1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Wars of the Roses01

 

■ Wars of the Roses
互いにカードを使ってコマを置いていくボードゲーム。ゲーム終了時に得点の高いほうが勝ち。

 

互いにカードを使ってコマを置いていくボードゲームです。カードには進む方向と進む距離が描かれています。このカードを使ってマスの中にある王冠を動かし、その場所に自分の色の薔薇のコマを置いていきます。自分の色の薔薇のコマがタテヨコで繋がればそれが得点になります。繋がった薔薇のコマはコマ数の二乗の得点になります。コマを動かせなくなったり、コマが無くなったらゲーム終了で、その時点で得点の高いほうが勝者です。

2人用の傑作ゲームといえばクニツィアの「Battleline」があがりますが、それと同じくらいまたはそれ以上かもしれない2人用の傑作ゲームが「ディルク・ヘン/Dirk Henn」の「ローゼンケーニッヒ/Rosenkönig」です。ランカスター家とヨーク家が壮絶な権力闘争を繰り広げた「薔薇戦争」をテーマにした陣取りゲームです。

わかりやすく美しいルールで、誰でもすぐに楽しめるとても面白いゲームです。

 

そんな「ローゼンケーニッヒ/Rosenkönig」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

Wars of the Roses02

Wars of the Roses03

 

 

Wars of the Roses04 Wars of the Roses07

 

このゲームはボード上にコマを置いていく陣取りゲームです。得点を多くとった人が勝者です。

 

画面は下が自分の手札、上が相手の手札です。盤面には王冠コマが1つだけあります。

白い薔薇と赤い薔薇に分かれて戦います。右にあるのがその薔薇の色でここは得点になってます。真ん中にあるのは残りのコマ数です。

Wars of the Roses08 Wars of the Roses09

 

ルールは非常に簡単です。

 

自分の番が来たら

 

・カードを使って王冠コマを動かす

・カードを1枚引く

・カードと騎士を使ってコマをひっくり返す

 

の3つのうちどれか1つをプレイします。

 

手持ちのカードには「王冠」と「剣」が描かれています。上の王冠には「1」「2」「3」の数字が書かれています。下の剣は8方向のどこかに向いています。

このカードは移動カードで、王冠の数字は「移動できるマス数」、剣の向きは「移動できる方向」を示しています。そしてこのカードを使うと盤面の王冠コマを動かすことが出来ます。

Wars of the Roses10 Wars of the Roses12

 

例えば真ん中のカードの王冠は「1」で剣の向きは「右下」ですね。これを使うと盤面の王冠コマは「右下に1マス移動する」というわけです。

Wars of the Roses11 Wars of the Roses13

 

王冠コマを動かしたらその場所に自分の色の薔薇のコマが置かれます。そして使用したカードは無くなります。

1回プレイしたら次は相手の番になります。

Wars of the Roses14 Wars of the Roses15

 

自分のカードをタップするとマスには「剣」のマークが出ます。これは「そのカードを使うとここに移動します」ということです。もう1度そのカードをタップすれば決定で王冠コマはその場所に移動し、自分の薔薇のコマが置かれます。

剣が斜め左下に向いていて王冠が2のカードを選べばこの場所へ移動します。

Wars of the Roses17 Wars of the Roses16

 

剣が右に向いていて王冠が1ならばこの場所に移動します。剣が右に向いていて王冠が2ならば2マス横に移動します。

そのカードを使って王冠コマが移動できない場合はカードは暗く表示され選択できません。例えば左下へ3マスのカードは王冠コマが盤外に出てしまうので使用できません。

Wars of the Roses18 Wars of the Roses20

 

こんな風に順番にカードを使い、王冠コマを動かしながら薔薇のコマを盤面に置いていくわけですが、そうすると使えるカードが徐々に無くなっていきます。

カードは最初に5枚配られます。カード無くなった場合はひっくり返った裏向きのカードをタップします。そうするとカードを1枚補充できます。もちろんこれもプレイの1つですので、カードを引いた場合は王冠コマは動かすことが出来ず相手の番になります。

Wars of the Roses23 Wars of the Roses24

 

このゲームは陣取りゲームです。薔薇のコマを置いていくとそれが得点になります。得点は右側の薔薇内の数字です。

Wars of the Roses31 Wars of the Roses33

 

薔薇のコマの得点は「タテヨコで繋がった薔薇のコマの数の二乗」になります。

例えば、同じ色のコマが2個繋がれば薔薇のコマ2個で「2×2」で「4点」になります。同じ色のコマが3個繋がれば薔薇のコマ3個で「3×3」で「9点」になります。

Wars of the Roses32 Wars of the Roses39

 

同じ色のコマが5個繋がれば薔薇のコマ5個で「5×5」で「25点」です。

そしてこれらの得点はそれぞれが合計されます。

右では薔薇のコマ10個で「10×10」で「100点」、薔薇のコマ3個で「3×3」で「9点」、薔薇のコマ6個で「6×6」で「36点」の陣地がありますね。これを全部足します。1個のコマも薔薇のコマ1個で「1×1」となり「1点」になります。

矢印のような斜めに隣接しているコマは陣地にはなりません。あくまでタテヨコでつながった場所です。

点数は「100+36+9+7(1個のコマ)」で合計「152点」になります。

Wars of the Roses42 Wars of the Roses105

 

カードを使って王冠コマを動かし、足りなくなったらカードを補充します。

そこにもうひとつ「カードと騎士を使ってコマをひっくり返す」というプレイがあります。

盤面が広く空いている場合はいいですが、このように埋まってくるとどうしても空いているマスに動かせなくなってきます。

もしカードを使って王冠コマを動かすとき、移動先に相手の薔薇のコマがあった場合には戦いになります。そのとき「騎士」を使って相手の薔薇のコマをひっくりかえし、自分のコマにすることが出来ます。

例えば右上の方向の3のカードを使うと王冠コマが動く先に相手の白い薔薇のコマがあります。こういう場合は剣が戦いのマークになって、そのコマがひっくり返り自分の赤い薔薇のコマになります。

Wars of the Roses47 Wars of the Roses49

 

コマがひっくり返って赤い薔薇になりましたね。「騎士」は右の点数の上に表示されています。「騎士」の残りは「3」から「2」になりました。騎士は各プレイヤー最初に4つ持っていて、ゲーム中に4回までしか使用できません。「騎士」は必ずカードとセットで使います。

Wars of the Roses50 Wars of the Roses51

 

このように「カードを出してコマを動かす」「カードを引く」「騎士を使ってコマをひっくり返す」を順番にプレイしていきますが、ポイントとなるのは相手のカードもすべて見えているという点です。

ですから例えばこのように王冠コマを左上に動かしてしまいます。すると相手は「右上へ1」「左下へ3」のカードしかありませんので王冠コマを動かすことが出来ません。

騎士はカードとセットで使うので、この場合は相手は「カードを引く」しかないわけです。

Wars of the Roses53 Wars of the Roses54

 

相手はカードを引き「右下へ3」のカードが出ました。

ここで手持ちの「左へ1」を使ってしまうと、次に相手の「右下へ3」が使えることになります。そこで「下へ3」を使います。そこは相手の白い薔薇のコマですから騎士を使ってひっくり返します。

Wars of the Roses55 Wars of the Roses56

 

そうするとこの場所から相手の「右下へ3」「右上に1」「左下へ3」はすべて使えません。騎士は自分のコマをひっくり返すことはできないからです。するとまた相手はカード引くしかないわけです。

カードを引いて相手は「左上に2」が出ました。

Wars of the Roses57 Wars of the Roses58

 

ここで自分の「左へ1」を使用することもできますが、相手は今、どのカードも使えません。こういうときはわざわざ動かす必要もありません。自分でカードを引いてしまいましょう。

そうすれば相手は使えるカードがないので、またカードを引くしかありません。

Wars of the Roses59 Wars of the Roses60

 

相手は「下へ1」をひきました。ここで動きそうですね。

こんな風に相手のカードを見て、相手の動きを読んでカードを引いたり騎士を使ったりして相手を追い込んで自分の有利なようにゲームを進めます。

Wars of the Roses61 Wars of the Roses62

 

そうして右にある残りの薔薇のコマが「0」になるか、両方が王冠コマを動かすことが出来なくなったらゲーム終了です。そこまでに獲得した得点が多いプレイヤーが勝ちになります。

Wars of the Roses65 Wars of the Roses66

 

ゲームモードは「Quick Match」「Campaign」「MultiPlayer」があります。

「Quick Match」ではプレイヤーとAIとの対戦が選べます。AIは「easy」「normal」「hard」の3種類です。

Wars of the Roses70 Wars of the Roses71

 

「Campaign」は色々な状況で対戦するモードです。薔薇戦争の史実にのっとり「セント・オルバンズの戦い

」からスタートします。

Wars of the Roses72 Wars of the Roses73

 

ゲームのルールは同じですが、盤面に他のコマが存在します。また残りコマ数と騎士の数もそれぞれ違います。盤面にあるコマに王冠を重ねるときは、同じように騎士を使用することになりますので動きにかなりの制限が出ます。

Wars of the Roses74 Wars of the Roses77

Wars of the Roses80 Wars of the Roses82

 

「Multiplayer」ではBluetoothとGameCenterを利用したオンライン対戦が可能です。

Wars of the Roses85 Wars of the Roses86

Wars of the Roses95 Wars of the Roses103

 

王冠コマを動かし、自分の薔薇コマを盤面に置いて陣地を広げ高得点を獲得して相手に勝利していきましょう!

Wars of the Roses93 Wars of the Roses101

Wars of the Roses84 Wars of the Roses104

 

 

互いにカードを使ってコマを置いていくボードゲームです。カードには進む方向と進む距離が描かれています。このカードを使ってマスの中にある王冠を動かし、その場所に自分の色の薔薇のコマを置いていきます。自分の色の薔薇のコマがタテヨコで繋がればそれが得点になります。繋がった薔薇のコマはコマ数の二乗の得点になります。コマを動かせなくなったり、コマが無くなったらゲーム終了で、その時点で得点の高いほうが勝者です。

 

ランカスター家とヨーク家が壮絶な権力闘争を繰り広げた「薔薇戦争」をテーマにした陣取りゲーム、「ローゼンケーニッヒ/Rosenkönig」のiPhone / iPod touch / iPad版です。発売は「Catan」「Keltis」「Ingenious」の「USM」です。

 

これは2人対戦ボードゲームの傑作です。

ゲームは自分の薔薇コマを盤上に置いて陣地を広げていきます。

自分の番では

 

・カードを使って王冠コマを移動させる

・カードを引く

・カードと騎士を使って相手のコマをひっくり返す

 

の3つのうちのどれか1つをプレイします。

 

王冠コマを動かせば動かした先に自分の薔薇のコマを置くことが出来ます。動かした先に相手の薔薇コマがある場合は、騎士を使って相手の薔薇コマをひっくり返すことが出来ます。しかし騎士はゲーム中に4回までしか使えません。

カードの手持ちは最大5枚までです。1回で補充できるカードは1枚です。

 

盤上の薔薇コマはタテヨコで繋がった個数の二乗が点数になります。例えば2個繋がっていれば「2×2」、5個繋がっていれば「5×5」、10個繋がっていれば「10×10」という具合です。コマが多ければ多いほどそれだけ点数も伸びていきます。斜めに配置してあるのは繋がっているとはカウントしません。1個の薔薇コマも「1×1」で1点になります。

そして薔薇コマが無くなったとき、もしくは両プレイヤーが王冠コマを動かすことが出来なくなったらゲームが終了、そのときの点数の多いほうが勝者です。

 

とてもシンプルで、実によくできた美しいルールですね。1回聞けば簡単に理解できます。

ゲームのポイントはほとんどすべての情報(カード)が互いに公開されているという点です。公開されているという点やオセロ、チェッカーのような見た目からアブストラクトゲームのような感じを受けますが中身は全然別のものです。

 

盤上に自分の薔薇コマを置くことが出来る王冠を動かすには、カードを使います。

これが秀逸です。

オセロやチェスなどのアブストラクトゲームに共通して言えるのは選択肢が広いということです。その広い選択肢の中からどれを選ぶかがその人の強さになるわけですが、手の広さゆえに弱い人には手探りのまま迷いながらゲームが進んでいる感じがするでしょう。

ところがこれはコマはカードで動かします。持てるカードは最大5枚まで、つまり陣取りゲームでありながら打てる手は常に5つ以下になるわけです。

さらにコマを置きたい場所、繋げたい場所というのは大体限られるのでもっと手は狭くなります。自分のプレイで迷う場面というはそれほどないんです。ですから初めての人でもすんなりと楽しめるんです。しかもこのカードが互いに表向きになって公開されています。ということは相手が取るであろう行動が全部読めてしまうんです。

 

迷いながらゲームをするよりは、迷わないほうが楽しいです。迷わなくてさらに相手の次の手が読めたらもっと楽しいです。次の手が読めてそれを邪魔できたらもっともっと楽しいです。

手札は5枚以下でそれほどたくさん読みきる必要もないので、始めてプレイした人でも「迷わなくてさらに相手の次の手が読んで邪魔をする」の部分まですんなりと行けてしまうのが、このゲームのルールとしての素晴らしさですね。

邪魔をすれば相手はプレイできないので、自分は続けてプレイできます。ずっと邪魔をしていればずっとプレイできます。必ずしも交互にプレイするわけではないという、プレイの連鎖性も見事です。

 

そして出来た陣地はそのコマ数の2乗なので、広げれば広げるだけ点数は大幅に伸びます。騎士を使えば自分の陣地を伸ばすこともできますし、相手の陣地を分断することもできます。点数は広がるとどんどん高くなるので、それが分断されると一気に下がってしまいます。逆転性も大いにあるわけです。

カードを引くということでカード運が大きいところもありますが、その部分は5枚カードを持って選ばせていることによって運の要素を下げ戦略性を上げています。

クニツィアの「Battleline」よりもわかりやすさ、手軽さ、ストレスの無さではこちらの方が面白いのではないかと思います。

 

ただこのローゼンケーニッヒの欠点といえるのが得点計算でした。2乗の得点はいいんですが、さすがにそれを計算するのは面倒くさいんですね。しかしそれもアプリでは勝手に計算してくれるので関係なしです。さらにコマを動かしていくごとにリアルタイムで計算されて得点が表示されます。これはとても熱いです。

 

グラフィックはとてもいいですね。ボードゲーム版は盤面やカードの美しさがとても好評でした。その部分だけが心配でしたが、これはそれを損なわずとてもよく出来ています。

BGMも重厚な雰囲気がでていますね。

 

操作はとても簡単で、コマを置くという動作はありません。カードを2回タップすればどんどんとコマは置かれていきます。引くときも伏せられたカードの部分をタップするだけです。動く先に敵コマがあれば勝手に騎士が使われます。つまり操作はカードをタップするだけなのです。

画面も縦画面なので片手だけでプレイできますね。1プレイ時間は5分程度です。

 

モードは通常の対戦から、キャンペーン、オンライン対戦までそろっています。中でも薔薇戦争の史実に沿って進むキャンペーンが盤面やコマ数の変化があってとても面白いです。いかに早くコマを重ねて騎士を使わせるか、追い込むかなどを練るのがとてもいいですね。

 

2人用の傑作ボードゲーム。初心者でも簡単に理解して遊べ、そして十分に楽しめます。

 

難点。とても面白いボードゲームではありますが、どうしても陣取りゲームという性質上、地味~な展開がずっと続きます。突然盛り上がるということはないですので、そういうところからもゲームに合う合わないはあります。

ただこれはボードゲームに触れていない人や女性になどにとても好評でした。自分が考えている感じ、読める感じいいんでしょうね。

本当はカードは8方向の1、2、3が1枚ずつなので、すべて読みきることもできるのですが、そこまでしてもカードを引かなければ負けるときは負けます。そういう運も好評の要因かもしれません。あとはとても綺麗なゲームというのもありますね。そのへんはiPad版のほうが騎士カードや盤面の周囲も表示されてもっと優雅です。そこだけが残念ですね。

オンライン対戦もできますが、例のごとくマッチはなかなかしません。お友達と楽しむのがいいでしょう。

これは「Wars of the Roses」というタイトルですが、どうせなら「Rosenkönig」で「出してほしかったですね。ドイツストアのほうは「Rosenkönig」になっているのでそっちのほうがよかったですね。

 

非常に面白くて美しい、2人用対戦の傑作ボードゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Wars-of-the-Roses100

    ボードゲーム / カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム / おすすめ
    価格 / ¥480
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / USM

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.2 以降が必要

     

    Wars of the Roses
    AppStoreへ

     

  • Keltis
  • PWN: Combat Hacking
  • Reiner Knizia’s Keltis Oracle
  • Alhambra Game
  • Rivals for Catan

3 Responses to “Wars of the Roses”

  1. ゴンタ より:

    ボードゲームがどんどんリリースされるので、嬉しいです。
    Love様が展開が地味と評価されておりましたが、遊んでみると、とても面白く感じました!相手のコマを自分のコマに変える騎士カードを使用するタイミイングを考えるのが、とてもおもしろいです。後半でうまく使えたら、数十点も点数が入れ代わるので、痛快です。
    逆に温存し過ぎて、機会を逸したり、、、
    タリホーもリリースされないかな と期待してます。

  2. Puzzle-App より:

    >ゴンタ さま こんにちは!ボードゲームのアプリが次々と配信されて楽しいですね!やっぱりタッチパネルとの相性がいいんでしょう。

    騎士カードはポイントですね。これをいかに使うか、もしくは使わせるか。これが0になるとゲーム終了がかなり近づいてしまうので1枚は残しておきたいところですね(いつも使いすぎて負ける)。
    得点などに関してはリアルタイムで数が変化するのがやっぱりいいですね。最初に100点くらい負けていても全然逆転できちゃうから気が抜けないです。
    あと使えないカードが暗くなっているのもわかりやすくてよいです。この辺はアプリならではですね。

    ハラリもシンプルなゲームなのでどこからか配信されそうな気もしますが、今回のように全く前情報がなくていきなり出ることもありますので、今そういう状態であると期待しましょう。

PAGE TOP ↑