1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Chicken Cha Cha Cha01

 

■ Chicken Cha Cha Cha
タイルを覚えてにわとりを進めていくボードゲーム。全員のしっぽを奪い取ったら勝ち。

 

タイルを覚えてにわとりを進めていくボードゲームです。自分の番でタイルを1枚めくります。自分の前のたまごと同じタイルをめくるとにわとりを進めることができます。間違えると次のプレイヤーに順番が移ります。他プレイヤーのにわとりを追い抜くと相手のにわとりのしっぽを奪い取ることが出来ます。全てのにわとりのしっぽを集めたプレイヤーが勝者となります。

子供用のゲームですが、大人が遊んでも十分に楽しくとても人気のあるゲームです。1998年にドイツ年間キッズゲーム大賞を受賞しています。

 

そんな「にわとりのしっぽ/Zicke Zacke Huehnerkacke」のiPad版です。

Chicken Cha Cha Cha02

Chicken Cha Cha Cha03

 

 

Chicken Cha Cha Cha06

Chicken Cha Cha Cha07

 

このゲームはとても簡単な記憶力のゲームです。ルールはすぐに覚えることができます。

画面の周囲に24個の「たまご」が並んでいます。

Chicken Cha Cha Cha13

 

そのたまごの上に座っている「にわとり」が自分です。今回は4人プレイなので4羽のにわとりがいます。それぞれのにわとりのスタート位置はランダムになります。

Chicken Cha Cha Cha10

 

このたまごの上の自分のにわとりを進めて、他のにわとりと追いかけっこをしていきます。

Chicken Cha Cha Cha11

 

そこで、どうやってニワトリを進めるか?ですね。

画面の真ん中に8角形のタイルが12枚裏向きで置いてあります。

Chicken Cha Cha Cha12

 

自分の番になったら、この裏向きのタイルを1枚タップしてめくります。

Chicken Cha Cha Cha15

 

タイルをめくったとき、自分のにわとりの前にあるたまごと同じイラストが出たら、にわとりを1歩進めることが出来ます。

Chicken Cha Cha Cha33

Chicken Cha Cha Cha36

 

めくったタイルのイラストと、自分の前にあるたまごのイラストが違っていた場合は進むことが出来ません。

違うタイルをめくってしまった場合は自分の番はそこで終わり、相手の番になります。

Chicken Cha Cha Cha34

 

「めくったタイルが前にあるたまごと同じイラストだったら1歩進む」

ルールはこれだけです。簡単でしょう?

Chicken Cha Cha Cha41

 

自分のにわとりを1歩進めることが出来たら、続けてタイルをめくることが出来ます。

自分の前にあるたまごのイラストはにわとりを進めるごとに変わっていくので、そのつど違うイラストのタイルを当てる必要があるというわけですね。

当てれば続けて何回でもプレイできます。

Chicken Cha Cha Cha43

 

他のプレイヤーも同じようにタイルをめくり、前にあるたまごと同じイラストだったらニワトリを進めていきます。失敗したら順番交代です。

Chicken Cha Cha Cha49

 

めくったタイルは1回ごとにまた伏せられますが、タイルの位置が変わることはありません。

ですから他のプレイヤーがめくったタイルの位置を覚えておけば、連続で当てやすくなりますね。

Chicken Cha Cha Cha53

 

このゲームはただグルグルとたまごの上を回っているだけではありません。

タイルをめくってにわとりを進めていくと、やがて他のプレイヤーのにわとりに近づきます。

Chicken Cha Cha Cha121

 

他のプレイヤーのにわとりを追い抜く場合は、次にめくらなければいけないタイルは、相手プレイヤーの前のたまごと同じイラストになります。

Chicken Cha Cha Cha123

 

もしそのたまごと同じイラストのタイルをめくることが出来れば、相手プレイヤーのにわとりを飛び越えて進むことが出来ます。

Chicken Cha Cha Cha127

 

ここからがポイントです!

にわとりにはそれぞれ「しっぽ」がついています。

Chicken Cha Cha Cha128

 

他のプレイヤーのにわとりを追い抜いたとき、なんとそのにわとりのしっぽを「むしりとる」ことができるのです!

Chicken Cha Cha Cha130

 

相手からむしりとった「しっぽ」は自分のものとなります。白いにわとりののしっぽがついていますね。

このように他プレイヤーのにわとりを追い抜いたら、そのにわとりのしっぽを奪い取っていくことができるのです。

Chicken Cha Cha Cha133

 

白いにわとりはあわれにもしっぽが無くなってしまいました。

でもまだ大丈夫。

ゲームオーバーにはなりません。

Chicken Cha Cha Cha138

 

例えしっぽを奪い取られたとしても、そのにわとりを自分で追い越せば・・・。

Chicken Cha Cha Cha140

 

なんとしっぽを「まとめて」むしりとることができます!

他のにわとりを追い越したときは、しっぽは「全部」むしり取るのです。

Chicken Cha Cha Cha141

 

他のプレイヤーにしっぽを取られたくなかったら、追い抜かれないようにとにかくに逃げることです。

追い越して相手のしっぽを奪い取った直後は逆に危険!

すぐに奪い取られる可能性がありますから、すぐに離れなくてはいけません。

Chicken Cha Cha Cha119

 

ゲームは1人のプレイヤーが「全てのにわとりからしっぽを奪うこと」です。全部集めたプレイヤーが勝者となります。

いま3本のしっぽがついていますから、赤いにわとりからしっぽを奪えば優勝です。

でもここで痛恨のミス。違うイラストのタイルをめくってしまいました。

Chicken Cha Cha Cha93

 

ここでスッと立ち上がった最後尾の青いにわとり。

Chicken Cha Cha Cha99

 

何と赤いにわとりの前のタイルを見事当ててしまいまいした。

Chicken Cha Cha Cha101

 

他のにわとりを追い抜いた場合は、しっぽは総取りです。ぶちっ。

Chicken Cha Cha Cha102

 

そして赤いにわとりからも、ぶちっ。

全てのしっぽを奪っていってしまいました。

Chicken Cha Cha Cha105

 

これでゲーム終了です。

勝者は大逆転で青いにわとりでした。

このように前にあるたまごと同じイラストのタイルをめくってにわとりを進めていき、全てのにわとりからしっぽを全部奪い取ったら勝ちとなります。

Chicken Cha Cha Cha110

Chicken Cha Cha Cha111

 

ゲームとしては記憶力を試す、いわゆる神経衰弱です。しかしそこにいくつか面白いポイントがあります。

Chicken Cha Cha Cha67

 

タイルは1枚ずつめくり、間違えれば次のプレイヤーに順番が移りますが、当たれば続けてタイルをめくることが出来ます。

Chicken Cha Cha Cha69

 

伏せたタイルの位置はゲーム中に変わることはありませんから、他のプレイヤーがめくるタイルをしっかりと覚えておけば、連続でタイルをめくりにわとり進めていくことが可能になります。

Chicken Cha Cha Cha76

 

どんなに離れていたとしても、連続で当て続ければ一気に追いついて相手のしっぽをむしり取れます。

Chicken Cha Cha Cha79

 

タイルのイラストは12種類あります。周囲のたまごは24個、つまり同じたまごが2個ずつあります。

Chicken Cha Cha Cha116

 

これらのタイルのイラストは、よく似た色合いのものがいくつかあってとても間違えやすくなっています。

Chicken Cha Cha Cha31

 

とてもタイルが似ているので、伏せたりめくったりを繰り返していくうちに、ちゃんと覚えていたはずなのに全然違うタイルをめくってしまった、ということが頻繁に起きます。

Chicken Cha Cha Cha57

 

単純に覚えるだけの神経衰弱とは違ってミスが起こりやすいんですね。一筋縄にはいきません。

Chicken Cha Cha Cha23

 

ゲームは1~4人まで遊べます。スタート画面でにわとりを巣までドラッグしてプレイ人数を選びます。左側のハトをタップすると音声を消すこともできます。

Chicken Cha Cha Cha08

 

1人用を選んだ場合はAIの難易度を選択できます。1人用はAIとの1対1の対戦です。

Chicken Cha Cha Cha152

Chicken Cha Cha Cha155

 

オプション画面では中央に並べるタイルの枚数を選択できます。

Chicken Cha Cha Cha156

 

「normal」は12枚で、「easy」の9枚、「very easy」の6枚を選択できます。

Chicken Cha Cha Cha158

 

小さなお子さまと一緒に遊ぶときなど、ちょっと難しいかなと感じた場合は「very easy」の6枚にするといいでしょう。

Chicken Cha Cha Cha170

 

たまごと同じイラストのタイルをめくって、自分のにわとりを進めていきましょう!

Chicken Cha Cha Cha92

Chicken Cha Cha Cha167

Chicken Cha Cha Cha168

Chicken Cha Cha Cha169

Chicken Cha Cha Cha97

Chicken Cha Cha Cha177

 

 

タイルを覚えてにわとりを進めていくボードゲームです。自分の番でタイルを1枚めくります。自分の前のたまごと同じタイルをめくるとにわとりを進めることができます。間違えると次のプレイヤーに順番が移ります。他プレイヤーのにわとりを追い抜くと相手のにわとりのしっぽを奪い取ることが出来ます。全てのにわとりのしっぽを集めたプレイヤーが勝者となります。

 

この「にわとりのしっぽ」というゲームは、ツォッホというドイツのおもちゃの会社が作っている、3、4歳くらいの子供から遊べるシンプルな記憶力のゲームです。子供用のゲームですが、大人も十分に楽しめる面白いゲームです。

 

ルールの基本的なところは神経衰弱と同じです。中央に12枚の伏せられたタイルが並んでいます。画面の周りには24個のたまごが並んでいます。このたまごは全部表向きです。

自分の番が来たらタイルを1枚めくってにわとりを進めていくのですが、自分のにわとりを進めるには、にわとりの前にあるたまごと同じイラストのタイルをめくらなければいけません。同じタイルをめくることができれば1歩進んで続けてもう1回、違うタイルをめくったら進むことが出来ずに次のプレイヤーに順番が移ります。

つまり「タイルを当て続ければいくらでも続けてプレイできる」のです。

 

タイルやたまごに描かれたイラストは「12種類」あります。簡単そうに見えますが、実はこの12種類というのがやっかいなのです。

人間には「一時記憶」と「長期記憶」があります。一時記憶というのはパッと覚える記憶で、長期記憶はガッチリと覚えてしまうことです。

一時記憶は瞬間で覚えるものですから、これは20秒くらいで忘れるように出来ていて、また1度に覚えることが出来る上限も7個くらいです。ですから12枚のタイルの全てを一瞬で覚えるというのは非常に難しいのです。

 

この一時記憶を定着させるには何回も繰り返し覚えることです。そうすれば覚えたタイルの位置が増えていきますし、タイルの位置は変わりませんからゲーム終盤に行くにつれて連続でタイルをめくることが出来るようになります。

しかし、タイルのイラストには色合いや形が似たようなものが2、3種類ずつあります。

繰り返し覚えていく過程で、他プレイヤーが似たようなタイルをパカパカとめくっていきますから、その記憶は変な方に上書きされていってしまいます。その結果、「これだ!」と思っていたタイルが、全く違うタイルだったりするのです。ホントにびっくりするくらい覚えられません。いや、覚えたつもりが間違っていたというところで軽くショックを受けてしまいます。

12枚のタイル、似たようなイラスト、そして毎回目的のタイルが変わる、という要素が、とっても覚えにくいゲームとなっているのです。

 

このゲームはドイツ年間キッズゲーム大賞を受賞しています。大人もお子さまも一緒になって楽しめるゲームです。どちらかといえば子供のほうが得意ですね。大人はあまり勝てません。

対象年齢は2、3歳以上でかなり小さなお子さまでもルールを把握できるようになっています。

 

実際のボードゲームは、にわとりはしっかりとした木で出来ていて手触りもよく、めくるタイルもかなり大きいです。こんなのが24枚ズラッと並びます。

タイルの厚みも5mmくらいあって、乱暴に扱っても大丈夫なようにできています。その分値段がちょっとお高い(6000円くらい)のですが。

Chicken Cha Cha Cha05

 

ルールに相手のしっぽを奪い取るという部分がありますが、ポイントは全員のしっぽを奪い取った人が勝ちというところです。たとえしっぽを取られても追い越して奪い返せばいい、つまり「負け抜け」はしないのです。

子供は負け抜けてしまうとすぐに飽きてしまいますから、このようなルールになっていると最後までゲームを楽しめます。しばらくすればいくつかのタイルは覚えますから、自分の番では得意顔でタイルをめくり出します。

そういうときにちょっと褒めたり大げさに悔しがれば大喜びです。

 

知育という点では、イラストを記憶する、忘れないように復習する、他人の番でも集中して観察する、自分のにわとりを動かす、プレイする順番を守る、他人のプレイの邪魔をしない、といったことが学べます。

このアプリのほうも小さなお子さまで、かなりのテストプレイを繰り返したようです。

プレイ人数を選ぶのににわとりを同じ色の巣にドラッグしてみたり、ゲーム終了時には風船をタップして割ったりと、細部にわたって知育的な要素が詰め込まれています。

 

プレイ中も、タイルをめくる前にまず自分のにわとりをタップして選択するようになっています。普通ならオートでどんどんタイルをめくれるようにすると思うのですが、わざわざ自分のにわとりを選択させるためテンポが悪くなっています。このへんはお子さまに対する配慮があるからではないかと思います。

ですから、一緒に遊ぶときには「自分のにわとりはどれかな~?」とか、「次はだれの番かな~?」とか、うまく子供が集中できるように誘導していけば、ゲームの知育の効果も高くなるのではないかと思います。

知育ゲームは大人の遊ばせ方で随分と効果は変わります。

 

ゲーム中に出てくるイラストは実際のボードゲームと同じです。操作先は全て矢印で表示されるのでまず迷うことは無いでしょう。にわとりを動かすときにも声が出るのが楽しいですね。

 

1~4人プレイで、AI対戦ができる1人用もあります。iPad本体をテーブルに置いてみんなでプレイするということももちろん可能です。お子さまに合わせてタイル数を減らし難易度を下げることもできます。

 

追加セットの「うんちふんじゃダメ!」はついていません。

 

難点。ゲームは「Carcassonne」を作った「codingmonkeys」の制作です。やはり完成度も高いですね。

ですがやっぱりこの「にわとりのしっぽ」は手で触って遊ぶゲームだと思いますので、アプリだと魅力も半減している感じがします。実際のボードゲームの値段が高いのでお試しならいいかもとも考えましたが、試すような内容のゲームでもありませんし正直なところは微妙ですね。

知育ゲームとしてはよくできているとは思います。

ゲーム中のにわとりは誰が描いたのかはよくわかりませんが、クレジットには実際のボードゲームデザイナーの「クラウス・ツォッホ」「ドリス・マテウス」の名は入っていました。相変わらず「カサソラ・メルクル」の名前もありました。このかた自分のゲームはアプリにしないんでしょうか。

1人で遊んでもつまらないゲームですが、実際の「にわとりのしっぽ」が気になった方はアマゾンや楽天に売っていますから探してもみてください。大人同士で遊んでも結構盛り上がりますよ。

 

タイルを覚えて自分のにわとりをどんどん進めていくボードゲームです。

 

 

     

    Chicken-Cha-Cha-Cha100

    ボードゲーム / 記憶力ゲーム
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.05
    開発 / TheCodingMonkeys

    iOS 5.1 以降。 iPad 対応。

     

    Chicken Cha Cha Cha
    AppStoreへ

     

  • Mnemonist
  • Rules!
  • Carcassonne
  • Egg vs. Chicken
  • TSUME ALGO

Comments are closed.

PAGE TOP ↑