1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Haggis01

 

■ Haggis
手札を順番に出していくカードゲーム。目標の点数に先に到達したプレイヤーが勝ち。

 

手札を順番に出していくカードゲームです。数字と絵札のカードを、ペアや連番など決められた出し方で順番に出していきます。前のプレイヤーより強いカードを出し、そこで1番強いカードを出したプレイヤーが場にあるカードをすべて取ることができます。いくつかのカードには点数がついていて、獲得したカードの点数が得点となります。全てのカードを出し切るとラウンドが終了し、またカードを配り直して次のラウンドを始めます。このように得点を積み重ね、目標となっている点数に先に到達したプレイヤーが勝者となります。

 

2人~3人で手軽に遊べる大富豪といった感じでとても面白いゲームです。

 

そんな「Haggis/ハギス」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

Haggis02

 

 

Haggis03

 

「Haggis」はカードゲームです。場のカードを取るので「トリックテイキング」のようにも見えますが、実際は「ゴーアウト系」になります。「ゴーアウト系」というのは「自分の手札を早く無くせば勝ち」という、いわゆる「大富豪」のようなカードゲームのことをいいます。

 

「大富豪」4人~6人くらいが適正だと思いますが、この「Haggis」は2人、もしくは3人専用の大富豪のようなゲームです。

 

カードには「2~10」までの数字が書かれています。「1」はありません。

カードの強さは「2-3-4-5-6-7-8-9-10」で数字の大きいほうが強いです。

Haggis04

 

カードは赤、オレンジ、茶色、緑、白と「5色」あります。それぞれに2から10の数字のカードがあります。

Haggis05

 

下にある3枚の「絵札」は「J-Q-K」となっています。強さは「11-12-13」とそのままの数字で「2~10」のカードよりも強いです。

この絵札はすべてのプレイヤーがそれぞれ1枚ずつ持ちます。他のプレイヤーのカードの下に3枚ずつ見えていますね。絵札は全員に公開されていて、現在誰が何枚持っているかわかるようになっています。

そしてこの絵札は「オールマイティ」として使うことが出来ます。

Haggis06

 

ゲームが始まるとまず「2~10」までの数字のカードが14枚配られ、絵札を3枚持ちます。この状態でスタートします。

自分の番が来たら大富豪のように順番にカードを出していき、手札が無くなればアガリとなります。

 

カードの出し方は「セット」と「シークエンス」があります。「セット」は「同じ数字」、「シークエンス」は「連番の数字」になります。

まずは「セット」です。セットの「1枚」です。1枚だけで出すことが出来ます。

Haggis08

 

次は「セット」の「2枚」です。いわゆるペアですね。出すときの色は関係ないです。

Haggis09

 

次は「セット」の3枚です。3カードですね。合わせるのは数字だけです。

Haggis10

 

「セット」の「4枚」です。4カードです。カードの色は5色ありますから、5カードも出せます。一応ゲームでは6枚上のセットも出すことが出来ます。

Haggis91

 

カードを1枚出してみましょう。手札の中のカードをタップして選択し、下にある「Play」をタップします。

Haggis11

 

これでカードを出しました。自分の番では手札から出せる組み合わせで1回出すことが出来ます。

Haggis12

 

自分の番が終わると左回りで次のプレイヤーがカードを出していきます。

カードは最初に出したプレイヤーの出し方に従って、出してあるカードよりも強い(数字が大きい)カードを出します。

つまり最初に「3カード」という出し方をしたら、次のプレイヤーは「3カード」という出し方でそれ以上に強いカードを出すことが出来るというわけです。この辺は大富豪と同じなのでわかりますね。

Haggis13

 

場のカードが3なので、ここで「7」を出してみましょう。

Haggis14

 

このゲームでは出すことが出来ない、出したくない場合は「パス」することが出来ます。そして最後に出したプレイヤー以外の全員がパスをした場合、最後に出したプレイヤーが勝ちとなり、その場のカードを全て取ることが出来ます。

ここがちょっと大富豪とは違うところですね。「大富豪」は出したカードは流れるだけですが、「Haggis」の場合は、場のカードをすべて取ることが出来ます。

そして勝ったプレイヤーからまたカードを出していきます。

Haggis15

 

下に表示されているのは「点数」です。カードを取ったことにより点数が増えました。カードには点数がついているものがあって、そのカードを獲得すると自分の点数になります。

「Haggis」はこの点数で最終的な勝者を決めるゲームです。

Haggis16

 

今度は「セット」で2枚、ペアで出してみましょう。

その点数はどこについているかというと、カードの左下についています。左の「5」の左下を見ると銀色のマークがついていますね。これが点数になります。

点数がついているのは「3-5-7-9」という奇数のカードのみです。それぞれ「1点」となっています。偶数のカードは「0点」、点はありません。

Haggis17

 

ペアで出したので他のプレイヤーも、ペアでより強いカードを出しています。

場には「5-5」と「7-7」がありますので、場のカードの点数は「4点」あることになります。ここで「10」のペアを出してみましょう。

Haggis18

 

これで他のプレイヤーが全員パスをすれば、この場のカードは自分のものになります。

Haggis19

 

カードを取りました。下の点が「2点→6点」にあがっていますね。こんな風にカードを取って自分の得点をあげていきます。

Haggis20

 

下の絵札も数字のカードとして出すことが出来ます。

絵札にも点数がついていて「J=2点」「Q=3点」「K=5点」となっています。

Haggis21

 

絵札は1枚の場合、そのまま「11」「12」「13」として扱われます。ですからこのように出すことが出来ます。

Haggis22

 

おおっ!?プレイヤー2が絵札を3枚まとめて出しました。

これ、実は「ボム」という出し方です。「セット」「シークエンス」のほかに「ボム」という出し方があります。

いってみれば最強のカードの出し方というところですね。

Haggis23

 

「Haggis」では大富豪のように最初に出したプレイヤーの出し方(ペアとか3カードとか)に従って出していかなければいけませんが、「ボム」はそういう出し方に従うことなくいきなり出すことができます。

Haggis24

 

「ボム」には絵札2枚組み合わせの「J-Q」「J-K」「Q-K」のボム、絵札3枚組み合わせの「J-Q-K」のボム、そして数字カードを4枚組み合わせて出す2種類のボムで計「5種類」のボムがあります。

ここでは「Q-K」の「ボム」を出してみましょう。場のカードは「3カード」ですが、そんなの関係なしにどのボムでも出すことが出来ます。ボムを出したので当然この場は勝ちです。

Haggis25

 

ところが「ボム」には1つ弱点があるのです。

「ボム」は1番強い役ではあるのですが、ボムで取ったカードは自分以外の他のプレイヤーのどちらかにあげなくてはいけません。とりあえず点数の低いプレイヤー2を選びました。

Haggis26

 

プレイヤー2の点数が10点になっていますね。

「ボム」はどんな出し方であろうといきなり出すことが出来て勝つことが出来ますが、そのとき取ったカードは誰かにあげなくてはいけません。

つまり「ボム」では点数は貰えず、出来ることは「次に1番最初にカードを出す権利」を取ることだけなのです。

Haggis27

 

「シークエンス」は数字を連番で出す出し方です。

Haggis93

 

3枚以上から出すことが出来て、4枚でも5枚でも続いていればいくらでも出すことが出来ます。

Haggis94

 

ただし「シークエンス」で出すときは同じ色で連番になっていなくてはいけません。このような色違いではダメです。

Haggis95

 

シークエンスはこういう出し方もOKです。オレンジと緑の「33-44」です。

「シークエンス」は「セット」の連番という位置づけで、「2-3-4」や「2-3-4-5」というのは1枚のセットの連番という意味ですね。

なのでこの出し方は「ペア」の連番というシークエンスになります。「3カード」の連番も出せます。もちろん色はちゃんとそろっていないとダメです。

Haggis96

 

「色が一緒で連番なんてそんなの簡単に揃うわけない」と思われるかもしれませんが、そこで役に立つのが絵札の「オールマイティ」なんです。

例えばいま緑で「3-4-5」、白で「3-4」と揃っています。あと1枚「白の5」が足りませんね。

Haggis88

 

そこで下の「絵札」をオールマイティとして使うと、このようにシークエンスで出すことが出来るわけです。

Haggis89

 

同色の連番で惜しいカードがあったとしても・・・。

Haggis77

 

絵札を使えばちゃんと出すことが出来てしまいます。意外とこれが出せるものなのです。

Haggis78

 

当然他のプレイヤーも出しやすいので、上乗せされることもありますけど。

Haggis79

 

絵札のみの組み合わせは「ボム」として使えますが、数字カードだけでの「ボム」もあります。

それは同じ色で「3-5-7-9」の4枚の場合です。得点のついているカード(奇数)での構成ですね。

Haggis72

 

もしくは全部違う色で「3-5-7-9」の組み合わせです。これも「ボム」として使えます。

ボムは「5種類」で、数字カードで同色、または違う色の「3-5-7-9」、絵札2枚の「J-Q」「J-K」「Q-K」、絵札3枚の「J-Q-K」です。

ボムにも強さがあり、数字カードのボムより絵札のボムの方が強いです。

Haggis52

 

ゲームを始める前に自分でボーナスを掛けることが出来ます。賭けることが出来る点は「15点」と「30点」でかけてゲームに1番であがればその点がボーマスとしてもらえます。逆に負ければ相手へのボーナスになります。

Haggis37

 

いま手札は絵札も含めて9枚です。ちょうど「8の3カード」と「9のペア」と「6が1枚」です。

「8-9」のペアのシークエンスがうまくできていたのでこれを出してみましょう。

Haggis41

 

「プレイヤー2」が絵札をオールマイティで使って「99-QK」というシークエンスで出しました。

「プレイヤー3」はそこに「Q-K」の「ボム」を出しました。このボムに勝つには「J-Q-K」の「3枚」の「ボム」でないとダメです。

出すことはできますが、ここで出したところでのこりは「6」と「8」しかありません。やめておきましょう。

Haggis42

 

プレイヤー3は「ボム」で勝ったのでカードを他のプレイヤーに渡さねばいけません。今回は自分にくれたみたいですね。「13点→33点」に上がっています。

そして「5-5-5-J」と絵札をオールマイティで使い4カードで出してきました。

Haggis43

 

こちらは「6-J-Q-K」と4カードで出します。

他のプレイヤーを見るとすでに絵札がないので「ボム」が出る危険はかなり少ないとみて、こういう風に出しました。プレイヤー2に6以上の4カードを上乗せされたらおしまいですが・・・。

Haggis44

 

何とか大丈夫でした!

絵札をボムとしてではなくオールマイティとして使うことの利点はここです。絵札にも「J=2点」「Q=3点」「K=5点」と高めの点数がついているので、ボムで使った場合、その点は相手に与えてしまいます。

しかしオールマイティで使ってそれを取れば、点数は自分のものとなります。

上の場合は「5-5-5-J」で「1+1+1+2=5点」、「6-J-Q-K」で「0+2+3+5=10点」、合わせて15点獲得です。あとは8を出して勝ちです。

Haggis45

 

それで得点を見るといきなり「48点→103点」に上がっていますね。

Haggis46

 

得点の結果です。この回だけで「95点」も獲得しました。右側は合計点数です。

Haggis47

 

最初に「15点」のボーナスを賭けましたね。あれがもらえます。それから獲得したカードの点数です。

そのほかにもボーナスがあって、最初にあがったプレイヤーはあがったとき、「1番カードを持っていたプレイヤーのカード枚数x5点のボーナス」がもらえるのです。

今「8」を出してあがったとき、プレイヤー2はカードを7枚も持っていましたので、「7×5=35点」がここでもらえるのです。

Haggis48

 

つまり早く上がれば上がるほどボーナスが増えるわけですね。逆に言えば手札を多く持ち続けるということは、他プレイヤーに有利になってしまうのです。

Haggis49

 

左下にある矢印をタップすると「数字並び」「色並び」にカードを入れ替えることが出来ます。下向きの矢印をタップすると選んだカードを左側によけておくことが出来ます。

「3-5-7-9」の色違いボムが完成しているので、間違えて出してしまわないように左によけて置きます。

Haggis55

 

場に出ているのは「4」のペアですね。全員まだ絵札3枚持っている状態です。

絵札は公開されているのでボムがあといくつあるかがわかるのですが、このような「3-5-7-9」の数字ボムはわかりません。これがちょっとした強みになります。

Haggis56

 

相手が絵札を使って10のペアを出しました。

自分の手札を見ると「3-5-7-9」のボムはいいとして、あと4枚、「5-6-8」が同じ色ですから絵札1枚を使ってこれはシークエンスで。「3」1枚と絵札2枚でボムとして使うか3カードにするかというところです。

Haggis57

 

7の3カードが出てきたところで、「3-5-7-9」のボムを使ってみましょう。

Haggis60

 

プレイヤー2が絵札2枚のボムを使いました。このあたりは想定通りです。

Haggis61

 

そしてプレイヤー3が絵札2枚を使って3カードで出してきました。これで相手の絵札ボムは無くなりました。ですからこちらは2枚の絵札ボムを出しましょう。

Haggis62

 

ボムですから点数は他のプレイヤーに上げなければいけません。点の少ないプレイヤー3にしましょう。

Haggis63

 

ここで「5-6-J-8」とオールマイティに使ってシークエンスで出します。

Haggis65

Haggis66

 

そして最後の「3」を出してあがりです。ラウンドはは誰かがあがった時点で即終了となります。

Haggis67

 

このように絵札や数字のカードを使って、早くあがりカードの得点やボーナス得点を獲得して先に「250点」に到達したプレイヤーが勝ちになります。

Haggis69

 

対戦相手を1人と2人から、勝利条件の点数を最初に決めることができます。

Haggis71

 

手札をなるべく早く出して点数を獲得し、先に目標点数に到達していきましょう!

Haggis82

 

 

手札を順番に出していくカードゲームです。数字と絵札のカードを、ペアや連番など決められた出し方で順番に出していきます。前のプレイヤーより強いカードを出し、そこで1番強いカードを出したプレイヤーが場にあるカードをすべて取ることができます。いくつかのカードには点数がついていて、獲得したカードの点数が得点となります。全てのカードを出し切るとラウンドが終了し、またカードを配り直して次のラウンドを始めます。このように得点を積み重ね、目標となっている点数に先に到達したプレイヤーが勝者となります。

 

まとめ。

 

ゲームの目的は、手札を早く出し切り、目標の点数に先に到達すること。

 

自分の番ですることは、1番最初に出したプレイヤーのカードの出し方に仕方がって、前のプレイヤーより強いカードを出すこと。

 

一応、場のカードを取っていくのでトリックテイキングっぽいのですが、手札を無くすことがプレイの目的で自分の番でパスもできるので、ゲームとしてはゴーアウト系、「大富豪」のようなゲームと言っていいでしょう。プレイの感触も「大富豪」に非常によく似ているので、「Haggis」のルールは割とすんなりと把握できると思います。

「大富豪」は4人~6人くらいがちょうどいい人数で、それ以上でも別に問題は無いのですが、逆にこれ以下の3人、2人になると手札の枚数が多くなりすぎて難しいものがあります。

しかしこの「ハギス」は上限3人まで。2人がやるのがとても面白い大富豪なのです。

 

まずゲームでは大富豪と同じように手札を無くすことが目的のゲームですが、勝敗は「点数」で決まります。点数はカードに書かれていて「奇数」と「絵札」にしかありません。これによりたとえ強いカードでも得点にはならないものもあるのです。

例えば大富豪の場合、配られたカードを見て「5-6-7」あたりがズラッと並んでいたらもうそれだけでガクッとしてしまいますが、ハギスの場合がっかりする必要はありません。弱いカードにだって点数はついていますし、出し方次第でなんとでもなるのです。

 

そして「ボム」ですね。これがゲームに非常にいい効果を与えています。

カードの出し方には「同じ数字」で出すもの(ペアとか3カード)、「連番数字」で出すもの(3-4-5とか)のほかに「ボム」という出し方があります。大富豪でいうところの「8切り」のような感じなのですが、効果としては「どれよりも強い役で、次に1番最初にカードを出す権利を取る」というものになりますね。

 

この「ボム」は配られた絵札の組み合わせで作ります。普通「ボム」というのモノは最強の役ですから1種類、2種類ですが、これはなんと5種類もあります。さらにボムの中にも強さがあり、さらにさらにそれらのボムは最初から全員が使える状態にあるというが、このゲームの最大の特徴です。

配られた瞬間にもう半分あきらめたりしてしまう大富豪とは違って、このハギスの場合は最初から絵札が全員に均等に分けられています。なので最初の手札の時点でカードでの優劣はあまりついていなくて、結構フラットな状態で始まるんですね。ですから「最強の絵札をどのように使うか」というところで勝負がつきます。

 

絵札は「ボム」として使ってもよし、「オールマイティ」として数字カードのシークエンスの補助として使ってもよし、絵札2枚でもボムは出来るので「1枚をシークエンス、2枚をボム」でもいいし、3つのスリーカードに1まいずつくっつけて4カード3つにしてもいいのです。

しかしいくら4カード、5カードにしたところでたった2枚の「ボム」であっさりと取られたりもします。相手の所持絵札枚数は公開されて見えているので、そのあたりの数の読みあいも楽しいのです。

「絵札のボム」、「絵札のオールマイティ」、「得点勝負」の3つが、非常にゲームにいいアクセントになってスピーディなゲームが展開されますね。

 

カードの出し方とかルールが複雑そうに見えますが、実際にやってみるととても簡単。

1回のラウンドも2、3分でパッパッと終わります。

最初に「15点」「30点」と賭けてゲームを始めることもできるし、1番目の速上がりをしたプレイヤーは、その時点で1番カードを持っているプレイヤーの枚数x5点が貰えます。こういうのがうまく重なると1回のラウンドで100点以上取ることも普通に可能なので、1発逆転も起きます。

大富豪は這い上がるのが難しいですが、こちらは出し方次第で、「ボム」の撃ちあいや逆転逆転の連続なので、とてもギャンブル性の高いですね。

得点勝負で2人で成立する大富豪、これは面白いです。

 

グラフィック、ゲームの雰囲気はとてもいいです。カード操作はドラッグして出すタイプではなく、カードを選んでから出すタイプです。

カードは好きな組み合わせを選んで、左側によけて置くことができます。数字は2~10ですが、カードが5色あってシークエンスや数字ボムなどで混乱することがあるので、これはとても便利です。

また色並び、数字並びはいつでも切り替えられるので簡単です。何より得点が自動でやってくれるのがありがたいですね。得点計算が面倒くさいところですので。

 

ゲームは1人用のみで、AIとの2人対戦、3人対戦が出来ます。得点はショートゲームの250点と、ロングゲームの350点が選べます。

 

とても簡単で手早く終わるのでちょっとした時間に遊ぶのに最適です。

 

難点。ゲーム自体は面白いですが、遊べるモードがAI対戦の1人用だけですね。しかもAIの強さは選べず、これがまたかなり弱いです。ふざけたボムの出し方をしたりして、AIは賢くありません。

せめてローカル対戦、またオンライン対戦までも、と思いましたが、これはわざわざオンラインでやるほどのものでもない気がします。アプリ自体も落ちやすく不安定な状態です。ゲーム内容にしては値段も高く、戦績等も残らないし、こういうところは要アップデートですね。

 

「Haggis」の絵札は全員すっごいつまんなそうな顔してるのでそれが面白かったのですが、iPhone版のほうではカードが小さくて、点数も含めてこの辺がよく見えません。iPad版は縦画面でカードもよく見え、随分と遊びやすい印象でした。iPhone版も縦にしてくれたらよかったのですが。

Haggis97

 

この「Haggis」が気になったかたは、実際のカードゲーム版でも遊んでみてください。

手に入らなかった場合は100円ショップでトランプを2組買ってきて、あとはイチゴでもクマさんでもなんでもいいので、好きなシールをカードに張り付け、5種類の色のカードと数字、絵札(これは両面で公開されるようにして)を作れば普通に遊べると思います。お試しください。

 

とても簡単で深い読みあいが楽しめる対戦大富豪といった感じのカードゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Haggis100

    カードゲーム / ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / おすすめ
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.02
    開発 / IQ Foundry

    iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS 4.2 以降が必要

     

    Haggis
    AppStoreへ

     

  • Poker Pals
  • Hey, That’s My Fish! HD
  • Heads Up!
  • Fluxx
  • Infectonator

Comments are closed.

PAGE TOP ↑