1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Totems01

 

■ Totems
動物コマを置いて土地を奪い合う対戦思考ゲーム。ゲーム終了時に最も多くの点数を獲得していたプレイヤーの勝ち。

 

動物コマを置いて土地を奪い合う対戦思考ゲームです。動物コマを空いている土地に置くと繋がっている土地をすべて奪い取ることが出来ます。ただし奪い取るには同じ動物コマを置かなければいけません。違う動物のコマでは別の土地となります。大きい土地になればなるほど得点が高くなります。すべての土地が埋まってゲームが終わったとき、最も多くの点数を獲得していたプレイヤーの勝ちとなります。

 

 

Totems02

Totems03

 

これはとてもシンプルな陣取りゲームです。中央にマップがあり手前に手持ちの動物コマが並んでいます。

Totems04

 

マップは点線でいくつかの土地に区切られています。自分の番になったら下の動物コマを1つドラッグして好きな土地に置きます。動物コマは空いている土地にしか置くことは出来ません。

ピンチイン/ピンチアウトでマップはズームできます。

Totems05

 

空いている土地に動物コマを置くとそこが自分の土地となって色がつきます。コマを1個置いたら新たに動物コマが1個補充されます。

Totems06

 

自分の番が終わると次は相手の番になります。相手も同じように動物コマを置きます。

Totems07

 

このときルールが2つあります。

1つは、色のついている自分や相手の土地に隣接する場所に動物コマを置いた場合、繋がったその土地をすべて奪って自分の土地にすることが出来ます。

Totems08

 

例えば紫の2つの土地の左下に動物コマを置いた場合、この3つの土地はまとめて全部自分のものとなります。

Totems09

 

相手が次に隣接する土地にコマを置いた場合は、当然奪った土地は全て相手に奪われてしまいます。

このように相手の土地の隣に動物コマを置くだけでその土地を総取りすることが出来るのです。

Totems10

 

土地は大きさによって得点が決まっています。

土地が1つだけなら「1×1=1点」。土地が2つになれば「2×2=4点」。土地が3つになれば「3×3=9点」。土地が4つになれば「4×4=16点」と倍々に得点が上がっていきます。

最終的に所持している土地によって得点が決まるので、自分の土地を失った場場合は得点もゼロに戻ります。

Totems11

 

2つめは、相手の土地を奪い取るにはその土地と同じ動物のコマでないといけません。動物のコマにはいくつか種類があって同じ種類のコマでないとダメなのです。

Totems12

 

このように相手のライオンのコマの土地にゾウのコマを隣接して置いたとしてもその土地は奪うことが出来ません。

Totems13

 

同じ動物のコマであればそれが自分の土地であって広げていくことが出来ます。得点は繋がった土地の広さによって決まりますから、大きければ大きいほど得点は大幅に伸びます。

Totems14

 

このように自分の土地で隣接していたとしても、違う動物のコマが置いてあった場合はそこは別々の点数になります。

Totems16

 

しかし上で自分の土地にライオンのコマを繋げた相手は実はミスをしました。

右下を見るとゾウの土地を繋げたとして残り3つです。土地は繋げればそこで総取りになりますから「自分→相手→自分」で最後は自分がゾウのコマを置くことが出来ます。

手持ちのゾウのコマも2つあるので問題なしです。

Totems17

 

そこでゾウのコマを右下に置きます。ゾウの土地がすべて自分のものと変わりました。

中央のライオンの土地もそうです。ライオンのコマを「自分→相手→自分→相手→相手」と最後に連続して置いてしまったのでコマを置く順番が変わったのです。

Totems18

 

ところが相手は中央の島にヘビを置きました。

実はこのマップではこの中央の島がとても重要なのです。ここに1つコマを置くことで今の「置いていく順番」がまた逆になってしまい、残り2マスの土地で自分が先手に変わってしまいました。

Totems19

 

画面の右下に矢印があります。これは手持ちの動物コマを戻してシャッフルするというものです。シャッフルしたときは自分はコマを置くことは出来ず順番が変わります。この手持ちコマ入れ替えはゲーム中に1回だけ使用することが出来ます。

ゲーム中は「パス」はできませんが、これをすることで1回だけ手番を飛ばすことが出来ます。

Totems20

 

当然相手もわかっていますから同じようにパスをします。

Totems21

 

画面の左下の岩の部分をタップすると、山と相手の手持ちの動物コマの種類と数を見ることが出来ます。自分の手持ちの数は入っていません。

動物のコマはそれぞれ「8個ずつ」です。自分の手持ちにはライオンコマがありませんが、山か相手にはライオンコマが3つあるという状態です。

ゾウはすでにマップに3つ置かれました。手持ちのゾウが4個で、山か相手に1個あるという状態です。

Totems22

 

残り所持コマ数を見れば、「ライオンの土地はもう無理っぽいから、残り1個のゾウを使わせるために左上の島をゾウを置いてみる」とか、そういった戦略を考えることが出来ます。

Totems24

 

こんな風に動物のコマを置いて土地を奪い合ってマップの土地が全て埋まったらゲーム終了。終了時に最も高い点数を獲得していたプレイヤーが勝ちとなります。

Totems25

Totems27

 

マップは形や広さの違うものが4種類あります。

Totems28

 

マップごとに広さとプレイヤー人数、動物のコマの種類が増えます。溶岩の流れているところは分断されている場所です。このような障害物もあります。

Totems30

Totems31

 

マップで使用される土地数コマ数は「16の土地と3種類の動物コマ」「24の土地と4種類の動物コマ」「36の土地と6種類の動物コマ」「48の土地と8種類の動物コマ」の4つです。

Totems33

 

それぞれの動物コマは全て8個ずつ。動物コマの数が土地数よりも多いというところがポイントです。

Totems34

Totems37

 

AIプレイヤーは「Easy」「Medium」「Hard」の3種類あります。対戦するごとにELOも変わっていきます。自分のキャラクターも作ることが出来ます。

Totems47

Totems48

 

通常のプレイのほかに、WiFi、Bluetoothを使ったローカル対戦、GameCenterを利用したオンライン対戦ができます。オンラインは非同期対戦になっているので空いている時間にプレイして遊ぶことが出来ます。

Totems45

 

コツとしてはこんな風に土地の得点を確定したいときは別の動物コマで塞いでしまうことです。

マップのいくつかの場所に止めることが出来る土地があるのでそこを見逃さないで戦略を立てるといいでしょう。あとはプレイの順番、取られるであろう得点を常に気をつけておくことです。

Totems42

 

同じ動物のコマを隣に置いて相手の土地を奪い、土地をたくさん征服して高得点を目指しましょう!

Totems40

Totems36

Totems44

Totems43

 

 

動物コマを置いて土地を奪い合う対戦思考ゲームです。動物コマを空いている土地に置くと繋がっている土地をすべて奪い取ることが出来ます。ただし奪い取るには同じ動物コマを置かなければいけません。違う動物のコマでは別の土地となります。大きい土地になればなるほど得点が高くなります。すべての土地が埋まってゲームが終わったとき、最も多くの点数を獲得していたプレイヤーの勝ちとなります。

 

動物のコマを置いていくゲームですね。とてもシンプルな陣取りゲームです。ゲームは単純で自分のコマを空いている土地に置いて陣地を大きくしていくだけです。

 

基本的なルールは2つ。

 

・所有者のいる土地と隣接している土地に動物コマを置くとその土地を奪い取ることが出来る

・奪い取ることが出来るのは同じ動物のコマを置いたときのみである

 

です。

 

自分の土地であろうと相手の土地であろうと、その土地と同じ動物のコマを隣に置けばそれだけで相手の土地を自分のものとすることが出来ます。例えその土地が4つであろうと5つであろうとまとめて奪い取れるのです。奪い取るときに何かの数値を比べるとかそういった面倒くさいことはありません。

同じ動物のコマを置くだけです。

 

土地の得点は大きさで決まります。広ければ広いほど点数が高くなります。得点は最終的に所持していた土地の数によって決まるので、相手に土地を奪われた場合はゼロになってしまいます。最後に置くことが出来たプレイヤーの総取りになるので奪い合いの中で「どうやって最後の1個を置くか?」ということを考えないといけません。2つ土地が余っているときには最初の1つを置いた方が負けなのです。

 

動物のコマはどのマップでも1種類8個となっています。自分以外の、山と相手の所持コマの種類と数はいつでも確認できます。違う種類の動物の土地は奪い取ることが出来ませんから、種類と残り個数は常に確認して把握しておかないといけません。

残っているコマの数と置ける土地の数、土地の数を削れる場所や別の動物を使った土地の確定など、そのときどきで対応するのではなくゲーム最後までの置き方を想定した上で今どこにコマを置くべきかというのを考えながら相手との駆け引きをしていく必要があります。

 

見た目は「Risk」や「四色定理」ですが、プレイ自体はマップ画面で遊ぶ「Dots and Boxes」という感じ。種類の違う動物コマで行うのである程度置ける場所が限られますけど、ゲーム終了の形を読みながら詰めていくのがよく似ています。

山からコマを補充するところがランダムになっているので少し違いますがアブストラクトゲームの印象もあります。

 

プレイ人数は2~4人です。2人の場合は「Dots and Boxes」のように駆け引きが必要です。特に大きな土地の総取り合戦になるので順番がものすごく重要になります。

3~4人の場合は、大きな土地を作って逆転を狙ってもいいんですが、順番が回って来る前に他のプレイヤーに奪われたり置ける場所を詰められたりして取れないまま終わってしまうことが多いです。

なので3つくらい土地を分散して確保し大きな土地が出来ないようにして全体的な点数を抑えることを狙ったほうがいいですね。大きな土地を狙うより4点、9点といった点数を積み重ねたほうがいい感じになります。そのためには自分の土地をうまく他の動物コマで分断し乗っ取られないようにしながら確定していくことが重要です。

 

グラフィックはとてもいいですね。コマの重さというか質感がいい感じです。コマのドラッグだけなので操作は難しくないです。コマを動かすと動物の鳴き声が聞こえたりするところなど、細かいところの完成度がとても高いです。

 

モードは通常のプレイとローカル対戦、オンライン対戦が遊べます。通常プレイでは自分のキャラクターを作ればそのELOが変動します。カメラを使って自分の顔写真を登録することもできますし、お友だちのプレイヤーもいくつでも作ることが出来ます。ただ本体を持ち替えての対戦プレイというのは出来ません。

ネット対戦はGameCenterを利用した同期、非同期対戦です。といっても対戦時間が短いので非同期は面倒くさいですね。

 

プレイ時間も短くてサクサクと遊べて、完成度が高い簡単陣取りゲームです。

 

難点。なんというかクニツィアの「頭脳絶好調!」とちょっと感じがしますね。最後に「最も得点できなかった動物の点数で競う」なんてつけたららしくなりそうです。得点総取りの陣取りは雑な感じもするし、アッサリしすぎて飽きが早いかもという印象も受けます。もうひとひねり何かの要素があれば。

マップの形でいろいろと変化が出せそうなので、アップデートでもっとたくさんのマップが追加されればいいですね。AIは結構強いです。

 

動物コマを置いて土地を奪い合う対戦思考ゲームです。

 

 

     

    Totems100

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.02
    開発 / Timecode

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要

     

    Totems
    AppStoreへ

     

  • Scotland Yard
  • Tricky 6
  • Las Vegas!
  • Rubik’s Slide
  • PWN: Combat Hacking

2 Responses to “Totems”

  1. 匿名 より:

    オンラインに人はいますか?

  2. puzzlelove より:

    >匿名 さま
    こんばんは!
    同時刻にはあまりマッチはしませんね。
    ただマッチしないからスタートしないというわけではなくて

    ・「Randam Internet Player」を選択。ここで1手プレイ。
    ・別の日、別の時間に誰かが「Randam Internet Player」を選択。そこでマッチングしてゲームスタート2手目をプレイ。

    という感じなので非同期対戦のままプレイが進みます。ですからマッチはしますがいつになるかわからないという感じですね。

    同期で対戦するならお友達を誘うかBluetoothで対戦したほうがいいんじゃないかと思います。ローカル対戦のほうはサクサクです。

PAGE TOP ↑