1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Two Towers01

 

■ Two Towers
互いにカードを出して塔を作るカードゲーム。自分の塔を完成させるか相手の塔を破壊したプレイヤーが勝ち。

 

互いにカードを出して塔を作るカードゲームです。手札の中から1枚ずつカードを出していきます。カードは3種類の効果があり、そのカードで自分の塔の建築、相手の塔への攻撃、魔法などを使用します。カードを使用するにはコストを支払わないといけません。順番にカードを出して使い、先に自分の塔を一定の段階まで建築するか、相手の塔をすべて壊したプレイヤーが勝者になります。

 

 

Two Towers02

Two Towers03

 

このゲームの目的はカードを出して自分の塔を建築することです。

 

手前の6枚が自分の手札になります。中央は山札と捨て札です。左右にあるのは「資源」です。

赤いのが「Gems」、青いのが「Mana」、緑色のが「Troops」です。その上に書かれている数字が「Mines」「Monasteries」「Barraks」になります。

画面の左に建っているのが自分の「塔」と「壁」です。右は相手の塔と壁になります。

Two Towers06

 

自分の番が来たら、手札のカードを1枚使うか1枚捨てます。

Two Towers08

 

手札のカードをタップすると大きく表示されます。上に書かれている「Play」をタップすれば使用、「Discard」で捨てます。

カードを「上フリック」して使用、「下フリック」で廃棄というやり方もできます。

Two Towers10

 

カードにはそれぞれ「カード名」と「効果」が書かれています。右下にある数字は「コスト」です。カードを使用するには手持ちの資源(黒い枠の数字)「Gems」「Mana」「Troops」を使用して使います。

この「Root of Life」というカードの場合はコストが「2」です。青い色をしていますから、青の「Mana」を「2」使用して使うことが出来ます。

Two Towers97

 

カードを「上フリック」して使用してみましょう。カードを使用するとそのカードに書かれた効果が発動します。

この「Root of Life」の効果は「+3 tower」となっています。つまり自分の塔の数値が「3」増えます。塔にはそれぞれ数値が設定されていて、これを上げていくのが目標です。

カードを使ったので塔の上に書かれている数字が3増えましたね。

Two Towers12

 

自分の番は1枚カードを使ったら終わりです。次は相手の番になります。カードを1枚使用したら1枚山札から補充されます。手札は常に6枚です。

Two Towers13

 

また自分の番になりました。

今度はこの「Warrior’s Sword」を使用してみましょう。コストは「1」。緑のカードです。効果は「4 damage. You lose 3 mana」となっています。

カードには先ほどのように自分の塔を建設するもののほかに、相手の塔を攻撃するものがあります。攻撃するカードを使用すると相手の塔の数値を減らすことが出来ます。

Two Towers14

 

「Warrior’s Sword」を使用しました。すると塔の数値ではなく、その手前の「壁」の数値が4減りました。

塔の前には「壁」があり、壁が建っているときはダメージは壁が吸収してくれます。この「壁」の数値もカードで上げることが出来ます。

Two Towers15

 

また自分の番です。今度は「Small Landslide」を使用してみましょう。コストは「4」、効果は「-1 enemy’s mine」です。

カードを使用するためには「資源」が必要になりますが、この資源は自分の番が来ると自動的に増加します。増える数値は赤が「Mines」、青が「Monasteries」、緑が「Barraks」となっています。マークの右下に小さく「+2」と書かれているのがそれです。赤の「Gems」の「Mines」は「+2」になっています。

赤のGemsは自分の番が来るたびに「2」ずつ増えていくというわけです。

Two Towers17

 

今使った「Small Landslide」の効果は「-1 enemy’s mine」ですから、相手の「Mines」の数値を「1」減らします。数値を見ると「+1」に下がっていますね。

つまりこちらは自分の番が来るたびに「2」ずつ増えますが、相手は「1」ずつしか増えないことになります。

Two Towers18

 

カードに鎖がついているのはコストが足りないカード、使用できないカードです。

Two Towers20

 

カードの左下に矢印のマークがついているものがあります。

Two Towers22

 

このマークのついたカードを使用した場合、追加でもう1枚カードをプレイすることが出来ます。もちろんコストは支払いますが、マークがついていれば連続で何回でもプレイできます。

Two Towers26

 

相手に攻撃をするカードの場合、塔の前に壁があった場合は壁がダメージを吸収してくれます。壁がない場合は防ぐことが出来ず塔の数値が減ります。

しかしカードの中には「2 damege to enemy’s tower」というように、壁があろうとなかろうと直接塔にダメージを与えるものもあります。

Two Towers42

 

中にはこんな「+20 tower」のような強力なカードもあります。コストが高ければカードも強いですね。

Two Towers45

Two Towers46

 

こんな風にカードを1枚ずつ使用してはそのカードの効果を発動してゲームを進めます。

そして一定の数の高さまで塔を建築するか、または相手の塔をすべて壊すことが出来れば勝ちになります。

Two Towers49

Two Towers32

Two Towers64

 

ゲームに勝つと右上の「Newbie」のランクが上がっていきます。

Two Towers65

 

勝利数が増えるとランクが「Follower」になります。

Two Towers71

 

Followerになると右のShopで魔法カードを購入することが出来るようになります。ゲームをすると少しずつコインをもらえるのでそれを使用して購入します。

魔法カードはゲームを始める前に資源の数を増やすことが出来ます。左右にスライドして高いカードを買うことが出来ます。

Two Towers72

Two Towers88

 

ランクが上がると使用できるカードの種類が徐々に追加されていきます。

Two Towers76

 

相手の壁と自分の壁を入れ替えたり、使うカードコストをゼロにしたり、またカードを引く回数を増やしたりと特殊な効果を持つカードがたくさん出てきます。

Two Towers78

Two Towers80

Two Towers85

 

マップ上にあるどの塔とでも対決することが出来ますが、対決するにはコインをかけてプレイしなければいけません。

この場合は10コインをかけて報酬20コインということですね。左下は初期資源数、初期の塔の高さ、右下はゴールの塔の高さです。

Two Towers87

Two Towers61

 

GameCenterの利用したオンライン対戦もプレイできます。

Two Towers82

 

いろんなカードをうまく利用して、相手よりも先に塔を完成させていきましょう!

Two Towers68

Two Towers59

Two Towers81

Two Towers95

 

 

互いにカードを出して塔を作るカードゲームです。手札の中から1枚ずつカードを出していきます。カードは3種類の効果があり、そのカードで自分の塔の建築、相手の塔への攻撃、魔法などを使用します。カードを使用するにはコストを支払わないといけません。順番にカードを出して使い、先に自分の塔を一定の段階まで建築するか、相手の塔をすべて壊したプレイヤーが勝者になります。

 

有名なRPGのゲームに「Might and Magic」というのがありますが、そのゲームの中に「Arcomage」というミニゲームが出てきます。これはそのミニゲームのフォロアーになります。

 

ゲームでは自分のお城を作ったり相手のお城を攻撃したりして、先に目標数値まで築き上げたほうが勝ちになります。相手に自分のお城をすべて壊されても負けになります。

プレイ自体は非常に単純で、自分の番で6枚の手札の中から1枚カードを選んで使用するだけです。カードを使ったら順番を交代、相手もカードを1枚使います。カードにはそれぞれいろんな効果があって、使用するとそれが発動します。カードの効果はたくさんありますが、「自分のお城+3」とか「相手のお城-5」とかそんな簡単なものばかりです。

カードを使用するときにはコストが必要で、これは手持ちの資源を使います。資源は自分の番になるたびに増えていきます。その増数は各資源の上に「+2」とかの数字で表示されています。この数値もカード効果により増やしたり減らしたりすることが出来ます。

コストが足りなければカードをプレイできませんが、使うことのできないカードは鎖でロックされているのですぐにわかります。

 

カードはそれぞれ赤色、青色、緑色に分かれています。大体の特徴としては、赤色が自分のお城や壁を建てたりする建築系のカード、緑色は相手のお城に攻撃する攻撃系のカード、青色は魔法系のカードで相手に攻撃したり塔を作ったりという感じです。

ゲームで1番大事なのは、「Mines+1」とか「Monasteries+1」とか「Barracks+1」とか、各ターンでの追加資源数をを増やすカードです。いくら強力なカードが手元にあってもコストが足りないと話にならないので、いくつかあるこういう効果を持つカードが出たら即座に使用していきましょう。

また逆に相手の「Mines」「Monasteries」「Barracks」を下げる効果のカードもあります。資源が貯まる速度が落ちればそれだけ強力なカードの攻撃回数が減るので、展開は有利になります。

 

相手が弱いときはごり押しでもなんとかクリアできますが、強くなってくると無駄なカードの使い方をしているとあっさりと負けてしまいます。

相手への嫌がらせ重視でいくか、自分の塔と壁をひたすら作り続けて防御型でいくか、カードをためて一気に攻撃するという戦略でいくか、めくるカード運も関係してきますが、なかなか面白いゲームです。

 

グラフィックはとても素晴らしいですね。色合いがとてもよいです。なんでもこのカードイラストはをすべて手書きで描き上げたらしく、とても丁寧で雰囲気がありますね。カードは144種類もあるそうです。

操作は「カードをタップしてPlayを選択」のほかに、カードを上フリックで使用、下フリックで破棄という簡単操作もできます。フリックのほうが直感的にすぐに出せるので楽ですね。とてもいい操作性です。

 

モードはそれぞれの強さのお城に挑戦するキャンペーン、GameCenterでのオンライン対戦があります。

 

簡単な内容なのでプレイ時間も短いし、なんといっても負けるとこれが意外と腹が立つんですよね。なので何回も挑戦したくなってしまうゲームです。

 

難点。もとがミニゲームなので内容は単純です。グラフィックが綺麗なので上手くまとまってはいますが、あっさりとしたゲームであることには変わりないです。やり込める要素もないですし、運要素も強いですし。

効果などはすべて英語ですが、特殊な効果が起きるものもほとんどなく、単純なものばかりなので問題はありません。

ゲームは一進一退がこれでもかというくらい続くので、非常にイライラします。

「相手カードを奪う」とか「攻撃ブロック」とかもうちょっといろんなカードを追加してほしいですね。自分のデッキを作成できたりして使うことが出来ればもっと面白くなるのではないかと思います。アップデートに期待しましょう。

 

カードを使って相手よりも早く自分の塔を築き上げていくゲームです。

 

 

     

    Two-Towers100

    カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.2
    開発 / FireBlink

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 4.3 以降が必要

     

    Two Towers
    AppStoreへ

     

  • QUICK / COLLECT
  • GodFinger
  • Dungeon Plunder
  • Towers Infinite
  • Scribblenauts Remix

Comments are closed.

PAGE TOP ↑