1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Fealty01

 

■ Fealty
順番にコマを置いて点数を競う陣取りゲーム。ゲーム終了時に最も点数が高かったプレイヤーが勝ち。

 

順番にコマを置いて点数を競う陣取りゲームです。プレイヤーは自分の手札から1枚を選び、そのカードでプレイ順を決めてコマを盤面に置いていきます。それぞれのコマは影響力の範囲、影響する優先度が違うので、獲得した陣地がプレイするたびに変化します。盤面の土地に多くの影響を及ぼせばそれだけ得点になります。8ラウンドをプレイし、最後に最も点数の高かったプレイヤーが勝者となります。

カードを出して陣取りをしていく「Fealty」というシンプルなゲームです。

 

そんな「Fealty」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

Fealty02

Fealty03

 

 

Fealty22 Fealty23

 

このゲームは順番に自分のコマを置いていく陣取りゲームです。

盤面には「平地」「山」「森」「道」「都市」など地形が描かれています。盤面はピンチイン/ピンチアウトでズームできます。盤面は6×6のボードを3つ繋げた大きさになります。これはプレイ人数で大きさが変わります。

Fealty24 Fealty25

 

自分の番が来たら手元にある3枚のカードのうち好きなものを1枚選択します。

Fealty26 Fealty27

 

カードには左上に「数字」、上と右下に「名前」、真ん中には「影響範囲」が書かれています。

使うカードをタップしてから、右下の「Select」をタップして決定します。

Fealty29 Fealty31

 

対戦プレイヤーも、同じように自分の手元の3枚のカードのうちから好きなものを1枚選択します。

Fealty32 Fealty33

 

全員がカードを選んだら、今度は順番に選んだカードのコマを盤面に置いていきます。

Fealty34 Fealty35

 

まずは相手の番です。今選択したカードのコマを盤面に置いていきます。

Fealty36 Fealty37 

 

次は自分の番です。コマを置くときは、次のプレイヤーは前のプレイヤーが置いた6×6のボード内には置くことが出来ません。

赤の対戦プレイヤーが右下のボードに置きましたから、今度は上と左下のボードのどちからから置く場所を選びます。

Fealty39 Fealty40

 

ここにしましょう。置きたい場所を選択してから右下の「Place」をタップして決定です。

コマにはそれぞれ「影響範囲」が設定されています。この「Baron」は盤面の2マス以内の場所まで影響力を持ちます。そのコマの影響力はカードの真ん中に表示されています。

Fealty41 Fealty42

 

そして盤面でこの影響力を及ぼしている場所の数が得点となります。紋章のマークがついている場所が影響力が及んでいる場所ですね。コマから2マス以内の12マスです。

得点は上に表示されています。紋章1つにつき1点になります。「都市」の部分は2点になるので13点になっています。

これで1ラウンド終了です。

Fealty43 Fealty44

 

ゲームは8ラウンド、これを8回繰り返します。手札の使ったカードは無くなり1枚補充されます。

2ラウンド目です。今回はこの「Guard Post」を選択してみます。

Fealty45 Fealty46

 

対戦相手は「Ranger」を選びました。

Fealty48 Fealty49

 

カードは1ラウンドで1枚ずつ選ぶのですが、その時の優先順位は左上の数字になります。

この左上の数字が「優先度」になり、数字の小さいほうが先にコマを盤面に置きます。今回はそれぞれのプレイヤーは「30」と「50」を選択しましたから「30」の「Guard post」の自分から先に置きます。

Fealty46 Fealty49

 

最初にコマを置くプレイヤーは配置制限は受けません。どのボードでも好きな場所にコマを置けます。

しかし、自分の置いたコマの縦列、横列には置くことが出来ません。1ラウンド目に「60」のコマを置きましたので。その縦列、横列には置けなくなっていますね。それ以外のどこかを選択します。

Fealty50 Fealty51

 

この「30」の「Guard post」は2マス分の影響力範囲があるのですが、その2マスのうちの「道」だけにしか影響力が及びません。

右の画像では道の場所にしか紋章がついていませんね。

Fealty52 Fealty53

 

そして他プレイヤーのコマと影響範囲が重なったときは、先ほどの「優先度」の数字の高いコマの影響力が優先されます。

赤の「40」は上下左右に2マスという影響範囲です。青の「30」は今置いたコマで、2マスで道だけというものですね。

右の画像は青の「30」の位置を変えてみました。そうすると「40」の下にあった2つの道の影響力の紋章が、赤から青に変わっています。「30」のほうが優先度が高いので青い紋章が勝ってしまいます。

上にあるのはプレイヤー名と得点です。「Player 2」のほうを見ると「-2」と2点下がっていますね。

こんな風にして影響力を広げていきます。

Fealty55 Fealty54

 

こちらは「50」の「Ranger」です。影響範囲は3マスですが、その中の「森」にしか影響力が及びません

Fealty57 Fealty58

 

カードにはそれぞれ「名前」、「優先度の数字」、「影響範囲」が書かれています。そのほかに「特殊能力」がついているものがあります。カードの下に書かれている文章です。

Fealty60 Fealty61

 

この「20」の「Knight」は影響範囲は上下左右の1マスだけです。「特殊能力」は「配置後、紛争コマを2マス以内に置くことが出来る」です。

特殊能力があるものは、コマを置いた後などにもう1度選択の表示が出ます。

「紛争コマ(conflict marker)」は黒いコマです。この紛争コマを置くとそこから先に影響力が及ばなくなってしまいます。地形の「山」は影響力を遮断しますので、それと同じような感じですね。

Fealty62 Fealty63

 

こちらは「40」の「Scholar」です。上下左右に2マスという影響範囲です。「特殊能力」は「配置後、自分が置いたコマを上下左右に1マス移動させることが出来る」です。

この「Scholar」のコマを置いた後は、今までに置いた自分のコマを1マス動かすことが出来ます。

Fealty66 Fealty67

 

選べるのは今置いた「40」以外の「20」と「60」の2つですね。右にある「30」は「このコマは動かすことが出来ない」と書かれているので選べません。

Fealty68 Fealty69

 

選んだコマは1マス動かすことが出来ます。この時は「縦列、横列に置くことができない」という制限は受けません。動かせば当然、影響力の位置も変わります。

Fealty70 Fealty71

 

カードは全部で9枚あります。ゲームは8ラウンドですので8枚を使用します。1度使ったカードは無くなりますから、相手が何を持ち、何を使おうとしているのか予想することが出来ます。

Fealty73 Fealty72

 

これは「90」の「Court Noble」です。影響範囲は4マスです。「特殊能力」は「配置後、上下左右の好きな場所に紋章コマ(influence token)を1つ置くことが出来る」です。

紋章コマはそのまま最も優先度の高い影響力となります。カードの優先度が低いほど影響力の範囲は広くなります。逆に優先度が高ければ早くプレイが出来ますが、影響範囲は狭くなります。

Fealty75 Fealty76

 

これを8ラウンド繰り返し、全ラウンドが終了したとき、最も得点が高かったプレイヤーの勝ちになります。

Fealty78 Fealty80

 

ゲームは4人まで追加することが出来ます。プレイヤーとAIを選択できます。

Fealty81 Fealty82

 

人数を増やせばそれだけ盤面も広くなります。「Short」ゲームを選択すればラウンド数が6になります。

Fealty83 Fealty84

 

左上の「Missives」と「Suns」を選ぶとカードの種類が変わります。

Fealty85 Fealty86

 

このゲームはGameCenterを利用したオンライン対戦をすることが可能です。「Open」でランダムに対戦をしてもいいし「Invite」でお友達を招待してもOKです。

Fealty87 Fealty88

 

マッチングすればゲームがスタートします。非同期オンライン対戦なのでゲーム中にアプリを閉じても大丈夫です。自分の番になればプッシュ通知で教えてくれます。

Fealty92 Fealty93

 

自分のコマを盤面に置いて影響力を広げ、相手よりもたくさんの得点を取っていきましょう!

Fealty97 Fealty96

 

以下、カードの効果です。

 

「Missives」

 

「10 – Agent」

影響力: 2マス以内にある都市

配置後: 自分が置いたコマを2マス移動させることが出来る

 

「20 – Knight」

影響力: 近接する1マス

配置後: 紛争コマを2マス以内に置くことが出来る

Fealty21 Fealty04

 

「30 – Guard Post」

影響力: 2マス以内にある道

配置後は動かすことが出来ない

 

「40 – Scholar」

影響力: 上下左右の2マス

配置後: 自分が置いたコマを上下左右に1マス移動させることが出来る

Fealty07 Fealty09

 

「50 – Ranger」

影響力: 3マス以内にある森

配置後: 自分が置いたコマを上下左右に1マス移動させることが出来る

 

「60 – Baron」

影響力: 2マス

Fealty10 Fealty05

 

「70 – Village Elder」

影響力: 3マス以内にある平地

 

「80 – General」

影響力: 3マス

配置後: 紛争コマを3マス以内に置くことが出来る

Fealty06 Fealty11

 

「90 – Court Noble」

影響力: 4マス

配置後: 上下左右の好きな場所に紋章コマを1つ置くことが出来る

Fealty08

 

「Suns」

 

「15 – Farmer」

影響力: 上下左右にある道

 

「25 – Herald」

影響力: 上下左右の1マス

配置後: 上下左右の好きな場所に紋章コマを1つ置くことが出来る

Fealty20 Fealty12

 

「35 – Warden」

影響力: 2マス以内にある森

配置後: 自分が置いたコマを2マス移動させることが出来る

 

「45 – Inquisitor」

影響力: 2マス

配置後: 2マス以内の好きな場所に紋章コマを1つ置くことが出来る、その後、自分が置いたコマを1つ取り除く

Fealty18 Fealty13

 

「55 – Parson」

影響力: 2マス以内の平地

配置後: このコマを2マス以内の場所に移動させることが出来る

 

「65 – Commander」

影響力: 2マス

配置後: 紛争コマを3マス以内に置くことが出来る

Fealty15 Fealty14

 

「75 – Patroller」

影響力: 4マス

もしその6×6のボードに自分のコマが置かれていない場合は、6×6のボードの配置制限を受けない

配置後: 紛争コマを2マス以内に置くことが出来る

 

「85 – Magistrate」

影響力: 3マス

配置後: 自分が置いたコマを上下左右に1マス移動させることが出来る

Fealty16 Fealty19

 

「95 – Holy Legate」

影響力: 2マス

もしそのボードに自分のコマが置かれていない場合は、6×6のボードの配置制限を受けない

最後の得点計算時に、上下左右の影響力の点数が+1追加される

Fealty17

 

 

順番にコマを置いて点数を競う陣取りゲームです。プレイヤーは自分の手札から1枚を選び、そのカードでプレイ順を決めてコマを盤面に置いていきます。それぞれのコマは影響力の範囲、影響する優先度が違うので、獲得した陣地がプレイするたびに変化します。盤面の土地に多くの影響を及ぼせばそれだけ得点になります。8ラウンドをプレイし、最後に最も点数の高かったプレイヤーが勝者となります。

カードを出して陣取りをしていく「Fealty」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

 

目的は盤面にコマを置いて影響力を広げ得点を獲得することです。

自分の番ですることは「カードを1枚選ぶ」ことです。

 

全プレイヤーがカードを選んだら、そのカードを比べてプレイする順番を決めます。決まったらそのプレイヤーからカードに対応するコマを盤面に配置していきます。そして最後に点数が1番高かったプレイヤーが勝ちになります。

 

まず面白いのは全員が同じカードを持っているという点です。使ったカードは無くなりますし、相手が何のカードを持っているかも確認できるので、次に何が出てくるのかある程度の予想がつきます。それは当然相手もそうです。

 

2つ目はそれぞれのカードには「優先度」の数字が書かれている点です。この優先度は2つの意味を持っています。

全員がカードを1枚選んでプレイする順番を決めるとき、この優先度の高い(数字が小さい)プレイヤーからコマを盤面に置いていきます。コマを置くときは前のプレイヤーが置いた6×6のエリアの中には、あとのプレイヤーはコマを置くことが出来なくなるので、このプレイ順はとても重要になります。

コマにはそれぞれ違った影響力の範囲が設定されています。2マスであったり3マスであったり、また「3マス以内の森だけ」というような限定された影響範囲もあります。基本的には優先度の高いコマほど影響範囲は小さく、優先度の低いコマは影響範囲が広くなっています。

 

盤面の地形にコマが影響を与えれば、そこにプレイヤーの色の紋章のマークが表示され得点となります。ここでもうひとつの点は、得点を獲得するのはゲームの最後ということです。コマを置いただけでは得点にはなりません。つまりこの得点はラウンドを進めていくと減ることもあるということです。

先ほどのカードの「優先度」はこの紋章のマークにも適用され、優先度の低い影響範囲は、優先度の高い影響範囲に上書きされてしまうのです。その結果、ラウンドを進めるごとに得点を奪うということが可能になります。

 

それぞれのカードには「特殊能力」がついていて、コマを置いた後に他のコマを動かせたり、「紛争コマ」や「紋章コマ」を置くことが出来ます。自分の置いたコマの縦列、横列にはコマは置けなくなるので後半になると置く場所がかなり限られてきます。ですからいくら影響範囲が広いとはいえ、優先度の低いコマは最後にはあまり役に立たなくなったりします。

自分のコマの影響範囲がいくら重なったところで1点は1点なので、得点を多くとれるようにうまく重ならないように配置していくことが重要です。

 

カードは9枚でラウンドは8、難しそうな陣取りゲームですが意外とプレイ時間は短く、あっさりと終わります。しかしカードを使う順番、相手の影響範囲のどこを削るかなど考えるところは多く、なかなか難しい陣取りゲームです。

 

グラフィックは非常にシンプルなものですね。盤面の土地やカードのコマなどは、それぞれの部分を長押しすると詳細を確認することが出来ます。また複雑な影響範囲ですが、コマを動かすごとに紋章が表示されひとめでわかるようになっています。

得点もコマを動かすたびに変化するので、じっくりと置く場所を考えることが出来ます。

 

カードは2種類、プレイ人数は2~4人、AIの強さは2段階、ラウンド数は8と6から選べます。

 

またGameCenterを利用したオンライン対戦もできます。非同期オンラインなので自分の好きな時間でプレイできるし、また再開したときは相手の手が再生されるのでわかりやすいです。

 

非常にシンプルな画面構成ではありますが、遊びやすく出来ていると思います。

 

難点。内容も簡単なんですが、なんというかわかりにくいですね。特に優先度や紛争コマ、地形などを絡めた、コマの影響度の予想がつかないのがやっかいです。コマを動かすたびにどこに影響があるか表示されるにもかかわらず、それでも予想がつかないです。

面白そうなんですが、仕掛けるところ守るところがわかりにくいので、何というかすごく煮え切らないですね。結局手探りで8個コマを置いて終わってしまうという感じです。

特殊能力は英語ですが、難しいものはないので大丈夫です。

オンラインのランダム対戦は人がいないのでまずマッチしません。招待して対戦するのがいいでしょう。また本体を持ち替えての対戦も可能なので、それでプレイするのもいいんじゃないかと思います。

戦績等がつかないのは残念ですね。この内容でこの値段は高い気がします。

 

この「Asmadi Games」は文明発展のカードゲーム「イノベーション/innocation」というのも出しているのですが、先月Asmadiの人がiOS版制作のためのプログラマーを探していたので、そのうち配信されるかもしれませんね。

 

自分のコマを置いて土地を取り合っていく陣取りゲームです。

 

 

     

    Fealty100

    ボードゲーム / カードゲーム / 対戦思考ゲーム / オンラインゲーム
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Asmadi Games, LLC

    iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS 5.0 以降が必要

     

    Fealty
    AppStoreへ

     

  • One Knight Chess
  • Caylus
  • Hero Academy
  • Alhambra Game
  • Catan

Comments are closed.

PAGE TOP ↑