1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

War on Terror01

 

■ War on Terror

順番にプレイして自分の陣地を広げていくボードゲーム。1番最初に目的の解放ポイント数に達成したプレイヤーが勝ち。

 

順番にプレイして自分の陣地を広げていくボードゲームです。自分が所有する土地を開発し広げていきます。他のプレイヤーがいる土地を獲得するときには戦争になります。自分の番の最後には石油サイコロを振り、その数字と同じ土地を所有しているとお金が手に入ります。自分の番ではテロリストを配置して、相手の国に攻撃したりすることができます。 ゲームで設定された解放ポイント数に1番最初に到達したプレイヤーが勝ちになります。

 

土地の開発、石油、同盟を結びながらテロを仕掛けたりするなど、かなりブラックな要素が詰まった、「CATAN」と「RISK」を合わせた感じの陣取りゲームです。

 

そんな「War on Terror」のiPhone / iPod touch版です。

War on Terror02

War on Terror03

 

 

War on Terror05

War on Terror08

War on Terror04

 

このゲームの目的は、対戦プレイヤーと戦いながら自分の土地を広げていき、大陸を制覇して「解放ポイント」を獲得することです。

最初に自分の色とプレイ人数を選択して「GO」をタップしましょう。

War on Terror10

 

これがマップです。数字がついているところが所有者がいる国です。色は各プレイヤーを示しています。右上にあるのは所持金です。

プレイヤーは今回は黄色を選びました。黄色い国が自分の所有する国になります。

War on Terror11

 

ピンチイン/ピンチアウトでマップをズームすることが出来ます。画面をスライドしてマップを動かすこともできます。

War on Terror12

 

ゲームはプレイヤーが順番にプレイしていきますが、

自分の番では

 

・土地の開発

・土地の発展

・テロリストの排除

・テロリストの配置

・テロリストの攻撃

 

のうちから好きなものを好きなだけプレイすることが出来ます。

War on Terror15

 

まずは「土地の開発」です。

「土地の開発」は要するに自分の陣地を広げることです。自分の所有する国に隣接している所有者のいない国を開発して自分のものにできます。

ここではまず「Eastern Europe」をタップしてみます。

War on Terror15

 

土地をタップするとそこでできるプレイが表示されます。

「DEVELOP」で「村」を作ることができます。村などを作るにはお金が必要です。

ここでは「$25M」をタップしてみます。

War on Terror16

 

そうすると「Eastern Europe」に黄色い丸の数字がつきました。これで「Eastern Europe」は自分の所有になりました。お金は「$25M」減って「$75M」になっています。

War on Terror17

 

さらにそのとなりの「Westen Europe」をタップしてからまた薄い丸の「村」を作ってみましょう。

War on Terror18

 

これで「Westen Europe」も自分の所有する国になりました。

War on Terror19

 

今度は左上の「IceLand」にも作ってみましょう。土地は隣接する場所に進むことが出います。海を挟んだ場所は白いラインが引いてあるところに広げることが出来ます。

「Iceland」は重要な地点ですので、村を作る価格が「$45M」とちょっと高くなっています。

War on Terror20

 

お金が「$5M」しかなくなりました。やれることがなくなったので自分の番を終了しましょう。終了するときは右下のボタンの「END TURN」をタップします。

War on Terror21

 

自分の番の最後には必ず「石油サイコロ」が2個振られます。これは6面サイコロが2個です。

War on Terror24

 

実は所持金となる「お金」はこのときに獲得できます。

マップの各国についている数字は油田を表してる「石油ナンバー」で、6面サイコロの「石油サイコロ」を2個振って出た数の合計数の「石油ナンバー」がついた国の所有者にお金が入ってきます。

War on Terror23

 

この「石油サイコロ」は各プレイヤーのプレイの最後にそれぞれ振られますから、サイコロの目によっては何回もお金が入ってくることになります。

War on Terror26

 

自分の番が終了したときは「$5M」しかありませんでしたが、「7」ばかり出たので1巡したらこんなにお金が入ってきました。

War on Terror27

 

そして自分の番になりました。

War on Terror28

 

今度は「土地の発展」をしてみましょう。自分の所有する国の「村」などを発展させることが出来ます。

War on Terror32

 

同じく土地をタップして出てくる画面の「DEVELOP」で今度は真ん中の「$75M」の円柱をタップしてみましょう。

War on Terror33

 

「Westen Europe」の数字が四角くなりました。これは「街」です。

War on Terror34

 

「Iceland」は円錐をタップして「都市」にしてみました。三角になっていますね。

このようにその国を発展させると、先ほどの「石油サイコロ」を振ったときに貰える金額が増えます。

丸の「村」の場合は「$50M」、四角の「街」は「$100M」、三角の「都市」は「$200M」が入ってきます。

もし誰かが「石油サイコロ」が振って「7」が出た場合、「7」は「Scandinavia」、「Westen Europe」、「Iceland」で、それぞれが「村」「街」「都市」になっていますので、「50+100+200」で「$350M」が収入として1度に入ってきます。

War on Terror35

 

土地の開発は自分の所有する場所に隣接しているところだけです。

例えばここでは「Libya」がまだ誰の所有にもなっていませんが、ここからいきなり開発はできません。白いラインが繋がっているのは「Algeria」と「Egypt」で「Libya」には直接繋がっていないからです。

先ほど「Iceland」が重要地点といったのはこういうことからです。

War on Terror36

War on Terror37

 

だいぶ土地が埋まってきました。誰も所有者のいない土地は石油ナンバーは見えません。

War on Terror38

 

プレイヤーのプレイの間に、このような「Terrorist Turn」が入ってきます。

War on Terror39

 

このターンでは所有している国などに「テロリスト」が出現したりしてきます。「テロリスト」は黒いマークで表示されています。

War on Terror40

 

「Western Europe」と「Western Russia」に黒い四角のマークがついています。

War on Terror41

 

ここで「テロリストの排除」をしてみましょう。

自分の国にいる「テロリスト」は、自分のターンで排除することが出来ます。今度は国をタップしてから「FIGHT TERRORISTS」をタップします。排除するのにもお金がかかります。

War on Terror42

 

タップするとテロリストとの戦闘が始まります。勝手に戦闘が行われます。

War on Terror43

 

黒い四角のテロリストが黒の丸になりました。

War on Terror44

 

「村」「街」「都市」と同様に、テロリストにもその規模によって丸、四角、三角と表示されます。丸になったので排除の金額が下がっていますね。

War on Terror45

War on Terror46

 

すべて排除し自分の国は平和になりました。

このように土地を広げていくのですが、ここで真ん中の「Ukraine」を獲得してみましょう。

War on Terror47

 

そうすると右上の「LP」と書かれた数値が上がりました。

これがゲームの目的の「Liberation Points(解放ポイント)」です。各大陸を制覇するとその大陸に設定されただけの「解放ポイント」が手に入ります。

War on Terror48

 

「Liberation Points(解放ポイント)」は以下のように設定されています。今はヨーロッパを制覇したので「2」ポイント入りました。

プレイ人数によって変わりますが、下に書かれた数の解放ポイントを獲得できればゲームの勝者になります。

War on Terror94

 

さて「土地の開発(陣地を広げる)」で所有者がいない場合はそのまま取ることができますが、所有者がいた場合はどうなるでしょう。

ここで赤の「3」の「Saudi Arabia」をタップしてみます。

War on Terror48

 

そうすると「WAR!」という項目が黄色くなっています。他のプレイヤーが所有している土地を取るには戦争をすることになります。戦争にも当然お金がかかります。

War on Terror49

 

「戦争」になるとプレイヤーはサイコロを2個振ります。そして出た目の合計が赤い数字の数になった場合、戦争に勝ちます。「12」が出たので勝ちました。

War on Terror50

 

戦争に勝ったので「Saudi Arabia」の所有者はいなくなりました。

War on Terror51

 

すかさずそこに自分の「村」を作って所有します。

War on Terror52

 

これで「Saudi Arabia」は自分の国になりました。「3」が出ればここからお金がもらえます。上の「0」というところは石油サイコロを振ってもお金がもらえない場所になります。

War on Terror53

 

さて、ここで赤いプレイヤーの「Egypt」をタップしてみます。そうすると「1」に「FUND TERRORISM」というのがあります。これの「$10M」をタップしてみましょう。

War on Terror54

 

すると「Egypt」に黒いテロリストのマークがつきました。これが「テロリストの配置」になります。自分の番ではテロリストを配置できます。

そうなのです。先ほど自分の国に現れたテロリストは勝手に沸いて出たわけではなく、ほかのプレイヤーが仕掛けたものなのです。

War on Terror55

 

「Fund Terrorism」はテロに対する資金援助ですね。たくさん資金を援助するとテロ集団もそれなりの規模になります。

War on Terror56

 

「$60M」にした「Sudan」は四角いマークになっています。

War on Terror57

 

そして自分のターンでテロに援助した場合、「Terrorist Turn」になったときに黒いマークが配置されます。

War on Terror59

War on Terror60

 

テロの資金援助だけではなく、「テロリストの攻撃」をさせることもできます。

War on Terror61

 

自分の番で、テロリストマークがある他プレイヤーの国をタップすると「Terrorist Attack!」があります。

War on Terror62

 

こうするとその場所のテロリストにテロの命令を出すことが出来ます。

War on Terror63

 

街や都市にレベルを上げるように、テロへの資金援助も増やすことができます。

War on Terror65

 

上の2つには攻撃を、下には資金援助をしました。

War on Terror66

 

こうしておくと次の「Terrorist Turn」ではテロリストはその街や都市に対して攻撃を実行します。

War on Terror69

War on Terror70

 

そうするとその国でテロが成功し、街は破壊されて所有者がいなくなってしまうことがあります。

War on Terror71

 

資金援助したテロリストのマークも四角くなっています。

War on Terror72

 

自分の国の「Iceland」もテロリストのマークが三角になっています。

War on Terror73

 

実はこのテロリストの存在はただ攻撃を仕掛けるだけのものではありません。存在そのもので都市などに制限がかかります。

四角のテロリストがいる国は、丸から四角へなど「土地の発展」が出来なくなります。また三角のテロリストがいる国は「土地の発展」と、さらにその土地からの石油サイコロによる収入が停止します。

テロリストが配置されたら、攻撃されたり制限がかかる前に早めに火種は消しておくのがいいでしょう。

War on Terror74

 

以上の「土地の開発(陣地を広げる)」「土地の発展(街などを作る)」「テロリストの排除」「テロリストの配置(資金援助)」「テロリストの攻撃(テロ活動)」が主な自分の行動です。

またそれ以外にも右上のメモマークから特殊な行動をとることが出来ます。

War on Terror75

 

この「ALLIANCES」では他プレイヤーと同盟を結ぶことが出来ます。相手プレイヤーを選択してから「OK」をタップします。

War on Terror76

War on Terror77

 

同盟を結んだプレイヤーには緑のチェックマークが表示されます。今回は赤いプレイヤーと同盟を結びました。

War on Terror78

 

同盟を結ぶとそのプレイヤーの国には戦争を仕掛けることが出来なくなります。相手も同様です。

War on Terror80

 

戦争を仕掛けることはできませんが「テロリストの攻撃」はできます。

War on Terror82

 

他プレイヤーが仕掛けたテロ活動の支援などはすべて「テロリストターン」で処理されますので、だれが仕掛けてきたのかはわかりません。

War on Terror83

War on Terror85

 

しばらくして自分の国がテロリストによって破壊されました。そこに同盟国であるはずの赤プレイヤーが侵攻してきました。

War on Terror86

 

そういう場合は同盟を解消してしまいましょう。

War on Terror87

 

下の「BREAK ALLIANCE」でタップすれば同盟は解消されます。同盟を結ぶのも解消するのも、選択した次のターンで有効になります。

War on Terror88

 

解消すれば戦争を仕掛けることが出来るのようになります。自分の国を奪い返しましょう。

War on Terror90

War on Terror91

 

大陸を制覇して解放ポイントが5以上になると核ボタンが選択できます。

War on Terror93

 

国を選択して「NUKE!」をタップします。

War on Terror95

War on Terror96

War on Terror97

 

核攻撃をするとその土地の周辺はすべて壊滅し所有者もいなくなります。核攻撃された国は、土地の発展も石油による収入もすべてできなくなります。

War on Terror98

War on Terror100

 

上のメモマークの「BUILD DEFENCES」からは、これらの核兵器からの防御や戦争の防御のアイテムを購入しておくことが出来ます。戦争を仕掛けられたりしたときこれを持っていると、それらを防ぐことが出来ます。

War on Terror79

 

土地の開発、発展、戦争などを繰り返し、指定された解放ポイントに1番最初に到達したプレイヤーが勝者になります。

War on Terror103

War on Terror104

 

素早く大陸を開発、制覇して、他のプレイヤーよりも多くのポイントを獲得しましょう!

War on Terror31

War on Terror105

 

 

順番にプレイして自分の陣地を広げていくボードゲームです。自分が所有する土地を開発し広げていきます。他のプレイヤーがいる土地を獲得するときには戦争になります。自分の番の最後には石油サイコロを振り、その数字と同じ土地を所有しているとお金が手に入ります。自分の番ではテロリストを配置して、相手の国に攻撃したりすることができます。 ゲームで設定された解放ポイント数に1番最初に到達したプレイヤーが勝ちになります。

 

自分の土地を広げていく陣取りゲームですね。ゲームの内容としては「CATAN」と「RISK」を合わせた感じのゲームです。

 

目的は「解放ポイント」を獲得することです。

 

自分の番では

 

・土地の開発

・土地の発展

・テロリストの排除

・テロリストの配置

・テロリストの攻撃

 

のうち好きなものを好きなだけプレイできます。

 

「土地の開発」は陣地の拡大です。これには戦争も含みます。

 

「土地の発展」は村を街や都市にします。そうすることで収入が増えます。

収入は自分の土地から得るのですが、確実に得られるわけではありません。各プレイヤーが自分のプレイの最後に「石油サイコロ」を振ります。これは6面サイコロが2個で、出た目の合計数の数字と同じ石油ナンバーが表示された国の所有者が収入を得ることが出来ます。この収入の部分は「CATAN」と同じ方式ですね。

運が良ければ再度自分の番が回ってきたときは大金持ち、運が悪ければ貧乏のままです。

 

面白いのはテロリストの存在ですね。テロリストは決して勝手に沸いて出くるわけではありません。他のプレイヤーがテロリストに援助することで出てきます。

これが「テロリストの配置(援助)」になります。

 

自分の土地は、自分の土地に隣接している場所にしか広げることはできませんが、他のプレイヤーが配置したテロリストは、すべてのプレイヤーが使用することが出来ます。使用することによりその国に対して攻撃を仕掛け、街などが破壊されてしまったりするのです。

これが「テロリストの攻撃」になります。

 

ポイントは「配置されているテロリストは誰でも使用できる」という点です。テロリストは非常にコストが低く、そしてどの国にでも好きなように置けます。その国の力を削ぐのに効果的です。

同盟を結べばその国には攻め込むことが出来なくなりますが、テロリストは使用できます。手を結んだふりしていくらでも悪事を働くことが可能です。ましてや誰でも使えるテロリスト、誰が攻撃を仕掛けているのかはわかりません。

甘い顔してすり寄ってきたのは、実はその国の力を落とそうとしているからかもしれません。

 

ですから説明書きにもあるように、このゲームでの本当の味方は「お金」だけ。

世の中はすべて「お金」なのです。

 

攻略的にはカタンのように石油ナンバー「7」が重要地点です。それは石油サイコロを2個振るので「7」が最も出やすいからです。次に「6-8」「5-9」と続きます。たくさん土地を持っていたとしても、「0」とか「12」とかばかりだと石油サイコロで出る確率が低いのでジリ貧になっていきます。逆に「7」を狙えば潤沢に資金が回りだします。

当然相手も「7」の土地を狙ってくるし、テロで「7」に直接攻撃してきます。特にテロの三角を作られて資金を止められるとかなり厳しくなるので、自分のターンではとにかく自分の国のテロリスト退治に専念しましょう。

「War on Terror」はアメリカ前大統領のブッシュが使った言葉ですが、まさにタイトル通りゲームでは「テロとの戦い」に終始することになります。

 

後半になると戦争防御のアイテムを買い込んでいくので、なかなか戦争で土地を取るのは難しくなります。そういうときはテロリストの攻撃を繰り広げて相手の資金を削っていきましょう。

 

グラフィックはなかなか味のあるイラストですね。ゲーム自体が風刺ゲームなので「結局金」とか「石油の奪い合い」などなど、ゲームシステムとしてもブラックなテイストになっています。

右下のボタンをタップするとゲームを早送りできるのですが、その時もバカにしたようなBGMが流れたり、攻撃失敗時などはオナラが鳴ったりと全体的にふざけたゲームです。

 

プレイは自分を含めた6人プレイまでできます。多いほうがやっぱり面白いと思います。

基本的にサイコロの運のみのゲームですが、土地開発、石油ナンバー、テロリストとちょっと変わった要素があってなかなか面白いゲームです。

 

難点。もともとのボードゲームと比べるとかなり形式が違います。最初にサイコロを振って土地拡大の上限を決めるところとか、プレイヤーカード、テロリストカードを引くところなどは、このゲームではごっそりと抜けています。

また「悪の枢軸ルーレット」というのがあって、これを回して指定されたプレイヤーは一方的に悪になり「テロリスト側」としてプレイすることになっていたり、他にも他プレイヤーとの交渉、ゲームに負け(すべての土地を取られた)た場合でも、テロリストとなってプレイできるとか、そういう結構大事な要素も省かれています。

でもわかりづらい要素ですし、思い切ってそのあたりを切ったことでゲームはかなりシンプルになっているのでこれはこれでよかったかもしれません。シンプルすぎるせいかバランスはちょっと悪いです。途中から作業するだけになりますしね。

サイコロも全部自動です。これは自分でタップして振りたかったです。ここまでシステムを変えるなら丸とか四角とか三角とかのマークや、行動の選択などももっとわかりやすく大胆に省略してしまったほうが良かったのではないかと思います。

 

ゲームは1人用です。せめて2人用、さらにはオンラインがあればよかったですね。

 

いろんなところで不愉快な部分もありますが、それを責めたところで筋違いだし、結局のところ当事者じゃない人の認識なんてこんなものです。

 

土地を開発、発展させ広げていく陣取りボードゲームです。

 

 

     

    War-on-Terror100

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / TerrorBull Games Ltd

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要

     

    War on Terror
    AppStoreへ

     

  • Catan
  • Elder Sign: Omens
  • Tikal
  • Rivals for Catan
  • Ticket to Ride Europe Pocket

Comments are closed.

PAGE TOP ↑