1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

ET The Green Planet01

 

■ E.T. The Green Planet
植物を育ててETの星を再生させる育成ゲーム。

 

植物を育ててETの星を再生させる育成ゲームです。荒廃してしまっているETのふるさとの星「グリーンプラネット」に、様々な植物を植えてもとの豊かな星に再生させます。種を植えて育て、育てた植物を交配させてまた別の新たな植物を作り出します。溶岩や宇宙船、奇妙な形をした花たちなどさまざまなデコレーションをたくさん集めて賑やかな星を作っていきます。

 

 

ET The Green Planet03

ET The Green Planet04

 

「ET」は1982年に公開された、子供たちと地球外生命体の交流を描いたスピルバーグのSF映画です。

ここはその「ET」のふるさと「グリーンプラネット」。荒廃してしまっているこのグリーンプラネットをよみがえさせます。

ET The Green Planet05

 

左上が自分のレベルと経験値、その隣が「Nutrient」「Energy」「Healing Touche」となっています。画面右下にある「Build」からは星に置くアイテムが選べます。

ET The Green Planet63

 

この中の「GARDEN」の「Soil Bed」をタップして選択します。これらのアイテムを置くには「Nutrient」や「Healing Touche」が必要になります。

ET The Green Planet07

 

アイテムはドラッグして好きな場所に置くことが出来ます。置く場所を決めたら右下の「OK」をタップします。

ET The Green Planet08

 

この「Soil Bed」をタップするとそこに植物の種を植えることが出来ます。真ん中の「Ertong」をタップして植えてみます。

ET The Green Planet09

 

「Soil Bed」に「Ertong」が育ち始めました。育ち始めてしばらくすると一定のところで止まります。そうしたら「Ertong」をまたタップします。右下に「Tend(世話)」というのが出るのでここをタップします。

ET The Green Planet10

 

世話をすると「Ertong」は第2段階目の成長を始め、しばらくすると植物が育ち切ります。

ET The Green Planet11

 

育った植物はドラッグして移動でき、星の好きな場所に置くことが出来ます。

ET The Green Planet12

 

「GARDEN」の中に「Nutrient Bed」というのがあります。

ET The Green Planet14

 

育てきった植物をこの上に乗せます。

ET The Green Planet15

 

「Nutrient Bed」の上に植物を乗せると、その植物から「Nutrient(栄養)」を収穫することが出来るようになります。これはお金みたいなものですね。

ET The Green Planet17

 

しばらくすると植物がキラキラと光り出して水滴のようなマークの「Nutrient」が出るのでこれをタップします。

ET The Green Planet18

 

これで「Nutrient」を獲得できました。このように植物を「Nutrient Bed」の上に乗せて「Nutrient」を増やしていきます。

ET The Green Planet19

 

植物の種には限りがあり「Soil Bed」に植えていくとなくなっていきます。

ET The Green Planet16

 

これらの植物の種は「Nutrient」や「Healing Touche」で購入することが出来ます。「Healing Touche」は有料アドオンで追加することが出来ます。

ET The Green Planet20

 

これは「Hybrid Green House」です。

ET The Green Planet21

 

この「Hybrid Green House」の建物の前の網の部分に育てた植物を乗せます。

ET The Green Planet22

 

この「Hybrid Green House」では植物を交配させることが出来ます。交配させるには荒廃させる植物2種と「Energy」が必要になります。

ET The Green Planet23

ET The Green Planet24

 

交配させると別の新しい種を作り出すことが出来ます。網の上にある苗が新しくできた種類です。

ET The Green Planet25

 

新しい種と同時に「Ertong」の種も4つ手に入りました。

ET The Green Planet26

 

網の上にあった新種を早速植えてみましょう。どんな植物が出来てくるでしょうか。

ET The Green Planet27

 

出来ました!真っ赤なカブみたいな植物ですね。

ET The Green Planet32

 

このように違う品種を交配させることで全く別の植物を作り出すことができます。

ET The Green Planet33

 

これは「Antum Tandana」です。

ET The Green Planet28

 

植物を交配させるときには「Energy」が必要になりますが、「Antum Tandana」では「Nutrient」を使って「Energy」を作り出すことが出来ます。

ET The Green Planet36

 

しばらくすると「Energy」が出来ます。無くなったエネルギーはこのように作り出していきましょう。

ET The Green Planet37

 

植物の種は貴重です。

ET The Green Planet38

 

レベルの高い植物もたくさんありますが、これらの種は「Healing Touche」で購入することが出来るものがほとんどです。

ET The Green Planet39

 

しかし「Hybrid Green House」でレベルの高い種を作り出すことが出来ます。

ET The Green Planet40

 

同じ種類の植物「Lota」を2つを交配させてみます。

ET The Green Planet41

 

そうすると1つ上の「Ertong」の種が1つ出来ました。

ET The Green Planet44

 

今度は「Ertong」の植物を2つ交配させてみます。

ET The Green Planet45

ET The Green Planet46

 

そうすると1つ上の「Monshoo」の種が1つ出来ました。種はこのようにレベルを上げて作り出していきます。もちろん交配するときに失敗してしまうこともあるし、別の種が出来ないということもあります。

ET The Green Planet47

ET The Green Planet48

 

画面はピンチイン/ピンチアウトでズームできます。植物などをたくさん置きだすと星は手狭になってきます。

ET The Green Planet29

 

そういうときは周りの石や草の生えているところをタップして広げます。土地を広げるときも「Nutrient」が必要になります。

ET The Green Planet31

 

画面の右下の「Social」をタップするとお友だちの星に行くことができます。

ET The Green Planet47

 

「Visit Friends」で他のお友だちの星の一覧がでてきます。

ET The Green Planet64

ET The Green Planet65

 

他のお友だちの星に行ったときに、直接植物を植えることが出来ます。右下の「Plant」をタップし、このような植物を植えてしまうことが出来ます。

ET The Green Planet51

 

これは「Mud Fountain」という植物ですが、これをタップすると「Ripen」というアイコンが下に出ます。

ET The Green Planet59

 

「Ripen」をタップすると「Mud Fountain」の作物を熟して大きくすることが出来ます。このようにするとそのお友だちはフリーの「Healing Touche」を貰えるようになるみたいです。

ET The Green Planet60

 

お友だちの星で手伝いをすれば、自分の星に帰ってきて経験値と「Nutrient」をもらえます。

ET The Green Planet52

 

これらのお友だちはコードを入力し合うことで増やすことが出来ます。自分のコードはソーシャルの画面の下に出ています。

ET The Green Planet66

 

いろんな植物を植えて、ETのふるさと「グリーンプラネット」を繁栄させていきましょう!

ET The Green Planet57

ET The Green Planet58

ET The Green Planet62

 

 

植物を育ててETの星を再生させる育成ゲームです。荒廃してしまっているETのふるさとの星「グリーンプラネット」に、様々な植物を植えてもとの豊かな星に再生させます。種を植えて育て、育てた植物を交配させてまた別の新たな植物を作り出します。溶岩や宇宙船、奇妙な形をした花たちなどさまざまなデコレーションをたくさん集めて賑やかな星を作っていきます。

ETは1982年に公開されたスピルバーグのSF映画です。映画では描かれていませんでしたが、ETのふるさと「グリーンプラネット」が舞台です。

 

基本的なプレイは、植物を植えてお金を稼ぎ、そのお金でまた新たな種や、デコレーション、施設を買って徐々に惑星を立派にしていくという感じです。まあお金という概念ではなく「栄養」みたいになっていますけども、要はお金ですね。

ちょっと変わっているところは、植物の種を「育てる場所」と「栄養を獲得する場所」が分かれているところです。

種は種で別に育てて、育てた植物は惑星の好きなところに配置できます。その植物は「NUTRIENT BED」に乗せると「栄養」を採取することが出来ます。高い植物を「NUTRIENT BED」に乗せれば、よりたくさんの栄養が手に入るというわけです。

1回育ててから栄養(お金)を集めるというのがちょっと面白いですね。

 

植物を育てるには種が必要となるのですが、この種は交配して作り出すことが出来ます。同じ植物を交配させるとたくさんの種が、違う植物を交配させると違う植物が出来上がります。もちろん交配は成功することばかりではなく失敗もします。同じ種類の植物を交配させても、必ずその種が手に入るというわけでもないようです。この当たりはいろんなパターンがあるようです。

このような交配にはエネルギーが必要です。エネルギーはまた別の施設で作り出します。このエネルギーも「栄養」から作り出すことが出来るので、実際のお金がかかるということはありません。種を育てたり栄養を獲得したりエネルギーを生産したりといろんなものが分散しているのが他のとは違う点ですね。

 

ちょっと変わった内容ですが育成ゲームとしては比較的単純だし、ETの映画を見たことがある人ならば世界観や動き回るETたちを見るだけでも楽しめるのではないでしょうか。

 

グラフィックはなんとも奇妙ですね。もともとET自体が奇妙ですが、星の植物はどれもみんな変な形をしています。奇妙な植物がどんどんと出来て育っていくのはなかなか面白いです。

ETも歩き回っていますし、仲間のETたちも植物の世話をしたりちょこちょこと動いて可愛いです。また宇宙船やお馴染みの「自転車」などのアイテムも出てきたりして、少しニヤリとしてしまうところもあります。

 

ゲーム中ではレベル上がるごとにクエスト形式でやることが追加されていき、それがチュートリアルの代わりにもなっているのでプレイで迷うということはあまりないと思います。

オンラインでは、他のプレイヤーの星で植物を植えたり、成熟させたりしてフリーの「Healing Touch(有料アドオンで買う)」が貰えたりするらしいので、無料だけで結構なところまで遊べそうです。

 

難点。グラフィックがちょっとぼやっとしていますね。これは残念です。ゲームは全て英語です。クエスト関連も英語なので少しは読めないとキツいかもしれません。

最初始めたときは「面白くないな」と思い、途中で種の交配が出来るようになって「これは面白い」と思い直したのですが、進めていくうちにまた面白くなくなってきました。一応クエストとかあるのですが、全体的に淡泊な感じで進んでいくんですね。

最近はこういうゲームは山ほど出ていて食傷気味で、内容も大して目立ったものはありませんが、世界観とかシステムはちょっといいかなと思います。

 

植物を育ててETの星を再生させていく育成ゲームです。

 

 

     

    ET-The-Green-Planet100

    カジュアルゲーム / 育成ゲーム / オンラインゲーム
    価格 / ¥無料
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Chillingo Ltd

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.1 以降が必要

     

    E.T. The Green Planet
    AppStoreへ

     

 

 

  • National Geographic’s Plan It Green – The Game
  • Build-a-Lot 2: Town of the Year
  • Out There
  • Build-a-lot
  • rymdkapsel

Comments are closed.

PAGE TOP ↑