1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Fluxx01

 

■ Fluxx
カードをプレイしてルールを変えていくカードゲーム。勝利条件のカードを出していればクリア。

 

カードをプレイしてルールを変えていくカードゲームです。このゲームはプレイルールを自分たちで決めていくというとても変わったゲームです。自分の番でプレイすることが、カードを1枚引くことだったり、4枚引くことだったりその時々で変わっていきます。さらに勝利条件も決まっていません。勝利条件すらも自分たちで決めていくのです。そしてその時に決められた勝利条件をクリアできれば、そのプレイヤーが勝者となります。

 

頭が柔らかくなるゲームとして日本でも発売された「フラックス」というゲームです。ルールとクリア条件をプレイヤーが決めていくという不思議なゲームです。

 

そんな「Fluxx/フラックス」の iPhone / iPod touch / iPad 版です。

Fluxx02

Fluxx03

 

 

Fluxx108 Fluxx223

 

これは自分の手札を使って勝利条件を達成すれば勝ちというカードゲームです。

 

自分の番が来たら・・・と、いつもなら書くわけですが、このカードゲームは自分の番でプレイする内容自体を変えてしまうという、とてもユニークなカードゲームなのです。

 

これがゲーム画面です。

1番手前が自分の「手札」になります。中央にある黒いカードが「山札」、赤いカードが「捨て札」となっています。上にいるのは対戦相手のプレイヤーです。

中央に表示されているのが「ルール」です。

Fluxx112 Fluxx113

 

この「ルール」には最初は「カードを1枚引く」「カードを1枚プレイする」というのが置かれています。この「ルール」に置いてあることがとりあえず自分の番ですることになります。

Fluxx122 Fluxx123

 

自分の番です。手札の1枚をタップして見てみましょう。

この黄色のカードが「新ルールカード」です。内容は「カードを4枚プレイする」です。この「新ルールカード」を真ん中にある黄色い「ルールエリア」にドラッグしてみます。

Fluxx117 Fluxx114

 

「新ルールカード」をプレイすると中央の「ルール」が変更されます。

自分の番ですることが「ルール」なのですが、「新ルールカード」をプレイするとこのゲームの「ルール」自体を変更してしまうことが出来るのです。

最初は「カードを1枚引く」「カードを1枚プレイする」だったのが「カードを1枚引く」「カードを4枚プレイする」に変わりました。

このときそれまでにあった「カードを1枚プレイする」というルールは破棄されます。

Fluxx127 Fluxx115

 

本来ならカードを1枚プレイした時点で自分の番は終わりだったはずですが、ルールを変えて4枚プレイできるようになりました。

続けます。ここまた「新ルールカード」の「カードを4枚引く」をドラッグしてみます。

Fluxx129 Fluxx126

 

そうするとまたまた「ルール」が変わりました。「1枚引く」「4枚プレイする」というルールでしたが「カードを4枚引く」というルールを追加したので、「4枚引く」「4枚プレイする」というルールに変わったのです。

最初にカードを「1枚引く」をプレイしていますので、「4枚引く」というルールに合うように残りの「3枚」を山札から引いてきて手札に入れます。

Fluxx131 Fluxx132

 

今は2枚のカードをプレイしましたから、あと2枚ですね。

今度は手札の緑色のカード「キーパーカード」をプレイしてみましょう。「キーパーカード」は手前の緑色の「キーパーエリア」にドラッグしてプレイします。プレイするとカードを出すことが出来ます。

Fluxx138 Fluxx139

 

今度はこの赤い色の「ゴールカード」です。これは中央の「ゴールエリア」にドラッグしてプレイします。

基本的にカードは同じ色のエリアにドラッグしてプレイします。

これでカードを4枚プレイしました。ルールの通りにプレイをしたら自分の番は終わります。

Fluxx143 Fluxx141

 

自分の番が終われば、次は相手のプレイヤーがカードをプレイします。

相手がプレイするルールもカードを4枚引き、4枚プレイするというルールのままです。もちろん相手がルールを置き換えることもあります。

Fluxx145 Fluxx146

 

この赤色の「ゴールカード」もルール同様上書きすることが出来ます。

新しいゴールカードを出すと、「ゴールエリア」にすでに置いてあるゴールカードを捨てて置きかえることが出来ます。

Fluxx148 Fluxx149

 

続けて手札にあるキーパーカードの「チョコレート」を出してみます。

先ほど出した「アイスクリーム」と「チョコレート」が「キーパーエリア」に置いてありますね。

Fluxx152 Fluxx153

 

さて先ほどから出ているこの「ゴールカード」というのは、まさしくゲームのゴール「勝利条件」を表しています。

それぞれのカードの下に、イラストが2つずつ描かれています。左の「I Love You!」には「ハート」と「フレンド」が、右の「Squishy Chocolate」には「太陽」と「チョコレート」です。

Fluxx155 Fluxx154

 

ゴールの条件はとても単純です。この2つのイラストのカードが2枚、自分のキーパーエリアに揃えばその瞬間に勝ちとなります。

例えばいまゴールカードに「Squishy Chocolate」が置いてありますね。チョコレートと太陽の絵の描いてあるカードです。

自分のキーパーエリアに「チョコレート」が置いてあります。つまりここで「太陽」のキーパーカードを出せばその時点で勝ちになるということです。

Fluxx153 Fluxx152

 

手札にこんな「ミルクシェイク」なんていうゴールカードもあります。ミルクとアイスクリームが描いてありますね。アイスクリームはすでに出してありますから、ミルクを出せば勝ちになります。

しかし!

ゴールのルールは今は「I Love You!」と「Squishy Chocolate」ですから、ここでミルクを出しても勝てません。ゴール条件が違うわけです。

このミルクシェイクのゴールカードがゴールエリアにあるときに、ミルクとアイスクリームを揃えなければいけません。

Fluxx156 Fluxx157

 

こんな新ルールカードもあります。「手札3枚制限」です。このカードを使用したのでまた新たなルールが追加されました。

Fluxx158 Fluxx159

 

この3枚制限がルールとしてある場合、プレイが終わったときに手札が3枚より多かったときには余計なカードを捨てなければいけません。

Fluxx161 Fluxx165

 

青い色のカードは「アクションカード」です。中央の「アクションエリア」にドラッグして使用します。このカードは「すべてのプレイヤーの手札を集めて混ぜ、配り直す」というカードです。

ルールカードやゴールカード、キーパーカードは場に並んで置かれますが、アクションカードは1回だけの使いきりとなります。

Fluxx178 Fluxx170

 

せっかく集めた手札がみんな混ざってしまいました。と思ったら手札にこんな「ホットファッジサンデー」なんていうゴールカードが!

条件はチョコレートとアイスクリームです。なんてラッキー。

Fluxx172 Fluxx173

 

すでにチョコレートとアイスクリームはキーパーエリアに並んでいます。

ですからここでゴール条件そのものを変えてしまうのです。

通常であれば「勝利条件に合わせてカードを出していく」のが普通ですが、このゲームでは「出してあるカードが勝てる勝利条件にルールを変える」ことができるわけです。

これで条件クリアしました。あっさりと勝利です。

Fluxx181 Fluxx184

 

新ルールカードにはこんな面白いものもあります。

これは「Recycling」です。プレイするとルールエリアにリサイクルのマークが出ます。

Fluxx191 Fluxx190

 

リサイクルのカードをアクションエリアにドラッグしてから、キーパーエリアにあるキーパーカードを1枚捨てます。そうすると追加で3枚カードを引くことが出来ます。

Fluxx189 Fluxx192

 

アクションカードもいろいろあります。

例えば「Everybody Gets 1」は全てのプレイヤーがカードを1枚引くことが出来ますが、カードを使ったプレイヤーが他のプレイヤーにカードを振り分けることが出来ます。

Fluxx204 Fluxx205

 

プレイを続けるとこんなに手札も増えるし、新しいルールもどんどん追加されます。ルールは各プレイヤーがそれぞれ追加できますからね。

しかし追加したたくさんのルールも「Rules Reset」を使えば全部なくしてしまうこともできます。

Fluxx207 Fluxx186

 

こんな風にカードを使ってルールを変え、手札を入れ替えたりしながらゴールとなるイラストのカードを集めることが出来たプレイヤーが勝者となります。

Fluxx209 Fluxx211

 

このゲームはオンライン対戦をすることが可能です。対戦人数、対戦時間を設定してゲームを作ると、他のプレイヤーがマッチングします。

Fluxx230 Fluxx234

 

マッチングしたら「Start Game」でプレイを始めます。ゲームはすでに作ってあるものに入ることもできますし、お友だちを招待することも可能です。

Fluxx235 Fluxx236

 

カードを使ってゲームのルールを変え、うまくゴールのカードを集めて勝利しましょう!

Fluxx224 Fluxx185

Fluxx110 Fluxx236

 

カードは「新ルールカード」「ゴールカード」「キーパーカード」「アクションカード」の4種類あります。

ゴールカードとキーパーカードはイラストで見てわかるし、新ルールやアクションも簡単なものばかりなのでとりあえず内容は把握できると思います。

以下、カード訳です。

 

「キーパーカード」

1枚に1つのアイテムが描かれている。

Fluxx09 Fluxx102

 

「ゴールカード」

1枚に2つのアイテムが描かれていて2つのアイテムを集めると勝ち。タイトル自体はゲームにあまり意味は無い。

Fluxx22 Fluxx46

Fluxx37 Fluxx38

 

「ルールカード」

基本的に使用したカードのルールは即座に適用される。

 

「Double Agenda」

ゴールカードが2枚置けるようになる。

「Draw5」

カードを5枚引く。

*他にDraw2, Draw3, Draw4があります。

Fluxx50 Fluxx55

 

「Get On With It!」

手札全てを捨てて新しいカードを3枚引く。

*カードを引いたら自分の番は終わります。

*他のカードをプレイした後でもプレイ回数内であれば使えます。

「Goal Mill」

手札にあるゴールカードを捨てて、新たなカードを引くことが出来る。

*捨てる枚数は任意です。捨てた枚数分のカードを引きます。

*1ターンで1回のみ使用可能です。

Fluxx56 Fluxx57

 

「Hand Limit 2」

手札2枚制限。

*プレイ終了時に2枚より多く持っていた場合は捨てます。

*Hand Limit 3, Hand Limit 4があります。

「Keeper Limit 4」

*場のキーパーカードの4枚制限。

*Keeper Limit 2, Keeper Limit 3があります。

Fluxx59 Fluxx64

 

「Mystery Play」

山札の1番上のカードを1枚めくってすぐにプレイする。

*自分の番で1回だけ使用できます。使用しなくても構いません。

「No-Hand Bonus」

自分のターンの始めに手札が無かった場合は、カードを3枚引く。

Fluxx65 Fluxx66

 

「Party Bonus」

カードを引くとき、カードをプレイするとき、追加でもう1枚ずつカードを引いたりプレイすることが出来る。

「Play 3」

カードを3枚プレイする。

*Play2, Play4があります。

*カードを3枚までプレイできる、ではありません。必ず3枚プレイをしなければいけません。

Fluxx67 Fluxx70

 

「Play All」

手札のカードをすべてプレイする。

「Play All But 1」

手札が1枚になるまでカードをプレイする。

Fluxx72 Fluxx73

 

「Recycling」

場に置いてあるキーパーカードを1枚捨てて、カードを3枚引く。

 

「アクションカード」

「Discard & Draw」

手札をすべて捨て、新たにカードを引く。

Fluxx74 Fluxx75

 

「Draw 2 and Use’em」

カードを2枚引き、その2枚をプレイする。

「Draw 3, Play 2 of them」

カードを3枚引き、その中から2枚のカードをプレイする。

Fluxx76 Fluxx77

 

「Empty the Trash」

捨て札の山にあるカードをすべて山札に戻しシャッフルする。

「Everybody Gets 1」

各プレイヤーはカードを1枚ずつ受け取る。

*カードをプレイしたプレイヤーが3枚カードを引き、その中から1枚ずつカードを相手プレイヤーに振り分けます。

Fluxx78 Fluxx79

 

「Pass a Card」

各プレイヤーは手札からランダムな1枚を選び隣のプレイヤーに渡す。

*使用したプレイヤーは渡すカード、渡す方向を選べます。

「Exchange Keepers」

相手プレイヤーが置いているキーパーカードと自分のキーパーカードを入れ替える。

Fluxx80 Fluxx81

 

「Jackpot!」

カードを3枚引く。

「Let’s Simplify」

ルールエリアにあるカードの半分を捨てる(奇数の場合は切り上げ)。

Fluxx82 Fluxx84

 

「No Limits」

手札とキーパーの上限が無くなる。

*場にあるルールはすべて破棄されます。

「Rotate Hands」

全てのプレイヤーは手札を隣のプレイヤーに渡す。

*使用したプレイヤーは渡す方向を選択出来ます。

Fluxx85 Fluxx86

 

「Rules Reset」

全てのルールをリセットする。

*最初にあったカードを1枚引く、カードを1枚プレイするのみが置かれます。

「Share the Wealth」

場に置いてある全てのプレイヤーのキーパーカードを混ぜて配り直す。

Fluxx87 Fluxx88

 

「Shuffle Hands」

全てのプレイヤーの手札を集めて混ぜ、配り直す。

「Steal a Keepers」

相手が置いてあるキーパーカードを1枚奪う。

Fluxx89 Fluxx90

 

「Random Tax」

各プレイヤーから1枚ずつランダムでカードを奪う。

「Trade Hands」

対戦相手1人を選び、選んだプレイヤーと手札をすべて交換する。

Fluxx91 Fluxx92

 

「Trash a Keeper」

場に置いてあるキーパーカードを選んで捨てる。

「Trash a New Rule」

場に置いてあるルールカードを選んで捨てる。

Fluxx93 Fluxx94

 

「Use What You Take」

対戦相手のプレイヤーを1人選び、そのプレイヤーの手札から1枚を奪って使う。

「Zap a Card」

場に出ているルール、キーパーなどのカードを1枚選んで自分の手札に入れる。

Fluxx95 Fluxx96

 

 

カードをプレイしてルールを変えていくカードゲームです。このゲームはプレイルールを自分たちで決めていくというとても変わったゲームです。自分の番でプレイすることが、カードを1枚引くことだったり、4枚引くことだったりその時々で変わっていきます。さらに勝利条件も決まっていません。勝利条件すらも自分たちで決めていくのです。そしてその時に決められた勝利条件をクリアできれば、そのプレイヤーが勝者となります。

 

自分の番ですることも、勝利条件さえもすべてプレイヤーたちがカードで決めていくという「フラックス」というユニークなカードゲームです。

 

カードは「新ルールカード」「ゴールカード」「キーパーカード」「アクションカード」の4種類あります。

「新ルールカード」はそのゲームでプレイするルールを決めます。「ゴールカード」はそのゲームの勝利条件を決めます。例えば「1枚引く」というルールで1枚ずつカードを引いていたのに、誰かが「4枚引く」というカードを出した場合、それ以後はずっとカードを4枚ずつ引いていくという感じです。ゲームのルールそのものがプレイヤーが出したカードによって変わってしまうのです。

 

勝利条件も同様です。「アイスクリーム」と「クッキー」のカードを出していたら勝ちだったのに、誰かが「トースターとパン」という条件に変えたら、それ以後は「トースター」と「パン」を出した人が勝ちとなるわけです。

当然「アイスクリーム」と「クッキー」は全くの無駄になるのですが、ところがゴールカードに「クッキーとパン」というものがあるので、このゴールの条件に変えてしまえば、クッキーの利用価値がまた出てくるのです。

勝利条件そのものがコロコロと変わるので、いったいいつゲームが終わるか、いつまで続くか全く予想がつきません。

また「アクションカード」にはとても強力なカードがたくさんあります。手札を全部入れ替えたり、相手のカードを奪ったり、さらには作り上げたルールをゼロに戻してしまうなんていうカードもあります。

ルールは変わるし勝利条件も変わるし、手札もグルグルと入れ替わるため、もはや何をやっているかすらわけがわかりません。

 

そんなゲームですから戦略とかも立てようが無く、そのつど臨機応変に対応していくしかないのですが、カードの使う順番次第で相手の手をうまく制限するということは出来ます。

 

例えば、ルールを変えて5枚引き5枚プレイなど続けていくと、それぞれのプレイヤーの手札の枚数が増えていきます。そこでキーパー数制限とか手札枚数制限などを使うのですが、「Hand Limit 1」などのカードはプレイしたその時にルールが適用されます。

全員が10枚くらいずつカードを持っていたとき、「Hand Limit 1」で手札枚数1枚制限にルールを変えると、即座に全てのプレイヤーはカードを1枚になるまで捨てなければいけません。

ところがこの「Hand Limit 1」は「自分の番が終わったときに2枚以上持っていた場合、1枚になるように手札を捨てる」というルールですから、プレイしたプレイヤーは自分の番の最後になるまではカードを捨てなくていいわけです。

 

そこでアクションカードの「Trash a New Rule」など使いこのルール「Hand Limit 1」を捨ててしまいます。

これでルールがまた変わりましたからカードを捨てる必要もなくなり、他のプレイヤーは全員手札が1枚なのに、自分だけがカード10枚持ったままという状態になるんです。

まあここで「Rotate Hands」なんか使われて手札をすべて交換されたら意味なくなりますが、このようなカードを使う順番次第で相手の手をうまく制限することが出来ます。そこではいろんな方法が使えると思います。

 

グラフィック、操作性は素晴らしいですね。カードの色とエリアが対応していてとてもわかりやすいです。操作は全く問題ありません。カード処理が非常に面倒くさいゲームですが、その部分を素早くやってくれるのは楽でいいですね。カードをプレイするとそのカードの音が再生されますし(クッキーだったらクッキーの音、ミルクだったらミルクの音)、BGMもとても雰囲気が良くて楽しいです。

 

モードはAI対戦とオンライン対戦があります。このゲームは海外で人気らしく、そこそこの数のゲームが作られてマッチングはしやすそうでした。

 

ルールは・・・とてもユニークですが、プレイ自体は簡単なので英語ではありますが普通に遊ぶことが出来ると思います。

 

難点。うーん、何が面白いのかもうさっぱりわからないという感じですね。ルールを自分たちで変えながら進めていくというのはすごく面白いと思うのですが、こう遊んでいても全然テンションがあがらないといいますか。あっという間にゲームが終わる場合もあれば、10分以上プレイしていても全く終わらないときもあったり。手札が1枚だけの時もあれば手札40枚というわけのわからないときもあります。

 

なんというか・・・ゴールに向かっているのかいないのか全く分からないゲームというのがこれほど苦痛とは・・・。

 

ところがゲームの操作性とか見やすさとかもう抜群にいいんですよ。これが見事なくらいです。でもゲーム自体はあまり面白くなくて残念な感じですね。

 

実際のカードゲームの作者は「Martian Chess」でレビューしたMartian Chessの作者と同じ人です。マーシャンチェスも終わりのない感じで変なゲームなんですか、これも同じですね。下の動画に本人が出ていますが、なんというかぶっ飛んだ感じの印象を受けます。

 

このゲームは他にも「Cthulhu Fluxx」とか「Oz Fluxx」とか「Monty Python Fluxx」とか、いろんな種類のフラックスが出ています。

Fluxx04 

Fluxx06

 

「Oz Fluxx」とかアドオンで出たら欲しいですね。イラストを見ているだけでも面白そうです。期待しましょう。

 

ルールを自分たちで変えていくという変わったカードゲームです。

 

 

     

    Fluxx100

    カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム
    価格 / ¥360
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.0
    開発 / Playdek, Inc.

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第2世代)、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Fluxx
    AppStoreへ

     

  • Rules!
  • Wizard Card
  • bitFlip
  • Dead Man’s Draw
  • ミクフリック/初音ミク

Comments are closed.

PAGE TOP ↑