1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Way to Go01

 

■ Way to Go!
キャラクターを誘導する完全思考型パズル。ゴールに到達出来ればクリア。

 

キャラクターを誘導する完全思考型パズルです。スタートボタンを押すとキャラクターがまっすぐ歩き始めます。コマンドパネルを通路に置き、歩くキャラクターに命令します。命令を受け取ったキャラクタはその命令どうりに動きます。右折左折、反転やキャラクターの変更など、様々な命令を駆使し、マップ上の障害物を避けてゴール地点まで到達出来ればレベルクリアです。

 

 

Way to Go03

Way to Go04

 

画面の中の通路にキャラクターがいます。左下のスタートボタンをタップすると、キャラクターは通路の上を前に向かって進み出します。

Way to Go06

Way to Go07

 

キャラクターは壁や障害物にぶつかったとき両端に何もない場合はそのまま戻ってきます。通路がL字になっていたり、壁の片方が塞がっていた場合は空いている方向に曲がります。

このようにT字路になっていて両端に何もないときはそのまま戻ります。

Way to Go08

 

右側に並んでいるのが「コマンドパネル」です。このパネルはドラッグして通路の上に置くことが出来ます。

Way to Go09

 

コマンドパネルの上をキャラクターが通過すると、そのキャラクターはコマンドを持ったまま進みます。

これは「左に曲がる」というコマンドパネルです。

Way to Go10

 

キャラクターはコマンドパネルを実行できる場所まで来たら、そのコマンドをキャラクターは実行します。

Way to Go11

 

コマンドパネルで左に曲がりL字の通路はそのまま移動します。その先はまたT字路ですから、このままだと戻ってしまいます。

Way to Go12

 

そこでもう1枚の「右に曲がる」コマンドパネルを置きます。この状態でスタートさせてみます。

Way to Go13

 

ここでのポイントは、コマンドパネルはT字路の分岐に置く必要はないというところです。

キャラクターはコマンドパネルを持って移動し、そのコマンドを実行できる場所まで来たら実行をします。もちろんT字路の分岐にこのコマンドパネルを置いたとしても結果は同じになります。

Way to Go14

 

持っているコマンドパネルは実行するとなくなります。

コマンドパネルを持っている最中に別のコマンドパネルの上に乗った場合、手持ちのコマンドパネルは入れ替わります。持っていたコマンドパネルは右のストックに戻されます。

Way to Go15

 

この光っている丸の部分がゴール地点です。この場所までキャラクターを移動させることができればクリアとなります。

Way to Go16

Way to Go17

 

通路の上にはいろんな障害物、また装置があります。

Way to Go19

 

木の箱はそのままキャラクターで押して進むことが出来ます。黒い落とし穴に落ちるとゲームオーバーになってしまいます。落とし穴に箱を落とせばその上を歩いて進むことが出来ます。

Way to Go20

 

画面の上にある足跡はキャラクターの歩いたマス数になります。画面の下にある矢印をタップすると、キャラクターを1歩ずつ戻してやり直すことが出来ます。

コマンドパネルは歩いている最中でも、動きを一旦止めて置くことが出来ます。

Way to Go21

 

置いたらまたスタートボタンを押せばそこから歩き始めます。

このように何回でも、どこからでもやり直すことが出来ます。

Way to Go22

Way to Go23

 

作動する装置とスイッチなどが離れているときもあります。進むために指定されたマスまで移動しなければいけない場面もあります。スイッチには踏むたびにON/OFFが切り替わるものもあります。

Way to Go26

Way to Go28

 

キャラクターは3つあって、それぞれに別のコマンドパネルがあります。例えばこれはキノコを食べてしまうコマンドパネルです。

Way to Go30

 

ただしキノコにも1度食べたら無くなるものと、すぐに生えてくるものがあります。キノコに当たってもキャラクターは方向転換などをするので、どのタイミングで食べるかも重要になります。

Way to Go31

 

こちらは火を吐いて箱を壊してしまうというコマンドパネルです。箱の前で使えばその箱は壊せるし、使わなければ箱を押していくことになります。

どれを壊し、どれを残して方向転換に使うか、難しいところです。

Way to Go32

Way to Go33

 

これらのキャラクターは同時に出てくることもあります。ただし1度に動くのは1体のみです。

Way to Go36

 

このままスタートさせると上のキャラクターがまず動き出します。コマンドパネルの3番目と4番目はキャラクターを入れ替えるパネルです。その場所まで来ると動くキャラクターが変わります。

コマンドパネルは使える回数が決まっていますが、キャラクター入れ替えパネルに使用上限はありません。

Way to Go37

Way to Go38

 

キャラクターをうまく入れ替えて方向を変えたり、また障害物を移動させたり、コマンドパネルをうまく使い、キャラクターの位置を交差させて両方のキャラクターをゴールさせます。

Way to Go46

 

キャラクターによって効果無効な障害物や、装置もあり、それらをすべてかいくぐってゴールします。このステージでは最短で71歩キャラクターを動かすことでゴールすることが出来ます。

Way to Go34

Way to Go48

 

モードは「ADVENTURE」「MISSIONS」「COIN HUNT」「ROADWORKS」「DARK DESIGNS」の5つです。

Way to Go49

 

「ADVENTURE」「MISSIONS」はそれぞれ指定されたレベルをクリアしていくものです。「COIN HUNT」は通路上の全てのコインを回収するとクリアとなります。

Way to Go50

 

「DARK DESIGNS」はゴールするという目的は同じですが今の逆です。コントロールパネルがすでに置いてあり、障害物をドラッグして置くようになっています。

すべてのコントロールパネルを使用してゴールすることが出来ればクリアとなります。

Way to Go53

 

コマンドパネルをうまく使い、全てのキャラクターをゴールまで誘導していきましょう!

Way to Go47

Way to Go51

Way to Go05

Way to Go35

 

 

キャラクターを誘導する完全思考型パズルです。スタートボタンを押すとキャラクターがまっすぐ歩き始めます。コマンドパネルを通路に置き、歩くキャラクターに命令します。命令を受け取ったキャラクタはその命令どうりに動きます。右折左折、反転やキャラクターの変更など、様々な命令を駆使し、マップ上の障害物を避けてゴール地点まで到達出来ればレベルクリアです。

 

キャラクターを誘導する完全思考型パズルですね。これはなかなか難しいです。

各レベルでスタートボタンを押すと、キャラクターは真っ直ぐ前に向かって歩き出します。障害物に当たったり、分岐などに来るとその状態によって向きを変えます。ここがちょっとうまく言いづらいのですが、要は分岐に差し掛かろうとどうなろうと基本は真っ直ぐです。90度の角の場合はその角にそって曲がって歩くという感じです。障害物に当たったら常に右に曲がる、というようなそういう指定はありません。

 

そしてこのキャラクターをゴール地点まで誘導するのですが、このとき使うのが「コマンドパネル」です。

レベル毎に使える種類、数が決まっていて、これはマップ上にドラッグして置いて使います。キャラクターがこのコマンドパネルの上を通ると、キャラクターに命令が出されます。

 

このときのポイントは、マップのタイルの「場所」に命令を出すのではなく、あくまでそこに置いた命令をキャラクターが「拾う」という点です。キャラクターは命令を受け、そしてその命令を実行できるところまで来たらその命令を実行します。

上に書いた「分岐に差し掛かろうと基本は真っ直ぐ」というのがこれです。命令を何も持っていなければまっすぐ進み、右折という命令を持ったまま分岐に差し掛かればそこで右に曲がるわけです。

 

場所に置こうが持たせようが実際の命令に違いは無いのですが、マップ上は障害物も多く、キャラクターのいる場所や障害物のあるところにはコマンドパネルを置くことが出来ないし、また複数のキャラクターを入れ替えて進行させるレベルも後半で出てくるため、先にキャラクターに命令を与えておく場面も出てくるのです。

つまりマップのルールに則って動くのではなく、あくまで与えた命令通りにキャラクターは動いていくのがとても重要な点です。

 

そしてこのパズルはかなり手順が長いです。上にある足跡のマークはキャラクターの歩いたマス数になっています。表示されている数字は最短クリア数で、それ以上でもクリアとなりますが、目標はこの最短クリアになります。

この手のパズルは各レベル最短10歩とか20歩とか、そのくらいでテンポよく進んでいくものが多いのですが、これは最短が70歩とか90歩とか妙に長いのです。

つまりそのくらい歩かないとクリアできないということになりますね。

 

また、このパズルには時間制限というものはありません。さらに1歩1歩巻き戻したり進めたりして何回でもやり直し、再考することが出来ます。

コマンドパネルは最初に全部置いて、そこから「よーいスタート」させるのではなく、実はキャラクターが歩いているときでも自由に置いたり取り除いたりすることが出来ます。ですから1歩ごとにキャラクターの動きをとめてやり直すということが自由にできるのです。

ですから歩いているキャラクターにタイミングよく指示をだして誘導するという、「Angry Birds」や「Cut the Rope」のような「テクニック」でのクリアという要素はまったくありません。そのかわり手順が複雑になっているんですね。

マップやコマンドパネル自体は単純なものばかりですが、クリアにはかなりの試行錯誤が必要です。じっくりと取り組んで答えを導き出したいという方にはオススメです。

 

グラフィックはイマイチですね。背景や通路、また装置などがもうちょっと見やすくわかりやすくなっていたらよかったかなと思います。操作自体は急ぐようなタイプのゲームではないので問題はありません。

 

モードは「ADVENTURE」「MISSIONS」「COIN HUNT」「ROADWORKS」「DARK DESIGNS」の5つです。バージョン違いの凝ったレベルが全部でなんと350もあります。それぞれのレベルでクリアだけではなく最短クリアも目指せますのでやりごたえはバッチリです。

 

各キャラクターごとで能力の違いがあり、ちょっとわかりづらいところもありますが、コツコツとクリアしていきたいという方は満足できると思います。

 

難点。非常に面白いし、パズルのクオリティもとても高いのですが、論理的に解けていくタイプのものではなく、倉庫番のように試行錯誤を繰り返すタイプです。実際クリアまでにかなりの手順が必要となり、しかもコマンドパネルの置き場所く、複数のキャラクターの動き方、障害物の移動などでパターンもかなり複雑になるのでハッキリいって面倒くささがあります。ホントにコツコツプレイできる方でないと厳しいかなという感じですね。

 

説明文の中に「For all fans of Robo-Rally」というのがあります。このようなタイプのパズルはAppStoreに結構出ていますが、大元は「Robo Rally」というボードゲームです。

これは手札の複数枚のカードを使ってロボットに命令を出し、相手より先にゴールするという、これまた頭を使うゲームです。

Way to Go02

 

デザイナーは「リチャード・ガーフィールド/Richard Garfield」、有名なあの「マジック:ザ・ギャザリング/Magic: The Gathering」を作った人です。

とても面白いゲームなので、興味のある方は探してプレイしてみてください。

 

キャラクターを誘導する完全思考型パズルです。

 

 

     

    Way-to-Go100

    完全思考型パズル
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Headup Games GmbH & Co KG

    iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad (3rd generation)、iPad Wi-Fi + 4G、iPad (4th generation)、iPad Wi-Fi + Cellular (4th generation)、iPad mini、およびiPad mini Wi-Fi + Cellular に対応。 iOS 5.1 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Way to Go!
    AppStoreへ

     

 

 

  • TRILIGHT
  • ぷよぷよ!!クエスト
  • Blue Toad Murder Files: A Touch of Mystery
  • Soccer Moves
  • Cardinal Quest 2

Comments are closed.

PAGE TOP ↑