1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Puerto Rico HD01

 

■ Puerto Rico HD

農場で作物を収穫し、建物を建てて商品を作り出荷していくボードゲーム。ゲーム終了時に勝利ポイントを1番多く獲得したプレイヤーが勝ち。

 

農場で作物を収穫し、建物を建てて商品を作り出荷していくボードゲームです。各プレイヤーはそれぞれ自分の農場と都市を持ち、そこに作物を植えて人を配置し収穫していきます。収穫した作物は都市に建てた建物で商品に加工します。加工した商品は商人に売ってお金に変えます。手に入れたお金でまた新たな建物を建てていきます。出来上がった商品は貨物船に乗せて旧世界に出荷していきます。商品を出荷することにより勝利ポイントを獲得し、ゲーム終了時にこの勝利ポイントを1番多く獲得したプレイヤーが勝者になります。

 

2002年に発売され爆発的な人気を得たゲームがこの「プエルトリコ」です。非常に緻密で戦略性にあふれ、勝ち方もたくさんあってさらにモノを作り出す楽しさもあるという非常に面白いゲームです。

 

そんな「Puerto Rico/プエルトリコ」のiPad版です。

Puerto Rico HD02

Puerto Rico HD03

 

 

Puerto Rico HD27

Puerto Rico HD32

 

このゲームの目的は最終的に「勝利ポイント」という点数を獲得することになります。

面白いし戦略的にも深いためとても人気があるのですが、とにかく要素が多くルールを見ただけで拒否反応を起こしてしまいがちですね。プレイできることが多くプレイすることは少ないので、ルールは読むよりも遊んでみるとすぐに流れは理解できるのですが、とっつきづらいことは確かです。

 

ゲームの流れとしては

 

・プレイヤーが「役割」を選択したら、他のプレイヤーもその役割のアクションをプレイする

・繰り返し

 

簡単にいえばこれだけなんですが、他のプレイヤーもその役割のアクションをプレイというのが聞いただけでは理解しにくいのです。

 

イメージとしては、パーティゲームの「ツイスター」ってありますよね?「右手は赤」とか「左足が青」とか決まったら、床の赤い丸に手を置いていくというアレです。それと一緒です。

誰かが「右手は赤」を選んだら、プレイヤー全員がどこでもいいので「右手は赤」になるように動かしていきます。「他のプレイヤーもその役割のアクションをプレイ」というのはそんな感じになります。

全プレイヤーが選ばれた「同じプレイ」をするというところがポイントですね。

Puerto Rico HD35

 

あとはゲームでは監督とか入植者とかいろんな単語が出てきます。これも頭に入ってこない原因ですね。これはゲームの背景をちょっと知識として入れると割とすんなりといけます。

 

時代は16世紀、場所は「プエルトリコ」です。プエルトリコはカリブ海に浮かぶ島です。アメリカの下、フロリダの先がキューバ、その先がドミニカ共和国、その先が「プエルトリコ」になります。

当時は三角貿易というのが行われていました。歴史の授業なんかに出てきましたね。

ヨーロッパからは西アフリカには酒と武器を、西アフリカから南アメリカには奴隷を、南アメリカからヨーロッパには砂糖を輸出するわけです。大規模農場プランテーションを作り、そこに安い労働力をつぎ込んで、コーヒー、砂糖を栽培、それをヨーロッパに輸出します。当時ヨーロッパではお茶の習慣が広まったので砂糖の需要が大幅に伸びたのです。

その三角貿易(奴隷貿易)の舞台のひとつが、ここ「プエルトリコ」になります。

Puerto Rico HD29

 

これがゲーム画面になります。右側にいるのがプレイヤーです。左下がプエルトリコです。真ん中にあるのが「農園」です。上に表示されているのは「都市」になります。

Puerto Rico HD34

 

ゲームが始まったら最初のプレイヤーは右側にある7つの「役割」の中から1つ選択します。ここがツイスターでいうところの「右手は赤」の部分ですよ。

Puerto Rico HD36

 

まずはこの「Settler」というのを選択してみます。この部分をタップします。

Puerto Rico HD39

 

「Settler」というのは「開拓者」です。それぞれの役割にはそれぞれの「アクション」が設定されています。また選択した人は「特権」を使うことが出来ます。

「開拓者」のアクションは「プランテーションを1つ獲得する」ですね。

Puerto Rico HD33

 

右上の自分のプレイヤーのステータスには選択した「開拓者」のマークがつきます。上のリボンのようなのは「提督」のマークです。その巡で最初にプレイするプレイヤーのマークですね。

Puerto Rico HD41

 

「役割」を選んだら、まずその「役割」を選択したプレイヤーからプレイをします。

左下にあるのが「プランテーション」です。「開拓者」のプレイは「プランテーションを1つ獲得する」ですから、ここから1つプランテーションをタップして選択します。

Puerto Rico HD44

 

タップして選んだプランテーションは自分の農園に設置されます。

自分の「農園」と「都市」は縦になっています。この縦に並んだ2つが自分の農園と都市で、プレイヤー人数分がすべて表示されています。

Puerto Rico HD45

 

タップして選択すると選択したプランテーションが農園に追加されました。紫色のは「インディゴ」のプランテーションです。これで自分の番が終わります。

Puerto Rico HD47

 

次はその下の「Maria」の番です。最初に書いた通り「役割」を選んだら全てのプレイヤーがそのアクションをプレイします。つまりここでは「Maria」も「開拓者」のアクションの「プランテーションを1つ獲得する」わけです。ここがツイスターでみんなが右手を赤に置きだしているところですよ。

自分が取った「インディゴ」のプランテーションは消えています。それ以外の中から1つ選びます。

Puerto Rico HD48

 

「Maria」は「コーン」のプランテーションを選択しました。「Maria」の農園は隣ですので、隣にコーンのプランテーションが追加されます。

Puerto Rico HD49

 

同じように「Antonio」「Eva」も左下のプランテーションから1つずつ選択して自分の農園に置いていきます。「Antonio」は「タバコ」を、「Eva」は「インディゴ」のプランテーションを選択しました。

全員がプランテーションを1つずつ選んだら、ここで「開拓者」のアクション部分は終了します。

Puerto Rico HD51

 

次に順番は「Maria」に移ります。「Maria」も右からどれか「役割」を1つ選択します。このとき先ほど選択した「開拓者」は無くなっています。使った「役割」は無くなるので、それ以外から選ばないといけません。

ここは「建築家」を選択します。右の1番上です。

Puerto Rico HD53

 

「Builder」というのは「建築家」です。

「建築家」のアクションは「建物を1つ建設することが出来る」です。

Puerto Rico HD56

 

「建築家」でのアクションで、自分の「都市」の部分に建物を建設することが出来ます。建物は右側に一覧が並んでいます。下にスクロールしてタップして選ぶことが出来ます。

Puerto Rico HD58

Puerto Rico HD61

 

ここは「Indigo Plant(大きなインディゴ染料工場)」というのを建てみましょう。建てたい建物をタップします。

Puerto Rico HD65

 

「建築家」で「建物」を建てるには「建設費」が必要になります。それぞれの建物の上に書かれているのは「建物名」、その下に書かれている黄色い数字が「建設費」、青い数字が「勝利ポイント」になります。

各プレイヤーのステータスの黄色い丸が「所持金」になります。ここでは「Maria」は「3ダブロン」持っているということになりますね。「ダブロン」はゲームでの通貨の単位です。

この「大きなインディゴ染料工場」の場合は、建てるのに「3ダブロン」必要ということですね。

「3x」はこの建物が建てられるのは「残りあと3つ」という意味です。

Puerto Rico HD64

 

タップして「大きなインディゴ染料工場」を選択すると、「Maria」の「都市」に「大きなインディゴ染料工場」が建ちました。ステータスを見ると所持金は「1ダブロン」に減っています。。

「大きなインディゴ染料工場」の建設費は「3ダブロン」でしたが、実は「役割」の「特権」が効いています。

「特権」は「その役割を選択したプレイヤー」だけが得られる効果で、「建築家」の場合は「建設費が1ダブロン安くなる」です。ですから「大きなインディゴ染料工場」は「2ダブロン」で建設できたことになります。

Puerto Rico HD67

 

「役割を選んだら全てのプレイヤーがそのアクションをプレイする」ですから、今回の「建築家」も全員がプレイします。

次は「Antonio」が好きな建物を建築することが出来ます。

Puerto Rico HD68

 

「Antonio」は「小さい市場」を、「Eva」は「小さいインディゴ染料工場」を作りました。

Puerto Rico HD69

 

最後は自分の番です。ここは「Maria」と同じ「大きなインディゴ染料工場」を建てみましょう。「特権」は効かないので「3ダブロン」必要になります。すでに「Maria」が1つ建てているので「2x(残り2つ)」になっています。

これで「建築家」のアクションが終了です。

Puerto Rico HD73

 

次は「Antonio」の番です。「Antonio」は「市長」を選択しました。

Puerto Rico HD75

 

「Mayor」というのは「市長」です。

「市長」のアクションは「入植者を取って、すべての入植者を再配置することができる」です。

Puerto Rico HD79

 

いまプランテーションと建物を建てましたが、実はこれは建てただけで稼働していない状態です。稼働させるには作っただけではダメで、それぞれのプランテーション、建物に「入植者」を置かなければいけないのです。

Puerto Rico HD77

 

左側のところにあるのが植民船に乗った「入植者」です。今は4人います。これを順番に1人ずつ取っていきます。

Puerto Rico HD76

 

「入植者」を取るとステータスの「入植者数」のところの数字が増えます。「市長」の「特権」は「ストックから追加の入植者を1人獲得する」ですので、「Antonio」だけは「所持入植者」が2人になっています。

Puerto Rico HD81

 

入植者が配分されたら、自分の「プランテーション」「建物」の中から配置したい場所をタップして選択します。

Puerto Rico HD83

 

「Antonio」は自分の「コーン」と「タバコ」のプランテーションをタップして選択しました。「入植者」を配置するとプランテーションは稼働状態になります。上が未稼働、下が稼働状態です。稼働しているということはここから「コーン」と「タバコ」が「収穫」出来るということになります。

「プランテーション」を配置し、そこに「入植者」を置いて初めてプランテーションは稼働させることが出来ます。

Puerto Rico HD85

 

次は「Eva」です。「Eva」も入植者を置いていきます。持っている入植者は1人だけです。「コーン」のプランテーションに配置しました。

Puerto Rico HD87

 

自分の番です。持っている入植者は1人だけです。自分の「インディゴ」のプランテーションに配置しました。

Puerto Rico HD89

 

「Maria」も持っている入植者は1人だけです。「インディゴ」のプランテーションに配置しました。

これで「市長」のアクションは終わります。

Puerto Rico HD92

 

次は「Eva」が「役割」を選ぶ番です。「Eva」は1番下の「金鉱堀り」を選びました。

Puerto Rico HD94

 

「Prospector」というのは「金鉱堀り」です。

「金鉱堀り」にはアクションはありません。他のプレイヤーはこのアクションはプレイしません。ただし選択したプレイヤーは特権として「銀行から1ダブロン受け取る」ことができます。

Puerto Rico HD97

 

これで1巡しました。役割選択が1巡すると、「役割」の項目が元に戻ります。

Puerto Rico HD96

 

そして「総督」のマークが次のプレイヤーに移り、総督のプレイヤーからスタートになります。

この時、前の巡で選択しなかった「役割」には丸の数字がついています。これはお金で、その役割を選ぶとその数字分のダブロンをもらうことが出来ます。

さて「Maria」は「市長」を選択しました。

Puerto Rico HD99

 

「市長」は「入植者を取って、すべての入植者を再配置することができる」ですね。まず植民船から入植者を全員に振り分けます。

Puerto Rico HD101

 

それから「入植者」を配置していきます。「Maria」は3人の植民者を持っています。

まず「コーン」のプランテーションに1人を配置します。

Puerto Rico HD103

 

次に「大きなインディゴ染料工場」に「入植者」を配置します。

プランテーションに入植者を配置すると稼働するように、建てた建物にも入植者を配置しないと稼働しません。

インディゴのプランテーションは収穫はできますがそれだけではダメです。収穫したインディゴを今度は工場で加工しなければいけません。加工するための工場は建てただけではダメで、これも入植者を置いて稼働させなければいけないのです。

建物に入植者を置くと建物内の明かりが点灯します。

Puerto Rico HD105

 

これでインディゴのプランテーションと、インディゴの工場が稼働し「生産ライン」ができました。

Puerto Rico HD107

 

「Antonio」「Eva」も自分の持っている入植者を建物に配置していきます。

Puerto Rico HD109

 

最後に自分の番です。持っている入植者は2人です。インディゴのプランテーションを2つ持っているので1人をプランテーションに、もう1人を「大きなインディゴ染料工場」に配置して稼働させます。

これでインディゴ生産ラインが完成しました。

「生産ライン」は同じ「稼働しているインディゴのプランテーション」「稼働しているインディゴの生産施設」がそろって初めて完成します。

Puerto Rico HD111

 

次は「Antonio」の番です。「Antonio」は「監督」を選択しました。数字の丸の1がついていますで、1ダブロン追加でもらえます。

Puerto Rico HD115

 

「Craftsman」というのは「監督」です。

「監督」のアクションは「自分の生産ラインに従ってストックから商品を獲得する」です。

Puerto Rico HD123

 

この「監督」が選択されると、即座に各プレイヤーは自分の生産ラインから商品を獲得します。

Puerto Rico HD127

 

獲得した商品がこちらです。各プレイヤーのステータスの横にあるのが商品の所持数です。

「商品」は生産ラインが確立している数だけ獲得することが出来ます。

「生産ライン」の数は、その商品の「プランテーション稼働」「工場稼働」が揃っている数です。

 

自分の状態を見てみると、「インディゴ」のプランテーションは2個、稼働しています。しかしそのインディゴの工場は1つしか稼働していません。電気が1つしかついていませんね。「プランテーション稼働」「工場稼働」してラインが確立しているのは1つだけです。

ですから獲得したのは「インディゴの商品1つ」ということになります。

Puerto Rico HD117

 

「Maria」を見てみましょう。プランテーションは「インディゴ1個」と「コーン1個」です。工場は「インディゴ工場」が2つ稼働しています。電気が2つついていますね。

しかしプランテーションは1つだけですので、獲得したのは「インディゴ商品1つ」になります。工場だけ稼働してもプランテーションだけ稼働してもダメなのです。

「コーン」はプランテーションが稼働すればそれだけで商品が完成します。生産施設は必要ありません。

ですからMariaが獲得したのは「インディゴ商品1つ」と「コーン商品1つ」になります。

Puerto Rico HD118

 

「Antonio」を見てみましょう。

持っているプランテーションは「コーン」と「タバコ」です。両方とも稼働しています。しかし建物が「市場」で生産施設ではありません。

ですから獲得したのは生産施設のいらない「コーン商品1つ」だけになります。

Puerto Rico HD119

 

「Eva」を見てみましょう。

持っているのは「インディゴ」と「コーン」のプランテーションです。そして「小さいインディゴ染料工場」が1つ稼働しています。

ですから獲得したのは「インディゴ商品1つ」と「コーン商品1つ」になります。

全員が同じようなアクションをプレイしたのに、獲得した商品などがこれだけ変わってしまうというのは面白いですね。

Puerto Rico HD120

 

次は「Eva」の番です。「Eva」は「商人」を選択しました。商人にも数字の丸の1がついていますので、1ダブロン追加でもらえます。

Puerto Rico HD128

 

「Trader」というのは「商人」です。

「商人」のアクションは「商品を1つ売却することができる」です。

Puerto Rico HD132

 

「商品」は生産ラインから獲得しただけではダメです。これを商人に売ってお金にしないといけません。

「商人」は左上のところにあります。

「商人」で自分の番が来たら自分のステータスの商品をタップして選択して、商人に売ります。売却できるのは商品1個だけです。

「Eva」は商人に「インディゴ」を1つ売りました。売ったことで「Eva」は「1ダブロン」獲得しました。

Puerto Rico HD134

 

次は「Maria」の番になりました。

Puerto Rico HD137

 

本来なら自分の番なのですが、順番が飛ばされてしまいました。

実は商人には4つの枠があって、それぞれ1種類1つずつしか売ることが出来ません。つまり今「Eva」が「インディゴ」を売ったのでもう「インディゴ」は売れないのです。商人に売ることが出来るのは「インディゴ以外のの3種類になります。

自分は「インディゴ1つ」しか持っていないので、ここでは商人に売ることが出来ずスキップされました。

その次の「Maria」はコーンを持っていますのでコーンを売ることが出来ます。しかしコーンは売ってもお金になりません。

商品は5種類あり、コーン、インディゴ、砂糖、タバコ、コーヒーです。インディゴは1個で1ダブロン、砂糖は1個で2ダブロン、タバコは1個で3ダブロン、コーヒーは1個で4ダブロンになります。

Puerto Rico HD136

 

全員が売り終わりました。左上の商人のところを見ると袋に「インディゴ」がそのまま置いてありますね。これは4種類集まるとリセットされます。

つまり次にもし商人が選択されても、そのときは「インディゴ」を売ることはできないということになりますね。

Puerto Rico HD141

 

次は自分の番です。最後の役割「船長」を選択しましょう。

Puerto Rico HD142

 

「Captain」というのは「船長」です。

「船長」のアクションは「商品を貨物船に積み込んで出荷する」です。

Puerto Rico HD146

 

「船長」が選択されたら、各プレイヤーは中央にある「貨物船」に手持ちの商品を「積めるだけ」積んで出荷しなければいけません。

Puerto Rico HD148

 

「貨物船」は積載量別に3種類あります。どの船に乗せてもいいのですが、持っているのがとりあえず「インディゴ1つ」だけなので右の貨物船を選択して乗せてみます。

Puerto Rico HD150

 

商品を貨物船に乗せると、商品1つにつき1点の「勝利ポイント」がもらえます。この「勝利ポイント」が勝敗を決めます。

今はインディゴ1つを乗せましたから勝利ポイント1点獲得しました。「船長」の「特権」として「出荷時に勝利ポイントを追加で1獲得する」ですから合計で2点獲得しました。

Puerto Rico HD154

 

次は「Maria」の番ですが、この時同じ貨物船に違う種類の商品は乗せることが出来ません。右の貨物船にはすでに「インディゴ」が乗っていますので、ここに「コーン」を乗せることはできないのです。

Puerto Rico HD155

 

ですから「コーン」は真ん中か左のどちらかに乗せることになります。好きな方を選択します。

Puerto Rico HD156

 

次は「Antonio」の番です。この場合コーンは左の貨物船に乗せることはできません。すでに「コーン」が乗っている貨物船があるからです。「Antonio」は手持ちの「コーン2つ」を「すべて」中央の貨物船に乗せます。

その分勝利ポイントを獲得します。2つですから2点ですね。

Puerto Rico HD158

 

次は「Eva」です。手持ちの商品は「コーン1つ」です。中央の貨物船にこの「コーン」を乗せ、勝利ポイント1点を獲得します。

Puerto Rico HD160

 

これで全員が貨物船に商品を乗せました。

Puerto Rico HD161

 

続けて「Maria」が貨物船に商品を乗せます。「船長」では手持ちの商品を「積めるだけ全て積まなけばいけない」のです。まだ手元に「インディゴ1つ」が残っているので、これも右の貨物船に乗せます。

船長の時には1回で1種類ずつしか出荷できないので、このように手持ちに数種類あるときは何回も商品を乗せることになります。

Puerto Rico HD162

 

全ての商品を乗せたら終了です。貨物船がいっぱいになれば出港し、その船の荷物は空になります。

今はコーンが4つ乗って止まっていますね。次の「船長」のときはここには2つの「コーン」しか乗らないことになります。

船長のアクションが終わったとき、もしも手持ちに商品が残ってしまった場合、そのときはどれか1個だけの商品を残してすべて破棄されてしまいます。ためておくということはできないんですね。

Puerto Rico HD165

Puerto Rico HD225

 

あとはこれを順番に繰り返していきます。

左上の水色が勝利ポイントです。茶色いのは入植者数です。その下はダブロンです。これはプレイ人数により総数が決まっています。

もし勝利ポイントが無くなったり、入植者が無くなったり、またプレイヤー1人の都市がすべて建物で埋まった場合、その巡をプレイしてゲーム終了です。

その時の勝利ポイントが1番高いプレイヤーが勝者になります。

Puerto Rico HD194

 

農園の横にあるのは「採石場」です。これは「開拓者」を選んだ時「特権」として1つ取ることが出来ます。

Puerto Rico HD168

 

この採石場を稼働させると、建物を建てるとき建設費が1ダブロン安くなります。

例えば「Antonio」は採石場を1つ稼働させています。「タバコ保存所」は建設費が5ダブロンです。

ですから1ダブロン安くなり4ダブロンでタバコ保存所を建設できます。今回はそこに「建築家」の特権もあるのでさらに1ダブロン安くなって3ダブロンで建設できることになります。

上にある「3つの採石場」とか「2つの採石場」は、そこの建物で使える採石場の数の上限です。

Puerto Rico HD197

 

建物の中には材料を商品に加工する生産施設以外にも、いろんな特殊能力を持った建物があります。

Puerto Rico HD233

 

例えば、オレンジ色の建物「農地」です。これはプランテーションを取るとき、追加でもう1つプランテーションを取ることができます。

左下の茶色い「宿屋」はプランテーションを取ったとき、通常であればそのあと入植者を置かないと稼働しませんが、「宿屋」があると入植者がついた状態で獲得でき、いきなり稼働します。

白い「大学」も同じような機能です。通常であれば建物を建ててから入植者を置かないと稼働しませんが、「大学」があると入植者がついた状態で建設が完了し、いきなり稼働します。

緑色の「港」は、「船長」のときもに商品を出荷するたび勝利ポイントを1獲得できます。

大きい建物もあります。大きい建物は2マス使用して建設します。大きい建物はおもに勝利ポイントに関係してきます。

Puerto Rico HD270

 

ゲーム終了時には、それまで獲得した勝利ポイントに加え、建物についている勝利ポイントも加算されて総得点となります。このときに大きな建物による点数も追加されます。

Puerto Rico HD253

Puerto Rico HD258

 

ゲームは通常の「Play」と「Online」プレイが選択できます。

Puerto Rico HD28

 

通常のプレイでは「AI」と「Human」が選択できます。AIはキャラクターによって強さが変わります。スタートプレイヤーも選択することが可能です。

Puerto Rico HD267

 

「Online」はGameCenterによる対戦プレイが出来ます。

Puerto Rico HD260

Puerto Rico HD268

Puerto Rico HD269

 

プランテーションを作り稼働させ、建物を作ってお金を集め、相手よりも多くの勝利ポイントを稼いで勝利していきましょう!

Puerto Rico HD262

Puerto Rico HD265

 

以下、各建物の効果です。

カッコ内はどの役割の時に発動するかを示しています。

 

「小さいインディゴ染料工場」

生産施設。インディゴのプランテーションがあるとインディゴの商品を生産。

Puerto Rico HD04

 

「小さい砂糖生産所」

生産施設。砂糖のプランテーションがあると砂糖の商品を生産。

Puerto Rico HD05

 

「小さい市場」

商人に商品を売ると+1ダブロン。序盤は金欠になりやすいので+1でもバカにならない。

Puerto Rico HD06

 

「農地」

プランテーションを取る前に、ランダムで1枚プランテーションを追加する。「コーン」を大量に手に入れ「造船所」を作って大量出荷、「公邸」と組み合わせて勝利点を伸ばしたりすることができる。

Puerto Rico HD07

 

「建築小屋」

プランテーションの代わりに採石場が取れる。つまり「開拓者」の特権と一緒。ただこれを使うとプランテーションの数が減るので、「農地」と組み合わせてプランテーションを補うと、採石場の効果で建設費も下げることが出来るので強力。

Puerto Rico HD08

 

「小さい倉庫」

船長の時は出荷できなかった商品は1個を除いて破棄しなければいけないが、小さい倉庫があれば1種類をいくつでも保管できる。それが次の船長の時に出荷できればそのまま勝利ポイントになるのでお得。「港」と組み合わせて大量出荷すれば一気に得点アップ。

Puerto Rico HD09

 

「大きなインディゴ染料工場」

生産施設。インディゴのプランテーションがあるとインディゴの商品を生産。

最大3人まで配置できるのが特徴。インディゴ生産で攻める場合は必須。「ギルドホール」と合わせて勝利ポイントを伸ばすこともできる。

Puerto Rico HD10

 

「大きな砂糖生産所」

生産施設。砂糖のプランテーションがあると砂糖の商品を生産。「大きなインディゴ染料工場」の砂糖版。砂糖のプランテーションで行く場合は必須。

Puerto Rico HD11

 

「宿屋」

プランテーションを獲得したときに、入植者を置かなくても即稼働が出来る。コーンは生産施設がなくても出荷できるので、コーン系で行く場合は利用すると大量生産が出来る。

Puerto Rico HD12

 

「商館」

すでに売却してある商品でも売ることが出来る。商人に売るときはすでに売られている商品に関しては売ること出来なくなるが、商館があると重複していても売ることが出来る。便利そうだが建設費が高いばかりであまり役には立たない。

これを建てるくらいなら他のプレイヤーのプランテーション以外の商品を作ったほうが早い。

Puerto Rico HD13

 

「大きな市場」

商品を売却すると追加で2ダブロン受け取る。2ダブロンは魅力的ではあるけどその分の建設費が高い。

Puerto Rico HD14

 

「大きな倉庫」

船長の時は出荷できなかった商品は1個を除いて破棄しなければいけないが、大きな倉庫があれば2種類をいくつでも保管できる。

船長の時は商品を破棄されるのが痛いので、倉庫はとても便利。通常の場合は1個まで保存できるがそれ以外の商品の2種類でもOK。

Puerto Rico HD15

 

「タバコ保存所」

生産施設。タバコのプランテーションがあるとタバコの商品を生産。

最大3人まで配置できるのが特徴。売値が高くなるのでお得。

Puerto Rico HD16

 

「コーヒー焙煎所」

生産施設。コーヒーのプランテーションがあるとコーヒーの商品を生産。

最大2人まで配置できるのが特徴。最も売値が高い商品。その分建設費などのコストが高いため、うまく生産ラインが出来ればコーヒーを独占できる。

Puerto Rico HD17

 

「工場」

生産した商品の種類数により銀行からダブロンを受け取る。商品を生産するだけでお金が入ってくるのでとても強力。お金が回りだし建物も建てやすくなるので「ギルドホール」などと組み合わせていくと勝利ポイントが伸びる。

Puerto Rico HD18

 

「大学」

建物を建設したとき、その建物にすぐに入植者が配置され稼働する。「宿屋」の建物版。しかし建設費が高いので利用しにくい。

Puerto Rico HD19

 

「港」

商品を出荷するとき、出荷するたびに勝利ポイントを1獲得する。船長では商品を1個出荷すると1勝利ポイントを獲得できる。同時に3個出荷すれば3勝利ポイントを獲得できる。

しかし船長では1回の自分の番では1種類しか出荷できないため、複数の種類を持っている場合はもう1度出荷することになる。つまりこの部分で勝利ポイントを追加で1獲得できる。

通常は商品の個数分の勝利ポイントを獲得するが、商品の種類数でも勝利ポイントを獲得できることになる。

「造船所」で作った貨物船に出した場合にも勝利ポイントが得られる。

Puerto Rico HD20

 

「造船所」

積載無制限の自分だけの貨物船を1隻獲得する。貨物船は3つしかなく、同じ商品しか載せることが出来ないため乗せられなかった商品は破棄されてしまう。しかし造船所があると自分だけの貨物船を持つことが出来て乗せられなかった商品も出荷できるようになる。出荷するたびに勝利ポイントは得られるので、大量ポイントを獲得したいとき「倉庫」「港」などと合わせて利用すると便利。

Puerto Rico HD21

 

「ギルドホール」

ゲーム終了時、所有する大きな生産施設1つにつき2勝利ポイント、小さい生産施設1つにつき1勝利ポイントを獲得する。

「小さいインディゴ染料工場」「小さい砂糖生産所」は1勝利ポイント、「大きなインディゴ染料工場」「大きな砂糖生産所」「タバコ保存所」「コーヒー焙煎所」は2勝利ポイントを獲得する。

大体生産施設は作るので、勝利ポイントが確実に増えてお得。

Puerto Rico HD22

 

「公邸」

ゲーム終了時、プランテーションが9個以下の場合は4勝利ポイント、10この場合は5勝利ポイント、11この場合は6勝利ポイント、12この場合は7勝利ポイントを獲得する。

「農地」でプランテーションの数を増やせれば勝利ポイントをより多く獲得できる。

Puerto Rico HD23

 

「砦」

ゲーム終了時、入植者3人につき1勝利ポイントを獲得する。普通にプレイしていけば入植者の数から4から5勝利ポイントくらいは獲得できる。

Puerto Rico HD24

 

「税関」

ゲーム終了時、4勝利ポイントにつき1勝利ポイントを獲得する。税関も普通にプレイすれば5勝利ポイントくらいは獲得が出来る。

Puerto Rico HD25

 

「市役所」

ゲーム終了時、生産施設以外の建物1つにつき、1勝利ポイントを獲得する。同じく市役所も5勝利ポイントくらいが獲得できる。

Puerto Rico HD26

 

 

農場で作物を収穫し、建物を建てて商品を作り出荷していくボードゲームです。各プレイヤーはそれぞれ自分の農場と都市を持ち、そこに作物を植えて人を配置し収穫していきます。収穫した作物は都市に建てた建物で商品に加工します。加工した商品は商人に売ってお金に変えます。手に入れたお金でまた新たな建物を建てていきます。出来上がった商品は貨物船に乗せて旧世界に出荷していきます。商品を出荷することにより勝利ポイントを獲得し、ゲーム終了時にこの勝利ポイントを1番多く獲得したプレイヤーが勝者になります。

 

ルールが複雑そうに見えますが、やっていること自体は極めて単純です。

特徴的なのは「全プレイヤーが同じアクションを順番に行う」という点です。途中にも書きましたが、ゲームの流れとしては「ツイスター」と一緒だと思ってください。「左足は赤~」というところを「プランテーション獲得~」になっていると思えばすんなりと流れを理解していただけるのではないかと思います。「建物建設」になったら全員が建物を建設し、「出荷」になれば全員が出荷をするというわけです。

ところが作ったプランテーションや建物がそれぞれでちょっとずつ違ってくるので、全く同じアクションを繰り返しているはずなのに少しずつ差が出てきて、最後にはそこが勝敗を分けるようになってきます。その積み重ねをどうするかというのを考えてプレイしてくゲームです。

 

基本的にはこのゲームには運要素というのがほとんどありません。すべてが公開情報であり、先にも言いましたが選択の積み重ねだけが結果に反映するという非常に頭の使うゲームです。

実際にこのゲームは、ルールを見るととっつきづらいのですがプレイすると一瞬でゲームの流れは理解はできます。人と同じアクションをしていくだけですからね、そんなに難しくありません。しかしながら、それぞれのアクションやそれぞれの建物などの効果が細かいので、そのあたりが把握するのに難しいところです。

 

それぞれの「役割」で補足する点は、

 

「開拓者」

・プランテーションを取ったとき、残ったプランテーションは破棄され次のプランテーションが新たに表示される。

・自分のプランテーションはどこに置こうが関係なし。

・土地は12個が上限。

 

「建築家」

・1回で建てることが出来る建物は1つだけ。

・採石場を持っていた場合、建設費が1つにつき1ダブロン安くなる。

・建物リストの採石場のマークは、そこの建物で使用できる採石場の効果の上限(2個描かれていれば2ダブロンまで安くなる)。

・建物を作らないということもできる。

 

「市長」

・入植者を配分するときは、植民船に乗っている入植者を順番に分ける。

・植民船に乗る入植者の数は、全プレイヤーの建物で配置されていない人数分がストックから置かれる(8人分空いていたら8人が入植船に乗る)。

・植民船の最低数はプレイヤー数。

・入植者を配置するときは、タップして取って違う場所に配置し直すこともできる。

 

「監督」

・商品は稼働しているプランテーションと稼働している建物によって数が決まる。

 

「商人」

・売ることが出来るのは1個だけ。

・価格はコーン0ダブロン、インディゴ1ダブロン、砂糖2ダブロン、タバコ3ダブロン、コーヒー4ダブロン。

・4種類埋まったらそこで終了。

・すでに売られている種類の商品は売れない。

・4種類埋まらなかったら、次の時まで持ち越しする。

 

「船長」

・出荷は積めることが出来る限り出荷する。

・1回の番では1種類の商品しか出荷できない。

・1つの貨物船には1種類の商品しか乗らない。

・出荷できる貨物船が2つある場合は好きな方を選択する。

・商品を1個出荷するごとに1勝利ポイントを獲得する。

・商人では商品によって価値が違うが、出荷はすべて同じ1勝利ポイント。

・誰も出荷できなくなったら、自分の商品の中から1つだけを選んで保管する。それ以外はすべて破棄する(お金、勝利ポイントにはならない)。

・いっぱいに積み込まれた船は空になる。

 

「役割」

・誰も選択しなかった役割には1ダブロン乗る。

 

「得点」

・入植者や勝利ポイントが無くなったり、1人のプレイヤーの都市が建物で埋まったらゲーム終了、獲得した勝利ポイント+建物の勝利ポイント+大きな建物の効果を足した数で勝敗を決める。

 

こんなところでしょうか。

 

このゲームは、それぞれのプレイヤーやそれぞれの農園と都市を持ちそこを開拓していきます。ですから他プレイヤーに対して何か攻撃を仕掛けるという要素はありません。アクションの中にもそのようなものはありません。

しかし「役割」を順番に選択していくということで、相手への関与が出来ます。相手の生産ラインが出来る前に生産して商品を先に取ってしまったり、相手のお金がないのを見越して建築を選んだり、そういうところで相手への影響が出てきます。

逆に選択の仕方によっては、相手は得をしてしまう状況も起きます。相手が商品が欲しいなと思っているとき、わざわざ監督で生産してしまい次でうまく出荷されるということもあります。

このあたりの選び方が非常に面白いところですね。

 

ゲームには勝ち方は大まかには「建築」と「出荷」があります。「建築」は建築物をたくさん立てて勝利ポイントを獲得していく方法です。当然採石場で建設費を押さえつつ増やしていくのが有効です。「出荷」は船長でとにかく商品を出荷して大量の勝利ポイントを稼いでいく方法です。コーンや造船所、港などを使ってとにかく出荷し続けていきます。

しかし相手のあることですし、状況は変化していくのでどちらにでも対応できるように作戦を練っていくのがいいでしょう。あとはそれぞれの建物に相性があって、コンボが組みやすいものがあります。そういうのをうまく取り入れていくのが有効です。

 

何を植えるか、どこに置くか、何を建てるか、何を売るか、何を出荷するか、これらの行動すべての積み重ねだけが最後の差になって勝利できるというゲームです。

 

ゲームのグラフィックはとてもユニークですね。相変わらずsageboardgamesは面白い配置の仕方をします。どんどんと街が出来上がっていくのも壮観ですね。ゆったりとしたBGMが流れて雰囲気はなかなかいいです。

操作は基本的にはタップしていくだけです。何かをドラッグして動かすということはありません。プランテーションをタップすればそれで終わり、売るときは自分の商品をタップすればそれで終わりです。いたってシンプルな操作です。

得点計算を勝手にやってくれるのはやはり楽でいいですね。難しめな計算名なのでなおさらです。

選択する場所は大きくなって表示されるのでひと目でわかりますし、中にはアンドゥもあって直前の選択をやり直すこともできます。

 

ゲームはAIを使った対戦とGameCenterを利用したオンライン対戦が出来ます。5人対戦、AI、アニメーションスピードを最高にしてプレイ時間は約20分程度です。

 

かなり要素が多いし、必勝というしっかりとした形がなく手探りで進めていく感じではありますが、プレイ自体は簡単な選択のみなので順番さえ理解すればサクサクとプレイできると思います。

 

難点。プレイ自体はそれほど難しくありませんが、建物の判別と効果がわかりづらいですね。内容も全部英語になっていますし。特に建物のグラフィックがわかりづらいというのがキツいですね。

一応インディゴやタバコのマークがついていたりしますけど、それも小さくて見づらいです。建物に配置した入植者数が明かりとか、ステータスの所持商品数とかも見づらいです。

ゲーム自体は楽ですがこの建物関係の効果を理解するまでは大変だと思います。

新建物はありません。

 

これはiPad版のみで配信されているのですが、2012/01にiPhone/iPod touch版が出るという話だったので待っていたのですが全然音沙汰なしですね。iPad版でもこれだけ見づらいのですから大変なのかもしれません。

 

難しそうですが実は初心者の方でも十分に楽しめるゲームです。何かを作り出し、それを売り、さらにいいものを買ってまた作っていくという過程はわくわくして面白いです。

気になった方はボードゲーム版のほうもぜひ遊んでみてください。戦略についてはたくさん研究されていて、ネット上にもいろんな戦略が載っていますので気になる方は調べてみてください。

 

農場で作物を収穫し、建物を建てて商品を作り出荷していくボードゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Puerto-Rico-HD100

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム / おすすめ
    価格 / ¥960
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.2
    開発 / Ravensburger Digital GmbH

    iPad 互換iOS 3.2 以降が必要

     

    Puerto Rico HD (iPad)
    AppStoreへ

     

  • San Juan
  • Revertis 2
  • Las Vegas!
  • Scotland Yard
  • Ramses II

Comments are closed.

PAGE TOP ↑