1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

megamillion01

 

■ メガミリオン 
手札を使ってレベルを上げていくカードゲーム。先にレベル3に到達したプレイヤーが勝ち。

 

手札を使ってレベルを上げていくカードゲームです。自分の手札を使い、場にある使徒のカードを集めていきます。集めた使徒カードはまた自分の手札としてゲーム中に使用することが出来ます。使徒カードにはいろんな効果があって、お金を増やしたり相手に攻撃をしたりすることができます。覚醒値カードを持っていると女神の経験値が上がりレベルが上昇します。他のプレイヤーよりも早く女神をレベル3に上げることができれば勝ちになります。

カードゲームとして大流行した「ドミニオン」と同じ、デッキビルド型カードゲームです

 

 

megamillion03 megamillion02

 

これは手札を使って場のカードを購入し、徐々に自分のカードの束を強くしていくという「デッキビルド型」カードゲームです。

聞き慣れないスタイルのゲームなのでなかなかゲームの手順がわかりにくいと思いますが、プレイ自体は極めて単純なことしかしていないので、初心者の方はとりあえずゲームの流れを理解するようにしてください。

デッキビルド型のプレイ経験者の方には「結局どれがどれなのよ?」ってことなので、ゲーム内での名称は無視して書いています。

megamillion09 megamillion10

 

ゲームは

 

1: 行動フェイズ

2: 召喚フェイズ

3: 奉納フェイズ

4: 浄化フェイズ

 

の4つを上から順番にプレイしていきます。「3」「4」の「奉納フェイズ」と「浄化フェイズ」は自動的に行われるのでプレイは「1」「2」の「行動フェイズ」「召喚フェイズ」のみになります。

自分の番がきたらこの2つを「1→2」の順に行います。

 

プレイは単純で「自分の手札を使って場に並んでいるカードを買っていく」だけです。

 

画面はこんな風になっています。手前が自分の「手札」、その上が「アクションエリア」、真ん中が「場の札」、上が「プレイヤー」です。

臨戦が「手札」、待機が「自分の山札」、消耗が「自分の捨て札」です。

場のカードの左上が「カードの購入のコスト」、右下が「カードの残り枚数」です。

コストは2種類あって、赤いほうが「カードを購入」するために必要なもの、青いほうが「カードを使う」ために必要なものです。

megamillion12 megamillion11

 

手札は常に「5枚」配られます。それでこの中に「購入するために使えるカード」があります。要するに手札の中に「お金」のカードがあるとでも思ってください。

そしてそのカードの種類や枚数によって、その時に使えるお金の額が決まるという感じです。

今回はお金のカードが2枚ありましたら購入コストが「2」になります。「3」になっているのは特殊能力で+1になっている状態です。

megamillion16 megamillion13

 

そして自分の番になったら、このお金のカードを使って場に並んでいる中央のカードを購入します。これはつまりお店に商品が陳列されている状態です。

カードの左上についているのが「カードの価格」、左下の「x10」というのが「在庫数」です。自分のお金が足りていればこのカードを購入できます。

購入するときは場のカードを手元の手札の場所までドラッグしましょう。

megamillion15 megamillion14

 

これで自分の番は終わりです。簡単でしょう?

手札のお金を使って場に並んでいる欲しいカードを買うだけです。自分の番が終われば相手も同じようにカードを購入していきます。これを繰り返します。

今回買ったカードは「正直な奉公人」です。カードはタップするとズームして確認できます。

megamillion29 megamillion21

 

相手の番が終わればまた自分の番です。自分の番が終わるとそれまでの手札はすべて捨てられ、また新たに新しいカードが5枚配られます。

先ほどとは違って手札が違う種類になりますから、この番で使えるお金の額も変わっていくというわけです。使えるお金が増えれば高いカードも購入することが出来るようになります。

megamillion28 megamillion30 

 

このとき流れとして覚えておいてほしいのは、今買った「正直な奉公人」はどこに行くかです。買ったカードは手札にドラッグしましたがそれは「消耗」という自分の捨て札の位置に行きます。

最初の手札5枚も同じように自分の捨て札に行きます。ですから合計6枚です。

次の自分の番になったら待機の「自分の山札」にあった5枚が新たに手札になります。

買ったカードはまずは「自分の捨て札」、その番で使ったカードも「自分の捨て札」に、次の番には「自分の山札」から「手札」にカードが来ます。

megamillion25 megamillion27

 

お金が今度は「6」ありますから、これの「熱心な宣教師」を買ってみましょう。なんて素晴らしい御姿。価格は「4」です。同じように手前にドラッグします。

これで相手の番になります。

megamillion30 megamillion31

 

また自分の番になりました。手札を見てください。「正直な奉公人」がありますね。

カードは「自分の山札」から毎回5枚ずつ配られますが、「自分の山札」が無くなれば今度は「自分の捨て札」のカードが「自分の山札」になります。

つまり最初に買った「正直な奉公人」は、自分の山札になり今度は自分の手札に出てきたというわけです。ゲーム内で購入したカードは「手札→捨て札→山札→手札」とぐるぐると回り続けます。

megamillion38 megamillion35

 

ここでカードの枚数を見てください。上が最初のときの10枚です。下は今の状態で12枚になっていますね。

何で増えたかといえば「正直な奉公人」と「熱心な宣教師」を1枚ずつ買ったからです。ゲームが進むとこの真ん中のカードの部分がどんどんと増えていきますから、自分のカードの総数が増え続けます。

つまり場にある強いカードを買っていけば自分の手札のカードの束自体が強くなっていくんです。そしてそのカードの束はまた手札として使えるわけですからどんどんとゲームは有利になっていきます。

このようにカードを集めつつ強くしていくのが、「デッキ構築型カードゲーム」というゲームのシステムです。

megamillion36 megamillion56

 

さて手札に来たカードは自分の番でカードを購入する前に「使う」ことが出来ます。カードを使うときはカードを使用するためのコストが必要になります。それが左側の青い数字です。

カードを使うときは手札から前の「アクションエリア」にドラッグします。

カードにはそれぞれ特殊な効果がついていて使用するとこの効果が発動します。

「正直な奉公人」には「魂+3」「召喚回数+1」という効果があります。ドラッグして使用すると使用コストは「2」ですから青い数字が「5→3」で2減り、「魂+3」で「4→7」に、そして「召喚回数」が「1」増えます。

「召喚回数」は自分の番でカードを購入できる枚数です。自分の番ではカードを購入できる枚数が決まっています。これを増やせば複数枚購入できることになります。

megamillion37 megamillion40

 

カードを使って特殊能力を発揮し、使用できるお金自体増やせばまたさらに高いカードを購入することが出来るというわけです。

megamillion43 megamillion32

 

カードを使うときは使用コストが足りていれば何枚でも使えます。「正直な奉公人」は使用コスト「2」です。

megamillion55 megamillion57

 

「熱心な宣教師」は使用コスト「3」です。「5」なので両方ともプレイできます。

さて「熱心な宣教師」の効果は「待機状態のカードを1枚、臨戦状態にする」です。これは言い換えれば「山札からカードを1枚引く」です。さらに「神力+5」なのでまだまだカードが使えます。ここで引いてきたカードも使える状態ならどんどんと使えます。

megamillion59 megamillion60

 

引いてきたカードは「敬虔な農民」です。特殊効果は「待機状態のカードを1枚、臨戦状態にする(山札からカードを1枚引く)」「魂+1(お金+1)」「覚醒値+1」。

「覚醒値」というのが出てきました。

megamillion61 megamillion62

 

画面のプレイヤーの部分に「覚醒値」というのがあります。カードにはこのような「覚醒値」と書かれたものがあります。このような覚醒値カードを手札に持っている状態で自分のターンを終えたとき、手札にある合計覚醒値分が追加されます。

これがこのゲームの目的になります。

megamillion63 megamillion39

 

プレイヤーの部分をタップするとプレイヤーの女神カードが表示されます。各プレイヤーの女神には特殊な効果がついていてレベルによって効果を発揮します。

先ほどからお金が「+1」されていたのはこの「アマテラス」の効果です。

megamillion23 megamillion24

 

この覚醒値が一定の数値を超えると女神はレベルアップします。レベルアップすると今度は効果は「レベル2」のものが適用されます。

megamillion79 megamillion80

megamillion77 megamillion78

 

各女神の効果には「常時」効果を発揮するものと、「奇跡」として効果を発揮するものがあります。奇跡を発動するには中央の「奇跡発動」をタップします。そうするとその女神に応じた奇跡が使用できます。

「アマテラスLv2」の効果は「神国の守護者」で、「臨戦状態のカードを公開する。臨戦状態の使徒カード1枚につき、待機状態のカードを1枚、臨戦状態にする」というものです。要するに使徒カードがいっぱいあればたくさんカードを引けるということですね。

megamillion82 megamillion86

 

カードにはいろんな効果があります。例えばこの「戸惑う占星術師」は「待機状態のカードを3枚、臨戦状態にする。その後、臨戦状態のカードを1枚、消耗状態にする」です。

訳すと「山札からカードを3枚引き、そのあと手札からカードを1枚捨てる」です。こういうときはカードを引いたあと、カードを捨てることになりますから、手札からいらないカードをドラッグして捨てます。

megamillion70 megamillion71

 

対戦プレイヤーへの攻撃をするカードもあります。これは「侠気ある窃盗団」です。効果は「あなたは待機状態のカードを2枚、臨戦状態にする。その後、他のプレイヤーは臨戦状態のカードを1枚、消耗状態にする」です。

訳すと「山札からカードを2枚引く。他のプレイヤーは手札を1枚捨てる」です。

megamillion68 megamillion92

 

こういう効果のあるカードを使われると相手の番であっても自分の手札を捨てなければいけません。

megamillion75 megamillion76

 

しかしカードの中にはこのような妨害を防ぐ効果があるものがあります。そのようなカードがあるときは提示することで防いだり別の効果を受けることが出来ます。

当然、このような効果を使うには手札にそのカードを持っていないといけません。

megamillion89 megamillion91

 

このようにしてカードをプレイしていき、自分の覚醒値をあげて「女神をレベル3に上げる」ことが出来れば勝ちです。

例え相手の方が覚醒値が高くても大丈夫。このような高い覚醒値を獲得できるカードも売っていますからそれを買って自分のカードの束を強くしていけばいいのです。

megamillion93 megamillion87

 

まとめて手札に出てくれば一気に覚醒値がアップするので逆転も可能になります。

megamillion45 megamillion94 

megamillion96 megamillion97

 

中にはこんなカードもあります。「工廠の愛弟子」。効果は「臨戦状態にあるカードを1枚、送還する」。

「送還」はカードをゲームから破棄してしまうことです。つまり「手札からカードを1枚破棄する」ということですね。

megamillion121 megamillion125

 

何で手札を破棄するかというと、例えばこのような「魂1のカードが2枚と魂4のカード1枚」、合計3枚あった場合、魂4のカードが出てくる確率は1/3です。

しかし「工廠の愛弟子」により手札から「魂1を1枚破棄」した場合はどうでしょう?

「魂1のカード1枚と魂4のカード1枚」で合計2枚、魂4のカードが出てくる確率は1/2に上がります。

つまり強いカードを出しやすくするために弱いカードを捨てて確率を上げる、そのためにこのような「破棄」の効果を使います。

megamillion18 megamillion66

 

これは「厳格な偽預言者」。効果は「待機状態のカードを1枚、臨戦状態にする。他のプレイヤーは、穢地・墓地を1枚、召喚する」です。

訳すと「山札からカードを1枚引く。そのほかのプレイヤーは穢地・墓地を1枚受け取る」です。

場のカードの中にこのような「穢地」というカードがあります。このカードの効果は「覚醒値-1」です。つまりこれを手札に持っていた場合、覚醒値が下がってしまいます。覚醒値が下がればレベルアップが遠くなるのでこのような負のカードは早く処理しなければいけません。

megamillion122 megamillion48

 

ゲームに勝つとポイントが手に入ります。このポイントを使って「商店」でカードを購入することが出来ます。

megamillion98 megamillion99

 

商店ではプレイヤーのキャラクターとなる女神や使徒が選べます。これはゲーム中のカードをの購入とは違い、品ぞろえを変えるために購入します。

megamillion101 megamillion102

megamillion104 megamillion105

 

カードにはそれぞれ異なった効果が設定されています。ゲーム中で使う場合は同じカードが10枚で並びます。「屈強な傭兵」、いいですね。

megamillion108 megamillion110

 

カードを有料アドオンで1度に揃えることも出来ますし、有料アドオンでないと手に入らないカードもあります。

megamillion05 megamillion06

 

カードを買うときはポイント、課金のどちらかを選択して購入します。

megamillion112 megamillion113

 

購入するとゲームを始める前の「選択使徒」のところで買ったカードが選べます。ここでセットすればゲームで使用できるようになります。

megamillion118 megamillion145

 

モードはオフラインで遊ぶモード、GameCenterでのオンライン対戦、Bluetoothでローカル対戦が選べます。

megamillion148 megamillion150

 

場のカードを購入し女神の覚醒値を高め、他のプレイヤーより早くレベル3に到達して勝利しましょう!

megamillion120 megamillion126

megamillion111 megamillion133

megamillion103 megamillion119

megamillion137 megamillion132

 

 

手札を使ってレベルを上げていくカードゲームです。自分の手札を使い、場にある使徒のカードを集めていきます。集めた使徒カードはまた自分の手札としてゲーム中に使用することが出来ます。使徒カードにはいろんな効果があって、お金を増やしたり相手に攻撃をしたりすることができます。覚醒値カードを持っていると女神の経験値が上がりレベルが上昇します。他のプレイヤーよりも早く女神をレベル3に上げることができれば勝ちになります。

 

カードゲームとして大流行した「Dominion by Donald X. Vaccarino」と同じ、デッキビルド型カードゲームです。

 

「初心者向け」

 

目的

自分の女神をレベル3にすること

 

自分の番では

1: 手札の使徒カードを使う

2: 手札のお金を使って場のカード買う

 

これを1→2の順で行う。

カードにはそれぞれ効果があるので1の使徒カードを使ったときに「お金」が増えたりカードの購入枚数が増えたりする。お金を増やせば2で買えるカードが増える。

 

「重要な点」

・自分の山札、自分の捨て札、自分の手札はすべて自分のもので、これらの山札捨て札は対戦相手と混ざることはない。相手も当然同じように自分の山札、捨て札を持っている。

・1回のターンで使いきれなかったお金やカードなども、そのターンが終われば皆自分の捨て札に捨てる。

・また使いきれなかった魂、神力もすべてリセットされる。

・自分のターンの最初に獲得している神力は女神カードによって変わる。

あとはこれの繰り返し。

 

「デッキビルド型カードゲームのプレイ経験者向け」

いろんなデッキビルドをごちゃまぜにしたところはありますが、全体的な印象は割とオーソドックスな感じです。購入コストと使用コストの2種類がある部分は「Ascension: Chronicle of the Godslayer」のような感じ、自分のキャラクターのカードでさまざまな効果が適用されるところなどは「Penny Arcade The Game: Gamers vs. Evil」や「デッキビルドガンダム」のような感じです。

ちょっとカード効果のテキストが回りくどい表現でわかりづらいですが、効果自体はシンプルです。

 

面白いのは「覚醒値」ですね。

ドミニオンでいえば「屋敷」「公領」などの得点カードになるんですが、これを集めることによって女神の経験値が貯まります。

ゲームの目的はこの女神の経験値を集めてレベル3にすること。

 

ところが面白いことにこの覚醒値のカードは「行動フェイズ(カードプレイ)」「召喚フェイズ(カード購入)」「奉納フェイズ」「浄化フェイズ(クリーンナップ)」の「奉納フェイズ」で処理されます。

ドミニオンだとこの得点カードを自分のデッキの中に溜め込み、ゲーム終了時にどれだけたくさんの得点カードを持っているかで勝敗が決まります。つまりゲーム中は得点カードは何の役にも立たないカードです。ところがこのメガミリオンの場合は「奉納フェイズ」で覚醒値が上がるので得点(覚醒値)がゲーム中にどんどん処理されていきます。

つまり覚醒値カードはゲーム中で絶対必要なカードなんです。

 

例えば自分や相手の「行動フェイズ(カードプレイ)」などで手札を捨てなければいけないときがあります。ドミニオンならこういうときに「屋敷」カードを捨てたところで総得点が減るわけじゃありませんから痛くもかゆくもありませんが、このゲームの場合「奉納フェイズ」の前で覚醒値カードを捨ててしまうと「奉納フェイズ」で上げることができる覚醒値も減ってしまうんです。

これはなかなかキツいルールですよ。とてもいい感じです。

 

デッキビルド型のゲームをすべて知っているわけではないので他にこういうルールがあるのかわかりませんけど、覚醒値のところが大きく違っています。

 

グラフィックのイラストや効果などはとても良いですね。操作もドラッグするだけなので問題ないです。BGMはイマイチです。

オフラインでのプレイと、GameCenterでのネット対戦、それからBluetoothのローカル対戦ができます。オンラインで遊べるのは良いですね。非同期ではないようなので時間は合わせる必要がありそうです。

カードの購入のポイントはゲームを進めることで貯めていくことが出来るので、頑張ればそれなりに集めることが出来るでしょう。

 

画面も縦持ちでスッキリしているし、カード処理の部分がかなりのスピードでサクサク進むのでデッキビルドプレイ経験者なら満足できると思います。

逆に初心者はカードの流れが理解できないと何をやっているのかすらわからないと思います。

 

難点。世界観からか、日本語で書いてあるのに効果の意味が分かりにくいです。最初にチュートリアルで丁寧に説明していますが、デッキビルドの内容を知っていても全く理解できませんでした。変な風に名称を入れ替えちゃっているのでそうなってるんですが、この辺は普通でいいと思うんですけども。

カードイラストも統一感がまったくありません。

 

あと手札時のカード使用コストが赤い点になっていて非常に混乱します。これは「神力」と同じ青い点にするべきです。

プレイ経験者向けな内容ですが、iOS版のデッキビルドカードゲームの中でもかなり出来はいい方だと思います。あとはカードの効果が全体的に大雑把なのでもうちょっとバランスが良くして、それからカードの種類も増やしてくれればもっと面白くなりそうです。

 

手札を使ってレベルを上げていくデッキビルド型カードゲームです。おすすめ。

 

 

     

    megamillion100

    ボードゲーム / カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム / おすすめ
    価格 / ¥無料
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.0
    開発 / TRICREST INC.

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 6.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    メガミリオン
    AppStoreへ

     

  • Penny Arcade The Game: Gamers vs. Evil
  • たんとくおーれ
  • Dominion by Donald X. Vaccarino
  • EMPIRE: The Deck Building Strategy Game
  • Caylus

4 Responses to “メガミリオン”

  1. dayan より:

    プレイしてみて面白かったです。なにより日本語なのがいいですね!
    英語だとどうしても時間がかかるしスムーズにできないのが難点で。
    面白くても次にプレイする意欲がおちてしまいます…

    紹介ありがとうございました!

  2. puzzlelove より:

    >dayan さま
    こんばんは!

    このようなカードゲームは基本的なところはホントに単純なんですが、拡張とか増えてくるとドンドンとややこしいカード効果が増えていくのが困りますね。その効果部分が日本語であればやはり遊びやすいことは間違いないです。

    ただこれのテキストは日本語でもちょっと・・・。

    あとドロー系(バンバンカードめくるやつ)の「卑屈な道化師」がバカみたいに強くて、そこに禊地なんか入れようもんならあっさりと勝負がついてしまうので、そのあたりのカードのバランスはとったほうがいいでしょうね。

    デッキビルド型のカードゲームとしてはとてもよくできてると思います。
    1.0.1のアップデートで不安定なのは直ったのでしょうか?

  3. dayan より:

    こんばんは
    まだアップデート後は10プレイくらいしかしていないんですが、今の所落ちていません!安定したのかな?
    なかなかポイントが溜まらず、その状態でのオフラインの対戦だと使用カードが固定されちゃうので同じような感じになりますね(´・ω・`)
    あと敵cpuから穢地を引かされたことがないような…

    バランスは確かに微妙だと思います。
    占星術師もコスト1で3枚ひけて、魂1のCardを捨てていけば覚醒値がいつの間にかいっぱい増えてますw

  4. puzzlelove より:

    >dayan さま
    こんばんは!
    女神のレベルアップのところで落ちるというのは聞きましたが、とりあえずオンライン対戦のほうは安定したみたいですね。
    結局ややこしい文言や表現は変えるらしいですが、どうせならカードバランスも一緒に変えたほうがいいと思います。

    ただこういうのは修正すればするほどドミニオンに近づいちゃうから難しいですね。コピーの悲しいところです。

PAGE TOP ↑