1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Traders Way01

 

■ Trader’s Way
株を売買して資産を増やすカジュアルゲーム。ゲーム終了時に最も多くの資産を獲得したら勝ち。

 

株を売買して資産を増やすカジュアルゲームです。4つの銘柄の株を買ったり売ったりして資産を増やしていきます。自分の番では株の購入、売却のほかに、カードを使って株の価格の操作をすることができます。自分の買った株の株価をつり上げて儲けたり、相手の持っている株の株価を下げて損をさせたりすることが出来ます。すべてのカードを使い切ったとき最も多くの資産を獲得していたプレイヤーが勝者となります。

 

 

Traders Way02 Traders Way03

 

これは株を売ったり買ったりしながら資産を増やしていくというゲームです。

自分の番では「株を買う/売る」「カードを使う」「株を買う/売る」という3つのプレイを順番に行います。

 

まずは「株を買う/売る」です。上に並んでいる4つの銘柄が対象の株です。

「Total Wealth(資産)」と「Cash Amount(現金)」が左下に表示されています。最初は「$500」からスタートです。

銘柄の右のボタンをタップすると「Buy/Sell」というのが出てきます。

Traders Way05 Traders Way06

 

ここでその銘柄の株を買うことが出来ます。購入株数を決めて右側の「Select」をタップします。

ここは「Pineapple株式会社」の株を買ってみましょう。1株$100です。

株を買うと右下に所持株数が表示されます。「pineapple」が5株になっていますね。現金は$500が$0になりました。株の売買が終わったら右側の「Next Step」をタップします。

Traders Way07 Traders Way08

 

次は2つめの「カードを使う」というプレイです。下にあるのがそのカードで、ここは縦にスライドすることでカードの詳細を見ることが出来ます。

このカードは株価を操作することが出来ます。

例えば左の「1」のカードの場合、「Sunny Tech」が「*2」、「?」が「/2」となっています。これは「Sunny Techの株価が2倍になり、任意の株価が1/2になる」というカードになります。

右の「2」のほうは「Pineapple, Inc.の株価が+60になり任意の株価が-40になる」ということを示しています。

先ほど「Pineapple」の株を買ったので「2」のほうのカードを使用してみましょう。左の「Use Card」をタップします。

Traders Way09 Traders Way10

 

「2」のカードは「Pineapple, Inc.の株価が+60になり任意の株価が-40になる」ということなので株価を「-40」する任意の株を選択し、「Select」をタップします。

上を見ると株価が変動していますね。「Pineapple」の株価が上がったので資産の額が「$500→$800」に増えました。「Next Move」をタップします。

Traders Way11 Traders Way12

 

「カードを使う」が終わったら「株を買う/売る」がプレイします。今回はもう現金がないので買うことは出来ません。

中央にある白い点が3つのアクションの流れを示しています。「株を買う/売る」「カードを使う」「株を買う/売る」の3つを順番にプレイします。プレイが終わったら「Next Move」をタップして自分の番が終了です。

Traders Way13 Traders Way14

 

他のプレイヤーも同じように「株の売買」「カード」「株の売買」をプレイします。

株価が随分と変わりましたね。

Traders Way15 Traders Way16

 

カードはそれぞれんプレイヤーが4枚持っています。使ったカードは常に4枚になるように補充されます。補充されるカードはランダムです。

今度はこの「1」のカードを使いましょう。「Sunny Techの株価が2倍になる」カードです。持っていた「Pineapple」の株を全部売って「Sunny Tech」の株を買います。

Traders Way17 Traders Way19

 

次に「Sunny Techの株価が2倍になる」カードを使います。任意の株価を半分にできますから上がっている「1st Bank, Inc.」の株を下げてみましょう。

これで「Sunny Tech」の株価が倍になりました。カードは自分の番で必ず1枚のみを使用します。

Traders Way21 Traders Way22

 

今は株を買ってその価格を上げて儲けているのですが、逆の使い方もできます。

例えば「1」は「Pineapple」の株価を「+100」して他の3つの株価を「-10」するというカードです。このカードで儲けるために、まずは「3」のカード「pineappleの株価を-60」を使います。

Traders Way23 Traders Way24

 

任意の株価を「+40」出来ますから、ここは今持っている「Sunny Tech」を選んで株価を上げておきましょう。

Traders Way25 Traders Way26

 

カードを使った後でも株の売買はできますから、ここで「Sunny Tech」の株を売ってしまいます。「Pineapple」の株価を下げましたからここで安く買って「+100」を使おうという狙いです。

このように株価を上げるほうではなく下げる方も利用価値があります。

Traders Way27 Traders Way29

 

本体を横向きにすると各プレイヤーの所持株数、所持金、資産を確認することが出来ます。次の番で「Pineapple」を買って株価を「+100」にするつもりだったのですが、他のプレイヤーは「Green Pharm」を買っていますね。

Traders Way31

 

これはなにかあるのではないでしょうか。予定を変えて「Green Pharm」の株を買うことにしました。

Traders Way33 Traders Way34

 

枚数は少ないですが乗っかってみることにします。

Traders Way36

 

自分の番では必ずカードを1枚使用しないといけないので、ここでは「Green Pharm+60、任意-40」を使っておきましょう。株価を下げるのは買う予定の「Pineapple」です。

Traders Way37 Traders Way38

 

次の自分の番です。「Green Pharm」の「$44」だった株価は「$194」にまで上がっています。他のプレイヤーが上げたようです。しかも「pineapple」は「$110→$10」に暴落しています。危ないところでした。

真ん中にある黄色い「Bank」ではお金を借りることが出来ます。タップすると所持現金数に応じてお金を貸してくれます。金利は現在3%です。

「$7,599」まで現金を増やした後に目的にの「pineapple」をまとめて買います。株価は「$10」です。

Traders Way44 Traders Way45

 

これで次は「+$100」に増やす予定です。他のプレイヤーも一緒に乗っていますが、この際しょうがないでしょう。

Traders Way48

 

そしてカードを使い株価をあげます。他のプレイヤーも上げてくれたようで一気に「Pineapple」は「$220」にまであがりました。大儲けですね。

ここでさらに「pineapple」の株価を「+40」してみましょう。

Traders Way56 Traders Way59

 

各銘柄の株価は「$250」が上限で、それ以上になると超えた分が配当として支払われます。

「Pineapple」は「$220」だったのですがカードで「+40」したので価格は「$260」になりました。「$250」を越えたのは「$10」分なので、その$10と所持株数(759)を掛けた金額「$7,590」が現金として支払われます。

Traders Way63 Traders Way64

 

例えば「Pineapple」はいま「$200」ですが、ここで「株価を2倍」にするカードを使ったとします。

株価は「$400」になりますが、$250を超えた分は「$150」となり所持株数796x$150で「$119,400」が現金としてもらえることになります。逆に株価が暴落して「$10」以下になってしまった場合はその分を補てんしなければいけなくなるので注意してください。

Traders Way75 Traders Way77

 

このように株を売買しカードをプレイしていくとやがて手札のカードが補充されなくなり無くなってきます。

そしてすべてのカードを使い切ったときがゲーム終了となります。そのときに最も総資産が多いプレイヤーが勝ちとなります。

Traders Way89 Traders Way97

 

ゲームはオプションで「銀行の有り無し」「イベントの有り無し」「プロモードのON/OFF」ができます。

プロモードでは1回の自分のターンで株を買ってカードで価格を上げてすぐに売るということは出来なくなります(次のターンはOK)。

Traders Way04 Traders Way107

 

株を売買しながら株価操作をするカードを使って儲け、より多くの資産を獲得していきましょう!

Traders Way106 Traders Way100

Traders Way94

Traders Way53

 

 

株を売買して資産を増やすカジュアルゲームです。4つの銘柄の株を買ったり売ったりして資産を増やしていきます。自分の番では株の購入、売却のほかに、カードを使って株の価格の操作をすることができます。自分の買った株の株価をつり上げて儲けたり、相手の持っている株の株価を下げて損をさせたりすることが出来ます。すべてのカードを使い切ったとき最も多くの資産を獲得していたプレイヤーが勝者となります。

 

株の売買をしてお金を稼いでいくカジュアルゲームですね。

これはターンベース型のゲームになっていてプレイヤーが順番にアクションを行っていきます。自分の番がきたら「株の売買」→「カードをの使用」→「株の売買」という3つのアクションを実行します。

このような「Trade Market」のゲームはAppStoreに結構あるのですが、ほとんどのものはリアルタイムで変化していく株価で株を買ってお金を増やしていくというタイプです。オンライン上に仮想の株式市場を作ってそこでプレイするという感じですね。

 

この「Trader’s Way」のもっとも違う点は、プレイヤーが「株価を操作する」というところです。

「株の売買」はともかく、自分の番で「カードの使用」というのがあります。各プレイヤーは4枚のカードを常に持っていて、自分の番では必ずカードを1枚プレイします。このカードは「2つの銘柄のうち、どちらかをあげてどちらかを下げる」とか「1つの銘柄の株価を上げる」とか、「2つの銘柄のうち、どちらかの株価を倍にしてどちらかを半分にする」など対象銘柄の株価を操作することがカードです。株価をプレイヤー同士で変動させていくわけですね。

株価はカードで変えていきますから、株を購入したときや売却したときでは株価は動きません。なので単純に、安く買って株価が上がれば儲かるし、逆に高く買って暴落すれば資産は減るという、そういうことになります。実際の株というよりは、株をテーマにしたカードゲームという感じです。

 

手札は4枚ですが、自分の番では必ず1枚カードを使用しなければいけません。カードを使うと1枚カードを補充されますので手札は必ず4枚です。そのうちカードが補充されなくなりますから、そこから手札をすべて使ったらそこでゲーム終了となります。このへんのゲームの終了条件もカードゲームという感じがします。

自分が持っているカードで株価を上げることが出来そうな銘柄を選んで買って、それからカードを使って株価を上げて儲けていきます。普通では絶対やってはいけないようなことが、このゲームでは基本のプレイになっているわけです。

 

「安く買って株価を上げる」これが自分の資産を増やす基本です。手札に「+60」とか「+100」とか価格を上げるカードがきたときに、その銘柄を買ってからカードを使えば「大儲け」。なんですが、この方法だけだと限界があるんですね。当然、他のプレイヤーもカードは使いますしその過程で株価も変動するので、頑張って自分の所持している株価をつり上げてみたとしても、ビックリするほど儲かるわけではなかったりします。

なので自分のカードだけではなく、他プレイヤーの株価操作にどれだけうまく乗っかって儲けていくことが出来るのか、というのが重要になります。

 

誰がどのカードを持っているかどこで使おうとしてるかはわかりませんが、カードの種類は決まっていて、なおかつ各プレイのログはいつでも確認できます。また各プレイヤーの所持株数も確認できるので、どこで儲けようとしているかは予測が出来ます。たまに大量買いをして相手に大量に乗らせておいてからドンッと下げられる、というおっかないことをやられて痛い目をみたりしますが、とりあえず株数の動きと使用カードくらいは毎回確認をして、他のプレイヤーが株価をあげようとしているときに、どれだけうまくそこに乗っていくことができるのか、が考えどころになりますね。

性質上、大量リードされて株を現金化されたらもう手も足も出なくなるので、そこまで差が開く前になんとか追いつくなり追い抜くなりしておきたいところです。

 

グラフィック、画面構成はとてもシンプルですがわかりやすくていいです。iPadでのプレイを想定しているのかチャートは本体を横にしないと見えません。カード内容は似たようなものが多いのですが、銘柄の値動きがちゃんと表示されているので問題ありません。

プレイは1~5人用で、本体を持ち替えてのプレイヤー対戦や、AIを含めた対戦も可能です。AIはEasy、Medium、Hardの3種類があります。一応AI対戦では自分の番のプレイ以外は一瞬で終わるので、サクサクとゲームは進みます。

 

8回とか12回とかそのくらいのカードの使用で終わるので短時間で遊べますし、単純な頭の体操とでも思えばなかなか楽しめるのではないかと思います。

 

難点。いちいち本体を横にして株数の確認をするのが面倒くさいですね。このくらいの表やチャートならいくらでも1画面に詰め込めると思うので、1画面で全て完結できるようにしてほしいです。あとは1回での購入の上限ありとか、銘柄数の増加とか、カードの種類の増加とか、いろいろと追加すればもっと面白くなるのではないかと思います。現時点では暇つぶし程度に遊べるという感じの内容です。

 

株を売買して資産を増やすカジュアルゲームです。

 

 

     

    Traders-Way100

    カジュアルゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Infinite Software

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

     

    Trader’s Way
    AppStoreへ

     

 

Trader’s Way iOS Game (Explanatory Video/ English) from Infinite Software on Vimeo.

 

  • English Country Tune
  • Hard8
  • Dungelot
  • Towers Infinite
  • Word Up Dog

2 Responses to “Trader’s Way”

  1. youyou より:

    このゲームなぜか気になります…
    バージョンアップしたみたいなので変更された点とか教えてもらってもよろしいでしょうか?
    スペクトロマンサーのアドオンで金が消えてしまったので慎重に買い物したいのです笑
    その他のtrade market系のオススメのゲームあれば教えてください!

  2. puzzlelove より:

    >youyou さま
    こんばんは!
    アップデート内容にはMinor fixと書いてあるのでバグ系の修正じゃないでしょうか。見た目で何か変わったというところはありません。

    株系のゲームってただ数値の変化でお金を増やすようなものが多いんですよね。ボードゲームのようなものでいえば

    Stock Market Board Game
    http://puzzle-app.com/boardgame/?p=1353

    くらいでしょうか。iPadですけど。

    Trader’s Wayは10日ほど前に無料になっていたので、そのうちまた無料セールするかもしれませんね。

PAGE TOP ↑