1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Puzzle Restorer01

 

■ Puzzle Restorer
色のラインを引いてマスを塗りつぶしていく完全思考型パズル。完成図の通りにマスを塗りつぶすことが出来ればクリア。

 

色のラインを引いてマスを塗りつぶしていく完全思考型パズルです。同色の2マス同士をラインで繋いで、マスを色で塗りつぶしていきます。ラインはひと筆書きのようになぞって引くことができ、引くラインの数と塗ることが出来るマスの数はレベルごとに決まっています。色のラインを重ねることで別の色に上塗りすることが出来ます。完成図の通りにマスを塗りつぶすことが出来ればクリアです。

 

 

Puzzle Restorer02 Puzzle Restorer10

 

色のついたマスをなぞるとそのマスの色からラインを引くことが出来ます。色と色のマスを繋いだらチェックマークが出ますのでこれをタップして決定します。

Puzzle Restorer57 Puzzle Restorer03

 

決定すると引いたラインのマスにその色を塗ることが出来ます。ラインは同じマスに2本重ねるように引くことは出来ません。ひと筆書きのようになぞっていきます。

Puzzle Restorer04 Puzzle Restorer05

 

そして上に描かれた完成図と同じように色を塗ることが出来たらレベルクリアとなります。

Puzzle Restorer06 Puzzle Restorer07

 

完成させる絵の色は黒マスだけではありません。色のついたマスもあります。

Puzzle Restorer11 Puzzle Restorer12

 

マスからラインを引くときは色のついてないマスだけではなく色のついているマスの上もなぞることが出来ます。

Puzzle Restorer13 Puzzle Restorer08

 

色のラインを引くときは必ず同じ色のマスを「始点」と「終点」にしなければいけません。

Puzzle Restorer15 Puzzle Restorer17

 

つまり色のラインを引くには同じ色のマスが必ず2個必要になります。その2マスを繋げて初めて途中のマスに色を塗ることが出来ます。

Puzzle Restorer16 Puzzle Restorer18

 

画面内にある色のマスならどの色でもなぞって使うことができます。赤を使ってもいいしこのように黒を使って構いません。どの色でも同じ色の2マスであれば繋げて色を塗ることが出来ます。

Puzzle Restorer19 Puzzle Restorer20

 

さて、ここからが面白いところです。

色のラインを引くときは白いマスだけではなくすでに色がついているマス上でも引くことが出来ます。このとき黒いマスの上に赤い色のラインを引いた場合、黒のマスはそのままで他のマスだけが赤くなります。

Puzzle Restorer21 Puzzle Restorer22

 

黄色やオレンジ色の場合も同じです。黒マスの上を通しても黒マスはそのままでその他のマスが引いたラインの色に塗りつぶされます。

Puzzle Restorer23 Puzzle Restorer24

Puzzle Restorer25 Puzzle Restorer26

 

ただしこのように赤いラインを引いた場合、黒はそのままの黒ですが黄色のマスは赤色と混じってオレンジのマスに塗り変わってしまいます。

Puzzle Restorer27 Puzzle Restorer28

 

黄色いラインを赤いマスの上に通しても同じです。赤色と黄色を混ぜるとオレンジ色になってしまうのです。

Puzzle Restorer29 Puzzle Restorer30

 

しかし赤いラインをオレンジのマスの上を通しても、これは黒色の時と同じく変化しません。混ざった色に対して単色で塗りつぶすことは出来ません。黒だけはすべて上塗りすることが出来ます。

Puzzle Restorer31 Puzzle Restorer32

 

左上の筆の数字はなぞることが出来るラインの回数です。このレベルでは2回ラインを引くことが出来ます。上の見本を見るとキツネの絵は顔がオレンジの色になっていますね。

そこでまず最初に赤いラインを引いて赤に塗りつぶします。

Puzzle Restorer33 Puzzle Restorer34

 

それから黄色のラインを引いてオレンジのマスを作り出せばいいというわけです。

Puzzle Restorer35 Puzzle Restorer36

 

もちろんオレンジにするにはこんな風に下のオレンジのマスから黒のマスなどを利用しながら色を塗りつぶしても構いません。

Puzzle Restorer37 Puzzle Restorer39 

 

オレンジのマスを使ってラインを塗りつぶしてみましたがちょっと違いますね。目の下のオレンジ色はいらないようです。上の完成図はタップすることで大きくして確認することが出来ます。

Puzzle Restorer40 Puzzle Restorer60

 

オレンジのマスから塗りつぶすのは無理そうなのでオレンジを作るため赤を塗ってから黄色のラインを重ねてみました。

ところが黄色のラインはここまでしか塗ることが出来ません。右上の絵の具の数字が塗ることが出来るマスの数です。ここがゼロになるとそれ以上マスを塗ることが出来なくなります。

Puzzle Restorer41 Puzzle Restorer42

 

このレベルの正解はこれです。

まず最初に黄色のラインを赤のマスに重ねてオレンジのマスを2つ作ります。先ほども書いたように色を塗るためには「始点」「終点」と2マス必要になるからです。

Puzzle Restorer44 Puzzle Restorer45

 

そして出来たオレンジのマスからラインを引いて塗りつぶします。黄色はオレンジで上塗りされるのでオレンジ色になります。

このように色は重ねて違う色を作り出し、完成図の通りにマスを塗っていきます。

Puzzle Restorer46 Puzzle Restorer47

 

他にも混ざると変わる色があります。赤と青を混ぜれば紫色になります。

Puzzle Restorer52 Puzzle Restorer53

 

青と黄色を混ぜれば緑色になります。黒色は他の色では塗りつぶすことが出来ず、逆に他の色をすべて塗りつぶします。

Puzzle Restorer58 Puzzle Restorer59

 

レベルが上がると塗ることが出来る回数も塗ることが出来るマスの数も増えて難しくなります。

Puzzle Restorer49 Puzzle Restorer48

 

また塗ることで白黒のマスを反転させるというボーナスレベルもあります。

Puzzle Restorer50 Puzzle Restorer51

 

同色の2マスをなぞって繋げて塗つぶし、完成図の通りの絵を完成させていきましょう!

Puzzle Restorer56 Puzzle Restorer14

Puzzle Restorer09 Puzzle Restorer61

Puzzle Restorer63 Puzzle Restorer62

 

 

色のラインを引いてマスを塗りつぶしていく完全思考型パズルです。同色の2マス同士をラインで繋いで、マスを色で塗りつぶしていきます。ラインはひと筆書きのようになぞって引くことができ、引くラインの数と塗ることが出来るマスの数はレベルごとに決まっています。色のラインを重ねることで別の色に上塗りすることが出来ます。完成図の通りにマスを塗りつぶすことが出来ればクリアです。

 

マスをなぞって色を塗っていく完全思考型パズルですね。これはとても面白いです!

 

目的とルールはとても簡単。完成図のイラストが表示されていますからマスをなぞって同じようにマスを色で塗りつぶせばOKです。

塗りつぶすときは同じ色のマスを「始点」と「終点」にしてひと筆書きでなぞると、そのラインがあるマスに色に変わります。赤色のマス同士をラインで繋ぎさえすれば、どんなルートでなぞったとしてもそのなぞったマスが全部赤色に変わります。黒色同士を繋げば黒に塗れるし、青色同士を繋げば青に濡れるというわけです。

あらかじめ塗ることが出来る色が決まっているわけではなくて、選んだマスの色を塗ることが出来るというのが特徴です。

 

最もユニークな点は、これらの色のマスはすでに塗られているマスの上を通すことが出来るということです。普通はこういうひと筆書きの場合は1度塗ったところはそのあとはなぞることが出来なくなるんですが、このパズルは自由になぞることが出来るのです。

さらにこの色には塗りつぶせる「優先順位」のようなものがあります。これは普通に色の混ぜ合わせのことなんですが、例えば赤色のマスに黄色のラインを引けば赤いマスは黄色と混ざってオレンジのマスに変わります。赤いマスに青色のラインを引けば紫色に、黄色いマスに青いラインを引けば緑色のマスに変わります。

マスの色と引いた色が混ざって違う色に変わるんですね。

ラインは同じ色のマスを2つ繋げればいいので、色を混ぜて違う色のマスが出来ると今度はその色のラインを引いて使うことが出来ることになります。完成図の色がマス上に無い場合は、まずマスでその色を作らないといけないのです。

色の塗りつぶしの優先順位のルールは、混色した色は単色では塗りつぶせなくなります。オレンジは赤色のマスを塗りつぶせますが赤色はオレンジのマスは塗りつぶすことが出来ません。黒色はすべての色に対して塗りつぶすことが出来ます。この辺は色原則の通りになっているのでわかりやすいと思います。

 

このパズル、ハッキリいって難しいです。ひと筆書きならなんということはないですが、このマスの色の混色のためにすごく厄介なパズルになっています。

理論的に答えを見つけていくというものではないので、ラインを引いたり消したりと試行錯誤を繰り返して解いていくのですが、ただそれでも戦略は必要になります。戦略には混色のルールが良く効いていますね。

 

何本のラインを引けるか、何マス塗ることが出来るか。マスに無い色を作り出してそこから新たな色のラインを作るか、直接ラインを重ねて色を作り出すか、もしくは色を引いて他の塗りつぶした後で黒などで上塗りして消していくか。同色2マスを繋げさえすればどこからスタートできるし、どこのマスで色の混色して作り出していくかというパターンがたくさんあるので、簡単にはいきません。

試行錯誤が面倒くさくて難しいというのではなく、チャレンジしがいのある難しさです。

 

グラフィックは普通で、操作はとても簡単です。何回でもアンドゥが出来るし、なぞり戻せばラインも消えるので直感的に操作できます。プレイではほとんどストレスは無かったですね。たまにラインの確定ミスでリセットされてイラッとするときがありますが。

 

レベルは4つの難易度に分かれていてそれぞれ20レベルの合計80問です。

 

見た目よりはかなり難しいパズルです。

 

難点。レベルによっては解答パターンが複数あるのがあって、そこには問題の質の差が少しあるかなという感じがしました。これでもう少し盤面が広くて色数が増えたらすごく楽しそうです。

色マスにラインなどを除外することで確定するような要素があればもっと面白くなりそうな感じです。

アップデートで問題をもっともっとたくさん追加してほしいですね。ユーザーが問題を作ってアップデートできてそれをダウンロードして遊べるというのでもいいかもしれません。

 

色のラインを引いてマスを塗りつぶしていくとても難しい完全思考型パズルです。おすすめ。

 

 

     

    Puzzle-Restorer100

    完全思考型パズル / おすすめ
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.0
    開発 / Gavina Games

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Puzzle Restorer
    AppStoreへ

     

 

 

 

  • Ubongo Puzzle Adventure
  • Penguin Puzzle
  • Interlocked
  • Puzzle Chess
  • AirTower

Comments are closed.

PAGE TOP ↑