1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Instantion01

 

■ Instantion
クローンを出現させて進んでいくアクションパズル。ゴールに到達すればレベルクリア。

 

クローンを出現させて進んでいくアクションパズルです。マップ上の好きな場所に自分のクローンを3体まで出現させることが出来ます。このクローンはいつでも消失させて戻すことが出来ます。出現したクローンは自分と全く同じ動きをします。右に移動させれば全てのクローンが右に移動します。マップ内にあるスイッチを作動させてゲートを開き、ゴール地点となる場所まで無事に到達出来たらレベルクリアとなります。

 

 

Instantion02

Instantion03

 

これが自分の動かすキャラクターです。このキャラクターをゴール地点の場所まで到達させればレベルクリアとなります。

Instantion06

 

画面の左下の矢印をタップすると、キャラクターを左右に移動させることが出来ます。右下の「Jump」をタップするとキャラクターをジャンプさせることが出来ます。

Instantion07

Instantion08

 

大きな溝の前に緑色のスイッチがあります。スイッチの前に立って右下の「Interact」をタップするとスイッチを作動させることが出来ます。

Instantion09

 

そうするとこのように橋ができ、先に進むことが出来るようになります。

進めない場所では、必ずそこを進めるようにできる装置が用意されています。

Instantion10

Instantion11

 

今度はスイッチは向こう側にあります。溝はジャンプでは飛び越えることが出来ません。

Instantion12

 

このような場合は、自分のクローンを溝の向こう側に出現させます。

画面をドラッグして引っ張るとラインと照準が出ますので、クローンを出現させたい場所に照準を合わせてから指を離します。

Instantion13

Instantion14

 

するとこのように自分と同じキャラクターが「クローン」として登場します。

Instantion16

 

クローンは3体まで登場させることが出来ます。

Instantion17

 

出現させた全てのクローンは、自分のキャラクターと同じ動きをします。左に移動させればクローンの全てが左に移動します。ジャンプすれば、クローンが全てジャンプします。

クローン1体1体を個々に操作することはできません。

Instantion18

Instantion19

 

向こう側にクローンを出現させたまま後ろに下がり、緑のスイッチの前にクローンを移動させます。それから右下のボタンをタップすれば、装置が作動し橋が出来ます。

クローンは自分の好きな場所に出現させることが出来、クローンは自分と全く同じ動きをします。

Instantion21

 

今度も緑のスイッチは溝の向こう側にあります。

ピンクの部分はチェックポイントゲートです。移動で失敗しても何度でもこの場所からやり直すことが出来ます。

しかし、クローンはこのチェックポイントゲートを通過して出現させることは出来ません。

Instantion30

 

そこで今度はこのように上に自分のクローンを出現させます。

Instantion31

 

このまま前に進めば上のクローンも一緒に前に進むので、ピンクのチェックポイントゲートに触れずに向こう側に回り込むことが出来ます。

Instantion32

 

しかしそのまま進んでしまうと、クローンが向こう側に降りたとき、自分は手前の溝に落ちてしまいます。

Instantion33

 

そこで落ちる前に1回後ろに戻り、クローンとの距離を離します。クローンは上の障害物に阻まれ先に進めませんから段々と距離が離れます。

Instantion34

Instantion35

 

こうすれば上のクローンが向こう側に回ったときでも、自分は手前の溝に落ちずに済みます。

各クローンとキャラクターの距離をコントロールすることはとても重要な要素です。

Instantion36

Instantion37

 

クローンを出現させる照準のラインは一定の距離までしか伸びません。ここでは手前の橋を作るスイッチは上にあるのですが、このままでは届きません。

Instantion50

 

このような場合は、ジャンプして空中にいる最中にドラッグして上に狙いをつけます。

Instantion51

 

ジャンプしながら狙いをつけると、通常では届かない場所でも自分のクローンを出現させることが出来ます。

Instantion52

 

この場面は、右下がチェックポイントゲートです。このゲートまでキャラクターを移動させます。

Instantion53

 

スイッチは2つあり、中央のスイッチは下のゲートを開きます。左のスイッチは今いる場所の床の部分を開きます。

両方ともフットスイッチになっているので、ゲートを開けたままにしておくにはスイッチの上に乗り続けなければいけません。

Instantion54

 

まずは壁の向こう側にクローンを出現させましょう。上で出してから下に落とします。

Instantion55

Instantion56

 

次に中央のスイッチに向かって3のクローンを出現させスイッチを踏みます。2のクローンの前にあるゲートが開きます。

Instantion57

 

そして左に移動すれば2のクローンがゲートを通過できるのですが、ここで注意点が1つあります。

チェックポイントゲートにクローンが触れると、クローンは消えてしまいます。

チェックポイントゲートに自分のキャラクターが触れると、全てのクローンが消えてしまいます。

つまりこのまま左に移動すると、上のチェックポイントゲートに自分のキャラクターが触れてしまい、その時点で2と3のクローンは消えてしまうのです。

Instantion58

 

左上に並んでいるのが出現させているクローンです。出現させたクローンはこの左上の部分をタップすることで消すことが出来ます。

ここで「3」をタップして3のクローンを消します。

Instantion59

 

3のクローンがスイッチの上から消えたので、中央のスイッチが無効になり下のゲートが閉じました。

Instantion60

 

そのままキャラクターを右に動かすと、今度は2のクローンはゲートに阻まれて進めません。自分のキャラクターで中央のスイッチを踏みます。

Instantion61

Instantion123

 

この場所ならば左に移動してジャンプすれば、2のクローンを左のスイッチの上に乗せ作動させることができます。

Instantion62

 

ところが左のスイッチは中央のスイッチの足元を消すものです。2のクローンが乗ってしまうと、スイッチに乗っていたキャラクターが下に落ちてゲートから先に進めなくなってしまいます。

Instantion125

 

そこで左のスイッチを踏む前に、先にクローン3を上に出現させておきます。

Instantion63

 

それからクローン2で左のスイッチを踏んで足場を抜き、キャラクターを下に落とします。

Instantion65

 

そして上に出現させておいたクローン3を中央の溝に落とし、スイッチの上に乗せます。これで下のゲートを開くことが出来ます。

Instantion67

Instantion68

 

このようにして複数のクローンや、その出現場所、またクローンの位置関係をうまく利用してキャラクターをゴール地点に到達させることが出来ればクリアです。

Instantion69

Instantion70

 

こちらはブロックです。キャラクターやクローンで押して動かすことが出来ます。

ブロックはジャンプでは届かない場所への足場などに利用できます。

Instantion72

Instantion73

 

赤いのはレーザーです。ブロックなどでこのレーザーを遮断することが出来ます。

Instantion74

 

キャラクターやクローンがレーザーに触れたり画面外に落ちてしまうと死んでしまいます。

Instantion75

 

クローンが死んでしまうとそのクローンを使うことが出来なくなりますが、「REFILL」という前で死んだクローンは復活させることが出来ます。

Instantion76

 

装置の中に動く足場などがあります。スイッチを踏んでいる間だけ作動して移動します。

Instantion80

Instantion81

 

装置を動かすスイッチの中にはカギが必要なものがあります。ゲートの前にあるスイッチには赤いマークがついています。これはカギがかかっているスイッチです。

上に落ちている緑のアイテムがカギになります。

Instantion87

 

カギを持ってスイッチの前に来ると、初めてそこでスイッチを作動させることが出来ます。

Instantion88

 

しかしこの場所のように溝の中にカギがあり、下に降りたクローンでは上のゲートまでカギを持ってこられない場合があります。

Instantion89

Instantion90

 

このようなときは、まず自分が溝に入りカギを獲得します。カギを持った状態で、溝の外にクローンを出現させます。

Instantion91

 

こうするとクローンはカギを持ったままジャンプして出現します。

Instantion92

 

あとは左上の「1」をタップしてまたスタートに戻れるとカギはその場に落ちますので、緑のスイッチを作動させることが出来ます。

Instantion93

 

これは「Gravity Spheres」です。重力が発生しているボールです。

Instantion104

 

このボールの中を通り抜けると、通り抜けている最中はこのボールの中だけ時間が遅くなります。

Instantion119

 

例えばこのように下にレーザーがあって、そのレーザーを止めることが出来るスイッチは左側にあります。レーザーが止まるまでには1秒程度の時間がかかるので、止まる前に死んでしまいます。

Instantion128

 

このような場合は、まず重力ボールの中に飛び込みます。時間がゆっくりになるのでこのボールの中だけ落下スピードが落ちます。

Instantion129

 

その間に画面をドラッグして左のスイッチにクローンを出現させます。まだ自分は落下中です。

Instantion130

 

クローンの踏んだスイッチでレーザーが止まります。まだ自分は重力ボールの中で落下中です。

Instantion133

 

重力ボールから出ると通常のスピードに戻り落下します。

このように重力ボールの中だけ時間がスローになるので、その間に他の装置を作動させることが出来ます。

Instantion135

 

クローンやキャラだけではなく、ボックスなども落下スピードが落ちるので、ボックスがレーザーを遮断している間にその重力ボールの外でいろんな作業をすることが出来ます。

Instantion137

Instantion138

 

レベルは全部で50あります。同じレベルでもクローンを再生できないなど制限のかかった「Hard Mode」「Expert Mode」が選べます。

Instantion04

 

自分のクローンをさまざまな場所に出現させてゴールまで到達しましょう!

Instantion141

Instantion84

Instantion98

Instantion139

 

 

クローンを出現させて進んでいくアクションパズルです。マップ上の好きな場所に自分のクローンを3体まで出現させることが出来ます。このクローンはいつでも消失させて戻すことが出来ます。出現したクローンは自分と全く同じ動きをします。右に移動させれば全てのクローンが右に移動します。マップ内にあるスイッチを作動させてゲートを開き、ゴール地点となる場所まで無事に到達出来たらレベルクリアとなります。

 

クローンを出現させてゴールを目指すアクションパズルですね。

目的はゴールに到達することです。マップ上には大きな溝やゲートなど障害物がたくさんあってなかなか進むことが出来ません。障害物はスイッチなどで装置を作動させると乗り越えて進むことが出来ます。

 

マップ上には自分の「クローン」を出現させることが出来ます。スイッチは遠く離れた場所にあったり、またスイッチの上を離れると作動が止まってしまうものもあります。ですからそういった場所に自分のクローンを配置しておくのです。

ところがこれらのクローンは個々で動かすことは出来ません。全てのクローンは、自分と全く同じ動きをします。右に移動すれば全てのクローンが右に動き、ジャンプすれば全てのクローンがジャンプします。全てのクローンの動きを注意しておかないと、クローンがスイッチにたどり着いたと思ったら肝心の自分が溝に落ちてしまったというようなことにもなります。

 

自分のクローンを使って進んでいきますが、基本は装置に対応するスイッチを押す、踏む、または作動させるということを繰り返していきます。レーザーなど、触れると死んでしまうような装置でも、どこかにその障害物を取り除くスイッチや装置が用意されています。

自分のクローンの肩に乗って高い場所に移動するとか、そういう協力プレイはありません。自分とクローンの両方を同時に動かしつつ、いかに無事にスイッチの場所まで移動させるかというゲームです。

 

自分のクローンをどこにでも出現させられる(照準が届く範囲)というのは面白いですね。このように複数の物体をすべて同時に動かし、指定の場所に移動させるというのはアクションパズルでよくあるものなのですが、それを「クローン」という形に置き換えたところがいいですね。「クローンを出現させる」という独特のアクションがあるのも注目です。

このクローンたちは消失も自由自在です。

装置の作動も重要ですが、装置の解除も的確なタイミングで行う必要があるのでクローンの消失にも意味があります。

 

ユニークなのは、クローンやキャラクターの中のそれぞれの時間が変わる点です。ブロックやワープといった要素のほかに、重力ボールや加速・減速などスピードが変わるものがあります。

重力ボールは通過するときだけ時間がゆっくりと進み、それ以外は通常のスピードになります。普通であれば落下してしまうような場所でも、「通過している最中にボールの外でクローンを素早く動かして装置を作動させ、足場を作り着地する」ということもできます。

それ以外にも特定のクローンだけが倍速になったりスローになったりさせるすることで、歩く距離の長さや、位置を変えることが出来ます。全てを同時に動かすパズルで、それぞれに違う時間が流れるというのはとても面白い要素ですね。

そのエフェクトはグラフィックとも相まって、なにかマトリックスのようなカッコ良さがあります。このシーンは、下の「Ivan Explains Instantion Part 2」の動画で出てきますので見ていただいた方が早いかなと思います。

 

「クローン同士で力を合わせてルートを切り開く」というよりは、「各場所にあるスイッチをいかに作動させていくか」という感じのパズルでそんなに自由度が高いわけではありませんが、なかなかどうしてイライラとさせられる面白いパズルです。

 

グラフィックはとても綺麗です。いい雰囲気を出していますね。操作はちょっとやりづらいです。移動とクローン出現を同時にやらなければいけないときなどは少しパニックになります。また左下のヴァーチャルパッドを動かそうとしてズレて照準が出てしまうこともあります。

ジャンプ中のクローン出現は難しいですが、ドラッグして照準を出した後ジャンプすればスローになるので割と出しやすいんじゃないかと思います。

 

レベルは50あります。各レベルで「Hard Mode」「Expert Mode」と違った難易度があり、それぞれで評価もつくのでチャレンジのしがいはあるんじゃないかと思います。

 

難点。重力ボールやスピードの変化、またタイミングでの通過、位置の微調整が必要だったりと結構アクション性が高いです。ですから「答えはわかっているけど、それが実行できずにイライラする」というのが多くなりますね。そういうゲームなので仕方ありませんが、細かい操作が苦手な方は合わないでしょう。

エディタなどで自分のレベルを作ってアップロード、それにみんながチャレンジできるとか、そういうモードがあったらもっと長く遊べそうな気はします。

 

クローンを出現させ進んでいくアクションパズルです。

 

 

     

    Instantion100

    アクションパズル
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Travis Fincaryk

    iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Instantion
    AppStoreへ

     

 

 

 

 

  • Puzzlejuice
  • Whoowasit?
  • ORBITAL
  • Solitaire Chess by ThinkFun
  • クロコジェム

Comments are closed.

PAGE TOP ↑