1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Wave Trip01

 

■ Wave Trip
音のアイテムを集めてクリアしていくカジュアルゲーム。

 

音のアイテムを集めていクリアしていくカジュアルゲームです。敵を避けながら流れて来るアイテムを集めていきます。アイテムは音のパーツになっていて、取るとBGMが徐々に構築されていきます。1つのフレーズ内で流れてくるアイテムをすべて取ると次のフレーズに進み、曲内のすべてのオレンジのアイテムを取ることが出来ればクリアとなります。

 

 

Wave Trip03

Wave Trip02

 

画面の左端に自分の宇宙船が表示されています。右下をタップし続けると宇宙船は上に上がり、離すと落下していきます。ステージは常に右から左へスクロールしています。

Wave Trip04

 

赤いアイテムと青いアイテムが流れてきます。これに宇宙船を重ねるとアイテムを取ることが出来ます。

Wave Trip06

 

赤いアイテムを取ると得点が増え、青いアイテムを取ると左上の倍率が上がっていきます。

Wave Trip08

 

ピンク色のアイテムは敵です。これに宇宙船が当たっても即ゲームオーバーにはなりませんが、当たってしまうと左上の倍率が「x1」に戻ります。

Wave Trip09

 

画面の左下をタップするとバリアを発動できます。

Wave Trip10

 

このバリアでピンク色の敵を跳ね返すことが出来ます。

宇宙船の周りにある2つの光がバリアのストックの数でストックは時間で回復します。

Wave Trip11

 

流れてくるオレンジ色のアイテムをすべて回収できればステージクリアとなります。

Wave Trip13

Wave Trip14

 

こうして宇宙船を動かしてアイテムを集めていくのですが、このゲームはちょっと変わっていてプレイがBGMと連動してます。

Wave Trip17

 

最初は何の音も流れていない状態で始まるのですが、オレンジのアイテムや青のアイテムを取るごとに音の要素がどんどんと追加されてBGMを構築していきます。

Wave Trip18

 

敵も一応は音の要素として役目はありますが、当たると少しの間音が崩れるので気持ちが悪くなります。

Wave Trip19

 

ゲームでは遊ぶステージを自分でカスタマイズして作ることが出来ます。

このカスタマイズの内容を見るとゲームの内容がよくわかります。

Wave Trip24

 

実はこのゲーム、譜面の中を飛んでいるようなそんな感じなのです。

 

これがエディット画面です。左から右にタイムラインが流れています。左上の白い縦のラインがそれです。

マスの1つ1つに上に並んでいるパーツを置くことが出来ますが、それぞれのパーツは別の音を持っています。

Wave Trip25

 

そしてタイムラインが置いたパーツに重なるとその音を出します。マスの位置の上下は音階を表しています。上に行くほど高い音です。オレンジと青のアイテムは色が違うだけで音自体は同じです。

Wave Trip26

Wave Trip28

 

ピンクのパーツは敵です。これもそれぞれ音を持っていてタイムラインが重なると音を出します。

ここまで置いたら画面の下に「Play」というのがあるのでタップしてみましょう。

Wave Trip29

 

ゲームが始まりました。すると置いたパーツがそのまま流れてきますね。この時点では聞こえてくるBGMはピンクのパーツの敵のものだけです。

そこで宇宙船でオレンジや青のアイテムを取ると、その取った音が1つ1つBGMに重なっていきます。

Wave Trip31

 

ここでポイントとなるのはクリアの条件が「オレンジのアイテムをすべて取る」というところです。取らなかった場合は同じ配置のままグルグルとまわってきます。

例えば1番左のオレンジのアイテムを1つだけ取ったとします。他の2つのアイテムが残ったまま画面の右端までいった場合、またタイムラインの左端に戻り今度は1番左のオレンジのアイテムが無い配置で流れてきます。

Wave Trip32

 

つまりこのエディット画面がそのままゲーム画面になっていて、タイムラインと同じように宇宙船も進むわけです。

右下に「Next」というのがあるのでこれをタップしてみます。

Wave Trip33

 

これは次のフレーズです。ここにもパーツを置くことが出来ます。しかし新しい曲に変わるのではなく、最初のフレーズの音は流れているままです。

Wave Trip34

 

つまり次のフレーズは最初のフレーズに重なっていくのです。タイムライン上の青は1フレーズ目、オレンジは2フレーズ目です。

ゲームは「オレンジのアイテムをすべて取る」でしたね。つまり1フレーズ目のオレンジのアイテムをすべて取ったら、今度は2フレーズ目が始まります。2フレーズ目のオレンジのアイテムをすべて取りきるまで2フレーズ目は繰り返されるというわけです。

Wave Trip35

 

一応ゲームの中ではオレンジのアイテムを取るたびボスみたいなものにレーザーを発射するんですが、このボスのようなものがフレーズを表していて倒せば次のフレーズへという感じになります。

こちらは1フレーズ目です。オレンジのアイテムをすべてとりました。

Wave Trip36

 

そうすると2フレーズ目が始まります。配置がそのまま同じですね。このように作った音自体が敵やアイテムとなりゲームが進んでいきます。

Wave Trip37

Wave Trip38

 

曲は保存しておくこともできますし、また「upload」で曲をネット上に上げることが出来ます。

Wave Trip39

 

ゲームのモードの「explore」では、他のユーザーの作った曲を遊ぶことが出来ます。

Wave Trip42

 

適当なのを作って上げてみました。上げたものは同じ名前で上書き修正することもできます。

Wave Trip44

Wave Trip43

 

最初からあるステージの曲も左下に「remix」というのがあります。これをタップすると自分で好きなアレンジに変えることもできます。

Wave Trip47

Wave Trip48

 

敵を避けながら流れてくるアイテムを取って音楽を完成させていきましょう!

Wave Trip23

Wave Trip21

Wave Trip15

 

 

音のアイテムを集めていクリアしていくカジュアルゲームです。敵を避けながら流れて来るアイテムを集めていきます。アイテムは音のパーツになっていて、取るとBGMが徐々に構築されていきます。1つのフレーズ内で流れてくるアイテムをすべて取ると次のフレーズに進み、曲内のすべてのオレンジのアイテムを取ることが出来ればクリアとなります。

 

音のアイテムを集めてクリアしていくカジュアルゲームですね。とてもユニークなゲームです。

これを作ったのは「Pugs Luv Beats」や「Bad Hotel」を作った「Lucky Frame」というところです。以前「English Country Tune」のところでも書きましたが、IGFのファイナリストに「English Country Tune」と同様に残っていたのが「Pugs Luv Beats」でした。そこの新作ですね。

この「Lucky Frame」はポリシーを持っているのか出してくるゲームはどれもこれも音楽と融合しているスタイルです。「Pugs Luv Beats」や「Bad Hotel」もゲーム性は違うのですがどれも音楽と密接な関係があります。

 

この「Wave Trip」も見た目はシューティングゲームのようですが同じく音楽のゲームです。内容はとにかくオレンジのアイテムを集めてクリアするというものです。オレンジのアイテムを手に入れれば得点となり、青のアイテムはその得点の倍率をあげていきます。ピンクの敵に当たるとその倍率が「x1」に戻ってしまいます。全て取りきればクリアです。

 

そして「音楽」です。ユニークなのはここですね。

流れてくるアイテムはそれぞれがBGMの音のパーツになっています。オレンジか青のアイテムを手に入れると徐々にその単体の音がBGMに追加されていきます。進めていくとどんどんとBGMが重厚になっていくんですね。この重なって広がっていく感じが良いですね。

文章ではなかなか理解しにくく下の動画を見てもいったい何をやっているのかさっぱりわからなかったのですが、言ってみれば音楽の打ち込み画面で動きながら音を拾っているような感じです。それが音にもなっているし得点にもなっているし敵にもなっているんですね。

ゲームは1曲が順序良く流れていくのではなくフレーズごとに進行していきます。1つのフレーズ内にあるオレンジのアイテムをすべてとりきったら次のフレーズに進みます。取らなかった場合はそのフレーズは取りきるまで繰り返されます。青のアイテムが倍率アップですから先に取りきってからオレンジを取って高得点を狙うということもできるわけです。なんともユニークですね。

 

面白いのはその曲を自分で作ることが出来る点です。ただ思うままに音のパーツを配置すればそれが曲となりステージになります。作った曲は簡単にアップロードできて、他のプレイヤーはアップロードされた曲を好きなようにプレイできます。

音のパーツは4つのセットに分かれていてそれぞれの音色が全部違います。

作るのはとても簡単で気持ちのいいリズムを繋げていけばそれでOKです。ただ遊ぶ(遊んでもらう)ときは徐々に盛り上がってくる感じとか、敵の配置の仕方で難易度を買えたりとか、そういうところにも注意しなければいけませんね。面白くカッコよく作るのは難しいです。

 

グラフィックはシンプルで綺麗です。操作もタップで上昇するだけなので難しくありません。

 

一応、得点を獲得するのが目的で厳密な難易度というものはないので気軽に楽しめるのではないかと思います。

 

難点。とにかくここは音楽のリズムとゲームを組み合わせたものを次々と出してきます。グラフィックとかとても可愛いし音楽は当然良いんですけど、肝心のゲームが面白くないんです。「Pugs Luv Beats」と「Bad Hotel」も買ってレビューしようと思っていたんですが、これが全然面白くなくてやめました。

このWave Tripも同様です。遊ぶと「おぉ」と少しだけ思うんですが、ゲーム性が斜め上行っているというかズレているというか、遊んでいて気分が盛り上がっていかないですよね。どれもこれもみんな惜しい感じです。

あとはユーザーが増えてどんどんアップロードされるようになればいいんですが。

 

こういうリズムと連動したゲームを待っているんですがまだまだこれというのが来ませんね。「Rez」か「Space Invaders Extreme」が来てくれたら嬉しいんですけど。

特に「Rez」は熱望しています。

 

音のアイテムを集めてクリアしていくカジュアルゲームです。

 

 

     

    Wave-Trip100

    カジュアルゲーム / 音楽ゲーム
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.3
    開発 / Lucky Frame

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Wave Trip
    AppStoreへ

     

 

 

 

 

  • English Country Tune
  • The Nightmare Cooperative
  • 80 Days
  • Poker Invaders
  • Where’s Wally? The Fantastic Journey

2 Responses to “Wave Trip”

  1. sunfish より:

    はじめまして。いつも拝見させていただいています。
    私もRezのスマートフォン移植がされるとなれば本当に狂喜乱舞なのですが・・・。
    同じ様にドリームキャスト版が移植されたクレイジータクシーやジェットセットラジオの例もありますし、十分に可能性はあると思います。
    特にRezは操作性もスマートフォン向けですしね。

  2. puzzlelove より:

    >sunfish さま
    こんばんは!ご来訪感謝いたします!

    Rezは出て欲しいですよねー。一応そのへんに近いかたにそれとなーく聞いてみたことがあるんですが反応が薄かったんですよね。なので期待薄なのかなと個人的には思っています。

    リズムゲームは結構あるんですが、どれもリズムに合わせてタップするゲームばかりですからRezとかインベーダーのようにタップしたものがリズムになっていく気持ちいいのが遊びたいですね。
    そういうフォロアーももっと出てもいいと思うんですが、ほとんど見かけませんね。残念です。

    あとはスペースチャンネル5なんかも期待したいです。

PAGE TOP ↑