット移動」をプレイしてみましょう。下の黒いチェックをタップして選択します。

Outpost Luna22

 

「ユニット移動」なので、まず最初に月面タイルを1枚選んでめくります。

Outpost Luna23

 

次にユニットを移動させる場所を選びます。

黄色い枠がついている場所が選べる月面タイルです。月面タイル上にある黄色と緑のアイコンは、それぞれのプレイヤーのユニットを表しています。

ユニットを配置するとき、他のユニット(自分も含む)がいる月面タイル、また他プレイヤーのユニットがいる上下左右の月面タイルを選ぶことは出来ません。

Outpost Luna24

 

ユニットを配置するとその上下左右の月面タイルが開きます。各プレイヤーはそれぞれユニットを3つ持っています。

Outpost Luna25

 

自分の番になったら

1: カードを1枚スロットにセットする。

2: 1枚のカードからどちらかのアクションを選んでプレイする。

これを繰り返します。

Outpost Luna26

 

今度はこのアクションカードの、下側の「Produce All(資源生産)」をプレイしてみましょう。

Outpost Luna27

 

月面タイルの右下にあるアイコンがそこから獲得できる資源と個数です。

「資源生産」のアクションを使うと、自分のユニットを配置している月面タイルから資源を獲得することが出来ます。

Outpost Luna28

 

自分の所持資源は左側にあります。上から「レンガ・鉄・石・水・金」となっています。

資源はユニットを配置したときにもその場所から獲得できます。

Outpost Luna29

 

今度は月面に建物を建設してみましょう。

上の「Build Housing Structure(住居建設)」のアクションをプレイします。

Outpost Luna31

 

月面に何かを建てるときは、いま獲得したような「資源」が必要になります。

この場合、「住居を建てるには、レンガ2個と石1個が必要」ということになります。

Outpost Luna30

 

建物は自分のユニットがある月面タイルにしか建設することは出来ません。

建設したいタイルを選んでタップします。

Outpost Luna32

 

中央のタイルに住居を建ててみました。建てるために必要な資源「レンガ2個と石1」を支払います。

建物を建てるとボーナスを獲得できます。

Outpost Luna33

 

そのボーナスがアクションカードのの右下の部分です。

ここでは「金2個か好きな資源1個」のどちらかを選べます。

Outpost Luna34

 

ボーナスを「好きな資源1個」にしてみます。

右下で資源を選び、表示された資源から石をタップして獲得します。

Outpost Luna36

 

今回は、資源を使って住居を月面タイルに1つ建設し、ボーナスとして石を1個獲得しました。

Outpost Luna37

 

建物は「塔」「工場」「住居」の3種類を建設することが出来ます。それぞれ1回のアクションで建てることが出来る個数、また建設に必要な資源の数などに違いがあります。

Outpost Luna39

 

鉄2個と石2個を使って「塔」を建設してみました。

建物は同じ月面タイルにいくつでも作ることが出来ますが、1回のアクションで同じ月面タイルに複数個建設することは出来ません。

Outpost Luna45

 

おっと。ここで相手のユニットから攻撃を受けてしまいまいした。

Outpost Luna49

 

この「Challenge 3」のような攻撃のアクションを使えば、相手のユニットに対して攻撃が出来ます。攻撃が成功するとその場所の月面タイルを奪うことが出来ます。

Outpost Luna51

 

攻撃されて負けてしまったユニットは、そのタイルの上下左右のどこかに移動しなければいけません。

とりあえずここでは下の移動してみました。この場所ならレンガが2個獲得できるので少し有利かもしれません。

Outpost Luna52

 

こちらもやり返してみましょう。

手札に攻撃のアクションが書かれたカードがありますから、これを左のスロットにセットします。

Outpost Luna53

Outpost Luna54

 

ここで重要なポイントがあります。

自分の番ではカードからアクションを1つだけ選んでプレイできますが、そのカードは必ず1番左にあるものを使います。

Outpost Luna56

 

アクションをプレイするとそのカードは捨て札となり、残ったスロットにある2枚が左に向かってスライドしていきます。ですから、いまセットした攻撃のアクションカード(左から3枚目)は、すぐにはプレイできないことになります。

自分の番ではアクションカードを1枚スロットにセットしますが、そのカードがプレイできるのは「セットした2ターン後」ということになるのです。

Outpost Luna55

 

さて今度は「Build Factory(工場建設)」で工場を作ってみます。必要な資源は「鉄1個、石1個、金1個」です。

Outpost Luna57

 

資源はありますので、建設したい場所のタイルを選びます。選べるのは自分のユニットがあるところだけです。

Outpost Luna58

 

資材を支払いましたから、工場+ボーナスが獲得できます。ボーナスは、好きな資源1個か、ユニットの周囲1マスから資源の獲得です。

Outpost Luna59

Outpost Luna60

 

自分のユニットの周囲1マスからボーナスで貰う資源を選びます。他プレイヤーのユニットがいたり、そのユニットの上下左右にある月面タイルは選べません。

ここでは2つのユニットの間にある「金」を獲得してみましょう。

Outpost Luna61

 

自分の番の最後には、配置してあるユニットの防御力を上げることが出来ます。

このとき、防御力は所持している「金」の個数分を上げることが出来ます。

Outpost Luna63

 

現在、金2個を持っていますが、これはすぐに使うわけではありません。この設定は、もしそのユニットが攻撃された場合、いくつの金を支払って防御力を上げるかです。

なのでこの場合、金2個を持っていますが、自分のユニットの両方に「2」という追加の防御力を設定出来ます。

Outpost Luna64

 

続けて「ユニット移動」をしてみましょう。

攻撃のカードは左に向かって1つスライドしていますね。この次にこのアクションは使用できるようになります。

Outpost Luna67

 

月面タイルを1枚表にし、ユニットを配置します。

Outpost Luna68

 

「Challenge 3」のカードが1番左端に来ました。これでこのカードは使うことが出来ます。

Outpost Luna70

 

しかし実はここで使いたかったのは、下側の「Build City(都市建設)」のほうです。

Outpost Luna69

 

画面の右側に並んでいるのは「都市の設計図」です。設計図には都市を建設するために必要な条件が書いてあります。

「塔」「工場」「住居」「水」のうち、必要な建物・資源の条件を揃えるとその設計図を使ってユニットの月面タイルに都市を建設できます。

右の設計図をタップします。

Outpost Luna71

 

中央に都市が建設できました。これがこのゲームの目的です。

アクションカードを使って資源を集めて塔などを建設し、必要な建物を建設したらそこに都市を建設します。

相手よりも先に3つの都市を建設すると勝者となります。

Outpost Luna72

 

「Shipment from Earth(補給物資)」は好きな資源を4つ選択して獲得できます。

Outpost Luna76

Outpost Luna77

 

このアクションを使うと都市の設計図が1枚追加されます。

資源、アクションカードは各プレイヤーでそれぞれ持っていますが、月面タイルと都市の設計図は各プレイヤー共通で使いますので、設計図を1枚追加することは相手にもチャンスを与えることになります。

Outpost Luna78

Outpost Luna79

 

左上に相手の黄色のユニットがあるタイルがあります。工場2つと住居1つが建っています。

都市の設計図を見るとその建物数のものがありますね。これはすぐにも都市が完成してしまうかもしれません。

Outpost Luna81

 

そこで先ほどの「Challenge 5」のアクションを使ってみましょう。

Outpost Luna82

Outpost Luna83

 

まず攻撃に使う自分のユニットを選択します。ここでは右上にある緑色の自分のユニットです。

Outpost Luna84

 

次に攻撃対象となる相手のユニットを選択します。ここでは左上の黄色の相手ユニットです。

Outpost Luna85

 

攻撃するときに攻撃力を、所持している「金」で上乗せすることが出来ます。「5」というのは「Challenge 5」の数値です。

Outpost Luna86

 

手元に金が3個があるので、3個使って8まで上乗せしました。

相手ユニットは、住居分の防御力が2ですが、さらにそこにどれだけ「金」で防御力を上げているかはわかりません。

準備が出来たらチェックマークをタップして攻撃開始です。

Outpost Luna87

 

なんと相手は金5個を追加していたようです。

しかしそれでも「8対7」でこちらの勝ちです。この時使用した金は無くなってしまいます。

Outpost Luna88

 

相手のユニットを倒したので、左上の月面タイルが自分のものとなりました。当然そこにある建物もすべて自分のものです。

Outpost Luna89

 

すでに都市の設計図の建設条件は整っていますが、都市を建設するにはアクションで「Build City(都市建設)」をプレイしなければいけません。

Outpost Luna90

 

当然それはスロットの1番左側にそのアクションが来て、そこでやっとプレイすることができます。

攻撃の後にすぐ使えるように「都市建設」のアクションカードをセットしておけば、すぐにでも建設することができますが、もし建設するまでに取り返されてしまったら、セットしたカードは全くの無駄に終わってしまいます。

Outpost Luna91

Outpost Luna92

 

無駄になったり、資源が足りなくてアクションが出来なかったりする場合は「アクションをしない」ということも選べます。その時は何もしないで自分の番を終えることなります。

Outpost Luna93

 

このように、カードを1枚セット、アクションを1回プレイを繰り返し、相手よりも先に3つの都市を完成することが出来たら勝ちです。

Outpost Luna96

 

対戦は、AI対戦の1人用、パスアンドプレイの2-4人マルチプレイヤー、GameCenterを利用した非同期オンライン対戦が可能です。

Outpost Luna106

Outpost Luna98

 

月面から資源を集めて建物を建設し、素早く都市を完成させていきましょう!

Outpost Luna103

Outpost Luna104

Outpost Luna105

Outpost Luna100

 

 

資源を集めて月面都市を開拓していくカードゲームです。月面に自分のユニットを配置して資源を獲得します。集めた資源を使って工場や住居といった建物を建設します。ユニットの移動や資源の調達、建物の建設は、手札のアクションカードをスロットにセットすることで行います。アクションでは相手のユニットに攻撃をして土地を奪うということもできます。誰よりも早く3つの都市を建設することが出来たプレイヤーが勝者となります。

 

資源を集めて月面都市を開拓していくというカードゲームですね。

背景としては、地球連邦が月に入植することを決定、各プレイヤーは都市を建設する企業で、ほかの企業と争いながら月面の開拓を行っていくという感じです。一応オリジナルのゲームということのようです。

 

基本的なプレイは

 

1: カードを1枚スロットにセットする。

2: カードを1枚プレイする。

 

この繰り返しです。

内容は「資源を集めて建物などを建てていく」というだけのものですが、いくつか面白いところがあります。

 

1番特徴的なのは「その順番でセットしたカードは、その順番では使えない」という点ですね。

「資源の調達」「建物の建築」「ユニットの移動」など、全てのアクションは手札のカードで行います。カードのスロットは「3つ」あって、自分の番でセットするのは「スロット3」です。自分の番ではカードは1枚しか使うことが出来ず、アクションで使えるカードは「スロット1」のカードと決まっています。

スロット1のカードを使うと「スロット3→スロット2→スロット1」と、セットしてあるカードがところてんのように前に移動します。その順番でセットしたスロット3のカードは、次の次にスロット1に移動するのでそこでやっと使えるようになります。

ですからカードをセットするときは、常に先のことを考えて計画的にアクションをセットしていくことが必要なのです。

 

上のほうでユニットに攻撃して相手の月面の土地を奪いましたが、そこに自分の都市を建てるにはターン数がかかります。

「自分が相手の土地を奪う→土地を奪えたので次のターンで都市建設アクションカードをスロット3にセットする」と、「相手に土地を奪われた→すぐに次のターンで攻撃アクションカードをスロット3にセットする」の場合、

 

相手のカード順 [2][4][6]

自分のカード順 [1][3][5][7]

 

で、[1]で相手の土地を奪ったとき、そのあと相手がすぐにセットする攻撃アクションは[6]になりますから、都市建設をセットする[7]では間に合わず(カードはセットした後アクションになるため)、アクションをする際には奪った土地が奪い返されたあとだったりします。

そうなると、確実に都市を建設しようとしたら、攻撃アクションが[1]にあるときにちゃんと[5]に「都市建設」をセットしておかないといけません。

相手の所持資源数、所持カードは見えないので、建物をどこに建てていて、どの都市設計図を使おうとしているかを確認して先を読みながらカードをセットしていく、その計画性が大事になるのです。

 

アクションカードは種類と枚数が決まっていて、攻撃アクションはそれほど多くありません。すぐに反撃に使うには手元に常に置いておきたいところです。

攻撃防御も、「金」を使うことでその数値を増加させることが出来ます。金は月面からも資源として獲得できますが、建物建設のボーナスとしてかなりの数が獲得できます。資源を効率よく集めて建物を建てていくことで、防御力攻撃力をプラスできる金もボーナスとして獲得できるというわけです。

また全ての都市建設には資源の「水」が必要になります。塔、工場、住居といった月面タイル上にある建物は攻撃で奪えますが、資源はなかなか奪うことができませんので、これも都市建設をするためにたくさん確保しておかないといけません。

 

アクションはカードから1つだけを選択、ユニットを配置し資源を集めて都市を建設、相手のユニットを攻撃して建物を強奪。

どのように計画を立てて、どういう手順で資源を集め建設していくか。

カードセットを漠然とやっているだけでは勝てない、なかなか面白いゲームです。

 

グラフィックはチープですが、BGMは雰囲気があっていいですね。操作はタップだけで行えますし、使えるアクション、使える場所が枠で表示されるので選択はやりやすくなっています。またアンドゥでプレイをやり直すことが出来るのでしっかりと考えることが出来ます。

 

モードはAI対戦の1人用、パスアンドプレイの2-4人用、GameCenerを利用した非同期オンライン対戦が可能です。

 

難点。言語依存もなく、ゲームの要素もうまく絡み合っていて良く出来ているのですが、なんというか全体的にキレがないといいますか。面白くないわけではないのですが、凄く物足りなさがあります。

資源は報酬やアクションでたくさん手に入りますし、金があればとりあえず相手の土地は奪い取れますし、シビアなところがあまりなくて結構大雑把なんですね。

都市の建設とか工場、住居などの建物とか、レンガや石、鉄といった資源とか、1個1個をもうちょっと大事に使いたかったなという印象です。

 

資源を集めて月面都市を建設していくカードゲームです。

 

 

     

    Outpost-Luna100

    ボードゲーム / カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.2
    開発 / Ariton

    iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Outpost Luna
    AppStoreへ

     

  • San Juan
  • Tikal
  • Ticket to Ride Pocket
  • Amber Route
  • Roll Through the Ages

Comments are closed.

PAGE TOP ↑