1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Alhambra Game01

 

■ Alhambra Game
4種類の通貨を使って建物を購入し自分だけのアルハンブラ宮殿を作っていくボードゲーム。ゲーム終了時に最も多くの得点を獲得していたプレイヤーの勝ち。

 

4種類の通貨を使って建物を購入し自分だけのアルハンブラ宮殿を作っていくボードゲームです。自分のお金を使って、4つの市場にある建物を購入していきます。ただしそれぞれの市場で使えるお金が違うので、それぞれに対応するお金を使わなければいけません。購入した建物を自分のアルハンブラに配置し大きくしていきます。決算では建物をたくさん立てたプレイヤーが得点を獲得します。3回目の決算終了後、最も多くの得点を獲得していたプレイヤーが勝者となります。

自分のアルハンブラをどのように大きくしていくか考えるのが楽しいボードゲームです。2003年のドイツ年間ゲーム大賞で大賞を受賞しました。

 

そんな「Alhambra/アルハンブラ」の iPhone / iPod touch / iPad 版です。

Alhambra Game02

Alhambra Game03

 

 

Alhambra Game04 Alhambra Game05

 

アルハンブラ宮殿とは、南スペインのグラナダにある城塞都市で、世界遺産にもなっています。

スペインは700年頃から800年間イスラムに支配されていました。それをキリスト教が徐々に取り返していき、1500年頃に最後まで残ったグラナダが陥落、スペイン帝国がスタートしますが、長い間の支配でスペインにはイスラム建築の影響が多く残っています。

アルハンブラ宮殿はそのグラナダにあったイスラム最後の砦で、この宮殿はイスラム芸術の最高峰といわれています。イスラム時代に統治した王たちは増改築を繰り返し、さらにその後のキリスト政権下でもまた増改築をと、いろんな時代ごとにこの宮殿では建物の継ぎ足しをが行われました。

歴史の中でいろんな文化を取り入れてきたその「アルハンブラ宮殿」がこのゲームの舞台です。

 

ゲームを始める前にまず所持金となるお金が配られます。

各プレイヤーに順番にお金を配り、お金カードの数値の合計が「20以上」になったら次のプレイヤーに移ります。

ですから各プレイヤーでお金カードの枚数、合計数が違います。そしてお金カードの合計数が少ないプレイヤーからスタートします。

Alhambra Game09 Alhambra Game10

 

画面はこのようになっています。右側が「プレイヤー」、下が「自分のお金」です。

左上が「市場」で、市場には「建物タイル」が「4枚」ならんでいます。建物タイルには「建物の種類」と「価格」が描かれています。

画面の中央にはアルハンブラ宮殿の有名な「ライオンの中庭」があります。

お金は「4色」あって、それぞれに対応するお金カードがあります。

ゲームにはあまり関係ありませんが、黄色いお金がFlorin(英国)、緑色のお金がDirham(アラブ)、青色のお金がDinar(アラブ)、オレンジのお金がDucat(欧州)となっています。アラブ系は偶像崇拝が禁止なのでこのような幾何学模様のお金になっています。

Alhambra Game14 Alhambra Game21

 

自分の番が来たら

 

1. 建物タイルを購入して配置する

2. お金を取る

3. 自分のアルハンブラを改築する

 

の3つのうち、好きなアクションを1つだけプレイします。

アクションをプレイするときは、最初に右上のアクションパネルでアクションを選択してからプレイをします。

Alhambra Game16 Alhambra Game18

 

まずは「1. 建物タイルを購入して配置する」です。

このアクションでは左上の「市場」に並んでいる「建物タイルを1つ購入」することができます。購入するためには、手元の自分のお金を使用します。

Alhambra Game24 Alhambra Game26

 

市場には4色のお金が表示されていて流通しているお金が違います。

そこの建物タイルを購入するには、その市場に対応したお金を支払う必要があります。オレンジ色のお金が表示された市場に並んでいる建物タイルを買うには、オレンジ色のお金で支払わなければいけません。

オレンジ色のところに「7」と書いてある建物が置いてありますね?この建物を買うにはオレンジ色の「7以上」のお金カードを出します。

このとき、お金の色とタイルの色は全く関係ありません。右のように「緑色の9」で「緑の8」の建物タイルを買うことは出来ません。ここは黄色いお金の市場ですから、この建物タイルを買うには「黄色いお金8以上」を支払う必要があるのです。

Alhambra Game22 Alhambra Game23

 

オレンジ色の市場で建物タイルを購入してみましょう。

右上から「1. 建物タイルを購入して配置する」をタップして選択します。それから自分のお金をタップして選択します。そうすると購入できる建物タイルがハイライトされます。

ここで使ったのはオレンジのお金ですから、オレンジの市場に並んでいる建物タイルを買うことが出来ます。購入したタイルは手元に移動します。

ここで重要なポイントが1つあります。

このゲームでは「おつり」は一切出ません。

「お金8」で「価格7の建物」を買ったとしても「おつり1」が返ってくることはありません。ここは要注意です。

Alhambra Game27 Alhambra Game30

 

建物タイルを購入したので、購入した建物タイルを自分のアルハンブラにに配置します。配置するときは、タイルをドラッグして自分のアルハンブラに隣接するように繋げていきます。

これで自分の番は終わりです。

順番が変わり、他のプレイヤーも同じようにアクションをプレイしてきます。

Alhambra Game31 Alhambra Game42

 

タイルはこのような3Dになっていますが、これはオプションの「VIEW」で切り替えることが出来ます。ちょっと見づらいので切り替えてみましょう。

Alhambra Game40 Alhambra Game11

 

通常のボードゲームのタイルはこんな感じのタイルになっています。

建物タイルには「建物の種類」と「価格」、それから「城壁」が描かれています。この建物は「Seraglio(後宮)」、まあハーレムみたいなものです。

Alhambra Game43 Alhambra Game42

 

さて、自分の番になったので、また市場から建物タイルを購入してみましょう。

青色のお金で建物を買ってみます。緑色の7で緑色の建物タイル6を買うということはできません。青色の市場のタイルを買うには青色のお金を支払う必要があります。

建物タイルを購入するときには1つだけ「特別なルール」があります。

アクションは自分の番で1回だけプレイできますが、このように建物の価格を「ぴったり」と支払うことが出来た場合、なんと「続けてもう1回」アクションをプレイすることができるのです。

Alhambra Game47 Alhambra Game48

 

まず右上の「建物タイル購入」をタップし、使う「自分のお金」をタップします。それから購入したい「建物タイル」をタップします。購入した建物タイルは手元に来ます。

通常ならここでタイルの配置になりますが、ピッタリのお金を支払ったので続けてもう1回アクションをプレイすることが出来ます。

Alhambra Game50 Alhambra Game53

 

では次は「2. お金を取る」をプレイしてみましょう。

市場の下には常に「4枚」のお金カードが並んでいます。お金カードは「4色」あって数値は「1~9」となっています。4枚並んでいるお金から好きなものを取ることが出来ます。

 

このとき取ることが出来るお金は

 

・5以上のお金カード1枚

・合計が5以下のお金カード複数枚

 

のどちらかです。

この場合は「9-7-6」の場合は好きなものを1枚だけ取ることが出来ます。もし「1-1-3」というお金があったら、その3枚をまとめて取ることが出来ます。

Alhambra Game55 Alhambra Game54

 

今回は「黄色の9」を取ってみます。取ったカードは手元に来ます。

これで1回の順番で「建物タイル購入」「お金を取る」という2つのアクションをプレイすることが出来ました。お金をピッタリ払うと続けてアクションをプレイできるのです。

そのあとで建物を配置します。

 

この時注意する点は、購入した建物タイルの配置は自分の番の最後になるというところです。「建物タイル購入→建物タイル配置→お金を取る」ではなく、「建物タイル購入→お金を取る→買ったタイルを配置」となり、タイルの配置は必ず自分の最後になります。

そして配置が終わったら、市場の建物タイルとお金カードが山札から補充されます。

Alhambra Game56 Alhambra Game58

 

さてこのように購入した建物タイルを自分のアルハンブラに繋げていくのですが、繋げ方にちょっとルールがあります。

まず建物タイルはこのように向きを変えてはいけません。回転させることもできません。常に建物の種類名が下になるように上向きで配置します。

Alhambra Game68 Alhambra Game61

 

タイルの城壁の辺と通路の辺同士を繋げることは出来ません。城壁は城壁と、通路は通路と繋げます。

タイルには城壁と通路しかありませんから、どのような状態であれ同じ辺がくっつくようにする配置する必要があります。

Alhambra Game70 Alhambra Game71

 

このようにスタートタイルである「ライオンの中庭」から歩いていくことが出来ないような配置で繋げることは出来ません。左側の場合壁で囲まれて上の庭園に行くことが出来ませんね。このような置き方はできません。

必ず中庭から歩いていけるように置きます。

Alhambra Game72 Alhambra Game73

 

建物タイルは、すでにあるアルハンブラと辺が隣接するように置きます。このように角だけが繋がっているという置き方は出来ません。

Alhambra Game74 Alhambra Game75

 

このように中央だけがポコンと開いて残ってしまうような置き方はできません。空きスペースが出来ないように置いていきます。

以上のようなルールから、この城壁に囲まれた庭園タイルはこの場所にしか置くことができないということになります。

この配置のルールは、建物タイルを置くときは置ける場所が緑色にハイライトさせるので迷うことはありませんが、建物タイルを購入するときは考えて置く必要があります。

Alhambra Game76 Alhambra Game69

 

右側のプレイヤーのところに表示されているのが、自分の建物の種類の数です。これをもとに得点が計算されます。建物タイルは6種類あって所持数がここに表示されます。

赤い建物が1つと緑色の建物が1つなので「1」になってます。黒色は「城壁」です。城壁は繋がった数が表示されます。ここでは「4つ」の城壁が繋がっているので「4」です。

ちなみに建物の価格の数字は、購入するときには必要ですが配置すると数字は全く関係が無くなります。

Alhambra Game78 Alhambra Game77

 

左の場合は、青色の建物が2つ、赤色の建物が1つ、緑色の建物が1つです。城壁は5つ繋がっているので「5」になっています。

右の場合は、白色の建物が1つ、茶色の建物が2つ、水色の建物が1つです。

城壁は2ヵ所ありますが、城壁は長いほうだけが対象となります。また2ヵ所重なっているような、内側にある城壁はカウントされません。なのでこの場合は「1」と「4」で城壁は「4」となります。

Alhambra Game112 Alhambra Game114

 

また自分の番になったので建物タイルを購入してみます。

「黄色いお金9」を先ほど取ったので、これを使って価格9の建物を買います。ピッタリで支払ったので続けてもう1回アクションが出来ます。

「1-2-9-6」と4枚あるので今回は「黄色1」と「青色2」の2枚を取ってみます。合計が5以下ならお金カードは複数枚取ることが出来ます。このとき取るお金は何色の組み合わせでも構いません。

Alhambra Game82 Alhambra Game84

 

購入した建物タイルは自分の番の最後にアルハンブラに配置しますが、このとき建物タイルを配置せず、自分の予備の場所に保管して置くことが出来ます。

置くことが出来ない場合などはこのように予備として持っておくといいでしょう。

Alhambra Game90 Alhambra Game92

 

さて最後のアクションの「3. 自分のアルハンブラを改築する」です。

各プレイヤーがそれぞれ自分のアルハンブラを作っていきますが、この改築のアクションで建物タイルの再配置ができます。

 

再配置で行えるのは

 

・予備の場所にある建物タイルを配置する

・アルハンブラにある建物タイルを取り除いて予備の場所に置く

・予備の場所にある建物タイルとアルハンブラにある建物タイルを入れ替える

 

のどれかです。

Alhambra Game95 Alhambra Game98

 

例えば改築では、このようにアルハンブラから建物タイルを取り除いてしまうことが出来ます。

ただし予備の場所にある建物タイルは所持数にカウントされませんので、右側のプレイヤーの場所にある数値も減ってしまいます。

Alhambra Game99 Alhambra Game102

 

このようにタイル配置を続けていくと、やがて得点の計算が起きます。この得点計算はゲーム中に3回あるのですが、タイミングはランダムです。ただ大体同じような間隔で出てきます。

最後の3回目はゲーム終了時になります。

Alhambra Game106 Alhambra Game116

 

得点は、その時点で持っている建物タイルの数で決まります。

建物タイルは6種類で「Pavilion(パビリオン)」「Seraglio(後宮)」「Arcades(アーケード)」「Chambers(住居)」「Garden(庭園)」「Tower(塔)」です。

パビリオンと後宮は「7枚」、アーケードと住居が「9枚」、庭園と塔が「11枚」ずつあります

Alhambra Game121 Alhambra Game149

 

これらの建物を1番多く持っていたプレイヤーが、下の数字の分の点数を獲得できます。

パビリオン(青色)の場合は、右から2番目のプレイヤーが2つで1番多いので「1点」、住居(白色)の場合は、右端のプレイヤーが1番多いので「4点」獲得です。

同数だった場合は、その点を山分けにします。後宮(赤色)は2点ですが、右から2番目のプレイヤーと左端の自分が同数だったので、2点を山分けにして「1点ずつ」獲得します。

そして作った城壁はそれぞれそのまま自分の得点となります。

Alhambra Game117

 

建物タイルには価格が設定されていますがこれが高いものもあります。お金カードは「1~9」までしかありませんが、使うときは複数枚を同時に使うことが出来ます。

例えば、黄色の「価格11」の建物タイルを購入するときは、黄色いお金の「2」と「9」を一緒に出せばピッタリと支払うことが出来ます。

Alhambra Game135 Alhambra Game137

 

建物の数で点数を獲得できるのでたくさんの建物を並べたいところですが、建物タイルにはそれぞれ城壁がついているので繋げることが出来る場所は限られてしまいます。

Alhambra Game150 Alhambra Game152

 

例えば、このような建物タイルを購入してきても、アルハンブラの城壁の関係で繋げて置くこ場所が限られてしまいます。

そこでアクションの改築で邪魔な建物タイルを取り除いてしまいます。

Alhambra Game156 Alhambra Game158

 

次に集めたお金カードで別の建物タイルを購入します。お金カードはもちろん高いほうが有利なのですが、小さい数字のカードがあると調整してピッタリにして使えるという利点があります。

続けて緑のお金でもう1つ建物タイルを買っておきます。

Alhambra Game163 Alhambra Game165

 

購入した建物タイルをアルハンブラに繋げます。それから次に改築のアクションで、取り除いておいた建物タイルを再配置します。

再配置の時も建物タイルを置くルールに従います。

Alhambra Game167 Alhambra Game168

 

これでうまく再配置が出来ました。城壁の数も増えて得点が伸びました。さらにここから繋げていけそうです。

このように色んな種類のお金カードをうまく利用して、繰り返しアクションを行い、得点がなるべく伸びるように自分のアルハンブラの改築をしていきます。

Alhambra Game170 Alhambra Game171

 

2回目の得点計算です。

2回目は建物タイルの数が1番目と2番目に多いプレイヤーが得点を獲得します。

塔(紫色)の場合は、左から2番目のプレイヤーが3つで1番多いので「13点」、右から2番目のプレイヤーが2つで2番目に多いので「6点」を獲得します。

アーケード(茶色)は右端のプレイヤーが3つで1番多いので「10点」、右から2番目のプレイヤーと左端の自分が1つずつで同数なので3点を山分けして「1点」ずつです。端数は切り捨てです。

城壁の点数はそのまま各プレイヤーの点数となります。

Alhambra Game172

 

得点計算が終わったらまたプレイを続けます。

これを繰り返していくと、そのうち市場の下の建物タイルの山札が無くなります。市場にタイルが補充できなくなったらそこでゲームが終了します。

市場に残った建物タイルは、終了時にそれぞれのお金を1番多く持っていたプレイヤーが獲得します。それらの建物タイルを配置したら最後の得点計算です。

Alhambra Game182 Alhambra Game183

 

得点計算3回目、最後です。

最後は建物タイルの数が1番目と2番目と3番目に多いプレイヤーが得点を獲得します。

庭園(緑色)の場合は、左から2番目のプレイヤーが4つで1番多いので「20点」、左端の自分が3つで2番目に多いので「13点」、右から2番目のプレイヤーが2つで3番目に多いので「5点」を獲得します。

住居(白色)は右から2番目のプレイヤーが4つで1番目に多いので「19点」、左から2番目のプレイヤーが3つで2番目に多いので「11点」、両端のプレイヤーが1つずつで同数なので山分けして「2点」ずつです。

ここに城壁の得点を足して最終得点となります。

Alhambra Game185

 

そしてこれらのすべての得点の合計が1番高かったプレイヤーが勝者となります。

Alhambra Game184 Alhambra Game188

 

このゲームは通常のAI対戦の1人用と、パス&プレイでの複数対戦ができます。またオンライン対戦も可能です。

Alhambra Game191 Alhambra Game193

 

プレイをするときは、最初に自分のアバターを登録しそれを選択して設定します。

オンライン対戦をする場合は、このプロフィールに「Online-ID」と「パスワード」を入力し、下の「REGISTER」をタップして登録をしておきます。

Alhambra Game198 Alhambra Game199

 

そしてオンラインに接続するとプレイ人数や鍵をかけた部屋を作ることが出来ます。あとは通常の通りでプレイできます。

Alhambra Game226 Alhambra Game225

 

本体の向きを縦横にすると、画面もその向きに対応するように変わります。

Alhambra Game176

Alhambra Game215

 

建物タイルを購入し、自分だけの立派なアルハンブラを作っていきましょう!

Alhambra Game154 Alhambra Game175

Alhambra Game180 Alhambra Game206

Alhambra Game212 Alhambra Game204

 

 

4種類の通貨を使って建物を購入し自分だけのアルハンブラ宮殿を作っていくボードゲームです。自分のお金を使って、4つの市場にある建物を購入していきます。ただしそれぞれの市場で使えるお金が違うので、それぞれに対応するお金を使わなければいけません。購入した建物を自分のアルハンブラに配置し大きくしていきます。決算では建物をたくさん立てたプレイヤーが得点を獲得します。3回目の決算終了後、最も多くの得点を獲得していたプレイヤーが勝者となります。

 

まとめ

 

ゲームの目的

・終了までに最も多くの得点を獲得する。

 

自分の番では

・建物を購入して配置する

・お金を取る

・自分のアルハンブラを改築する

 

のうち好きなものを1つプレイする。

 

補足として

「建物を購入する」

・建物タイルが置いてある市場の色と同じ色のお金で購入する。

・お金は何枚同時に使っても構わない。

・おつりは出ない。

 

「お金を取る」

・市場にあるお金を取る。

・取ることが出来るお金は5以上1枚か、合計5以下複数枚。

 

「配置」

・購入した建物タイルは自分の番の最後にまとめて配置する。

・配置するときは、建物タイルの向きを変えてはいけない。

・配置するときは、配置してある建物タイルの辺と種類(壁・通路)を合わせる。

・配置するときは、必ず辺を合わせる。

・配置するときは、真ん中に空間が出来てしまうような置き方は出来ない。

 

「補充」

・市場の、お金、建物タイルは自分のプレイの最後に補充する。

 

「改築」

・改築では、予備の場所にある建物タイルを1枚配置できる。

・改築では、アルハンブラの建物タイルを1枚取り除いて予備の場所に置くことが出来る。

・改築では、予備の場所にある建物タイルをアルハンブラの建物タイルと入れ替えることが出来る。

 

「得点」

・ゲーム中に3回の得点計算がある。

・計算時に、各種類の建物タイルの所有数、作ってある城壁の長さによって対応する得点を獲得する。

 

 

アルハンブラ宮殿を作って得点を獲得するボードゲームですね。デザイナーは「ローゼンケーニッヒ/Rosenkönig」の「ディルク・ヘン/Dirk Henn」。2003年のドイツ年間ゲーム大賞で、大賞を受賞しました。

ゲーム自体はとても単純で、市場に並ぶ建物を購入して自分のアルハンブラ宮殿を作っていくと、それだけです。

色んな種類の建物がありますから、それらをたくさん配置した人がより多くの得点を獲得できます。アルハンブラ宮殿は城塞都市の側面もありますから、城壁もちゃんと作れば得点が高くなります。

要するにアルハンブラを大きくすればするほど得点が高くなるということですね。

 

面白いのはこの建物タイルの購入方法です。

各プレイヤーはお金カードで建物タイルを買うのですが、市場ごとに使えるお金カードが違うのです。イスラム系のお金とヨーロッパ系のお金が混在している市場なんでしょうね。ですから市場に置かれている建物タイルは、その市場のお金じゃないと購入できません。

色んな種類のお金を持っていることが重要になります。

 

それと特殊なルールとして、建物タイルをピッタリのお金で購入すると「もう1回」アクションがプレイできます。

これが面白いですね。

お金は市場からお金カードを取ることで集めていきます。このゲームではおつりというものが出ません。価格7のタイルをお金8で購入してもお金1は戻ってこないのです。

おつりがもらえなくても購入はできますから、高い価格のお金カードを持っていた方が確かに有利ではあるのですが、この「ピッタリでもう1回」というルールがあるため、「1」「2」「3」といった少額のお金カードに使い道が出てきます。

価格7のタイルを買うのなら、お金5+お金2と調整してピッタリと払ったほうが、もう1回アクションがプレイ出来てさらに有利になるのです。

 

自分の1回の番ではアクションは1回しかプレイできません。アルハンブラ宮殿は大きくすればするほど得点は高くなります。ということは、自分の1回の番で2回、3回とアクションがプレイ出来れば、これは当然得点が伸びていくということになります。

価格5の建物タイルも、価格11の建物タイルも、点数計算ではただの「1個」として計算されますから、どれだけ多様なお金を手に入れて、アクション数を伸ばし、たくさんの建物を獲得できるかというのがこのゲームの大きなポイントです。

 

ゲームでは各プレイヤーが自分だけのアルハンブラをそれぞれで作っていくので、相手のアルハンブラに対して、なにか攻撃を仕掛けるということはありません。しいていうなら、市場での建物タイル、お金カードの入手タイミングくらいです。

建物タイル、お金カードはランダムで山札から補充されるので獲得するものには運が絡むのですが、「お金を使って購入する」というアクションのおかげで運だけではない戦略のあるゲームに変わっています。

 

得点のパターンとして「城壁」があります。アルハンブラ宮殿は城塞都市の側面もあるので、城壁を作る必要があるんですね。

通常の点数は、点数計算時に建物を最も多く持っていたプレイヤーから順番に獲得できるようになっています。要するに他のプレイヤー次第なところがあります。

ところが「城壁」だけは点数計算時に自分だけが確実に獲得できる得点なのです。城壁は長く繋がるように作れば作るだけ得点が高くなります。この城壁の配置はとてもパズル的です。

 

建物タイルは好きなように配置できるのではなく繋げられる条件が決まっているので、その条件をクリアしながら、さらに城壁も長く伸ばすように自分のアルハンブラを作っていきます。そしてそれが出来るような建物タイルを選んで購入していきます。

自分のアルハンブラに合う建物を買うためにお金をどれだけ有効活用できるか、このあたりが各プレイヤーの戦略になりますね。短期、中期の計画が重要になります。

 

相手に対して攻撃をするようなところはありませんが、相手のアルハンブラも全部確認できるので、市場のタイルやお金を含めた妙な心理戦がドキドキします。

ルールはシンプルで点数の取り方もわかりやすく、また自分だけの箱庭を作っているような感覚もあるし、買い物のやりくりをしている感じもあるしと、全体のとバランスが良い面白いゲームです。

 

グラフィックは実際のボードゲームと同じものと、建物タイルが3D化されたものの2つが選択できます。3Dのほうは演出も凝っていてよく出来ています。操作する場所は黄色くハイライトされますし、もともとそんなに難しい手順が無いゲームなので混乱することは無いでしょう。

実際、画面を切り替えたりせず1画面で全ての情報が確認できるので遊びやすくまとまっていると思います。

 

モードはAI対戦の1人用、パス&プレイの2人用があります。AIは「beginner」「easy」「medium」「hard」の4種類です。AIまたはプレイヤーとの2人対戦の場合は、2人対戦の特殊ルールが適用(3人目のDirk追加)されるようになっています。

またオンライン対戦も可能です。オンラインはGameCenterを利用したものではなく独自に登録する必要がありますが、ロビー機能や部屋の部屋の鍵設定などもできるので、なかなかよく出来ています。

拡張はいまのところありませんが「EXTENSIONS」という項目があるので将来追加されるかもしれません。

 

難点。iPhone版は画面が小さいですが、ひと目で全ての情報が確認できる画面構成などはとても遊びやすくいいと思います。

しかしアプリ自体の完成度が低いです。出来がよくありません。普通のままでは起動すらしません。

3D化された建物タイルは、雰囲気はいいですけど城壁など見づらいので結局ボードゲーム版のタイル表示で遊んでしまいます。さまざまな項目をタップしてもイマイチ反応がにぶいし、全体的にテンポが悪いです。自分の番での3つのアクションを最初に1回選択しなければいけない、というところもハッキリ言って余計だと思います。

お金カードの選択や建物タイルの選択はタップで出来るのに、タイル配置の時はドラッグしなければならないというもの面倒くさいです。

 

なんというかiPhoneの縦画面でも遊べるようにコンパクトになっていたり、ロビー機能がある独自のオンライン対応になっていたりするのはとてもいいんですが、もうちょっと遊びやすくなっていてくれると嬉しいですね。

しかしQueen Gamesはかなり本気になったみたいなので、これからどんなアプリが登場するのか楽しみですね。ただ何のインフォメーションも無く突然配信されるのは心臓に悪いからやめてください。

 

そういえば、同じQueen Gamesから配信されていた「Donald X. Vaccarino」のiPad版「Kingdom Builder/キングダムビルダー」ですが、先日のバージョン3.0アップデートでユニバーサル対応になりiPhoneでも遊べるようになりました。

こちらも気になる方は是非お試しください。

Alhambra Game227 Alhambra Game228

Alhambra Game229 Alhambra Game230

 

 

建物を購入し自分だけのアルハンブラ宮殿を作っていくボードゲームです。

 

 

     

    Alhambra-Game100

    ボードゲーム / カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Queen Games

    iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Alhambra Game
    AppStoreへ

     

  • Kingdom Builder
  • Dominion by Donald X. Vaccarino
  • メガミリオン
  • Las Vegas!
  • Penny Arcade The Game: Gamers vs. Evil

Comments are closed.

PAGE TOP ↑