1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Puzzle Retreat01

 

■ Puzzle Retreat
アイスブロックをスライドしてマスを埋めていく完全思考型パズル。すべてのマスを埋めることが出来たらクリア。

 

アイスブロックをスライドしてマスを埋めていく完全思考型パズルです。積み木の場所から上下左右にアイスブロックをスライドしてマスの中に埋めていきます。アイスブロックはすでに埋めてあるアイスブロックの上を滑らせて移動させることが出来ます。ファイアーブロックやストップブロック、アローブロックなど、ブロックを溶かしたり止めたり方向を変えたりする特殊なブロックがあります。マスを埋めるときはアイスブロックのほかにこれらブロックを全部使用しなければいけません。そしてマスを全て正しく埋めることが出来たらクリアです。

 

 

Puzzle Retreat03 Puzzle Retreat05

 

マスの中に色のついた積み木が置いてあります。この積み木をスライドさせると積み木の中にある「アイスブロック」がマスに入ります。

Puzzle Retreat06 Puzzle Retreat07

 

積み木からはアイスブロックは上下左右の方向にしかスライド出来ません。スライドしたあと積み木に矢印が出るのでタップすることで何度でもやり直しが出来ます。

Puzzle Retreat08 Puzzle Retreat09

 

アイスブロックは埋まっている他のアイスブロックの上を滑って移動させることが出来ます。

左上の黄色い積み木から下にスライドした場合、すでに埋まっているアイスブロックの上を滑って1番下のマスまで移動します。

Puzzle Retreat11 Puzzle Retreat10

 

積み木に表示されているのは中に入っているアイスブロックの数です。黄色い積み木には1個のアイスブロックが、オレンジ色の積み木には2個のアイスブロックが入っています。

1回スライドするとその個数のアイスブロックがまとめて滑り出します。1個ずつ別方向に滑らせていくということは出来ません。

Puzzle Retreat12 Puzzle Retreat13

 

このように積み木からアイスブロックを上下左右にスライドさせて移動させ全てのマスを埋めることが出来たらそこでクリアとなります。

Puzzle Retreat14 Puzzle Retreat15

 

青いブロックは「アローブロック」です。アローブロックの上にアイスブロックが乗ると矢印の方向にアイスブロックの滑る向きを変えます。

Puzzle Retreat25 Puzzle Retreat26

 

菱形のマークがついているブロックは「ストップブロック」です。同じように上下左右にスライドさせて滑れらせることが出来ますが、このブロックの上はアイスブロックなどは通過することが出来ません。

Puzzle Retreat29 Puzzle Retreat30

 

炎のマークのブロックは「ファイアーブロック」です。マスのアイスブロックの上を滑らせると通過したアイスブロックの全てを溶かします。この「ファイアーブロック」の上も通過することは出来ません。

Puzzle Retreat34 Puzzle Retreat36

 

マスを埋めるときには全てのブロックを使用しなければいけません。右のように全てにアイスブロックが埋まっていたとしても使っていないブロックがあるときはクリアになりません。

Puzzle Retreat38 Puzzle Retreat39

 

積み木からは上下左右にしかスライドできませんから滑らせる方向自体は決まりやすいです。

例えば下の「3個」の積み木は上にしかスライドできません。2つとも滑らせてみると左は3マスで右は4マスです。ですから左側の積み木はここで確定します。右側は1マス余ってしまいますからまだこのタイミングでは滑らせてはいけないことになります。

Puzzle Retreat16 Puzzle Retreat17

 

次は上のオレンジの積み木です。横列は2マスでアイスブロックも2個ですから1番上の横列が確定します。

Puzzle Retreat18 Puzzle Retreat19

 

これで先ほどの縦列の残りマスが3マスになって3個の積み木を滑らせて埋めることが出来ます。あとは残りの積み木を横に滑らせればクリアです。

つまり上下左右の列の空きマスの数とブロックの数が合っていれば滑らせるタイミングだということになりますね。

Puzzle Retreat20 Puzzle Retreat21

 

例え盤面が大きく複雑になってもこういった考え方は同じです。

Puzzle Retreat23 Puzzle Retreat24

 

ファイアーブロックのように溶かすブロックが出てきたときもそうです。

ここでは盤面にあるブロックの数は「1」が6個で「2」が2個、ファイアーブロックが2個で「計12個」です。空いているマスは「6個」なので全てのブロックを使うためにはファイアーブロックで6個溶かせばいいことになります。

Puzzle Retreat38 Puzzle Retreat40

 

ですからこのようにファイアーブロック1個で3個溶かすような配置にアイスブロックを持っていけばクリアできることになります。

Puzzle Retreat41 Puzzle Retreat42

 

アイスブロックは動かす順番によって埋まる位置が全く変わってしまいます。

例えば黄色の「1個」のブロックは左方向にしかスライドできません。

Puzzle Retreat47 Puzzle Retreat48

 

この1個のアイスブロックを埋めるとその縦列の残りマスが3マスなので下の3個を上に滑らせればいいわけですが、このとき下の3個のほうのアイスブロックを先に埋めてから最初の1個を左にスライドすると埋まるマスの位置がこのように変わってしまいます。

Puzzle Retreat49 Puzzle Retreat50

 

上の3個の横列が確定したのでスライドしてみたのですが、今度は縦列の空きマスが減って上の2個が下にスライドできなくなってしまいました。

Puzzle Retreat51 Puzzle Retreat52

 

そこでまた最初の1個を戻して上下のアイスブロックで順番で埋めてみたのですが、結局埋まりそうで埋まらないという変な状態になってしまいました。

Puzzle Retreat53 Puzzle Retreat56

 

正解はこれです。まず左上の「3」を下にスライドします。

Puzzle Retreat59 Puzzle Retreat58

 

次に真ん中の「2」を左にスライドし、下の「4」を上にスライドします。

Puzzle Retreat60 Puzzle Retreat61

 

それから左上の「2」と左下の「2」を右横にスライドしていきます。

Puzzle Retreat62 Puzzle Retreat63

 

そして上の「2」と下の「3」を縦方向にスライドします。最後に「1」を左にスライドしてクリアです。なんと「1」は最後だったんですね。

このようにそれぞれのアイスブロックをスライドする「順番」によって埋まるマスが全く変わってしまいます。この順番を探すのがパズルの目的になります。

Puzzle Retreat64 Puzzle Retreat65

 

レベルはパックで分かれていて全部で96問あります。有料アドオンで72問を追加することが出来ます。問題の新しいパズルのパックは毎月追加されるようです。

Puzzle Retreat68 Puzzle Retreat74

 

アイスブロックを正しい順番で滑らせ、空いているマスをすべて埋めていきましょう!

Puzzle Retreat69 Puzzle Retreat78

Puzzle Retreat75 Puzzle Retreat79

Puzzle Retreat45 Puzzle Retreat02

 

 

アイスブロックをスライドしてマスを埋めていく完全思考型パズルです。積み木の場所から上下左右にアイスブロックをスライドしてマスの中に埋めていきます。アイスブロックはすでに埋めてあるアイスブロックの上を滑らせて移動させることが出来ます。ファイアーブロックやストップブロック、アローブロックなど、ブロックを溶かしたり止めたり方向を変えたりする特殊なブロックがあります。マスを埋めるときはアイスブロックのほかにこれらブロックを全部使用しなければいけません。そしてマスを全て正しく埋めることが出来たらクリアです。

 

アイスブロックでマスを埋めていくパズルですね。これは面白いです!

積み木をスライドするとそこからアイスブロックが滑り出します。アイスブロックは上下左右にしかスライドできません。このアイスブロックを空いているマスに埋めていくのですが、このときすでに他のアイスブロックがマスに埋まっていた場合は上を通過してその先の空きマスまで滑って埋まります。埋まるスペースが無い場合は積み木から滑らせることが出来ません。そして全てのブロックを使ってマスを埋めることが出来ればクリアです。

 

アイスブロックは上下左右にしか動かせませんし、1度にまとめて同じ方向にスライドしなければいけません。1個ずつ別方向に分割してスライドさせるということは出来ません。ですから「3個」のブロックがあった場合は「3マス空いている方向にスライドすればいい」というようなことが大体わかります。

 

ここで面白いのはすでに他のアイスブロックが埋まっていた場合、その上の滑って先の空きマスまで移動するというところですね。

このため「3個」のブロックをスライドする2方向が「3マス」と「5マス」だったとき、「5マス」に他のアイスブロックが2個埋まっていればどちらも「3マス」「3マス」という状態になります。余りマスがあっても他のブロックで埋めることで動かせる方向の可能性が増えるんですね。

このアイスブロックが他のブロックの上を滑って埋まっていくというのがユニークです。「5マス」であっても埋まっているブロックの数で「4マス」にもなるし「2マス」にもなるし、その時々の状態でマス数が変わってしまうので「ブロックを動かす順序」がとても重要になります。

 

ところが正解の順序以外で動かしてもそれなりに正しそうな感じで埋まっていったりしてしまうんですね。なので最後に「あれ?」と詰まってしまったりしてやり直しということがよく起きます。このいかにも正しそうに間違えていく感じがとてもいいですね。

置いてある他のアイスブロックを溶かしてしまうファイアーブロックもこの混乱ぶりにいいアクセントとなっています。ホントに「これは正解しないんじゃないか」と思ってしまうくらいです。

 

数独や倉庫番からインスパイアされたという紹介文になっていますが、試行錯誤していく感じがペグソリティアに近いかなという気がしますね。

 

グラフィックはとても綺麗で操作性もまったく問題なしです。1回1回動かすたびに直前の積み木にアンドゥのマークが出るのでやり直しも楽です。

 

問題は全部で96問、有料アドオンで72問追加できます。また追加の問題は毎月増えていくそうです。

 

ルールはシンプルでわかりやすくそして難しい。とてもやりがいのあるパズルだと思います。

 

難点。空きマス数とブロック数の関係で多少は方向の決め方が出来るのですが、もうちょっと論理的にクリアできたらよかったです。試行錯誤のトライ&エラーでクリアしていくのももちろんいいんですが、それこそ数独のような思考の組み立て方で解いていくことができれば文句なしですね。

試行錯誤で解いていくのが好きな方にはオススメできます。

 

アイスブロックをスライドしてマスを埋めていく完全思考型パズルです。

 

 

     

    Puzzle-Retreat100

    完全思考型パズル / スライドパズル
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.2
    開発 / The Voxel Agents

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Puzzle Retreat
    AppStoreへ

     

 

 

  • Interlocked
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • Puzzle 26 – The 7th Day
  • Dream of Pixels
  • Puzzle Star

Comments are closed.

PAGE TOP ↑