1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

The Curse01

 

■ The Curse
本の封印を解くためパズルをクリアしていく完全思考型パズル。

 

本の封印を解くためパズルをクリアしていく完全思考型パズルです。100ページに及ぶ本の封印を解くため1ベージずつパズルの封印を解いていきます。パズルは古典的なものが多く、ページが進んでいくごとに難易度が高くなります。いくつか解くごとに獲得するギアのパーツをすべて手に入れ、100ページ目のパズルを解くことが出来たらクリアです。

 

 

The Curse02 The Curse03

The Curse04 The Curse06

 

このゲームは本の封印を解くために100ページに及ぶパズルを1つずつクリアしていくというものです。1ベージに1問ずつ、異なったさまざまな種類のパズルが登場します。

これは「Tangram」パズルです。灰色のエリアで出来た形になるように、下にある図形を当てはめていきます。ドラッグして移動、タップして図形の回転が出来ます。

The Curse08 The Curse11

 

こちらはRIDDLE、なぞなぞですね。上に書いてある問題の答えを下の単語のバーを回して「SUBMIT」をタップします。正解になるとスタンプが貰えて次のページに進みます。

The Curse15 The Curse16

 

いくつかのパズルをクリアするとギアのパーツが1つずつもらえます。

The Curse13 The Curse14

 

100ページ目に集めたパーツを使って、最後の問題にチャレンジして封印を解きます。

The Curse09 The Curse84

 

これは「Magic Squares」パズルです。魔方陣の中に数字を埋めて、タテヨコナナメで足してすべて同じ数になればクリアです。下から数字をドラッグします。

The Curse17 The Curse74

 

これは「Sliding Blocks」パズルです。いわゆる箱入り娘です。ブロックをスライドさせ、マークのついた一番大きいブロックを下の出口から出すことが出来ればクリアです。

The Curse19 The Curse76

 

これは「Button Gauge」です。ボタンをタップするとゲージが右に進みます。ゲージが赤い部分まで行くとライトがつきます。ボタンのゲージはそれぞれで進むスピードが違いますので、同時にすべてのボタンを光らせることが出来ればクリアです。

The Curse21 The Curse92

 

これは「Match-It」です。イラストが全部回転しています。下にあるイラストの中に1番上と同じものが1つだけあります。見つけるとクリアです。

The Curse26 The Curse78

 

これは「Bulbs」です。ライトが順番に光っていきますので、その順番を覚えて光った順でタップしていきます。いわゆるサイモンセイズです。3回連続で正解するとクリアです。

The Curse29 The Curse30

 

「Draw The Line」です。画面端にある釘から釘にひもを繋げることが出来ます。ひもで区切ったエリアの中で赤いボールと黄色いボールがすべてペアになるように紐を繋げることが出来たらクリアです。

The Curse32 The Curse93

 

「Circuit」です。同じ色同士をラインが重ならないように繋げていきます。いわゆるアルファベットコネクションです。すべて繋げることが出来ればクリアです。

The Curse37 The Curse69

 

「Jars」です。ボトルの水を移動させて分け、下に表示された量の水にするとクリアです。ボトルの水はいっぱいになるか空になるまで途中で止めるということが出来ないので、水を入れ替える順番が大事になります。

The Curse38 The Curse86

 

「Lights Out」です。電球をタップすると、タップした電球とその上下左右の合計5つの電球のON/OFが切り替わります。全ての電球を消すことが出来ればクリアです。

The Curse40 The Curse67

 

「UnTangle」です。ボタンには紐がついていて、ボタンは自由な位置に動かすことが出来ます。ボタンから伸びている全てのひもが重ならないような位置にボタンを動かすことが出来ればクリアです。

The Curse43 The Curse77

 

「Burn The Rope」です。結び目をタップして燃やし、そこから伸びている次の結び目を順番に燃やしていきます。すべての結び目を燃やすことが出来たらクリアです。要するに一筆書きです。

しかし同じ結び目を再度通過することが出来ませんので一筆書きよりは少し難しいです。

The Curse45 The Curse79

 

「Logic Wheel」です。左右の矢印でボールを回転させ、ボールの真ん中にある色の配置通りに並べることが出来たらクリアです。

The Curse47 The Curse48

 

「Hamiltonian」です。釘の部分を電線で繋いでいき、1つの円のように繋げるとクリアです。途中で固定された場所はその方向にしか繋げられません。

The Curse56 The Curse97

 

「Dominoes」です。下にあるドミノのタイルを上の場所の空いている部分にすべて埋まるように配置していきます。ドミノのタイルは、それぞれのタイルの両端の数が「2-2」のように同じ場合だけ繋げて置くことが出来ます。

The Curse51 The Curse66

 

「Solitaire」です。石は上下左右に動かすことが出来ます。動かすときは他の石を飛び越えた先に動かさなければいけません。動かしたとき、飛び越えた石は取り除かれます。すべての石を取りき最後に1つだけになったらクリアです。いわゆるペグソリティアです。

The Curse58 The Curse72

 

これらのパズルは同じ種類で難易度が上がったりしていくつか出てくるものがほとんどですが、1度しか登場しないパズルもたくさんあります。

The Curse49 The Curse65

 

これはお馴染みのハノイの塔ですね。位置を入れ替えるLucas Problemなどもあります。古典的なパズルがたくさん出てきます。

The Curse80 The Curse87

The Curse61 The Curse81

 

当然、15パズルも登場します。盤面が5×5なので数が多く、制限時間も短いので結構厳しいです。

一応右が完成図です。左下が空くので右側から詰めていかないといけませんね。

The Curse62 The Curse100

 

99問ある問題を解きあかし、100問目にある謎を解いていきましょう!

The Curse95 The Curse83

The Curse35 The Curse104

The Curse52 The Curse89

 

 

本の封印を解くためパズルをクリアしていく完全思考型パズルです。100ページに及ぶ本の封印を解くため1ベージずつパズルの封印を解いていきます。パズルは古典的なものが多く、ページが進んでいくごとに難易度が高くなります。いくつか解くごとに獲得するギアのパーツをすべて手に入れ、100ページ目のパズルを解くことが出来たらクリアです。

 

 

さまざまなパズルをたくさん出てくるゲームですね。一応パズルをクリアして本の封印を解くというストーリー的なものはありますが、要はパズルの詰め合わせです。パズルはとても古典的なものばかり100問もあります。いくつか同じ種類のパズルで難易度違いが出てきますが、パズルは15種類以上も出てくるので飽きずに楽しめると思います。

 

パズルの傾向としては「RIDDLE」がなぞなぞ系で、これがひらめきで解くタイプのものです。文字を選択して答えを入力します。「Button Gauge(タイミングを合わせる)」や「Stopper(光を指定の場所で止める)」が少しアクション系、「Bulbs(サイモンセイズ)」と「Match-It(同じ柄を探す)」などが記憶系です。

それ以外のものはハッキリいって面倒くさいタイプのパズルとでも言いますか、「Light Out/ライツアウト」とか「Magic Squares/魔方陣」とか「Tangram/タングラム」や「Sliding Blocks/スライディングブロック」、「Solitaire/ペグソリティア」など、とにかく試行錯誤を繰り返して解いていくもので、数も時間もかかりなかなか手ごわいです。

でも1問解いたら次がアンロックされていくというのではなく、最初から99問どれでも選択できるようになっているので、解けなかったら後日に回して次の問題へ、という風に気分を変えることが出来ます。こういうのはありがたいですね。やっぱり得手不得手というのはありますので。

 

難易度としてはそれほど高くはないのですが、上に書いたように時間のかかるタイプが多いので根気よく解いていくしかないありません。逆にいえばホントのヒントが必要となるのはひらめきで解くリドルくらいなので解いていくぶんには問題ないと思います。

 

グラフィックとストーリーの雰囲気はとてもいいですね。パズル自体は平凡ですけど怪しげな雰囲気があってのめり込めます。ストーリーテラーみたいな仮面をかぶった人がいい味出してます。あと問題の細かいところがとても凝っているので遊んでいて楽しいですね。

しかしグラフィックや雰囲気がいい分、操作やパーツの動きなどはちょっとペラペラしてる感じでイマイチでした。

 

いい雰囲気のゲームですし、100問という問題の多さからもこの値段なら十分に暇つぶしにはなるのではないでしょうか。

 

難点。他のパズルは問題ありませんが、リドルに関しては「なぞなぞ」なので英語が読めないときついです。それに少しひねったようなものがあって、例えば1番最後に乗せた画像の問題などは、「ひもは泳ぐためのもので、報酬は空けるためもの、それでは答えを単語のレバーで入力してください」みたいに書いてあるのですが、「ひも=loop=ループ=プール?」そんな感じになっています。

パズル種類は多いですが問題自体は単調、100問あるからなんとか納得できますね。

 

たくさんの種類のパズルが遊べるゲームです。

 

 

     

    The-Curse100

    完全思考型パズル
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.1.0
    開発 / Toy Studio LLC

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 3.0 以降が必要

     

    The Curse
    AppStoreへ

     

 

 

 

  • Smiles – 2 in 1 Solitaire Match and Puzzle Matching Fun
  • Tangram
  • Sliding Tiles
  • Squares!
  • Groovin’ Blocks

Comments are closed.

PAGE TOP ↑