1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Brogue01

 

■ Brogue
アイテムを探しモンスターを倒しながらダンジョンを探索していくロールプレイングゲーム。体力がゼロになったらゲームオーバー。

 

アイテムを探しモンスターを倒しながらダンジョンを探索していくロールプレイングゲームです。キャラクターを移動させダンジョン内を探索します。ダンジョン内にはアイテムや魔法、防具や武器などが落ちていてそれらを集め装備したり使いながら強いモンスターを倒していきます。体力が無くなってしまうとゲームオーバーで、ゲームオーバーになると獲得した武器や防具はすべて無くなり1からのスタートになります。地下26階にあるアイテムを持ち帰ればクリアです。

 

 

Brogue02

 

これはダンジョンがあって自分が1回行動すれば相手も1回行動するという、いわゆる「ローグライク」と呼ばれるロールプレイングゲームです。

日本で有名なのは「風来のシレン」とか「トルネコの大冒険」とかですが最初の大元はこんな感じのゲームでした。シレンなどとプレイ自体は一緒です。

Brogue04

 

このゲームではすべてが文字で表現されます。

「@」が自分で「#」が壁、「+」はドア、「Ω」はダンジョンの入口です。「*」はお金です。

Brogue03

 

キャラクターの移動は左下のヴァーチャルパッドで行いますが、タッチパネルなのでこのパッドは使わなくても移動できます。

Brogue06

 

移動したい場所をタップすると白いカーソルが出てそこまでの黄色いラインが表示されます。

Brogue05

 

もう1度タップすると自動的にその場所まで移動します。これはマップ上でどれだけ離れていても勝手に移動します。

Brogue07

 

ダンジョンですから当然モンスターが出てきます。モンスターは普通このような文字で表現されます。「j」は

「ジャッカル(jackal)」です。モンスターに攻撃するときは隣接してモンスターの方向に移動することで攻撃できます。

Brogue09

 

画面の左上に表示されている「Health」が自分の体力、モンスターの体力です。「Nutrition」は空腹度です。

Brogue10

 

攻撃をするとこの体力(Health)が減ります。すべて無くなればモンスターを倒したことになります。

Brogue12

 

左にある四角いものはアイテムです。

Brogue13

 

ダンジョン内にあるアイテムはその上に乗ることで獲得することが出来ます。

Brogue15

 

獲得したアイテムは「Inventory」に入ります。画面の右下に「Inventory」というのがありますのでこれをタップして開きます。

Brogue16

 

そうすると画面右上に所持しているアイテムが表示されます。「 – – – 」より上が装備しているアイテムで、下が所持しているアイテムです。いま獲得したのは「A diamond ring」ですね。

Brogue18

 

アイテムはタップすることで詳細を確認することが出来ます。アイテムの前に表示されている「a)」などはキーボードで選択するときに使うもので今回はあまり関係はありません。

Brogue20

 

さてダンジョン内を移動していきましょう。

「#」は壁で「+」はドア、青い「+」はカギのかかったドアです。ここからちょっと上に2つ移動してみます。

Brogue21

 

このゲームでは見えている範囲が明るく表示されます。「@」の自分から壁に遮断されているところは見えなくて見えているところが色がついて表示されます。「!」はアイテムの薬です。

Brogue24

 

移動すれば見える方向が変わっていきます。1度見て確認したところはマップが暗く表示されます。上の青い部分はあれは全部「水」です。

Brogue23

Brogue26

 

先ほど拾ったポーション「A tan potion」を「Inventory」から使ってみます。

アイテム名をタップすると「throw(投げる)」「drop(置く)」「apply(使用する)」「call(名前をつける)」の4つから選択できます。「tan potion」というのは何の薬かまだ分かっていない状態です。

先ほどの「A diamond ring」も効果がわかっていないのでダイヤのリングと適当な名前がついた状態になっています。

 

なんだかまだわかりませんがこれを使用してみましょう。

「apply」をタップします。

Brogue27

 

瓶のふたを開けたらなんと中から火が燃え広がりました!

Brogue29

 

しかもそれが自分の体に着火!燃えだしました!

Brogue31

 

慌てて部屋から飛び出しましたが自分自身が燃えているので周囲が真っ赤です。

Brogue33

 

このように自分の状態が変化すると体力の下に状態異常のゲージが出ます。今は体が燃えていますので歩くたびに体力が減りまくっています。

Brogue34

 

何とか自分の火は消えました。始まったばかりというのにもう瀕死。

体力は歩けば回復しますが、その場で回復したい場合は下の「Rest」をタップします。左上の部屋ではまだ火がついたままです。

Brogue36

Brogue38

 

部屋の火が消えたのを確認してからその上の部屋に移動してきました。

「-」はカギです。このカギを取れば青い「+」の扉を開くことが出来ます。右上にロックされた鉄の扉がありますね。

Brogue40

 

自分から見える位置にある、アイテム、モンスター、ドアなどはすべて右上にこのように表示されます。この文字をタップすれば自動的にその場所に移動することもできます。

「A door key」をタップし、このカギを取ってみましょう。

Brogue41

 

なんとカギを取ったら部屋の周囲の壁が一斉に壊れました。しかもその壁から一斉に神経ガスが噴射されました!

Brogue44

 

このゲームの特徴は空気や水の概念があるということです。このように神経ガスなどが出てきたりするとそれが徐々にマップ中に分散します。

Brogue43

 

部屋の扉から出ればガスには触れなくて済みますし、しばらくすればガスも薄まっていきます。

Brogue47

 

もちろんそのような神経ガスに触れればそれなりのダメージがあります。これは混乱のガスです。触れてしまうと一定時間混乱してしまいます。

Brogue103

Brogue105

 

モンスターもうっかり攻撃をしてしまうと毒ガスが広がってダメージを受けたりします。

Brogue119

Brogue121

Brogue123

Brogue125

 

しばらくして同じ部屋に部屋に戻ってきました。ガスは壁から抜けてしまったのか無くなっていました。

Brogue50

 

カギで扉を開けて入ってみるとなんと中には宝物がいっぱいです。

四角いのは指輪で「A ring of awareness」と「A ring of stealth」、「[」は防具で「Chain mail」、「~」はワンドで「A wand of plenty」と「A wand of slowness」です。「β」は彫像みたいですね。

Brogue52

 

ここはどうやら宝物庫のようです。これは「ラッキー」と全部拾って出ようとしましたが1つアイテムを取ったらロックされてしまいました。どうやら宝物はこの中から1つだけしか持ち出すことが出来ないようです。

Brogue54

 

とりあえず「A ring of awareness」にしました。これは装備するとワナや隠された扉を発見できるようになります。アイテムなどを装備するときは「equip」をタップします。呪われたアイテムもあってそれは効果が逆になることが多いです。

Brogue56

 

キャラの移動は最初に書いたように行きたい場所をタップすれば勝手に移動します。遠くても大丈夫ですし左上の文字をタップしてもOKです。

Brogue58

 

下の扉も鍵で開けてみました。どうやらここも宝物庫のようですね。

Brogue59

 

「\」となっているのは「スタッフ」です。アイテムには「ワンド」と「スタッフ」の2種類があり、ワンドの魔法は使い切り、スタッフの魔法は使い切ってもしばらくすると最充填されます。

「ファイアボルト」がよさそうですね。魔法の火を放つスタッフです。

Brogue61

 

せっかく手に入れた「ファイアボルトスタッフ」を使ってみましょう。「r」と書いてあるのはモンスターのネズミです。「>」となっているのは下に向かう階段です。

Brogue63

 

スタッフなどを使うときはアイテム欄から「apply」を選択します。

Brogue65

 

それから発射したい方向を決めてタップします。

Brogue67

 

ギャー!ラットは焼き殺しましたが、周囲にも火がついてまた自分に着火してしまいました!

Brogue69

 

大慌てで部屋から退避、階段に向かいます!

Brogue71

 

しかし火がついているのは自分自身ですから階段を下りても火がついたままです。体力が無くなってくるとこのような表示が出ます。

Brogue75

 

あわれ。結局火が消えることなく自分のファイアボルトで死んでしまいました。ファイアボルト強いんですね。

Brogue77

 

目的は地下26階にある「Amulet of Yendor」を持ち帰ることです。その最中に死んでしまったらそこでおしまい。すべてのアイテムを失います。

Brogue80

 

「↑」は武器です。武器も防具同様アイテム欄から装備することが出来ます。

Brogue81

 

武器にはそれぞれ強さと重さがあり、筋力が足りていない武器を装備してしまうとモンスターに対しての攻撃回数が遅くなってしまいます。それらの表示がすべて情報に書いてありますので参考にしてください。

Brogue84

 

ダガーなどを投げるときは先ほどのファイアボルトと同じです。選択して方向を決めるとそこに向かって投げます。

Brogue86

 

もうひとつ特徴的なものに「巻物」があります。巻物は「♪」です。

巻物には「モンスター召喚」とか「呪いを解く」とか「テレポート」などいろいろありますが、なかに「エンチャント」というものがあります。

Brogue88

 

エンチャントは武器や防具、指輪などに特殊な効果をつけるもので素早さが上がったり麻痺や混乱の効果がついたりします。防具ではダメージを反射したり攻撃を跳ね返したりします。

これらの効果はずっと続くので非常に強力です。

Brogue90

 

ガスもうまく使えば非常に効果的です。例えばこういう爆発性のあるガスに向かって火のついた矢を投げれば爆発してモンスターを一気に焼き殺すことが出来ます。

Brogue92

 

たとえまた自分に火がついてしまっても大丈夫。

Brogue96

 

こんな風に水に触れれば自分の火は消えます。所々にある水は大いに利用できます。

Brogue98

 

ただし水も深いところと浅いところがあって深いところに入ると自分の持っているアイテムが流されてしまうことがありますので歩く場所には注意しましょう。

流されてもそのうち浅いところに流れ着きますが、モンキーのようなモンスターに持っていかれてしまうこともあります。ワナもたくさんあってガスが引火したりするので時々調べてみることも必要です。

Brogue102

Brogue100

 

ゲーム中の移動は左下のヴァーチャルパッドと行きたい場所をタップして移動する方法、左上のテキストをタップする方法があります。

画面の左下の「Explore」をタップすると自動的にダンジョン内を探索してくれます。自動探索では何かアイテムやモンスターを発見したとき動きが停止します。「Search」は周囲にあるワナなどを探します。

「menu」内の「sleep until better」をタップすれば体力が回復するまで休息します。

「Autopilot」をタップすれば探索モンスターへの攻撃の全てをやってくれます。画面をタップすれば解除されます。通常は「Explore」や「autopilot」を使用し細かいところはヴァーチャルパッドを使用するといいでしょう。

Brogue109

 

このような「/」や「\」に囲まれたモンスターは助けることで仲間にすることが出来ます。強いモンスターを仲間にすれば戦闘は楽になります。

Brogue114

 

中には「Goblin conjurer」のように空飛ぶ剣を山ほど出して攻撃してくるモンスターや、攻撃すると分裂するモンスターもいます。ローグライクですからこちらが1回行動するまでは攻撃をしてこないのでじっくりと戦略を練って対応しましょう。

Brogue112

 

ダンジョンに潜ってモンスターを倒し地下にある宝物を持ち帰りましょう!

Brogue130

Brogue116

Brogue111

Brogue107

 

 

アイテムを探しモンスターを倒しながらダンジョンを探索していくロールプレイングゲームです。キャラクターを移動させダンジョン内を探索します。ダンジョン内にはアイテムや魔法、防具や武器などが落ちていてそれらを集め装備したり使いながら強いモンスターを倒していきます。体力が無くなってしまうとゲームオーバーで、ゲームオーバーになると獲得した武器や防具はすべて無くなり1からのスタートになります。地下26階にあるアイテムを持ち帰ればクリアです。

 

モンスターを倒しながらダンジョンを探索するローグライク系のロールプレイングゲームです。「風来のシレン」や「トルネコの大冒険」のようなシステムのロールプレイングゲームですが、その元になった「Rogue」に近いですね。

見ての通りモンスターやアイテムなどはすべて文字によって表現されています。これらを視覚的に見やすくグラフィカルになったものが今は大体ローグライク系と呼ばれています。派生していくたびにいろいろな要素が追加されていきましたが、「ランダムでダンジョン生成」「ターン制で攻撃する」「お腹が空く」「1度死んだらそこで終わり」などなど遊び方自体は同じです。

これも全く一緒です。ダンジョンがあってモンスターがいてアイテムを拾って潜っていくというシンプルなローグライクです。

 

特徴的なところは空気の概念があることです。「ガス」というものがダンジョン内にあって可燃ガスや毒ガス、神経ガスが徐々に広がっていきます。ダメージを受けることもありますが、逆に可燃ガスが充満している部屋に火のついた矢などを投げ込んで爆発させそれで複数のモンスターにダメージを与えるという戦い方もできます。

あとは「エンチャント」という魔法を武器や防具に付与して強くすることが出来ます。素早さをあげたり相手を混乱させたり一定ダメージを反射するとか便利なものがたくさんあります。エンチャントは結構出てくるのですがマイナスの効果のものもありますから、適当に付けてしまうと弱くなったりします。

英語ではありますがこのような効果はアイテム情報に全部書いてあるので使う前に確認しておくといいでしょう。ちょっと違う点はこの2つくらいですね。

 

操作は左下のヴァーチャルパッドと目的場所をタップしての自動操作が出来ます。操作の中に「自動探索」というのがあって、これをタップすれば自動でダンジョン内を探索します。何かアイテムを見つけたりモンスターを見つけたりするとそこで自動的に止まるのでそこから慎重にプレイすることもできます。

目的場所を直接タップしての自動操作は楽であるんですがちょっとずれたりすることがあるので、左上の目的地タップかこの自動探索で通常移動、ヴァーチャルパッドの細かい移動を組み合わせていくと結構スムーズにプレイできるのではないかと思います。

もともとPC版で配信されているものの移植で表示が小さいし、タップではうまく操作できないこともありますがローグライクゲームとしては十分に楽しめるんじゃないかと思います。

 

難点。英語ですね。記号と見えているものの詳細は左側に全部表示されるのでとりあえずは大丈夫ですけど、アイテムの説明やメッセージなども全て英語ですからちょっと面倒くさいですね。

 

ゲーム内の日本語訳はこちらのwikiに全て書いてあります。確認しながらチャレンジしてみてください。

http://lazy-life.ddo.jp/wiki/index.php?Brogue

 

PC版のほうはこちらで無料で遊べますのでこれもどうぞ。

http://sites.google.com/site/broguegame/home

 

 

アイテムを探しモンスターを倒しながらダンジョンを探索していくローグライクロールプレイングゲームです。

 

 

     

    Brogue100

    ロールプレイングゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥無料
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Seth Howard

    iPad 互換 iOS 6.0 以降が必要

     

    Brogue
    AppStoreへ

     

 

 

  • Dungelot
  • Call of Cthulhu: The Wasted Land
  • Around the World in 80 Days: The Game
  • Gerblins!
  • Card Dungeon

Comments are closed.

PAGE TOP ↑