1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Royal Rivalry01

 

■ Royal Rivalry
手札から1枚ずつカードを出していくカードゲーム。カードを出せなくなったら負け。

 

手札から1枚ずつカードを出していくカードゲームです。場にカードを1枚ずつ出していきます。カードには3種類のマークと3つの数字が書かれていて、カードに強弱があります。そして自分がカードを出すときには、必ず相手が場に出したカードよりも強いカードを出さなければいけません。カードを出したら山札から1枚補充します。自分の番でカードを出すことが出来なくなったらその時点で負けになります。

 

 

Royal Rivalry03 Royal Rivalry36

 

カードは最初に山札から3枚ずつ配られます。下が自分の手札です。左上が山札、右上が捨て札になります。

カードにはそれぞれマークと数がついています。紫色が「王冠(The Crowns)」です。「3」が「King」、「2」が「Queen」、「1」が「Prince」となっています。

Royal Rivalry09 Royal Rivalry52

 

赤色が「盾(The Shields)」です。「3」が「King’s Advisor」、「2」が「Barron」、「1」が「Knight」です。

青色が「聖杯(The Chalices)」です。「3」が「Foreign Ambassador」、「2」が「Ambassador’s Bodyguard」、「1」が「Spy」です。

Royal Rivalry53 Royal Rivalry51

 

自分の番になったら手札からカードを1枚出します。出すときは、相手が捨てたカードに勝つカードを出さなければいけません。

それぞれのカードは「王冠」は「盾」に勝ち、「盾」は「聖杯」に勝ち、「聖杯」は「王冠」に勝ちます。つまり右の画像のような関係です。早い話がじゃんけんですね。

現在の捨て札は「王冠のKing」ですからこの「聖杯のSpy」で勝つことができます。マークが勝っていれば数は関係ありません。

Royal Rivalry16 Royal Rivalry54

 

カードを1枚出したら山札からカードを1枚補充して自分の番は終了です。

相手も同じようにカードを1枚手札から出します。1枚出したら1枚補充するので、互いの手札は常に3枚になります。

Royal Rivalry17 Royal Rivalry18

 

カードにはマークのほかに数字がついています。左上のシンボルマークの中の宝石の数がその数字です。同じマークのカードの場合は数字の大きいほうが勝ちになります。

つまりここでは「盾の1」に「盾の3」は勝ちますので、「盾の3」のカードを出すことが出来ます。

Royal Rivalry19 Royal Rivalry20

 

普通の3種類のカード以外に特殊なカードがあります。

この緑色のカードは「暗殺者(The Assassin)」です。暗殺者はマークに関係なく出すことが出来ます。

Royal Rivalry22 Royal Rivalry56

 

この「暗殺者」に勝てるのは3種類のカードでは「Prince」「Knight」「Spy」だけです。つまり数が「1」のカードです。「2」や「3」では勝てません。

暗殺者が勝てるカードのマークには緑色の縁取りがしてあります。「Queen」は緑で「Knight」は白いですね。逆に白い縁取りのマークのカードには暗殺者は勝てません。

Royal Rivalry23 Royal Rivalry24

 

これは「詐欺師(The Impostor)」です。この詐欺師は出した後に好きなカードに変えることが出来ます。ただし「詐欺師」と「死刑執行人」は除きます。

変わるときには好きなマークを選んでチェックを入れ右下の「Done」をタップします。

Royal Rivalry55 Royal Rivalry27

 

これは「死刑執行人(The Executioner)」です。すべてのカードに勝つことが出来て、なおかつ出したあとにさらにもう1枚好きなカードを出すことが出来ます。出した後は山札からカードを2枚補充します。

Royal Rivalry57 Royal Rivalry31

 

このように相手の出したカードに勝つように手札から1枚ずつカードを出していきます。

Royal Rivalry34 Royal Rivalry35

 

そしてどちらかのプレイヤーが手札からカードを出せなくなった時点で負けとなります。

Royal Rivalry42 Royal Rivalry43

 

ゲームモードは「Classic」と「Tug of War」モードがあります。「Tug of War」はその名の通り、綱引きのようなもので、勝ったら針が自分の方に動いていき勝敗を決めます。

Royal Rivalry04 Royal Rivalry47

 

手札の枚数も3~5枚の中で選べます。枚数が多くなればなるほどプレイ時間は長くなります。

Royal Rivalry05 Royal Rivalry45

 

またさまざまな勝利条件をクリアすることで、たくさんの称号を獲得することもできます。

Royal Rivalry48 Royal Rivalry50

 

相手のカードに勝てるカードを1枚ずつ出しながら、対戦に勝利していきましょう!

Royal Rivalry37 Royal Rivalry46

 

 

手札から1枚ずつカードを出していくカードゲームです。場にカードを1枚ずつ出していきます。カードには3種類のマークと3つの数字が書かれていて、カードに強弱があります。そして自分がカードを出すときには、必ず相手が場に出したカードよりも強いカードを出さなければいけません。カードを出したら山札から1枚補充します。自分の番でカードを出すことが出来なくなったらその時点で負けになります。

 

カードを順番に1枚ずつ出していくカードゲームですね。

 

ゲームの目的は相手がカードを出せない状態にすることです。

 

自分の番では

 

・カードを1枚出す

 

これだけです。

 

カードにはマークがついていて、「王冠」は「盾」に、「盾」は「聖杯」に、「聖杯」は「王冠」に勝ちます。じゃんけんのような状態ですね。カードには数字がついていて、同じマークのカードの場合は数字の大きいほうが勝ちます。カードを出すとそのつど山札から1枚ずつ補充するので手札は常に同じ数になります。山札が無くなれば捨て札をシャッフルして山札を再度作ります。

この条件で相手のカードより強いカードを出していき、出せなくなったら負けです。

 

ルールとしては非常に単純、場のカードに勝てるカードを出していけばいいのです。

カードは3種類、3つの数字です。それら普通のカード以外に「暗殺者」「詐欺師」「死刑執行人」という特殊カードがあります。これらの特殊カードは、いくつかの条件はありますが、マークに関係なく出すことが出来ます。「カードを出せない=負け」なので、特殊カードを持っているといざというときに便利です。

 

戦略としては、「カードを出せない=負け」になるので、なるべく手元に全てのマークのカードを持っていること、1つのマークだけに偏らないことが重要になります。例えば「王冠」を「3枚」持っているとき、相手が「聖杯」を出した瞬間に負けてしまいます。マークが偏り出すと非常に危険です。

また数字も偏らないほうがいいでしょう。「詐欺師」と「死刑執行人」はいつでも出せるというどちらかというと回避のカードですが、「暗殺者」は数字が「1のカード(Prince/Knight/Spy)」しか勝てません。こちらに影響があるのです。

もし手札に1のカードがなかったらその瞬間に負けます。2と3はどうでもいいのですが、どのマークでもいいので「1」のカードだけは暗殺者対策として持っておいた方がいいでしょう。

要するに手札がばらけていた方が「負けにくい」ということになります。

 

グラフィックはとてもいいですね。カードの1枚1枚が大きくて、とても迫力があります。実際にはカードのイラストやカード名はゲームに全く関係がないのですが、そこで手を抜かないところがいいです。

BGMも雰囲気があるし、操作はドラッグしていくだけ、山札からの補充は自動なのでとても遊びやすいですね。

 

モードは通常モードと、綱引きのように勝ったら針が移動する「TUG OF WAR」モードがあります。

また手札のカードを3枚、4枚、5枚から選べます。3枚の場合は運の要素が強く、4枚、5枚と増えるごとにプレイ時間が長くなります。バランス的には4枚くらいがちょうどいいのかなという感じがしますね。

 

ルールも簡単だし、アチーブメントなどもたくさんあって割と楽しめるカードゲームです。

 

難点。3枚4枚5枚と手札があるので戦略で何とかなりそうに見えますが、ほぼカード運だけで決まります。3枚あろうが4枚あろうが、出せるカードは1枚だけというばかりなので全く面白くありません。さらにカードを出したら常に1枚補充するので、ゲームがなかなか終わりません。そしてある瞬間にドーンと負けたり勝ったりします。

大富豪みたいな印象がありますが、どちらかといえばカードをめくって強さを決める「戦争」というトランプゲームに近い感じですね。自分で遊んでいる感じがしないんですよね。

大富豪みたいに、弱いカードを先に捨てていってなんとか、というようなプレイスタイルというものがありません。なにせカードはじゃんけんのようになっていて明確な強弱がないわけですから。ホントに何をやっていいかわからず、とにかくその時に出せるカードを淡々と出していくというだけです。

何かルールが足りない気がしますね。出せなかったら負けじゃなくて山札からカードを補充するというそんなUNO的な感じでもよかったと思うんですけど、カードイラストの迫力がいいだけに持ったない感じです。

あとカードマークの強弱がわかりづらいので、カードか画面のどちらかにマークの相関図を表示しておいた方がいいと思います。

 

手札から1枚ずつカードを出していくカードゲームです。

 

 

     

    Royal-Rivalry100

    カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Applesauce

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.2 以降が必要

     

    Royal Rivalry
    AppStoreへ

     

 

  • Gipsy King
  • King of Frogs
  • King Cashing 2
  • King Oddball
  • One Knight Chess

Comments are closed.

PAGE TOP ↑