1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

magical paper01

 

■ マジカルペーパー
魔法のカードを出して相手を倒すカードゲーム。先に相手の体力をゼロにすると勝ち。

 

魔法のカードを出して相手を倒すカードゲームです。手札の魔法カードを出して相手に対し攻撃をします。魔法カードには「火」「水」「雷」「草」「氷」「白」「黒」の7種類があり、「草-草-白」だと「薬草」に、「草-草-黒」だと「毒草」にと、魔法カードの組み合わせ方によっていろんな効果が出ます1回ずつ順番を交代して魔法攻撃をし、先に相手の体力をゼロにしたほうが勝者となります。

 

 

magical paper105 magical paper106

 

これは手札の魔法カードを使って互いに攻撃をしていくというカードゲームです。

下に並んでいるのが自分の手札です。手札は最大5枚まで持つことが出来ます。自分の番になったら、使いたい魔法カードをタップして選択します。

magical paper107 magical paper108 

 

選択したカードは手札の前に並びます。自分の番で使うことが出来る魔法カードは3枚までです。

カードがセットされたら中央下の「OK」をタップすると、そのカードで相手に対して攻撃を行います。

magical paper109 magical paper110

 

魔法カードの攻撃が終わったら自分の番は終了です。続けて相手の番になります。相手も同じように自分の手札からカードを選び攻撃をします。これを繰り返します。

両端に表示されているのがそれぞれのプレイヤーの体力で、この体力が先にゼロになったほうが負けとなります。

magical paper111 magical paper112

 

再び自分の番になったら山札からカードを2枚引きます。手札の上限は5枚なのでそれ以上のカードを引くことはできません。

magical paper113 magical paper114

 

魔法のカードは7種類あり、このカードを組み合わせることで相手に与えるダメージが変わります。

基本は同じカードを複数枚使うことで強くなります。しかし特定のカードの組み合わせで特殊な魔法が発動することがあります。

magical paper115 magical paper116

 

カードの下に表示されている数字は、自分のデッキ(山札)の残りカード枚数になります。

使うカードはデッキとして作り、デッキにはどの種類のカードをどのくらいの枚数入れるのか自分で決めることが出来ます。

magical paper117 magical paper118

 

対戦相手に勝利すると「ロップ」と呼ばれるものを獲得できます。このロップを使うと新たな魔法カードを手に入れることが出来ます。

magical paper119 magical paper120

magical paper02 magical paper03

 

自分のデッキは右下の「デッキ」から編集します。どの種類のカードをどれだけ入れるかここで決めます。

magical paper04 magical paper05

 

対戦相手はそれぞれに攻撃パターンが違っていて、回復を重点的にする敵、手札を捨てさせる敵などいろいろいます。

自分なりにデッキを組み替えることで、対戦相手ごとに攻撃パターンを変えるということも可能です。

magical paper08 magical paper12

 

カードは「火」「水」「雷」「草」「氷」「白」「黒」の7種類があります。

このカードを組み合わせることで役を作ります。

「火」のカードです。カードを出すとダメージを与えます。同じ火のカードを複数枚出すと攻撃力が上がります。

magical paper14 magical paper20

 

「水」のカードも火と同じように攻撃することが出来ますが、火よりは少し攻撃力が下がります。

しかし「水」を3枚以上同時に出すと、相手の手札をゼロにしてしまう効果がつきます。

magical paper22 magical paper23

 

「雷」のカードは火のカードより攻撃力が高いですが、相手へのダメージと同時に自分もダメージを受けます。

magical paper25 magical paper26

 

「草」のカードは1枚だと攻撃カードとなりますが、「草2枚」と「黒」の組み合わせにすると、相手に対して毒攻撃をすることが出来ます。毒のダメージは自分の番の最後に相手に入ります。

magical paper32 magical paper34

 

「草2枚」と「白」の組み合わせにすると、「黒」とは効果は逆になり草は薬草となります。薬草を使うと毎回自分の体力が回復します。

このように魔法カードは「同じ種類カード2枚+別の種類のカード1枚」の組み合わせでいろんな効果を発揮します。

magical paper39 magical paper40

 

「氷」のカードは攻撃力がとても低く、ほとんど役に立ちません。

しかし「氷2枚+黒1枚」の組み合わせにすると、相手のデッキに「氷」のカードを3枚送り込むことが出来ます。氷カードを送り込むことで相手のデッキを弱くすることが可能です。

magical paper48 magical paper51

 

「白」のカードは回復カードです。使うと体力の回復ができます。

magical paper53 magical paper54

 

この「白2枚+他のカード1枚(黒以外)」の組み合わせにすると、自分の番で出すことが出来るカードの上限が1枚増えて4枚になります。同時に1度に引くことが出来るカード枚数も3枚になります。

magical paper57 magical paper58

 

「白2枚+同じカード2枚(黒以外)」にすると、自分の番で出すことが出来るカードの上限がさらに1枚増えて5枚になります。同時に1度に引くことが出来るカード枚数も4枚になります。

序盤で早く場のカードを5枚にすれば、それだけ強力な攻撃が出来るようになります。

magical paper63 magical paper64

 

「黒」のカードを使うと、相手にではなく自分にダメージが当たります。

magical paper95 magical paper100

 

「黒」はマイナスのカードですが、他のカードと組み合わせることでとても強力な魔法に変化します。

magical paper131 magical paper124

 

「黒2枚+他のカード1枚」にすると、相手が次の番で出すことが出来るカード枚数を減らすことが出来ます。

magical paper101 magical paper102

 

「黒2枚+他のカード2枚」にすれば、相手は次の番では1枚しかカードを出すことが出来なくなります。

相手の出すカード枚数を制限することで、次に相手から受けるダメージを減らすことが出来ます。

黒のカードは使い方次第で強力な魔法へと変化します。

magical paper104 magical paper68

 

役にならない状態でカードを出したときは、出したカードすべてが1枚ずつ攻撃として使われます。

magical paper61 magical paper91

 

魔法カードを1枚ずつ攻撃として使うよりは、カードの種類が揃うまで集めてそれから攻撃を行うようにするといいでしょう。

magical paper84 magical paper122

 

ゲームはAIと対戦する1人用とBluetoothで対戦するローカル対戦があります。

magical paper09 magical paper10

 

魔法のカードをうまく組み合わせて攻撃し、先に相手の体力をゼロにして勝利しましょう!

magical paper128 magical paper56

magical paper126 magical paper75

magical paper129 magical paper127

 

 

魔法のカードを出して相手を倒すカードゲームです。手札の魔法カードを出して相手に対し攻撃をします。魔法カードには「火」「水」「雷」「草」「氷」「白」「黒」の7種類があり、「草-草-白」だと「薬草」に、「草-草-黒」だと「毒草」にと、魔法カードの組み合わせ方によっていろんな効果が出ます1回ずつ順番を交代して魔法攻撃をし、先に相手の体力をゼロにしたほうが勝者となります。

 

魔法カードで対戦するゲームですね。携帯アプリとして配信されていたもののリメイクとなります。

 

ルールはシンプルで、順番に手札の魔法カードを出して相手に攻撃をしていきます。1回の番で出すことが出来るカードの上限は3枚、使うカードのコストはかかりません。パスは出来ず、自分の番では最低1枚のカードを出さなければいけません。

魔法カードはそれぞれに攻撃力が設定されていて、使えばその分のダメージが相手に当たります。これを交互に繰り返し先に相手の体力をゼロにすれば勝ちです。

 

ポイントはこの魔法カードの組み合わせ方によって攻撃力が変化するというところです。

魔法カードは「火」「水」「雷」「草」「氷」「白」「黒」の7種類があります。「火」「水」「雷」の3つは攻撃系で、同じカードを同時に出せばそれだけ威力が高くなっていきます。相手への攻撃は基本はこの3種で行います。

 

面白いには「白」「黒」の魔法で、この魔法を他の魔法と組み合わせると変わった効果が出ます。

例えば「草-草-白」という組み合わせだと「薬草」になります。そして「草-草-黒」という組み合わせだと「毒草」になります。白と黒では全く逆の効果になるわけですね。特に「黒」は「火-火-黒」「雷-雷-黒」と組み合わせるとより強力な攻撃魔法へと変化させることができます。

 

「氷」は攻撃力が1しかない貧弱な魔法カードです。しかしこれと「黒」を組み合わせると、相手のカードデッキに攻撃が出来ます。このカードゲームでは「デッキ」と呼ばれる自分の山札を使うのですが、「火」「水」「雷」「草」「氷」「白」「黒」のカードをそれぞれ5枚ずつ、とか自分でカードの内訳を設定することが出来ます。

「氷-氷-黒」で攻撃すると、相手のデッキに貧弱な魔法の「氷」を入れてしまうことが出来ます。手札は5枚までで、毎回引いてくるカードの数は決まっているので貧弱な氷魔法が増えれば、それだけ1回の番の攻撃力が下がってしまうというわけです。

 

「黒」は単体で使うと自分がダメージを受けるだけの魔法ですが、「黒-黒-火」などと使うと、相手の使用カード枚数を減らしてしまうことが出来ます。カードは自分の番では3枚(白魔法を使えば5枚まで増える)使えます。1回でカードを3枚使えば、それだけ与えるダメージは大きくなります。

また魔法の組み合わせはほとんどがカード3枚から発動するようになっていますから、使用枚数を制限すると強力な攻撃は受けずに済みます。

 

通常の攻撃魔法だけではなく、このようなカード操作の魔法も使えるところが面白いですね。

両プレイヤーの残りデッキ枚数は表示されていて見ることが出来ますから、残りのカードでどのような攻撃をしてくるのか、また自分はどのような有効な攻撃が出来るのか、そのあたりを探り合いながら駆け引きをしていくのが魅力です。

想定どうりの展開に上手く持ち込めたときは達成感がありますね。

 

ゲームモードは8つキャラクターAIと対戦する1人用、Bluetoothでローカル対戦する2人用があります。2人用は双方でアプリをインストールしておく必要があります。

単純なカードの出し合いではなく、カードの使い方によって勝敗が大きく変わる、そんなゲームです。

 

難点。カードゲームというのはそういうものではありますが、ほぼ運のゲームですね。あまり面白くはありません。説明では「魔法の組み合わせは80種類以上」と書いてありますが、魔法のほとんどが攻撃・回復・邪魔くらいで、組み合わせが多いとしてもやることにそんなに違いはでません。

最強の魔法として「火」「水」「雷」「草」「氷」を1枚ずつ出すという「ロイヤルストレートアタック」があるのですが、これは出したらその時点で勝ちとなります。結局相手がどんな戦法を取ってくるにしろ、この「ロイヤルストレートアタック」を狙ったほうが勝率が高かったりするので、そのへんもやっぱり運でしょうか。

魔法の組み合わせは自分で見つけていくらしいのですが、もうそういうもの面倒くさいんですよね。全部魔法の役は表示しておいてもらって、あとは「戦略で!」のほうがすっきりするような気がします。

グラフィックも操作もいかにも携帯アプリという感じで、そこから脱却できなかったのはもったいない感じがしました。オンライン対戦がないのも残念です。

 

魔法のカードで役を作って相手を倒すカードゲームです。

 

 

     

    magical-paper100

    対戦思考ゲーム / カードゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / mimitan

    iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

     

    マジカルペーパー
    AppStoreへ

     

 

  • メガミリオン
  • PWN: Combat Hacking
  • Scotland Yard
  • Disc Drivin’
  • Tricky 6

Comments are closed.

PAGE TOP ↑