1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Waking Mars01

 

■ Waking Mars
火星で発見された洞窟を探検するアクションゲーム。

 

火星で発見された洞窟を探検するアクションゲームです。火星の地下で発見された洞窟の中に潜って探険していきます。洞窟内には植物やエイリアンなど、火星独自の生態系が存在します。それぞれのエイリアン、生物の特徴や習慣を調べて把握し、植物などを育てながら太古の火星の謎を究明していきます。

 

 

Waking Mars03

 

主人公はこの人「Liang」です。これから火星の地下洞窟の探索に向かいます。

Waking Mars04

 

真ん中にいるのがその「Liang」さんです。画面の右側をタップすれば右へ、左側をタップすれば左へ向かって歩きます。

Waking Mars05

Waking Mars06

 

飛びたい方向にタップすすると、そこに向かってジェット噴射して飛びます。タップしたままだと噴射し続け、放すと噴射は止まり落ちてきます。

Waking Mars08

 

岩などに当たっても大丈夫ですが、あまり高いところから落ちたり、崩れてくる石などに当たると左上のライフが減ってしまいます。

Waking Mars09

 

しばらく歩いていくとこのような植物が出てきます。

Waking Mars11

 

これが火星の植物のようですね。左にいるのは通信しているオペレーターの「Amani」です。

Waking Mars10

 

時々このような丸い石のようなものが落ちています。

Waking Mars12

 

これは植物の「種」で触れることで手に入れることが出来ます。

Waking Mars13

 

手に入れた種は右下のアイテムパックに表示されます。

Waking Mars14

 

手に入れた種を、地面に生えている草むらのようなところに投げてみます。投げるときは種を選択して持ってから、ドラッグして方向を決めて指を離します。

Waking Mars15

 

種を投げ込むと、種が草むらに埋め込まれその場所に植物が生えます。

Waking Mars16

 

これは先ほど生えていた植物ですね。種を草むらのようなところに発射するとそこにその植物が生えます。

Waking Mars17

 

チェックポイントは左側なのですが、植物のようなものが壁のように邪魔をしていて進めません。それぞれのエリアにはいくつかのクリア条件があって、それをクリアするとこの植物のようなものが消えて進めるようになります。

Waking Mars18

 

ここは全ての草むらのところに植物を生やせば通過できるようですね。壁が消えて左側に進めるようになりました。

Waking Mars19

Waking Mars21

Waking Mars20

 

植物の種類は1つだけではありません。いろんな植物があります。

Waking Mars22

 

この長細い植物は、触手のようにうにゅうにょと動いています。しばらくするとその先から水色の球のようなものを発射します。

Waking Mars23

 

この水色の球は水の種で、先ほどの種と同様に手に入れることが出来ます。

Waking Mars24

 

手に入れた水の種を、生えている火星の植物に当ててみます。

Waking Mars25

 

そうすると植物の形が変わり出します。

Waking Mars26

 

成長した植物はその種をポロポロと吐き出します。植物に水をやると種が出てきます。

Waking Mars27

 

種を吐き出したあとは泡のようなものが出てきます。これに触れると左上のライフが回復します。

Waking Mars28

 

左下のアイコンをタップすると、現在するべきことやクリアすることが表示されます。

Waking Mars29

 

「RESEARCH」をタップすると見つけた植物の特性などを見ることが出来ます。

Waking Mars30

Waking Mars31

 

この水の種を今度は先ほどの草むらのところに直接投げてみます。

Waking Mars32

 

すると今度は水の種を吐き出す植物が生えます。

Waking Mars33

 

この植物はいろんな方向に水の種を吐き出すので、他の植物に種を当てたりして勝手に変化していきます。

Waking Mars35

 

右上にあるのは「BIOMASS」の数値で、植物の繁栄度をしめすものです。植物が生えたり増えたりすると数値が上がっていきます。

Waking Mars36

 

左下にある星のようなアイコンはマップです。

Waking Mars37

 

マップを見ると今まで進んできたところを見ることが出来ます。丸い部分をタップすると一気に移動したりすることもできます。

Waking Mars38

Waking Mars39

 

こちらは強い酸を生み出している植物です。

Waking Mars41

 

このように酸がたまっているところや、落ちてくる酸のしずくに当たるとライフが減ってしまいます。

Waking Mars42

 

ライフが無くなるとゲームオーバーです。また途中からやり直しです。

Waking Mars40

 

上手く障害物を避けたり、植物を育てたりして先に進んでいきます。

Waking Mars44

Waking Mars43

Waking Mars47

 

更に火星の深層へと向かうべく1回地上のベース基地に戻ったのですが、地殻変動があったのかベース基地が壊れてかなり深いところまで落とされてしまいました。

Waking Mars49

Waking Mars48

 

また変な物体が出てきました。植物でしょうか、エイリアンでしょうか。

Waking Mars50

Waking Mars51

 

これは一応植物のようですが、近づくとカサカサと逃げ回ります。クモみたいですね。気持ち悪いです。

Waking Mars52

 

ためしに逃げ回るこの植物に、先ほどの種を投げつけてみました。

Waking Mars53

 

どうやらこの種が食べ物だったようです。種を食べたら分裂して増殖しました。投げれば投げるだけ増えていきます。気持ち悪いです。

Waking Mars55

 

また違う草むらのようなものがでてきました。黄色いですね。ここに緑の種を投げても何も起きません。

Waking Mars56

 

ここには途中で拾った黄色い種を投げつけてみます。

Waking Mars57

Waking Mars58

 

するとここからまた違う植物が生えてきました。

Waking Mars59

 

この植物は非常に攻撃的で、近づくと攻撃されライフが減ってしまいます。

Waking Mars60

 

しかし動くものに反応するのか緑の種を投げるとそれに食いつきます。その間に移動していきます。

Waking Mars61

Waking Mars63

 

また大きな植物が出てきましたね。これはいったいなんでしょうか。上に飛んでいるのは先ほどのクモのようなものです。あれはジャンプして飛び回るんです。気持ちが悪いです。

Waking Mars64

 

ところがそのクモのような動き回る植物は、先ほどの攻撃的な黄色い植物の食べ物だったらしく、近づくとバクリと食べられてしまいました。そして植物は黄色い種を作り出します。

植物、エイリアンにもいろいろな生態系の関係があるようです。

このようにいろんな生態系を調べながら進んでいきます。

Waking Mars66

 

ゲームはセーブスロットが5つまであって切り替えてプレイすることが出来ます。

Waking Mars79

 

また難易度も「CASUAL」「NORMAL」「HARD」から選択することが出来ます。

Waking Mars81

 

様々な植物やエイリアンがいる火星の洞窟を探索して、古代の謎と生態系を解明していきましょう!

Waking Mars82

Waking Mars70

Waking Mars71

Waking Mars74

Waking Mars76

Waking Mars72

Waking Mars45

Waking Mars46

Waking Mars02

 

 

火星で発見された洞窟を探検するアクションゲームです。火星の地下で発見された洞窟の中に潜って探険していきます。洞窟内には植物やエイリアンなど、火星独自の生態系が存在します。それぞれのエイリアン、生物の特徴や習慣を調べて把握し、植物などを育てながら太古の火星の謎を究明していきます。

 

火星の洞窟を探検していくアクションゲームですね。洞窟の中を進んでいくと植物が生えているところが出てきます。これらの植物は火星独自のものでそれぞれ不思議な特徴を持っています。ときどき植物の「種」が落ちていることがあります。この「種」を拾って苗床となる場所に投げ込むと、その種の植物が生えます。

ゲームは1つのエリアをクリアしていく形で進みます。クリアする(ゲートを開ける)には、そのエリアで植物を一定以上育てないといけません。しかしそうそう種が落ちていることはありませんから、種をどこかで作り出さなければいけません。

植物の中には、水の入った種を発射するものがあります。生やした植物にこの水の種を投げ込むと、植物は2段階目に成長し、種を作り出して吐き出すようになります。それを回収して種を手に入れるわけです。

 

普通に生えているだけの植物もあれば、攻撃してくる植物、またはエイリアンもいます。途中で出来たあのクモみたいなやつです。気持ち悪いですね。

クモみたいなエイリアンは植物の種を与えると分裂して増えていきます。さらにこのエイリアンは攻撃してくる植物や、ハエ取り草みたいな植物の食料となっているようで、攻撃してくる植物はエイリアンを食べると黄色い種を作り出します。ハエ取り草みたいな植物の場合は、食べられ死骸となったエイリアンが栄養素みたいなものに変化します。それを植物に与えるとまたこれが成長して大きくなります。

 

つまりいろんな植物の種やエイリアンが、互いに食べたり食べられたり、与えあったりして火星の洞窟の中の生態系を作り上げているのです。

これがこのゲームのとても面白いところですね。

 

その生態系をうまく利用して植物を育てクリアしていきます。

そして最終的に火星の洞窟を謎を解けばクリアです。

 

グラフィックは見ての通りスゴいですね。火星の雰囲気バッチリです。そしてエイリアンと植物がものすごく気持ち悪いです。背中がゾワゾワしてきます。

さらにゲーム中のBGMがとても素晴らしいです。2時間分くらいの曲があるようで、どれもみんなクオリティが高いです。

 

操作はタップするだけで、ジャンプ、移動ととても簡単にできます。浮遊している感じがとてもいいですね。攻撃関連のものはゲーム中にあまりないので細かい動きは必要ないのですが、深層に行くにしたがって避ける動作も重要になるので、タップするだけというのは簡単でわかりやすくていいです。

 

ちょっと独特な雰囲気のするゲームですが、宇宙の感じがよく出ているのではないかと思います。

 

難点。一応全編英語のストーリーです。タップ操作は簡単ですが、結構動かしづらいです。ヴァーチャルパッドがあればもっと動かしやすかったのではないかと思います。

これはクモのゲームの「Spider: The Secret of Bryce Manor」を作ったところの新作です。印象はクモのゲームとよく似ています。

グラフィックはとても素晴らしいですが、ゲームはあまり面白くないですね。

独自の生態系の特徴を試行錯誤で見つけていく、というところはとても面白かったです。でもそれも最初だけで、あとになるとそういうのもただの作業になっていくので面倒くさくなります。

面白くないのかといわれれば、火星の雰囲気があってし面白いとは思います。じゃあ面白いのかといわれれば、そんなに面白くはないです。1回遊べば2回目は遊ばないでしょう。

画像と動画を見るとつまらなそうですが、それよりちょっと面白いという感じ。ホントになんか消化不良のするゲームですね。

 

購入する気はなかったんですけど、このゲームを見たときからDavid BowieのSpace Oddityが頭の中で繰り返し流れ続けてしまったので遊んでみました。いまいちでした。

 

火星の地下の洞窟を探検するアクションゲームです。

 

 

     

    Waking-Mars100

    アクションゲーム
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Tiger Style

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 3.0 以降が必要

     

    Waking Mars
    AppStoreへ

     

 

 

 

  • English Country Tune
  • Darkin
  • Hack RUN
  • Slide Space
  • Mars Needs Mechanics

Comments are closed.

PAGE TOP ↑