1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Card City Nights01

 

■ Card City Nights
カードを繋げて対戦するカードゲーム。相手の防御ポイントをゼロにすれば勝ち。

 

カードを繋げて対戦するカードゲームです。手札の中からカードを1枚選んでボードに配置します。配置したカードを3枚以上繋げてチェインを作ります。チェインのカードのマークによって攻撃や回復などのアクションをすることができます。攻撃で相手の防御ポイントを減らしゼロにすることが出来れば勝者となります。

 

 

Card City Nights02

Card City Nights11

 

相手と1対1で対戦をしていくカードゲームです。

こちらがゲーム画面です。下にあるのが自分の手札で、中央にあるのが自分の山札、相手の山札です。真ん中のコインは先攻後攻を決めるものです。

Card City Nights13

 

カードをタップすると詳細を確認できます。

中央がカード名で、下のテキストがカード効果です。右端はカードの種類で、カードの種類は全部で4種類あります。

このカードは「Attack(攻撃)」です。剣のマークです。

Card City Nights14

 

これは「Defend(防御)」カードです。盾のマークです。

Card City Nights15

 

これは「Revive(回復)」カードです。プラスのマークです。

Card City Nights16

 

これは「Neutral」カードです。丸いマークです。

カードの右端のアイコンが種類を表しています。

Card City Nights17

 

左側が自分のボードで右側は相手のボードです。ボードは3×3の9マスに区切られています。

自分の番が来たら、5枚の手札から1枚を選んでドラッグし自分のボードに置きます。

ボードにカードを1枚置いたら、自分の番は終了します。

Card City Nights19

 

相手も自分の手札からカードを置きます。再び自分の番になったら、自分の山札からカードが1枚めくられて補充されます。

自分の番では「カードを1枚補充し、1枚をボードに置く」を繰り返していきます。

Card City Nights20

 

カードの縁には、それぞれ8方向の白い「矢印」がついています。

Card City Nights21

 

カードをボードに置いたとき、場のカードとこの矢印が繋がれば、互いのカードは「チェイン」の状態になります。

Card City Nights22

Card City Nights23

 

そしてカードを置いて「3枚以上」の「チェイン」が完成すればアクションが発動します。

Card City Nights24

 

「チェイン」ではカードの全ての矢印を繋ぐ必要はありません。

例えばこの「Drone」は左上にも矢印が向いていますが、そこにはカードはありませんね。しかし左のカードとは繋がっています。チェインはとにかく矢印で3枚繋がりさえすればいいのです。

Card City Nights25

 

「アクション」は完成したチェインのカードの中で、1番種類が多いものが発動します。

例えばこの3枚の場合、「Neutral-Attack-Attack」となっていますから「Attack」のアクションが発動します。

「Attack」は相手への攻撃です。ターゲットのアイコンが出ますからタップして選択します。

Card City Nights26

 

右下、左下にある盾のマークは「防御ポイント」です。

「Attack」はこの防御ポイントを減らすことが出来ます。

そして相手の防御ポイントをゼロにすると勝利となります。

Card City Nights27

 

カードのアクションは、作ったチェインの中で1番多かった種類のものが発動します。

こちらは「Defend」カードです。

Card City Nights30

 

「Defend」のアクションは自分の防御ポイントを回復します。回復数は、攻撃、防御とも、チェインで使用した枚数分となります。

例えばこの場合「Defend-Defend-Attack」と3枚のカードを使ってチェインを作りました。「Defend」が1番多いので「Defend」アクションが発動します。

「Defend」カードは2枚あるので、自分の防御ポイントが2回復します。

Card City Nights32

 

アクションが発動した場合、チェインで使用したカードはボード上から消えてなくなります。

Card City Nights33

 

「Neutral」は何のアクションも発動しません。しかし「Attack」「Defend」カードのチェインを作るときに利用できます。

Card City Nights35

Card City Nights36

 

「Attack」アクションの攻撃対象は相手の防御ポイントだけではありません。攻撃は相手のボード上のカードに対して行うこともできます。

Card City Nights37

Card City Nights38

 

相手のカードに対して攻撃をした場合、攻撃を受けたカードは「disable(無効)」状態となります。無効の状態のカードとはチェインは出来なくなります。

相手の中央のカードは右下のカードとチェインしていましたが、無効になったのでチェインが切れています。

Card City Nights39

 

このゲームの勝利の条件は実は2つあります。

「相手の防御ポイントをゼロにする」ことと「ボード上にカードが置けなくなる」です。

カードが置けなくなってしまったらそこで負けとなるので、なるべくチェインを完成させてカードをボードから取り除いていくことが必要になります。

Card City Nights41

Card City Nights07

 

相手に勝利するとブースターパックがもらえます。ブースターパックには新しいカードが入っています。

Card City Nights42

Card City Nights43

 

カードには「Common」「Uncommon」「Rere」とレアリティがあり、レアリティはカードの色で表示されています。

Card City Nights44

Card City Nights111

 

手に入れたカードを使って、左上の箱のマークから自分のデッキを編集できます。

Card City Nights46

 

左側が所持しているカードで、右側がカードデッキです。

カードをドラッグして「Library」と「Deck」間で追加したり削除したりすることが出来ます。上に表示されているのはカードの枚数で、カードデッキは25枚までです。それ以上追加しておくこともできますが、ゲームでは25枚しか使わないので使うときはその中からランダムで選ばれることになります。

*カードデッキはカードを25枚から40枚までセットできます。セットした数によって対戦相手とデッキカード枚数に違いが出ますが、速効型や防御型などプレイスタイルによって調整することが出来ます。

「Alphabetical(アルファベット順)」というところをタップするとカードの並びをソートできます。

Card City Nights47

 

カードが「disable(無効)」の状態になるとそのカードはチェインとして機能しなくなります。

カードがボード上に置けなくなると負けてしまうので、無効となったカードはただのジャマなカードになってしまいます。

Card City Nights51

Card City Nights52

 

そこで重要なのがこの「Revive(回復)」カードです。「++」というマークです。

Card City Nights53

 

マークが2つある場合は「2枚」のチェインでアクションが発動します。

「Revive」は「disable(無効)」になってしまったカードを、再び使えるように回復するアクションです。対象は自分のボード上のカードになります。

Card City Nights54

 

これで相手に無効にされたカードがまた使えるようになりました。もちろん「Revive」で使ったカードもボード上から無くなります。

相手の攻撃で無効状態になったカードは「Revive」アクションで再び使えるように復活させます。

Card City Nights55

 

マップ上にいる相手と対戦するとカードがもらえますが、「MEGA MALL」では追加カードや追加ボードをコインで購入することもできます。

Card City Nights106

Card City Nights101

 

コインは相手と対戦したり、マップの背景をタップすることで少しずつ獲得できます。レア度の高いカードほど高額になります。

Card City Nights104

Card City Nights105

 

追加ボードを購入すると対戦時のボードを交換することが出来ます。

Card City Nights108

 

カードには様々なタイミングで特殊効果が発動するものがあります。

Card City Nights71

 

例えばこの「Turnip」は自分の番の最初にカードが上下に回転します。回転することで、ターンごとにチェインする方向が変わってしまいます。

Card City Nights72

Card City Nights73

 

こちらは「Muscthulhu」です。これはターンの最初にカードがいろんな場所に移動します。

Card City Nights74

 

「random position」となっていますので、どこの場所に移動するかわかりません。しかし矢印の数が多いのでチェインはしやすくなります。

Card City Nights75

Card City Nights76

 

チェインが完成したとき、マークが同じ個数だった場合はどちらのアクションをするか選択出来ます。

Card City Nights77

 

「Placement」というのは、カードをボードに置いたときに発動する効果です。「Damage owner 1.」ですので自分がダメージを1受けます。

Card City Nights78

 

こちらは、ターンの最初に空いている横マスにスライドして移動していきます。

Card City Nights96

 

「Attack combo」というのは「Attack」のアクションが発動したときに使用できるものです。

Card City Nights110

 

カードの中にはマークがついていないものもあります。マークが無くてもチェインさせることで使用はできます。

Card City Nights63

 

相手と対戦して勝利するとたまに「Legendary」カードを獲得できます。このような非常に強力なカードも、デッキの編集で使用することができます。

Card City Nights67

Card City Nights100

 

カードデッキは6つ持つことができ、コピーしたり移動したりして編集でき、いろんな戦術に対応したものが持てます。

Card City Nights12

 

カードを繋げてチェインを作って攻撃、防御し、対戦相手に勝利していきましょう!

Card City Nights81

Card City Nights49

Card City Nights109

Card City Nights99

Card City Nights90

Card City Nights98

 

 

カードを繋げて対戦するカードゲームです。手札の中からカードを1枚選んでボードに配置します。配置したカードを3枚以上繋げてチェインを作ります。チェインのカードのマークによって攻撃や回復などのアクションをすることができます。攻撃で相手の防御ポイントを減らしゼロにすることが出来れば勝者となります。

 

カードを配置して繋げていくカードゲームですね。

これは非常に面白いです!

 

自分の番では、3×3の9マスのボードに1枚ずつカードを置いていきます。ボードは互いに自分のものを持っていて、自分のカードは自分のボードにのみ並べていきます。

カードの縁には矢印がついていて、これを繋げるように並べていくと「チェイン」となります。「チェイン」が3枚以上になると完成で、そのとき使ったカードのマークによって「攻撃」「防御」「回復」などのアクションを行うことが出来ます。

 

「攻撃」は、相手の「防御ポイント」を減らします。

「防御」は、自分の「防御ポイント」を回復します。

「回復」は、「無効状態」になった自分のカードを「復活」させます。

 

「攻撃」は相手の防御ポイントにだけではなく、相手のボード上のカードに対しても行うことが出来ます。攻撃を受けたカードは「無効」となって機能しなくなります。つまり、無効にされるとチェインとしても使えなくなってしまうのです。

相手のカードに攻撃することで、相手からの攻撃を防ぐ意味もあるんですね。

 

これを繰り返して「防御ポイントがゼロになると負け」となります。

 

ここで面白いのは、もう1つの勝利条件「カードを置けなくなると負け」です。

カードを繋げて攻撃や防御に使うと、ボード上で使ったカードは消えて無くなります。チェインを作っていかないと、徐々にボード上のスペースが狭くなって負けてしまうのです。

ですから相手のカードに攻撃して「無効」するというプレイは、相手の攻撃を防ぐと同時に、こちらからの攻撃にもなっているのです。

 

たくさんのカードがチェインしていても、そのなかの1枚を無効にするだけで全てのカードが使えなくなってしまう、そんなこともあります。

攻撃では1度にたくさんの防御ポイントを減らすことはできませんが、カードの無効は「たった1枚」への攻撃で相手を窮地に追い込むことが出来ます。自分のカードデッキの攻撃力が低くかったとしても勝機はあるのです。

この弱点を見つけだすようなところはゲーム展開はユニークですね。

 

実際プレイしてみると、全体のバランスがとても良いです。

「相手へ直接攻撃」「カードを攻撃してチェイン不能にする」という2つの勝利への戦略があって、カード構成次第で手ごたえが変わります。

カードにはレアリティが設定されていますが、レア度が高ければ強いというわけでもなく、コモンカードでも十分に戦えてしまいます。むしろ使い勝手のいいコモンはレアより有効です。他のカードとの繋げ方の相性がいいものを揃えたほうが勝率は上がるはずです。

 

山札が終わると手札への補充はされなくなりますが、ゲーム終了までターンのたびに山札からダメージを受けるようになります。このような場合は、ボード上はスペースがあって「カードを置けなくなると負け」の勝利は難しくなるので、どちらか先に防御ポイントがゼロになったほうが負けになります。

そういう展開になると1ターン1ターンが勝負となるので、最後まで防御のカードを貯めておいて、ギリギリで回復しながら踏ん張っていきます。

ゲームの序盤、中盤、終盤でプレイが変わり、しかも途中でいろんな戦術に切り替えることが出来るのが大きな魅力です。それを見越したスピード勝負も可能ですし、計画を立ててじっくりと戦うことも可能です。さまざまな局面に対応できるような、幅があってバランスのよいカードデッキを作り上げることが重要になります。

 

ボードが埋まらないように役を作っていくソリティアのようなところや、カードのコンボや繋げ方、相手の行動を予測してカードを潰したりする戦術のところ、簡単なルールでありながら奥が深く、初心者でも十分に楽しめるのではないかと思います。

 

グラフィックはチープですがカードのデザインがわかりやすく可愛くて面白いです。筋肉クトゥルフとか毛深いカウボーイとかかなりツボでした。BGMはなぜかジャズ調になっていて意外とノリがいいですね。

 

モードは1人用のアドベンチャーモードしかありません。マップ上にいるAI相手に挑戦すれば何回でもブースターパックが手に入るという仕組みです。追加課金等はいっさいありません。

どちらかというと「トレーディングカードゲームRPG」みたいな感じです。

 

1日か2日くらいでゲームクリアをしてしまうくらいのボリュームですが、とても面白いカードゲームです。

 

難点。これはオンラインでプレイヤーと対戦したいゲームですね。実際のカードゲームとしても十分いけそうな感じです。モードが1人用しかないのは残念です。

デッキの編集がやりづらいです。ストーリー部分の会話は全て英語ですが、わからなくても対戦自体は普通に遊べます。カード効果も英語ですが、効果はとても簡単な内容なのですぐに理解できると思います。ただ英語ということでやはり拒否反応はあるかもしれません。

多少不安定でゲームが進まなくなる時があります。

一応、追加カードのアップデート等は予定されているようなのでちょっと楽しみですね。カードだけではなく、ぜひ対戦モードを追加してほしいものです。

 

カードを繋げて攻撃防御し、相手を倒すカードゲームです。

 

 

     

    Card-City-Nights100

    カードゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.02
    開発 / Ludosity AB

    iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Card City Nights
    AppStoreへ

     

  • Dream Quest
  • Durak
  • Talisman Prologue HD
  • Virtual City
  • PAC-ATTACK

3 Responses to “Card City Nights”

  1. rakyu より:

    デッキは25から40枚の間なら好きな枚数で組めるようです。
    ちゃんとゲーム中も反映されていました。
    まだ序盤ですがデッキを考えるのもプレイ中も楽しめる良いゲームですね。

  2. puzzlelove より:

    >rakyu さま
    こんばんは!
    あれ?ホントですね。てっきり25枚固定でデッキを組むのだと思っていました。
    しかしこれだと明らかに40枚より25枚のほうが不利になりそうですが、火力の高いスピードデッキに有効ってことなんでしょうか・・・。

  3. rakyu より:

    25枚デッキの長所は特定のカードを組み合わせたコンボが行いやすくなることですね。
    高レアはあまりデッキに入れられないのでそれに頼ったデッキも少ない方がいいでしょう。
    40枚デッキの長所は長期戦とデッキ破壊に強いことですね。
    デッキ破壊・カード無効・回復を多用するならこちらになるかと思います。

PAGE TOP ↑