1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Out There01

 

■ Out There
資源を集めながら銀河を航海していくストラテジーゲーム。宇宙船が壊れたり燃料が無くなるとゲームオーバー。

 

資源を集めながら銀河を航海していくストラテジーゲームです。惑星間をワープで移動します。各惑星では、水素や酸素、鉄といった資源を採掘してきます。獲得した水素は燃料とし、鉄は船体やパーツの修理に使います。エイリアンと接触したりすると新しい技術を獲得できます。集めた資源と技術で新たなパーツを製造すると宇宙船の機能が上がっていきます。銀河を航海して目的の惑星まで到達することが出来ればクリアです。

 

 

Out There02

Out There05

 

「宇宙飛行士が冷凍保存から目覚めたとき、そこは見知らぬ銀河系だった」

これは宇宙船を使って目的の惑星まで旅をするというゲームです。

 

こちらがゲーム画面です。中央がいまいる惑星で宇宙船のマークがついています。

Out There07

 

白い星が未知なる惑星でここを航海していきます。緑の枠が宇宙船でワープできる範囲で、青い枠は惑星の情報が確認できる範囲です。

Out There08

 

白い星をタップするとその惑星の情報を見ることが出来ます。ここは「Yellow Dwarf」となっていますね。「Travel」をタップするとその惑星に移動できます。

画面の左上に「Fuel(燃料)」「Oxygen(酸素)」「Hull(船体)」と3つのゲージがあります。各惑星を宇宙船でワープするには一定の燃料と一定の酸素を消費します。

Out There09

Out There10

 

こちらが移動してきた「Yellow Dwarf」です。いくつかの惑星が一緒になっていますので、惑星をタップし詳細を確認します。

Out There12

Out There14

 

最初にこの「Rocky Planet」に移動してみます。ここでも移動するときには燃料と酸素を消費します。「Orbit」をタップします。

Out There13

 

茶色の惑星「Rocky Planet」です。右下に「Scan(探査)」と「Land(着陸)」という選択肢がでます。

ここでは「Land」を選択して着陸してみます。惑星に着陸するときも燃料を消費します。

Out There15

Out There16

 

「Rocky Planet」の地表に来ました。

右下に「Drill」と「Take Off」という選択肢があります。惑星に着陸するとその星から資源を獲得できます。

Out There17

 

惑星から資源を獲得するときは「Drill」を使います。「Drill」を使うときは掘る深さを設定できます。深く掘ればそれだけ多くの燃料を消費します。

Out There18

 

「Drill」で掘るとさまざまな「資源」が手に入ります。獲得した資源は左側に並んでいます。

上から「W(タングステン)」「Th(トリウム)」「Fe(鉄)」です。タイルの右下の数字は資源の個数を示しています。

Out There19

 

右側にあるのは自分の宇宙船です。獲得した資源はドラッグして自分の宇宙船の倉庫に移動させ積み込むことができます。

Out There20

 

画面の右下の「Take Off」を選ぶと惑星から離陸することが出来ます。離陸するときも当然燃料や酸素が必要となります。

Out There21

Out There22

 

画面の左端にアイコンが3つ表示されています。1番上は惑星にワープするときの最初のマップで、2番目はこの画面になります。

Out There23

 

1番下の宇宙船のアイコンをタップすると、自分の宇宙船を確認できます。先ほど惑星から獲得した資源がありますね。

Out There24

Out There28

 

画面の左上の「Fuel(燃料)」を見ると赤くなってかなり少なくなっています。

画面の右側にあるのが「Maintenance」です。

自分の宇宙船にある「Hydrogen(水素)」をこの1番上にドラッグすると燃料に変えることが出来ます。「H(水素)」の場合は1つにつき燃料2、「He(ヘリウム)」の場合は、1つにつき燃料4になります。

Out There30

Out There31

 

「37」だった燃料が「57」にまで回復していますね。

獲得した水素などの資源を使うことで、宇宙船の燃料を回復させることが出来ます。

Out There32

 

宇宙船の酸素も、右側の「Maintenance」にドラッグすれば補充することが出来ます。

Out There33

 

宇宙船の中にあるパーツは装備している装置です。これもタップして確認することが出来ます。

Out There36

 

赤く表示されているのは故障している装置です。「Down」と書かれている「Hydrogen Probe」は現在は使えません。

右側の「Repair(修理)」をタップするとこの装置を直すことが出来ます。しかし修理するには「Fe(鉄)」が2必要になります。「Dismantle(解体)」をタップするとパーツを取り除くことが出来ます。

Out There37

Out There38

 

修理しました。「Hydrogen Probe」の赤いマークが消えて使えるようになりました。宇宙船にあった鉄は2つ減っています。

宇宙船の装置は、鉱石などの資源を使うことで修理することが出来ます。

Out There39

 

今度は隣の星に移動してみます。タップすると「Gas giant」「Rich in Fuel」と書いてあります。

Out There40

 

こちらの星では燃料となる資源を獲得できます。ここでは「Drill」ではなく、先ほど修理した「Hydrogen Probe」を使います。装置は修理しないと使えません。

右下の「Probe」をタップします。

Out There41

 

「Probe」も「Drill」と同じように深さを決めることが出来ます。深さによって消費燃料が変わります。

Out There42

 

おや。「Hydrogen Probe」を使用したら壊れてしまったようです。装置などを使用すると、たまに壊れてしまいます。

Out There43

 

今回は故障ではなく壊れてしまったので、「Hydrogen Probe」が無くなってしまいました。「Probe」の部品の「Pt(プラチナ)」が1つ手に入ります。

Out There44

 

左側が「Hydrogen Probe」で獲得した「H(水素)」です。これもドラッグすることで宇宙船に積み込むことが出来ます。

Out There45

 

惑星から獲得した水素も、右側の「Maintenance」にドラッグすれば燃料として使用出来ます。

このように惑星から「燃料」または「鉱石」などを獲得して、装置の修理や宇宙船の燃料の補充をすることで宇宙船を動かしていきます。

Out There46

 

左上にある工具のアイコンをタップすると「Technologies」を見ることが出来ます。色々な装置のテクノロジーを知っていれば、たとえ装置が壊れてしまっても再び作り出すことが出来ます。

「Hydrogen Probe」の横にある「Craft」をタップしてみます。作成には「Fe(鉄)2」「Pt(プラチナ)1」が必要です。

Out There47

 

壊れてしまった「Hydrogen Probe」が宇宙船に追加されていますね。これでまた燃料を獲得することが出来るようになります。

Out There49

 

1番右端にある「Yellow Dwarf」にはたくさんの燃料があります。

Out There50

 

しかしこの惑星から獲得するには「Hydrogen Probe」ではなく、「Ultraprobe」という装置が必要になります。この装置を持っていない場合は獲得することは出来ません。

Out There51

Out There52

 

マップの画面を表示して、次の惑星にワープしてみましょう。

Out There53

 

惑星にワープするとさまざまなイベントが起きます。選択肢が出るイベントもあって、どれを選ぶかで燃料が減ってしまったり、宇宙船が破損してしまいます。

Out There54

Out There55

 

アクシデントのイベントでは「Technologies」を忘れてしまう場合もあります。そうなるとその装置を作り出すことが出来なくなってしまいます。

Out There58

Out There59

 

左上の「Hull」は宇宙船の船体の状態を示しています。このゲージがゼロになると航行できなくなります。

航行でダメージを受けた船体を修理をするには「Maintenance」の1番下に「Fe(鉄)」をドラッグします。そうすることで「Hull(船体)」が回復します。使った鉄は無くなりますから惑星から獲得しなければいけません。

Out There56

 

惑星の中にある「Space Station」に入ると「Hull(船体)」のダメージは全回復します。

Out There61

Out There62

 

惑星に「Garden Planet」というのがあります。

Out There63

Out There64

 

このような惑星に着陸するとエイリアンの都市を発見することが出来ます。「Garden Planet」に着陸した場合は「Oxygen(酸素)」が全回復します。

Out There65

 

「Garden Planet」の右下の「Encounter Life」をタップするとエイリアンとコンタクトすることが出来ます。

Out There66

 

基本的には何を喋っているかはわかりません。

Out There67

 

ところが別れ際にエイリアンから「OMEGA」という資源を1個貰いました。さらに2つの言葉を習いました。

この場合は「DINDAN」は「OMEGA」で、「LENORM」は「GIVE」という意味です。

Out There68

 

先ほどの会話の画面を見てみると最後に「LENORM DINDAN.」と書いてありますから、この部分が「GIVE OMEGA.」ということですね。

このように少しずつ言葉を覚えていけば会話もわかるようになります。

Out There67

 

中には「Black Hole」となっている場所もあります。ブラックホールにも移動することは出来ますが通過するときは特定の装置が必要になります。

Out There70

Out There71

 

航海を続けていき、船体が壊れたり燃料が無くなってしまうとそこでゲームオーバーとなります。

Out There74

Out There75

 

エイリアンとの接触、惑星への着陸などのイベントで、未知のテクノロジーを発見することがあります。

Out There85

 

テクノロジーを発見すれば新たに強力な装置を作り出すことが出来ます。強力な装置は必要な資源が多いので、それらは惑星から獲得して集めなければいけません。

Out There101

Out There95

 

エイリアンの都市で地面を掘っていたら「Drill」が壊れてしまいました。

Out There88

 

ドリルを再度作成するには「Fe(鉄)」が必要ですが、鉄は船体の修理にも使います。

燃料の補給や船体の修理をするときに資源をドラッグすると、左上のゲージが100になるまで自動的に補充されます。

Out There91

 

しかしそうすると「Drill」作成に使う鉄まで船体の修理に消費してしまいます。

そこで鉄をタップして「Split」を選ぶことで資源を分けることが出来ます。

Out There92

Out There93

 

こうすると「Fe(鉄)」を任意の個数分確保しておくことが出来ます。もちろん分けるには宇宙船内のスペースが必要です。

資源をまとめるときはドラッグして重ねます。各資源の1マスの所持上限は20個です。

Out There94

 

各惑星には、燃料を獲得できる星と鉱石を獲得できる星があります。

Out There118

 

「Prope」などで資源を獲得するときは深さを設定できますが、深くすればするほど燃料も消費しますし、装置が壊れる確率も高くなります。

Out There120

Out There121

 

「5km」ほどで設定すると、そんなに多くは取れませんが「Prope」は壊れません。

ここでは「25個」の水素が獲得できましたが、空いているスペースがが1ヵ所しかありませんから「5個」の水素は取らずに捨てます。

「W(タングステン)」を宇宙船から左にドラッグして入れ替えてスペースを作るということもできます。

Out There122

 

宇宙船の画面にして「Fuel(燃料)」や「Oxygen(酸素)」を補充します。「O(酸素)」を使い切ったのでスペースが出来ました。

Out There126

 

また惑星の画面にして右下の「Probe」をタップし採取します。深さは同じ「5km」にします。

Out There127

Out There128

 

先ほどの「25個」よりは少なくなってしまいましたが、「13個」の水素を獲得できました。

このように装置が壊れなければ何回でも採取は出来ます。しかし採取するたびに獲得できる個数が減っていきます。

Out There129

 

1回目に深く設定すればそれだけたくさん獲得できますが、壊れる確率が高くなります。また惑星によって資源の量が違いますし、毎回燃料も消費しますから、どのくらいの埋蔵量があるかは最初に「Scan」で調べてみるといいでしょう。

Out There130

Out There132

 

たまにこのような「Beacon」の発信をキャッチすることがあります。

Out There155

 

ここに移動すると別の宇宙船が放棄されています。

Out There151

 

「Show cargo」を選択すると自分の宇宙船から資源をドラッグして移動させることが出来ます。

Out There149

 

移動させた後に「Take over the ship」を選択すると、宇宙船を乗り換えることができます。

Out There152

Out There153

 

右下が宇宙船の性能です。以前の宇宙船より能力が大幅にアップしています。

しかし収容スペースが減ってしまったのであまりたくさんの物資は運べなくなりました。

Out There154

 

能力が上がるとワープするときに燃料の消費が少なくてすみます。

このように宇宙船を乗り換えたり、新しい技術を開発しながら新しい惑星へと進んでいきます。

Out There156

Out There115

 

惑星間を移動しながら資源を獲得し、目的の星までたどりつきましょう!

Out There137

Out There104

Out There109

Out There159

Out There79

Out There110

Out There06

 

 

資源を集めながら銀河を航海していくストラテジーゲームです。惑星間をワープで移動します。各惑星では、水素や酸素、鉄といった資源を採掘してきます。獲得した水素は燃料とし、鉄は船体やパーツの修理に使います。エイリアンと接触したりすると新しい技術を獲得できます。集めた資源と技術で新たなパーツを製造すると宇宙船の機能が上がっていきます。銀河を航海して目的の惑星まで到達することが出来ればクリアです。

 

資源を集めながら航海をする宇宙のゲームですね。

これはなかなかユニークなゲームです。

 

目的は遠くにあるゴールの惑星までたどりつくことです。自分の宇宙船を使ってワープし惑星間を移動していきます。ただし、移動・行動をするときは常に「燃料」「酸素」を消費します。危険なルートの場合、船体が破損することがあります。船が壊れたり燃料が無くなったりするとゲームオーバーになってしまうので、どこかでそれを確保していかなければいけません。

その「燃料」「酸素」「鉄(修理)」は惑星で採取します。宇宙船には回収するための装置がついていて、移動した惑星で使うことで獲得できます。

しかし、各惑星で常に同じ数だけ獲得できるというわけではないし、さらに装置を使うにも一定の燃料を消費するので、「何回獲得するか」「いつやめるか」といった判断が必要になります。

 

色々な惑星に着陸したりエイリアンに接触したりすると、「高度な技術」を発見することがあります。これらの技術を発見すると強力な装置を作り上げることができます。より強い装置を使えば航海は楽になりますが、装置を作るには「金」「コバルト」「銅」「プラチナ」といった鉱石の資源がなければいけません。

新しい装置を作るには「技術発見」と「資源獲得」という2つが必要なのです。

 

面白いのは宇宙船には「搭載上限」があるという点です。

惑星を掘ればボコボコと色んな資源が手に入るのですが、宇宙船にはそれらの資源を全部積んでいくだけの余裕がありません。また装置自体も船のスペースを圧迫するため、宇宙船はさらに狭くなります。

いい技術を発見したときに備えて、それまでに採掘した資源は手元に置いておきたいところなのですが、宇宙船の燃料、緊急時に装置を修理するための資源の予備などを考えると、せっかく採掘したしたいい資源でも捨てていかなければいけない状況になります。

このときの資源の取捨選択が非常に悩ましいですね。

いかに効率よく資源を集めて、宇宙船の性能を良くしていけるか、難しいところです。

 

コツとしては、最初は全ての惑星をキッチリと周ろうとはしないで、とにかく早く先に進んでいくことです。最初の宇宙船は非常に効率が悪いので、早くいい宇宙船に乗り換えないとエネルギーと資材を極端に消費してしまいます。

宇宙船の性能が上がっていけば徐々にたくさんの惑星を回っていくことが出来ますので、じっくりと考えてロスを少なくしていくことが重要です。

 

グラフィックと音楽が素晴らしいですね。BGMは宇宙の雰囲気がよく出ています。資材やエネルギーといったアイコンは見た目でわかりやすく、またドラッグして操作できるので操作自体は簡単です。

 

ゲームは1人用のソリティアプレイのみ、難易度は結構高めです。

プレイするたびにマップが変わったり、資源や装置などたくさんの要素があったりと得点を競ったりするのでローグライク系のようにも見えますが、どちらかというと少し凝ったゲームブックのような感じです。

選択次第でクリアできるかが決まる、緊張感のあるゲームです。

 

難点。プレイ自体はびっくりするほど単調、燃料と鉱石の採掘をただ繰り返していくだけです。

獲得資源、技術の獲得など運要素が強いです。まあ、ゲームブックもサイコロを振ったりするときもあるので運要素はあまり気にはなりませんけど、大変な思いをして資材を集めていい装置を作り上げたとしてもその効果がいまいち実感できず、やっぱり燃料切れでゲームオーバー。なんというか行き当たりばったり過ぎて全体の計画が立てられないので、徐々に面白くなくなっていきます。

 

スタート時に技術を選択できるとか、エイリアンと遭遇したら3つくらいの技術から好きなものを1つ選べるとか、そういう戦略的になんとかできる部分があればもうちょっとやり込めそうな気もするんですが。

元素記号の資材とか、いろんな装置とか、これだけ見た目が面白そうでやれることもたくさんありそうなのに、何回遊んでも単調でいつもプレイ感が変わらないという非常に残念なゲームです。

 

資源を集めながら自分の宇宙船で銀河を航海していくゲームです。

 

 

     

    Out-There100

    カジュアルゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥480
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Mi Clos Studio

    iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Out There
    AppStoreへ

     

 

 

  • Pixel People
  • DWARF COMPLETE
  • Land-a Panda
  • E.T. The Green Planet
  • Flower Garden (フラワーガーデン) — バーチャル花園

Comments are closed.

PAGE TOP ↑