1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

MONOPOLY Millionaire01

 

■ MONOPOLY Millionaire
土地を買って資産を増やしていくボードゲーム。最初に100万モノポリーマネーに達したプレイヤーが勝ち。

 

土地を買って資産を増やしていくボードゲームです。サイコロを2つ振り、コマを動かしてボード上を周回していきます。止まったマスの土地を購入し自分の土地にすることが出来ます。他のプレイヤーの所有する土地に止まった場合はその土地の使用料を所有プレイヤーに支払わなければいけません。土地は他のプレイヤーと取引して交換することが出来ます。同じエリアの土地を独占して所有すると、そこに家やホテルなどの建物を建てることが出来ます。建物を建てると土地の価値が上がり使用料も増加します。これを繰り返し、所持金が最初に100万モノポリーマネーに到達したプレイヤーが勝者となります。

 

モノポリーは世界で最も人気のあるボードゲームです。戦略、交渉、サイコロ運など、やみつきになる要素満載のゲームです。この「モノポリーミリオネア」は2012年に発売されたモノポリーシリーズの最新のバージョンです。今までもモノポリーよりもスピーディなゲーム展開が楽しめます。

 

そんな「MONOPOLY Millionaire/モノポリーミリオネア」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

MONOPOLY Millionaire02

MONOPOLY Millionaire03

 

 

MONOPOLY Millionaire09

MONOPOLY Millionaire08

 

「モノポリー」は100年近い歴史のある世界で最も人気のあるボードゲームです。

サイコロを振って土地を買い、取引をし、他プレイヤーから使用料をもらって資産を増やしていくという内容です。歴史が古いためバリエーションも多くいろんなバージョンが出ています。この「モノポリーミリオネア」は2012年に発売されたバージョンです。

 

ゲーム内容はサイコロを振ってすごろくのようにコマを進め、止まったマスで買い物をして資産を増やしていくというものです。

中央にあるのがボードです。ボードの周りを周回するようにコマを進めます。右下がスタート場所です。

MONOPOLY Millionaire13

 

モノポリーは有名なゲームですし、基本的なルールはネット上などで詳しいところもたくさんあるのでそちらで調べていただくとして、「モノポリーミリオネア」でのルールの違いを中心に書いてみましょう。

 

ボード上には同じように土地のマスがあり色分けされています。配置は同じですが「鉄道」や「税」のマスがないので通常1辺9マスのところが7マスになっています。

まずはサイコロを振りましょう。左下のサイコロアイコンをタップするか、ボード上のサイコロをフリックします。

MONOPOLY Millionaire12

 

サイコロを2個振った合計分、コマを時計回りに進めます。

MONOPOLY Millionaire18

 

各マスにはそれぞれ1枚ずつ「FORTUNEカード」というのが置いてあります。マスに止まるとまずそこに置いてあるフォーチュンカードの効果をプレイします。

フォーチュンカードは2種類あって、「Use now.」と書かれたその場ですぐに使用効果が出るもの、「Keep until needed.」と書かれたいつでも使用できるものがあります。

これは「FORCED DEAL」というカードです。いつでも使うことが出来るカードです。

MONOPOLY Millionaire16

 

フォーチュンカードの効果のプレイしたら、次は止まった土地マスの買い物になります。マスにはそれぞれ値段がついていて所持金でその土地を買うことが出来ます。「M」と書かれているのが金額ですね。これはモノポリーマネーと呼ばれます。

このマスは「AQUA PARK RESORT」で価格は「15K」ということです。

MONOPOLY Millionaire17

 

ボード上のマスをタップするとその場所のステータスを見ることが出来ます。右側が土地カードでステータスなどが書かれています。

MONOPOLY Millionaire19

 

その土地を買うときは緑色のチェックマークをタップします。

MONOPOLY Millionaire21

 

土地を購入しました。購入すると所持金が減ります。所持金は「371Kモノポリーマネー」からスタートです。

ボードの外の購入した自分の土地の周りに自分の色のマークがつきます。下にある赤いのがそうですね。これが所有プレイヤーを示しています。

MONOPOLY Millionaire22

 

ボードをタップして今購入した土地を見てみます。

MONOPOLY Millionaire23

 

カードの周りが自分の色になり、「Owned by:」のところが自分のコマになっています。

MONOPOLY Millionaire24

 

真ん中下のカードマークをタップすると所持しているカードを見ることが出来ます。これは先ほどのフォーチュンカードで手に入れた「FORCED DEAL」というカードです。枚数が「x1」になっていますね。

MONOPOLY Millionaire26

 

サイコロを振ってコマを移動させたら自分の番は終了です。左下の緑色のターン終了アイコンをタップして終わりです。

MONOPOLY Millionaire27

 

終わると次のプレイヤーが同じようにサイコロを振ってコマを進めて土地を買っていきます。

MONOPOLY Millionaire28

 

各マスに置いてあるフォーチュンカードは1枚ずつしかありません。最初に止まったプレイヤーのみがその効果を使用したりカードを手に入れたりできます。

MONOPOLY Millionaire30

 

これは「FREE HOUSE」というカードです。これもいつでも使うことが出来て、自分のマスに無料の家を1つ建てることが出来ます。

MONOPOLY Millionaire31

 

こうしてサイコロを振っては土地を購入していきますが、コマは時計回りにボードを回ります。右下の「GO!」というところがスタート地点です。ここまでが1周となります。

MONOPOLY Millionaire35

 

スタート地点である「GO!」に来た時、自分のコマを「50K」でアップグレードすることが出来ます。GOを通過するとサラリーを貰うことが出来るのですが、コマをアップグレードするとそのサラリーの額が上がります。

1段階目のアップグレードでは「150K」、2段階目のアップグレードでは「200K」、3段階目のアップグレードになると「250K」が1周ごとに貰えます。

MONOPOLY Millionaire36

 

マスに止まったときのフォーチュンカードの効果はいいことばかりではありません。

これは「BAD CREDIT RATING!」です。下に「Use now.」と書かれているので即座に効果を発揮します。

MONOPOLY Millionaire44

 

この「BAD CREDIT RATING」は、土地がオークションにかけられます。

通常は止まった土地の購入権は止まったプレイヤーにあるのですが、このカードが出るとその土地はいきなりオークションにかけられてしまいます。

オークションは全てのプレイヤーが参加して、最も高い値段をつけたプレイヤーがその土地を購入する、という手順を踏みます。

MONOPOLY Millionaire45

 

「BAD CREDIT RATING」では自分も入札できます。入札したい金額を入力し右下のチェックをタップします。

MONOPOLY Millionaire46

 

通常なら安く変えたはずの土地が、オークションにかけられたおかげで割高になってしまいました。

MONOPOLY Millionaire47

 

でもこれで2つ目の土地を手に入れることが出来ました。土地マスは色分けされていてエリアが分かれています。

MONOPOLY Millionaire49

 

このモノポリーでは手に入れた土地を他のプレイヤーと交渉して交換することが出来ます。

左から2番目のアイコンをタップしてみます。

MONOPOLY Millionaire52

 

そうすると交渉の画面に変わります。右側のプレイヤーをタップするとそのプレイヤーが所持している土地が表示されます。交渉したい相手をタップしてチェックマークをタップします。

MONOPOLY Millionaire54

 

左側が自分の所持している土地です。右側は相手が所持している土地です。いま欲しいの青い土地です。右側の相手の青い土地をタップします。

MONOPOLY Millionaire55

 

タップすると土地のステータスが表示されます。右下の青いアイコンをタップします。

MONOPOLY Millionaire56

 

タップすると右側の相手プレイヤー欄に選んだ土地が追加されます。

MONOPOLY Millionaire57

 

今度は交渉で交換する自分の土地を出します。同じように土地をタップして右下のアイコンをタップします。

MONOPOLY Millionaire58

 

今回は自分のピンクの土地と、相手の青い土地を交換しようということです。上の「M」というところをタップすればモノポリーマネーを追加して交渉することもできます。

これでよかったらチェックマークをタップします。

MONOPOLY Millionaire59

 

相手側がその条件にOKしてくれると「accepted」と表示され交渉が成立します。

MONOPOLY Millionaire61

 

こういう交渉では、フォーチュンカードなどで手に入れた「FORCED DEALカード」なども使えます。この「FORCED DEAL」は有無を言わさず土地を交換してしまうという恐ろしいカードです。

MONOPOLY Millionaire53

 

土地を交換しましたので、青いエリアの土地がすべて自分の所有になりました。

こうなると「独占状態(モノポリー)」となって土地の価値が上がります。

MONOPOLY Millionaire62

 

1エリアの土地を独占するとそこの土地に建物を建てることが出来ます。

MONOPOLY Millionaire64

 

建てることが出来る建物は、家とホテルの2種類があります。上から建てたい土地まで家をドラッグします。建物を建てるにはもちろんコストがかかります。

MONOPOLY Millionaire65

 

建てたい数の家をドラッグしたら右下のチェックをタップします。

MONOPOLY Millionaire67

 

これで自分の独占した土地に家を建てることが出来ました。

各プレイヤーはサイコロを振ってこのように他のプレイヤーの所有する土地に止まった場合、その土地の使用料を所有するプレイヤーに対して支払わなければいけません。

MONOPOLY Millionaire71

MONOPOLY Millionaire72

 

この土地ですと、土地の使用料は、所有していれば止まったプレイヤーは「15K」を支払います。

MONOPOLY Millionaire50

 

各エリアを独占すれば使用料は倍になります。「30K」です。

MONOPOLY Millionaire66

 

家を建てればさらにその使用料が上がります。4個家を建てたので「95K」になりました。このように自分の土地の価値を上げていきます。

MONOPOLY Millionaire70

 

こういった使用料は、所持金があればそのお金で支払いをするのですが、手持ちのお金が無くなった場合は、自分の土y地を抵当などに入れて現金を作って支払いをしなければいけません。赤いマークがついている場所は抵当に入っている土地です。

この場所に止まったプレイヤーは使用料を支払う必要はありません。

このような抵当はお金を支払うことで抜くことが出来ます。

MONOPOLY Millionaire73

 

土地の途中に「MILLIONAIRE LIFESTYLE」という場所があります。

MONOPOLY Millionaire15

 

ここに止まるとミリオネアライフスタイルカードを引いて、その効果を実行します。カードはランダムで出てきます。

これはボード上で空いている好きな土地に移動できるという効果です。

MONOPOLY Millionaire74

 

ボード上で空いている好きな土地に移動できるなんてラッキーですね。右下の群青色の土地を1つ所有していて、隣が空いているのでここに移動しましょう。基本的に土地は「GO」からスタートして遠い土地ほど価値は高くなります。

MONOPOLY Millionaire75

MONOPOLY Millionaire77

 

2つの土地を獲得です。1番価値の高い色の土地を独占することができました。

MONOPOLY Millionaire79

 

家を建てるのは自分の番であればいつでもできます。カードの「FREE HOUSE」を2つ持っていますのでドラッグしてそれぞれに建てましょう。

MONOPOLY Millionaire80

 

ここは所有しただけで130Kです。ホテルまで建てると550Kも使用料を貰うことが出来ます。

MONOPOLY Millionaire81

 

こちらは「CHANCE」です。このマスに止まるとチャンスカードを引くことが出来ます。

MONOPOLY Millionaire37

 

チャンスカードにもいろいろあるのですが、これはサイコロを振ることで「150K」がもらえます。こういったチャンスでは、コマのアップグレードの状態で成功する条件が変わります。

MONOPOLY Millionaire86

MONOPOLY Millionaire88

 

このようにマスを回り土地を買ってゲームを進めていきます。使用料を貰っていけばやがてお金も溜まってきます。

そして1番最初に所持金が「100万モノポリーマネー(1000K)」に達したプレイヤーが勝者となります。

MONOPOLY Millionaire89

 

ゲームはWiFiを使用したローカル対戦が出来ます。AIを含めた本体を持ち替えてのプレイも可能です。

AIの強さは「Easy」「Medium」「Hard」から選べます。ゴール金額も100万モノポリーマネーと200万モノポリーマネーの2種類を選ぶことが出来ます。

MONOPOLY Millionaire11

 

土地を買い集めて相手と取引をしながら所持金を増やし、ゴールである100万モノポリーマネーを目指して突き進みましょう!

MONOPOLY Millionaire87

MONOPOLY Millionaire91

MONOPOLY Millionaire92

MONOPOLY Millionaire43

 

 

土地を買って資産を増やしていくボードゲームです。サイコロを2つ振り、コマを動かしてボード上を周回していきます。止まったマスの土地を購入し自分の土地にすることが出来ます。他のプレイヤーの所有する土地に止まった場合はその土地の使用料を所有プレイヤーに支払わなければいけません。土地は他のプレイヤーと取引して交換することが出来ます。同じエリアの土地を独占して所有すると、そこに家やホテルなどの建物を建てることが出来ます。建物を建てると土地の価値が上がり使用料も増加します。これを繰り返し、所持金が最初に100万モノポリーマネーに到達したプレイヤーが勝者となります。

 

2012年に発売された「モノポリーミリオネア」ですね。基本的なルールは通常の「モノポリー」と同じです。

サイコロを2個振り、コマを動かしてその土地を購入します。他のプレイヤーが所有している土地に止まってしまったらそのプレイヤーに使用料を支払わなければいけません。土地は1エリアを独占したり建物を建てることで価値を上げることが出来ます。価値が上がると使用料も増加します。これを繰り返していきます。

 

通常の「モノポリー」に関してはそこは大人気ボードゲーム、ネット上に詳しい説明や戦略など扱っているサイトが山ほどあるのでぜひそちらを参考にしてください。

 

それで通常のモノポリーと、この「MONOPOLY Millionaire」の違いですが

 

・ゴールは100万モノポリーマネー到達

・コマをアップグレードできる

・土地マスにフォーチュンカードというカードが乗っている

・マスに税・鉄道などが無く、1辺は7マス(土地の配置は同じ)

 

だいたいこんなところですね。

 

まず決定的に違うのが「勝利条件」です。通常の場合はすべてのプレイヤーを破産させることなんですが、このモノポリーミリオネアの場合は、誰かの所持金が100万モノポリーマネーに到達した時点でゲーム終了となります。他プレイヤーを破産させる必要がありません。そのためゲーム展開が早いです。

マスの配置はモノポリーと一緒ですが、税・鉄道が無いため1辺が7マスになっています。

コマは「GO」を通過するたびに50モノポリーマネーを支払ってアップグレードできます。アップグレードすると周回するたび貰えるサラリーの額が上がり、またチャンスカードなどでもらえる額や条件が良くなります。

 

土地のマスには1枚ずつ「フォーチュンカード」というのが乗っています。これは止まったときにすぐに使用するものと、いつでも使えるカードに分かれています。すぐに効果を発揮するものに関しては悪いものもありますがかなり強烈なものもあります。

例えば「止まったマスの次に空いているマスも買うことが出来る」とか、最初に止まったマスでこれが出るとエリアをあっという間に独占できたりしてしまいます。

 

いつでも使えるカードは、通常のモノポリーの場合「刑務所の釈放券」などがありますが、このモノポリーミリオネアでは「無料の家」とか「強制取引」とかこれもまた強烈なものばかりです。「強制取引」を使用すれば、残り1個でエリア独占なのに!といった状態からすぐに独占できてしまいます。強力です。

それ以外も「JAST SAY NO!」という支払いや強制取引など全てを拒否できるカードもあって、なかなか個のフォーチュンカードは面白いものがあります。

 

遊んでみた感想は、なんともまあ味気ないゲームになっているなという感じですね。

勝利条件が破産ではなく「100万モノポリーマネー」ということで、お金をいかに稼いでいくかがポイントになります。となると当然モノポリーの土地で有利な「オレンジ色」「赤色」「黄色」といったあたりの独占を狙い、使用料をあげれば早くお金が稼げて勝てる、ということになるんでしょう。

ところがこれがそうでもないのです。

 

まずマスが少ないためプレイヤーは早く周回します。また途中にある「チャンス」「ミリオネアライフスタイル」ではかなりのお金がもらえます。コマをアップグレードすればさらに金額が上がります。お金をゴール目標にしたからなのか「ミリオネア」というテーマだからなのか、1回で150Kモノポリーマネーとか200Kモノポリーマネーとかもらえたりするのでとても破産になりにくいのです。

そういう感じなので、例えばオレンジ色エリアを全部独占出来たとして、そこに家を建て価値を上げ使用料でガッポリと狙おうとします。しかし周回が短くサラリーも多いので、ガッポリやる前に早く周回したほうが土地を独占するより先に100万に到達してしまうのです。

試しにマスに止まっても土地を買わず(土地は購入しないと他プレイヤーへのオークションに回される)、他のプレイヤーに買わせてなるべくお金を使わせ、とにかくサイコロを振って回るだけでプレイしてみたら土地所有ゼロで100万モノポリーマネー突破、勝ててしまいました。

 

「スピード感があって展開も速い」、確かにそれはそうですが、サイコロを振っていい目を出してなるべく早く回ったほうが勝つというのは、ある意味「すごろく」よりタチが悪いですね。

そういうところがなんとも消化不良な感じをうけます。

 

グラフィックは黒が基調で高級感はよく出ています。。サイコロの動きは今までのモノポリーアプリと変わりません。操作は全てアイコンで表示されているので迷うことはないでしょう。

サイコロはアイコンをタップしても振れますし、ボード上のサイコロをフリックしても振ることが出来ます。しかし本体を振ってサイコロを振るというオプションはありません。

 

モードはAIを含めた対戦と、本体を持ち替えてのプレイヤー対戦、Wifiによるローカル対戦があります。AIの難易度は「Easy」「Medium」「Hard」の3種類です。AIはハードでも弱いですね。

ゴール金額は100万モノポリーマネーと200万モノポリーマネーの2つが選べます。200万のほうが長い分、しっかりとゲームが出来ていいんじゃないかと思います。

ゲーム内はすべて英語ですが、処理等はすべてオートでやってくれるのでゲーム進行自体に問題はありません。

 

プレイ時間はアニメーションを切って100万ゴールで15分から20分、手軽なモノポリーが遊びたいというかたならいいんじゃないでしょうか。

 

難点。とにかく「独占」しなくても勝てるのですからすでにモノポリーですらありません。これはもとのボードゲームのルールがいまいちなんでしょうね。

起動し直せば直りますが、バグが結構あってタップ出来なくなったり所持金が見えなくなったりします。それ以外のルールに関した問題は上に書いた通りです。

 

Electronic Artsでは、このミリオネアのほかに 「MONOPOLY Here & Now: The World Edition」、「MONOPOLY」と2つほどモノポリーが配信されていますが、まだマシなほうは「MONOPOLY」ですね。2つとも日本語化されていますが、World editionじゃないほうが実際のボードゲームと同じ地名なので遊びやすいと思います。しかしどちらもプレイ時間は結構長くかかるので、長く遊ぶのがイヤだという方ならこのミリオネアでもいいかなと思いますが、あまりおすすめはいたしません。

 

MONOPOLY-World-Edition150

MONOPOLY Here & Now: The World Edition

MONOPOLY HERE & NOW: The World Edition for iPad

MONOPOLY Millionaire93

MONOPOLY Millionaire94

 

 

MONOPOLY150

MONOPOLY

MONOPOLY for iPad

MONOPOLY Millionaire95

MONOPOLY Millionaire96

 

 

実際のボードゲームのモノポリーは「Hasbro」が出しているのですが、 2012年の5月頃に「MONOPOLY ZAPPED EDITION」なんていうのを発売していました。ボードの真ん中にiPadを置いてクレジットカードを持って銀行役をiPadがやってくれたりミニゲームがあったりするみたいです。色々と取り入れていますね。

 

MONOPOLY-zAPPed-edition150

MONOPOLY zAPPed edition (US Store Only)

MONOPOLY zAPPed edition for the iPad (US Store Only)

MONOPOLY Millionaire06

 

「ZAPPED」シリーズはいくつかの種類を出していて、おなじみの「人生ゲーム」の真ん中にiPadを置いてイベントを行うようになっていたり、「BATTLESHIP Movie Edition zAPPed Game」は実際にiPadの上に艦船のコマを置いて動かして対戦するゲームのようですね。どういう理屈でそうなっているのかはさっぱりわかりませんが、なかなか面白そうです。

このシリーズはあまり評判は良くないようですが、カードゲームとかで、iPadに置いたら得点計算とかしてくれたり、実際のカードで遊戯王みたいなことが出来たらたぶん楽しいでしょうね。

THE-GAME-OF-LIFE-ZappED150

THE GAME OF LIFE ZappED edition (US Store Only)

MONOPOLY Millionaire05

 

BATTLESHIP-zAPPed150

BATTLESHIP zAPPed EDITION MOVIE EDITION (US Store Only)

MONOPOLY-Millionaire97

 

タッチデバイスでこれからどんな方向性のゲームが出てくるのかはわかりませんが、あっと驚くようなアイデアを期待しましょう。

 

土地を買って資産を増やして早くお金を稼ぐボードゲームです。

 

 

     

    MONOPOLY-Millionaire100

    ボードゲーム / サイコロゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥360
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.2.0
    開発 / Electronic Arts

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要

     

    MONOPOLY Millionaire
    AppStoreへ

     

    MONOPOLY Millionaire for iPad
    AppStoreへ

     

  • Tricky 6
  • iM Detective
  • Gemlogic
  • Tiny World
  • Rubik’s Slide

Comments are closed.

PAGE TOP ↑