1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

susatsu-number-murder01

 

■ 数殺 : ナンバー・マーダー
ヒントを頼りに数字を埋めていくペンシルパズル。犯人の数字を当てることが出来ればクリア。

 

ヒントを頼りに数字を埋めていくペンシルパズルです。タテ列、ヨコ列、部屋の中には同じ数字は入りません。このルールに従い、ヒントの数字から殺人現場の犯人の数字を当てることが出来ればクリアです。

 

 

susatsu-number-murder05 susatsu-number-murder04

 

このゲームはナンバープレイスのパズルです。

殺人現場に被害者の数字が横たわっています。犯人は中央の「?」です。このパズルは全ての数字を当てる必要はありません。この「?」の犯人の数字を当てればそこでクリアになります。

susatsu-number-murder06 susatsu-number-murder07

 

ナンバープレイスのルールは、「タテ列には同じ数字が入らない」「ヨコ列には同じ数字が入らない」「部屋の中に同じ数字が入らない」です。このルールに従って犯人の数字を探していきます。

susatsu-number-murder10 susatsu-number-murder11

 

パズルはよくある数独と同じなので難しいことはありません。

ただ犯人の数字を当てれば即クリアというところと、時間が経つと犯人が迫ってきて殺されてしまうことがあるので、いかに早く解いていくかがポイントになります。

susatsu-number-murder12 susatsu-number-murder18

 

こういう問題をパッと見たときに、ルールからもう犯人の数字は「6か8しかない」ということがわかります。

ここで「6」か「8」を入力すればクリアになりますが、ここは少し解いてみましょう。

susatsu-number-murder09 susatsu-number-murder08

 

まずは左下の「7号室」、黄色いマスのヨコ列はすべて数字で埋まっています。列には数字が1つずつしか入りませんので、ここは残っている「6」が入ることになります。

正解の数字を入れると「手掛かり」となるヒントの数字が盤面に追加されていきます。

susatsu-number-murder14 susatsu-number-murder17

 

次は左上の「1号室」です。タテ列ヨコ列には同じ数字は入りませんので、1号室のこのライン上に「6」が入ることはありません。ですから黄色いマスの部分が「6」になります。

こんな感じでナンバープレイスは解いていきます。

susatsu-number-murder19 susatsu-number-murder21

 

埋まるマスを素早く見つけるコツはこんな感じです。まず並んでいる部屋に注目します。この3つの部屋の中には同じ数字は「3個」しか入りません。それぞれの部屋に1個ずつです。

susatsu-number-murder26 susatsu-number-murder22 

 

それからその中に同じ数字がいくつあるか見てみます。「4」が「2個」ありますね。すると残り1個です。

数字は列で1つですから、同じ数字はこんな風に上中下段に1個ずつ入ります。

susatsu-number-murder23 susatsu-number-murder24 

 

そこで頭の中で「4」の数字があるヨコ列を消してしまいます。

同じ数字は各部屋に1つずつ、赤い列にも入らない、となると左の黄色いマスが「4」になるというわけです。こんな見方をすると結構早く見つけることが出来ます。

susatsu-number-murder25 susatsu-number-murder27

 

縦の部屋でも同じです。「6」が「2個」あるので真ん中の部屋のあのマスが「6」になります。

susatsu-number-murder30 susatsu-number-murder32

 

正しく数字を入力すると犯人との距離が開きます。

susatsu-number-murder33 susatsu-number-murder34

 

最初に書いた通り、中央の部屋の犯人の数字は「6か8」です。左の4号室の「6」が決まったので、中央の犯人の数字は「6」になります。タップして下の数字を入力し、これで犯人逮捕、クリアです。

susatsu-number-murder36 susatsu-number-murder38

 

入力する数字を間違えたりすると犯人との距離が近くなってしまいます。

susatsu-number-murder42 susatsu-number-murder43

 

解く前に犯人に追いつかれ殺されてしまったらゲームオーバーです。

susatsu-number-murder45 susatsu-number-murder46

 

数字の確定にはこんな方法もあります。例えば左上の「1号室」を見てみます。2つのマスが空いていますね。

1号室に埋まっている数字には「5」と「9」がないので、この2つのマスにはどちらかに「5」、どちらかに「9」が入ることがわかります。どっちに入るかはわかりません。

susatsu-number-murder47 susatsu-number-murder52

 

そこで下の「4号室」のタテ列ヨコ列のヒントから、この2つのマスには「3-4-9」のどれか、または「3-5」のどれかが入ることがわかります。

このような「5-9」のように2種類のマスに2種類の数字しか入らないという状態の場合、その列の候補の数字の中から「5」と「9」を除外できます。

それはそうですよね。「5」が入ろうと「9」が入ろうと、4号室のこのマスは同じ列なんですから「5」と「9」を入れることはできません。そうすると下のマスの候補は「3」のみになるので「3」で確定します。下が「3」が決まれば上のマスの「4」も決まります。

このように「5-9」の位置が確定しない場合でも他の数字が確定していく場合もあります。特にこのような2つのどちらかが入るというパターンはよく出てくるので利用するといいです。3マスや4マスのパターンも使えます。

susatsu-number-murder48 susatsu-number-murder49

 

問題を解いていくと次の日に進んでいきますが。5日に1回「オリエント急行ステージ」が出てきます。

これは犯人の数字だけではなく全ての数字を正しくマスに入力することが必要になります。

susatsu-number-murder62 susatsu-number-murder63

 

それぞれのケースファイルの問題をすべてクリアすると成績が評価されます。最高ランクはホームズです。

susatsu-number-murder65 susatsu-number-murder72

 

数字のヒントを手掛かりに、犯人の数字を素早く当てていきましょう!

susatsu-number-murder69 susatsu-number-murder68

susatsu-number-murder70 susatsu-number-murder66

 

 

ヒントを頼りに数字を埋めていくペンシルパズルです。タテ列、ヨコ列、部屋の中には同じ数字は入りません。このルールに従い、ヒントの数字から殺人現場の犯人の数字を当てることが出来ればクリアです。

 

SUDOKU系のペンシルパズルですね。ルールは普通のナンバープレイスと同じで、タテ列ヨコ列、部屋の中には同じ数字が入りません。この条件で盤面にあるヒントを頼りに数字を確定させていきます。

 

面白いのは、殺人事件が起きてその犯人となる数字を探して当てるというゲームのテーマです。犯人となる数字を捕まえるというのこのシチュエーションは面白いですね。

犯人を捕まえればクリアになるので、盤面に数字をすべて埋める必要はありません。また逃げた犯人は時間とともに徐々に迫ってきます。追いつかれてしまうと殺されてしまってそこでゲームオーバーになってしまいます。見つけるのは指定された1つの数字(犯人)だけ、追いつかれる前に素早く犯人の数字を当てなければいけない、ということでパズルは早解きのナンプレになっています。

犯人は迫ってきますが、他のマスに正しい数字を入力したりすると犯人との距離を伸ばすことが出来ます。また正しい数字を入れることで、ヒント(手がかり)となる数字もいっぱい追加されます。犯人が近づいてくるスピードが結構速いので、とにかく素早く正しい数字を入力していくことが必要になります。

 

クリア時間は全部の数字を埋めても長くて2分くらいですね。スピードナンプレというか、どちらかというと穴埋めパズルみたいになってしまっていますが、パズルのテンポがよく数字を埋めていくのは結構楽しいです。

 

BGMは緊迫感があり、数字を入力するとピアノの音が鳴ったりして雰囲気がありますね。

操作は入力するマスをタップして選択してから、下の数字をタップして入力していきます。数独などでは仮に入れる数字というのがありますがこれにはありません。仮の数字を入れるまでもなくかなりスラスラと解けていきますので。

盤面の数字をタップすると同じ数字に色がついてひと目でわかるように表示されるので、上に書いたような列から消して確定していく方法を取ればホントにアッという間にとクリア出来ます。

難易度は低いですが、結構病みつきになります。

 

どれもこれも似たようなものばかり出てくる中で、オリジナリティを感じる数独です。

 

難点。スピード勝負、ヒント数字の追加があるのでほとんど論理は必要ありません。極めて易しいパズルです。正解すると犯人との距離が延びるのですが、パズル自体が簡単なので追いつかれるということはありません。

なんでしょう?被害者がいてその犯人を当てるというところに非常に面白さを感じますが、同時に惜しい感じもします。せっかく殺人現場と被害者、犯人というのがいい雰囲気なのに、その犯人がわざわざ近寄って殺しに来るというのがなんかズレてる気がするんですよね。

どうせなら「Scotland Yard」みたいに盤面を街に見立てて、殺人現場から逃げる犯人を数字という警官を配置して封鎖するとか。1個数字を置いたら透明の犯人が街の中を1マス進むとか、スピード勝負よりもそういう読みの勝負にしたほうが面白いかもしれません。

ナンプレって実はバリエーションがものすごくあって盤面も変化に富んでるんですよね。妙にナンプレにこだわっているのが惜しいです。

ちなみに称号で出てくるホームズですがスペルは「HOLMES」です。真ん中に「L」が入ります。ホームズというよりはホゥムズって感じですね。ここはホゥムズ好きとしてはイラッとするところなので直してください。

 

手がかりの数字から殺人現場の犯人を当てていくパズルです。

 

 

     

    susatsu-number-murder100

    ペンシルパズル / SUDOKU系 / 論理系
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / NewClear GAMES

    iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS 3.1 以降が必要

     

    数殺 : ナンバー・マーダー
    AppStoreへ

     

    数殺0 : ナンバー・マーダー (iPad)
    AppStoreへ

     

 

 

  • Scotland Yard
  • Sudoku 2
  • Big Bad Sudoku Book
  • Numdom
  • 数独byニコリ

2 Responses to “数殺 : ナンバー・マーダー”

  1. NewClearGAMES より:

    作者のNewClearGAMESです。
    詳細なレビューをありがとうございます! 感激です。
    いただいたご意見は次回のアップデートで検討してまいります。
    難易度がさらに難しいケースファイルや新モード追加を予定していますので、
    またpuzzleloveさんのご意見、ご感想をお聞かせください。
    ホームズのスペルは…、最優先で修正します。お恥ずかしい。
    今後ともよろしくお願いします。

  2. puzzlelove より:

    >NewClearGAMES さま
    こんにちは!
    これはとてもなにか可能性を感じるパズルですね。しかし解き方としてはかなり作業的ですね。
    またよくあるんですが、2手くらいで犯人の数字がわかってしまって、でもそこで答えてしまっても星が少なくて、いくつかのマスの数字を埋めてから犯人数字を入れると星4つだったり、とそういうところは面倒くさいなと思いましたね。

    作業的なところはありますが、そのパターンの繰り返しも十分知的な作業だと思いますのでこれからのアップデートに期待します。

PAGE TOP ↑