1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Dobble01

 

■ Dobble
カードの中から同じイラストを見つけていくカードゲーム。早く見つけた人が勝ち。

 

カードの中から同じイラストを見つけていくカードゲームです。カードの中にいくつかのイラストが描かれています。2つのカードの中には同じイラストがたった1つだけあります。その同じイラストを見つけてタップしていきます。指定された枚数を早く見つけて時間を競うモードや、相手のカードを奪い取っていくモードなどがあります。相手より早くイラストを見つけていくと勝ちになります。

 

非常にお手軽なパーティゲームの「Dobble/Spot it!」です。同じイラストを見つけていくだけのゲームですが、不思議と見つけづらくて妙に盛り上がります。

 

そんな「Dobble/Spot it!」のiPhone / iPod touch版です。

Dobble85

Dobble86

 

 

Dobble05 Dobble04

 

ゲームをスタートすると丸いカードが2枚表示されます。カードには6つのイラストが描かれています。

上のカードと下のカードのイラストの中に、同じイラストがたった1つだけあります。下のカードの中からそれを見つけてタップしていきます。

Dobble07 Dobble08

 

見つけてタップするタップしたカードが次のものにめくられます。そしてその中にも同じイラストがたった1つだけあります。

カードがめくられるとカードのカードの周りのタイマーが減っていきます。無くなる前に素早く見つけてタップするとコンボになります。

Dobble09 Dobble13

 

イラストをタップすると左上の数が増えていきます。ゲームでは15枚のカードのイラストを見つけることが出来ればクリアです。そこまでのクリアタイムを競います。

Dobble14 Dobble15

 

カード自体はめくられて次々と変わっていきますが、どのカードの組み合わせでも同じイラストはたったひとつしかありません。そしてそれは向きが変わっていたり、微妙に大きさが違っていたりします。

Dobble21 Dobble20

 

さらにカードには、同じ色で似たようなもの、黒電話とカメラとか、洋ナシとギター、救急車と目覚まし時計、ビリヤードのボールなど、パッと見て間違えやすいものが多く存在しています。

Dobble16 Dobble11

 

こちらは難易度がノーマルのカードです。カードの中にあるイラストは8つです。恐竜とサボテンとか、木とニンジンとかこれも似たようなイラストがたくさんなりますね。8つに増えているのでさらに見つけづらいです。

Dobble34 Dobble40

Dobble38 Dobble39

 

こちらはさらに難易度の高いハードのカードです。イラストは全部で10個になっています。

Dobble46 Dobble48

 

こちらは「Check Point」モードです。「Time Attack」モードは指定枚数をどれだけ早く見つけるかを競うモードでしたが、「Check Point」モードは制限時間内に指定された枚数のイラストを見つけていくモードです。

Dobble50 Dobble52

 

指定された枚数をクリアすると、また新たに設定数が増え制限時間が伸びます。そしてコンボなどで得点が入っていきます。

Dobble54 Dobble55

 

「Time Attack」モードでは選択するときに使うカード(手前のカード)は変化しませんでしたが、この「Check Point」モードでは選択するカードも定期的に入れ替わります。

Dobble56 Dobble57

 

もちろんこの「Check Point」モードにも「Easy」「Normal」「Hard」の難易度があります。

Dobble59 Dobble66

 

こちらは「Hot Potato」モードです。プレイ人数は3人になります。真ん中にあるのが自分のカードです。

Dobble71

 

画面をスライドさせると相手の持っているカードが見えます。この「Hot Poteto」モードでも相手のカードと自分のカードの中には同じイラストがひとつだけあります。

Dobble70

 

見つけた場合、今度は自分のカードの中のイラストをタップするのではなく、相手のカードの同じイラストをタップします。そうすると相手のカードを奪い取ることが出来ます。相手が残り1枚になった場合は奪い取ることはできません。

Dobble72

 

対戦相手は2人で、相手のカードを奪い取るルールなので、左の相手のカードの中から同じイラストを見つけている間に、右のプレイヤーがこちらのカードを奪い取っていったりします。

Dobble73

 

そうすると見比べていたカード自体が変わってしまうので、また最初から見つけ直さないといけなくなります。

Dobble76

 

これを繰り返し、手持ちのカードが1番最初に10枚になったプレイヤーが勝ちになります。

Dobble77

Dobble69

 

1人用の「SINGLE PLAYER」モードのほかに「MULTI PLAYER」モードもあります。

Dobble67 Dobble26

 

「MULTI PLAYER」モードの「Duel」は1つの本体を使って対戦するモードです。

Dobble43 Dobble44

 

こちらも相手のカードと自分のカードを比べて、同じイラストを見つけてタップします。15ポイント先に取ったプレイヤーが勝ちになります。

ひとつだけある同じイラストを、相手より素早く見つけて探していきましょう!

Dobble83 Dobble84

Dobble45 Dobble02

 

 

カードの中から同じイラストを見つけていくカードゲームです。カードの中にいくつかのイラストが描かれています。2つのカードの中には同じイラストがたった1つだけあります。その同じイラストを見つけてタップしていきます。指定された枚数を早く見つけて時間を競うモードや、相手のカードを奪い取っていくモードなどがあります。相手より早くイラストを見つけていくと勝ちになります。

 

同じイラストを見つけていくゲーム「Dobble」ですね。非常に単純なゲームです。

カードがたくさんあって、それらのカードには6つのイラストが描かれています。このたくさんのカードの中から2枚だけが表示されていくのですが、どのカードの組み合わせになったとしてもその2枚のカードの中には同じイラストが1つだけあります。それを早く見つけていくというとてもわかりやすいゲームです。

 

「同じイラストなんてすぐに見つかる」と思われるでしょう。ところがこれがやってみると「なんで?」と思うくらい見つからないんです。イラストはどれも全部一緒なんですが、それぞれの大きさが違っていたり、回転していたり、また他のイラストと微妙に雰囲気が似ていたりしているので見えにくいものなんですね。

「Time Attack」では手持ちのカードは変わらないので、自分のカードのイラストとその配置を覚えてめくられる相手のカードだけしっかりと見ていけば大丈夫です。しかし、「Check Point」や「Hot Potato」では定期的に自分の手持ちのカードが入れ替わってしまうので相手のカードだけ見ているということはできず、そんなに簡単にはいきません。

特に「Hot Potato」は自分のカードが取られてしまい、そのたびに最初から見比べ直さないといけないので、見つける見つけ内の前に妙に緊張感がありますね。しかもカードが他プレイヤーに取られていくので、それを見ているとあせってしまってパニック状態になってきます。

 

ホントにルールは単純なんですけど、そのアッサリと見つかるときと全く見つからないときの差が激しくメリハリがあって非常に面白いゲームです。

 

モードは「Time Attack」「Check Point」「Hot Potato」の3種類です。難易度は「Easy(1枚の中に6このイラスト)」「Normal(1枚の中に8個のイラスト)」「Hard(1枚の中に10個のイラスト)」です。ゲームモードのなかでは「Check Point」がテンポがあって面白いですね。

マルチプレイヤーでは本体を置いて向かい合いタップして遊ぶことが出来ます。マルチプレイヤーは指定枚数の早探しの「Duel」モードのみです。

 

グラフィックは実際のカードゲームそのままですね。イラストをタップするだけなのでとても簡単です。テンポがいいBGMが流れてほどよく焦らせてくれます。面白いのは、タップするとそのイラストの音が鳴ります。犬だったら吠えるし電話だったらベルが鳴ります。これがにぎやかですごくいいですね。

 

難しいゲームではないので、ちょっと息抜き程度に遊んでみてはいかがでしょうか。

 

難点。「Time Attack」と「Check Point」は縦画面でいいのですが、「Hot Potato」だけは横画面になります。このときの画面のスライド操作がやりづらいですね。ゲームルールとしては「Hot Potato」が1番焦って面白いと思うのですが操作がやりづらいのは残念です。実際のゲームは遊べるルールが5種類くらいあった気がしますが、これは3種類しかありません。グラフィックはHDではありません。

 

実際に遊んでみても非常に簡単で、しかもなかなか見つからないというゲームです。見つかるときは全員テンポよくカードを出したりするんですけど、ある瞬間でみんながピタッと止まっちゃうときがあるんです。これがすごく不思議ですね。

年末年始など、みんなが集まったときなどに盛り上げとして遊ぶのには最適なパーティゲームですので気になったかたはぜひやってみてください。実際のカードゲームは「Dobble」ではなく、「Spot it!」という名前で売られています。

 

公式の「Blue Orange(PCサイト)」では「Spot it!(PCサイト/Flashサイト)」が遊べますので試してみてください。

 

2枚のカードの中にひとつだけある同じイラストを見つけていくゲームです。

 

 

     

    Dobble100

    カードゲーム / 記憶力ゲーム / 探索系
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Playsoft

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

     

    Dobble
    AppStoreへ

     

  • Rivals for Catan
  • Can’t Stop
  • THE aMAZEing Labyrinth
  • Blue Lion
  • ミクフリック/初音ミク

Comments are closed.

PAGE TOP ↑