1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

HABA Orchard01

 

■ 果樹園
カラスのテオ君と一緒に果樹園を散歩する知育ゲーム。

 

カラスのテオ君と一緒に果樹園を散歩する知育ゲームです。「発見のエリア」「学びのエリア」「ゲームエリア」の3つに分かれていて、動きのある動物をタップすることでいろんな発見をしたり、果物が育っていくところを体験してみたり、またカラスのテオ君の果物収獲を手伝ったりするゲームが遊べます。8歳以下のお子さまが対象の知育ゲームです。

 

 

HABA Orchard10

HABA Orchard11

 

これはカラスのテオ君と果樹園を散歩するというゲームです。基本的に小さなお子さまが遊ぶことを対象にしたものです。

HABA Orchard13

 

ここは発見エリア。果樹園の中にはさまざまな生き物がいます。

HABA Orchard14

 

これらの生き物はタップすることで音と一緒にいろんなアクションをします。

HABA Orchard15

HABA Orchard18

 

ニンジンはピアノのようにそれぞれに音階がありますしペンキをタップすれば柵に色を塗ることもできます。

HABA Orchard19

HABA Orchard20

 

イースターエッグを集めてみたり木を刈り揃えてみたり細かいところにたくさんの要素が詰まっています。

HABA Orchard21

 

ここは学びのエリア。土を掘り果物を植えることで植物が育っていく状態を観察します。

HABA Orchard22

 

その時点でやるべきことはテオ君をタップすれば教えてくれます。

HABA Orchard23

 

水をあげると1日が過ぎて夜となり、また次の朝がやってきて作物が育っていきます。

HABA Orchard25

 

ときどきヤギさんがやってきて木の芽を食べてしまったりするのでタップして追い払います。

HABA Orchard26

 

無事に木が育ち果物がなったら、その果物をカゴの中に入れて収穫します。このように果物を植えてそれを育てていく状態を実際にやってみて学習します。

HABA Orchard29

HABA Orchard30

 

ここはゲームエリア。テオ君の果物の収穫の手伝いをします。最初にどの果物をいくつ収獲すればいいか表示されます。ここではさくらんぼが2個です。

HABA Orchard33

 

画面の端からテオ君がカゴを押してきますので、木になっているサクランボをタップして落としカゴの中に2個落とします。

HABA Orchard34

 

ちゃんと指定した個数をカゴに入れることが出来ればクリアです。

HABA Orchard37

 

次も同じようにサクランボを2個収穫します。

HABA Orchard35

 

しかし今度はいろんな果物の木が並んでいます。木の形は果物によって違うのでこれらの中からサクランボだけを選んでタップしカゴに入れていきます。

HABA Orchard36

 

次は2種類の果物です。サクランボ2個と洋ナシ2個です。

HABA Orchard38

 

今度はテオ君は2つのカゴを押してくるので洋ナシは洋ナシのカゴに、サクランボはサクランボのカゴに2個ずつ入れていきます。

HABA Orchard39

 

落としたり別のカゴに入ったり端までカゴが行ってしまっても大丈夫。ペナルティはありませんしカゴはテオ君が逆からまた押してきます。

HABA Orchard40

 

次も2種類、プラムと洋ナシです。しかし今度はプラム4個と洋ナシ2個と個数が違っています。

HABA Orchard41

 

下に表示されている果物が収穫した個数を示していていっぱいになれば全部収獲したことになります。

HABA Orchard42

 

今度は3種類の果物で個数も違っています。徐々に個数や収穫する果物の種類が増えて難しくなっていきます。

HABA Orchard47

 

それだけではなく果物の中に洋ナシそっくりの鳥や虫がついているリンゴなど紛らわしいものが混じっています。

HABA Orchard48

 

このようなものが混じっている中で正しい果物を収穫していきます。

HABA Orchard49

 

次も果物を収穫していきますが、今度は下のカゴがところどころで柵に隠れて見えなくなってしまいます。

HABA Orchard50

 

果物のカゴが並んでいる順番をちゃんと覚えおいて果物を落として収獲しなければいけません。

HABA Orchard51

 

これらのゲームの難易度は3種類あって、クリアするまでに制限時間があるレベル、また落とした果物の数でゲームオーバーになってしまうレベルがあります。

HABA Orchard52

HABA Orchard55

HABA Orchard57

 

それぞれのレベルでちゃんと果物を収穫出来ればご褒美がもらえます。

HABA Orchard46

HABA Orchard58

 

ゲームでご褒美をもらうと発見エリアや学びのエリアの要素が増えていきます。

HABA Orchard59

 

カカシの服装が増えたりペンキで塗れる色が増えたりします。何が増えたか探してみるのもいいですね。

HABA Orchard61

HABA Orchard63

 

プロフィールは4つまで作ることができ、切り替えれば違う進行状況の内容で遊ぶことができます。

HABA Orchard69

 

お子さまが遊ぶ時間も設定しておくことが出来ます。

HABA Orchard71

 

時間が来ると遊べなくなるので、遊ばせる時間をコントロールすることができます。

HABA Orchard72

HABA Orchard73

 

中の項目にはどういった目的でこのゲームを遊ばせるかというような内容が書いてありますので、ゲームをする前に参考にするといいでしょう。

HABA Orchard70

HABA Orchard62

HABA Orchard75

 

 

カラスのテオ君と一緒に果樹園を散歩する知育ゲームです。「発見のエリア」「学びのエリア」「ゲームエリア」の3つに分かれていて、動きのある動物をタップすることでいろんな発見をしたり、果物が育っていくところを体験してみたり、またカラスのテオ君の果物収獲を手伝ったりするゲームが遊べます。8歳以下のお子さまが対象の知育ゲームです。

 

カラスのテオ君と一緒に果樹園を散歩する知育ゲームですね。ドイツのおもちゃメーカーとして有名な「HABA」がアプリを出しました。「ハバ」は木を素材にしたおもちゃが多く、とにかく品質と安全性を追求した老舗のおもちゃメーカーです。

基本は小さいお子さま向けのおもちゃが多いんですが、大人が遊んでも十分面白いゲームをたくさん出しています。日本でも子供向けのお店などで扱っていることも多いのでご存知の方もおられると思います。

 

この「果樹園」も同名の「果樹園ゲーム」が元になっています。

HABA Orchard02

HABA Orchard03

 

「果樹園ゲーム」は3歳からあそべる内容ですからルール自体はとてもシンプル。

ボードの果樹園には果物が置いてあってサイコロを順番に振って出た目の果物を取って自分のカゴに入れていきます。サイコロの目にはカラスがあって、これが出ると中央のカラスのジグソーパズルみたいなのを作っていきます。そして先にすべての果物をみんなが取れば勝ち。カラスのパズルが完成してしまったらカラスの勝ちです。

 

「みんな対カラス」となって協力しながら遊ぶというところがポイントですね。あとは

・出た目と同じ果物(色)を取る

・取った果物を自分のカゴに入れる

・入れたものはそのままにしておく

・サイコロを振る順番を守る

・人のやっていることをちゃんと見る

・人のものを取ったりしない

こんなことが遊んでいるうちに自然に養われていくという感じです。

 

このアプリのほうは同じテーマで果物を収穫するゲームはありますが、ボードゲームの「果樹園ゲーム」とは随分と内容は違っていてどちらかといえばおもちゃの絵本に近い感じがします。

子供は木のおもちゃとかをちゃんと手で触ったほうがいいとは思うんですが、ハバも http://www.haba-apps.com/ なんてものを作ってきた以上は本気さも見えますし、今後はたくさんのタッチパネルを利用した知育アプリが出てくる可能性はあります。

 

実際のハバの出しているボードゲームのほうは「とりあえず間違いない」っていうのが多いです。

例えばこれは「スティッキー」。見ての通り3色の棒と輪とサイコロがあって、サイコロを振って出た目の色の棒を引いていき倒してしまった人が負けです。単純ですけどこれは大人同士で遊んでも盛り上がります。

HABA Orchard04 HABA Orchard05

 

これは「ワニに乗る?」。動物のコマを土台のワニに動物を乗せていくだけ。サイコロは「1個乗せる」とか「2個乗せる」とか「誰かに積んでもらう」とかあってこれもまた盛り上がります。コマが木で出来ていて可愛いですね。

HABA Orchard06 HABA Orchard07

 

これは「ダンシングエッグ」。見ての通り黄色いタマゴがいくつかあって、これまたサイコロを振って取っていくだけです。取りかたが「テーブルを早く1周した人」とか「地面に落としてからキャッチ」とか「コケコッコ~と早く言う」とか変なのばかり。

獲得すればそれが得点になるのですが、この取ったタマゴをヒジの間とかアゴの下とか首の横とかに挟んで持っていなけりゃいけないんです。アゴの下にタマゴを挟んだ人が「コケコッコ~」というさまは爆笑ですね。これも単純で面白いですね。

HABA Orchard08 HABA Orchard09

 

デザインも面白いですしそのあたりに飾っておいても大丈夫そうですね。ただ海外製ですからそれなりに値段が高いです。もし小さいお子さまがいるご家庭に「どんなプレゼントをしようか?」と悩んでいる方、こんなおもちゃを送ると喜ばれるかもしれません。

 

難点。iPadが登場してから子供向けの知育アプリがものすごく増えました。AppStoreにも教育というカテゴリがちゃんとありますし、海外では知育アプリ専門のレビューサイトも数多くあります(最近は日本にも専門サイトが出来ていました)。

ただ知育アプリ全般で、アプリにちゃんと効果があるのかいまいちよくわからないということと、それでどこが伸びるの?という説明が抜けてるのが多い気がします。

この「果樹園」も効果はよくわかりませんが「HABAである」というところは信用してもいいかなとは思います。ドイツストアのレビューはそこそこ評判はよかったです。

実際の「果樹園ゲーム」のアプリ版ではないので、そこは間違えないでください。

画面が狭いと見づらいのでiPadのほうがより遊びやすいと思います。

 

カラスのテオ君と一緒に果樹園を散歩する知育ゲームです。

 

 

     

    HABA-Orchard100

    知育ゲーム
    価格 / ¥360
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.2
    開発 / HABA

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    果樹園
    AppStoreへ

     

  • Catan
  • iM Detective
  • 汝人狼也
  • どうぶつしょうぎ フレンズ 無料版
  • For The Win

Comments are closed.

PAGE TOP ↑