1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Ticket to Ride Pocket01

 

■ Ticket to Ride Pocket
列車カードを集めて都市間の線路を繋いでいくボードゲーム。ゲーム終了時に最も得点が高いプレイヤーの勝ち。

 

列車カードを集めて都市間の線路を繋いでいくボードゲームです。手持ちの列車コマを使って目的地カードの都市の路線を繋いでいきます。列車コマを配置するには、路線に配置するだけの列車カードが必要になります。また列車コマも限られていますので、うまく繋いでいかないと足りなくなります。自分が引きたい線路の色のカードを集めて都市間の線路を繋いだり列車コマを置くと得点がもらえます。ゲーム終了時に最も得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

 

ボードゲームの中でも非常に人気のある名作、「Alan R. Moon/アラン・ムーン」の「Ticket to Ride/チケット・トゥ・ライド」です。2004年のドイツ年間ゲーム大賞で大賞を受賞しました。その後もシリーズ作品がたくさん発売されています。

ゲームのルールがとても単純、あっという間に覚えることが出来て、そして戦略的にも深い非常に面白いボードゲームです。

 

そんな「Ticket to Ride/チケット・トゥ・ライド」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

Ticket to Ride Pocket02

Ticket to Ride Pocket03

 

 

Ticket to Ride Pocket04

Ticket to Ride Pocket05

 

このゲームの目的は都市間を列車コマで繋いで得点を獲得していくことです。

 

ルールは非常に単純です。

 

自分の番が来たら

 

・列車カードを出す

・列車カードを引く

・目的地カードを引く

 

のうちどれかをプレイします。

Ticket to Ride Pocket06

 

まずゲームの最初に「目的地カード」を引きましょう。右にある3枚が目的地カードです。左下にある点数は、2つの目的地の路線を列車コマで繋いだときに貰える点数です。

Ticket to Ride Pocket09

 

ゲームスタート時はこの3枚の中から最低2枚を選択します。タップすると目的地が緑色で表示されます。

Ticket to Ride Pocket11

 

好きな目的地カードを選択したら右下の「Done」をタップします。とりあえず今回は21のカードと5のカードを選択してみました。

「Kansas CityからHouston」は「5点」、「New YorkからLos Angeles」は「21点」です。この目的地カードに表示された2つの都市間を列車で繋ぎます。距離が長ければ長いほど得点は高くなっています。

Ticket to Ride Pocket13

 

それでは自分の番になりましたのでプレイを始めましょう。

中央にあるのはマップです。右に並んでいるのが「列車カード」です。その下にあるのは「山札」です。両方とも「列車カード」ですが上の5枚は表向きになっています。

上に並んでいるのがプレイヤーで真ん中の数字が「得点」、横の数字が現在所持している「所持列車コマ数」になります。列車コマは最初は45個持っています。

手前が「手札」になります。

Ticket to Ride Pocket15

 

右下にあるのは先ほど選んだ2枚の「目的地カード」です。タップして長押しするとそれぞれの「目的地カード」の都市を確認することができます。複数枚持っている場合はタップして入れ替えて見ることができます。

Ticket to Ride Pocket17

 

右に並んでいる「列車カード」には色がついています。色は8色あります。

Ticket to Ride Pocket18

 

「列車カード」の中には、このような「機関車」のカードがあります。これはオールマイティのカードで、何色の列車カードとしてでも使用することができます。

Ticket to Ride Pocket20

 

マップはピンチイン/ピンチアウトでズームすることができます。

Ticket to Ride Pocket21

 

自分の番になりました。まずは「列車カードを引く」です。

「列車カードを引く」場合は、表になって並んでいる5枚の列車カードの中から好きなものを選んで手元にドラッグします。この列車カードは自分の番で2枚引くことができます。

Ticket to Ride Pocket23

 

緑の「列車カード」を取ったので手元の緑の列車カードが2枚になりましたね。列車カードを取ったら山札から1枚補充されます。

Ticket to Ride Pocket25

 

次は赤い列車カードを取ってみましょう。同じように手元にドラッグします。これはタップしても選択してもOKです。

Ticket to Ride Pocket26

 

これで自分の順番は終了です。次のプレイヤーの番になります。相手プレイヤーもカードを引くかカードを出すかプレイをします。

Ticket to Ride Pocket28

 

また自分の番が来ました。

今度は「列車カードを出す」です。自分の手札から「列車カード」を出すと、マップの線路の上に自分の「列車コマ」を配置することができます。

Ticket to Ride Pocket29

 

例えばこの「Kansas City」と「Oklahoma City」のところに、さっき取った緑の列車カードをドラッグします。

Ticket to Ride Pocket32

 

そうするとこの「Kansas City」と「Oklahoma City」の路線に列車コマを配置することが出来ました。列車コマを配置すると手元の緑のカードは無くなります。つまり「列車カードを出す」ことになります。

Ticket to Ride Pocket34

 

しかしどこにでも列車コマを配置できるわけではありません。たとえばこのような場所には配置できません。

マップの路線の色と同じ色の列車カードじゃないと使用することはできません。灰色のところは何の色でも構いません。

Ticket to Ride Pocket31

 

さらに都市間の線路を1つずつ配置していく、ということはできません。

例えば都市間が2マスなら2枚の列車カードを、5マスなら5枚の列車カードを同時に出さなければいけません。5マスのところに1枚ずつとか2枚だけ置いていくという出し方はできません。

Ticket to Ride Pocket35

 

さあ次の自分の番が来ましたから「赤い列車カード」を出してみましょう。2マス空いてますから2枚の列車カードが必要です。灰色の部分ですから何色の列車カードでも構いません。

Ticket to Ride Pocket36

 

列車コマを路線に配置するとそのときに得点がもらえます。1つの列車コマを置いたなら「1点」、2つの列車コマなら「2点」、3つの列車コマなら「4点」、4つの列車コマなら「7点」、5つの列車コマなら「10点」、6つの列車コマなら「15点」もらえます。

置いた路線が長ければ長いほど得点は高くなります。

Ticket to Ride Pocket38

 

自分の番で「列車カード」を引くときは好きなものを2枚引くことができますが、オールマイティの「機関車」を取るときは1枚だけしか引くことができません。

また、列車カードを引くときは伏せてある山札から取ることもできます。もちろん伏せてありますから何が来るかはわかりません。ただし山札から引くときだけは「機関車」が来ても、続けてもう1枚引くことが可能です。

Ticket to Ride Pocket41

 

続けて自分の番ですね。最後の1線路「Dallas – Houston」を繋ぎます。

Ticket to Ride Pocket43

Ticket to Ride Pocket45

 

これで「目的地カード5」の「Kansas City – Houston」が完成しました。

目的地カードに書かれた2つの都市を自分の列車コマで繋ぐことができると、目的地カードに書かれている点数がもらえます。しかしこの得点はゲーム終了時に加算されます。

Ticket to Ride Pocket46

Ticket to Ride Pocket47

 

自分の番でできることの中に「目的地カードを引く」のがあります。これは右下の「+」のカードをタップすると新たな目的地カードを引くことができます。

Ticket to Ride Pocket48

Ticket to Ride Pocket49

 

「Confirm」をタップすると、スタートの時と同じように3枚の中から好きな目的地カードを最低1枚は選んで取ります。

Ticket to Ride Pocket50

 

ゲーム中で新たな目的地を選ぶときは、こんな風に自分が繋ぎ終えた路線に重なるようなところだと効率よく繋げることができます。

Ticket to Ride Pocket51

 

いっぱい引いて手元に「列車カード」を溜め込みました。

「Pittsburgh – Saint Louis」は緑色になっています。色のついた路線はその色の「列車カード」しか使うことが出来ません。ここは緑の「列車カード」が5枚必要ですね。

しかし手元には「緑の列車カード」は2枚しかありません。こういうときはオールマイティの「機関車」カードを使います。

Ticket to Ride Pocket52

 

オールマイティの「機関車」カードは足りない分を追加して使用することが出来ます。これを同時に使えば、たとえ緑の列車カードを2枚しか持っていなくても、残り3枚を機関車カードで埋めて路線は完成します。

こんな風にして列車カードを引いてためて、それを出して列車コマを配置し、都市間の路線を繋げていきます。

Ticket to Ride Pocket53

Ticket to Ride Pocket54

 

列車コマは配置していくとドンドンと減っていきます。プレイヤーの所持列車コマ数が最初の45個から減っていますね。

Ticket to Ride Pocket57

 

プレイヤーの誰かの列車コマが2個以下になったら、そのラウンドでゲームは終了になります。

Ticket to Ride Pocket62

Ticket to Ride Pocket63

 

全てのプレイが終わったら得点計算に入ります。

得点はゲーム中に列車コマを配置してもらった得点に、目的地カードを達成した場合の得点が最後に加算されます。

Ticket to Ride Pocket64

 

さらにそれ以外に「最も長い路線」を完成させたプレイヤーにボーナスが10点入ります。

Ticket to Ride Pocket65

 

それらのすべて合計して、最も得点が高かったプレイヤーが勝者です。

Ticket to Ride Pocket66

Ticket to Ride Pocket67

 

都市間の路線が2本あるところは2人のプレイヤーが列車コマを置くことができます。しかし2人~3人対戦の場合は、この路線は1本しか使えなくなります。

Ticket to Ride Pocket71

Ticket to Ride Pocket72

 

今回の目的地は上の「Toronto」から右下の「Miami」ですね。5人対戦プレイなのでいろんな色のコマが並んでいますが、何とかここを繋げるようにしてみましょう。

Ticket to Ride Pocket76

 

とりあえず赤い列車カードをせっせと溜め込んでから、下の「Miami – New Orleans」を結びました。ここは6マスですから「15点」です。

「Miami」からは青とピンクのルートも出ていますが、他の区間で青とピンクが結構残っているためか、他のプレイヤーもどんどんカードを取っていっていたのでこれは「望みが薄い」と赤を集めました。

Ticket to Ride Pocket77

 

次は今繋いだ「New Orleans」から上の「Atlanta」まで手持ちのオレンジの列車カードを4枚使って繋ぎます。残りの列車コマは15個です。

Ticket to Ride Pocket78

 

この「Atlanta」から上の「Tronto」まで繋げなけれないけないのですが、よく見ると「Tronto」からその下の「Pittsburgh」までの2マスは1本しかありません。ここを誰かにおさえられてしまうと、かなり遠回りしなければいけません。

上のピンクの6本で進むとすると、左側の「Salt Lake City」まで迂回しないと「Miami」まで着かないので、ここは先に「Tronto – Pittsburgh」間の2マスを獲得します。

Ticket to Ride Pocket79

 

あとは「Washington」や「Raleigh」あたりの線路を地道に接続していきます。マップ上には集中して混雑するところ、キーポイントとなる路線がありますのでその辺は見逃さずに先におさえましょう。

Ticket to Ride Pocket81

Ticket to Ride Pocket84

 

目的地カードは自分の番でいくらでも引くことができます。繋げて達成した場合は最後に得点がもらえます。

Ticket to Ride Pocket87

 

しかし逆に達成できなかった場合は、その目的地カードの得点がすべてマイナスになってしまいます。

自分の番でいくらでも増やすことはできますが、手持ちの列車コマの個数は45個と決められているので足りなくなるようなカードを取るのは逆に不利です。

Ticket to Ride Pocket88

Ticket to Ride Pocket89

 

また最長路線のボーナスの「10点」も意外と重要ですので、できるなら長く繋ぐようにしてみましょう。

Ticket to Ride Pocket91

 

ゲームでは「Solo」プレイ、「Local」でのWi-fi対戦、Bluetooth対戦、本体を持ち替えての「PassPlay」対戦が可能です。

Ticket to Ride Pocket70

Ticket to Ride Pocket69

 

列車カードを引いてうまく都市間の線路を繋ぎ、他のプレイヤーより多くの得点を獲得していきましょう!

Ticket to Ride Pocket73

Ticket to Ride Pocket75

 

2012/02/02:追記

1.1へのアップデートでGameCenterでの非同期オンライン対戦モードが追加されました(要iOS 5.0)

Ticket to Ride Pocket92

 

「PLAY」をタップしてからお友達を招待、もしくは右上の「Play Now」でオートマッチングが行われます。

Ticket to Ride Pocket93

 

あとは通常のプレイと一緒です。右下の山札にある青いゲージは制限時間のようですね。

Ticket to Ride Pocket94

 

非同期オンライン対戦なのでアプリを閉じてもゲームは進みます。自分の番になるとGameCenterよりプッシュ通知が表示されます。

Ticket to Ride Pocket95

 

チャットは無いようですが、これでいつでもオンライン対戦が楽しめるようになりました。評価のレートは変更しませんが、+0.5アップですね。

Ticket to Ride Pocket96

 

 

列車カードを集めて都市間の線路を繋いでいくボードゲームです。手持ちの列車コマを使って目的地カードの都市の路線を繋いでいきます。列車コマを配置するには、路線に配置するだけの列車カードが必要になります。また列車コマも限られていますので、うまく繋いでいかないと足りなくなります。自分が引きたい線路の色のカードを集めて都市間の線路を繋いだり列車コマを置くと得点がもらえます。ゲーム終了時に最も得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

 

「Ticket to Ride/チケット・トゥ・ライド」のiPad版はすでに配信されていましたが、このたびiPhone / iPod touch版も「Ticket to Ride Pocket」として配信されました。

 

このゲームは非常に面白いですね!さすがドイツ年間ゲーム大賞を取っただけのことはあります。

 

ルールは本当に簡単です。

目的は都市の間の路線を繋いで完成させ得点を得ることです。

 

自分の番ですることは

 

・列車カードを出す

・列車カードを引く

・目的地カードを引く

 

のうちどれか1つをプレイします。

 

得点は

 

・列車コマを置く

・目的地までの路線を繋ぐ

・最も長い路線を作る

 

の3つで得ることが出来ます。

 

手持ちの列車コマは45個で、誰かが残り2個以下になったらあと1巡して終了になります。最後に点数計算をして1番点数が多かったプレイヤーが勝ちになります。

 

まず自分の番ですることが簡単です。列車カードを出すか引くかすればいいのです。

列車コマをマップに置くときはその路線の色の列車カードが必要になるので、ここで列車カードを捨てます。

列車コマを置いていけば必然的に列車カードが手元から無くなっていくので、今度は列車カードを引きます。

引くときは表になっている5枚のカードのうちから好きな2枚を選ぶことが出来ます。自分で選ぶことが出来るんですね。ですから必要なカードだけ集めていくことができるんです。これを繰り返して目的地カードで指定された都市の間を列車コマで繋げます。

 

路線を繋げるとその目的地カードの得点が入ります。得点は列車コマを置くか、目的地を繋ぐと入ります。「目的地を繋ぐ」と「最も長い路線」はゲーム終了で追加されるので、ゲーム中での点数は列車コマを置いた点数になります。

列車コマは長い区間に置けばそれだけ高得点になります。短い路線は得点も低いので、それだけ作っていても勝てません。どこかでは列車カードをためて長い路線を完成させていかないと得点が伸びないのです。

 

路線に列車コマを置くのは早い者勝ちなので、それを利用して相手邪魔をすることもできます。

ところがここがうまい部分で、邪魔をすることが相手の邪魔にならないことがあります。プレイしてみるとわかるのですが、このゲームはそこそこ邪魔をされたとしても、よっぽどではない限り迂回してちゃんと目的地に到達できてしまうのです。

ゲームの得点は列車コマを置いたときに入りますから、迂回させるとそれだけ距離は伸びるし、その分得点が逆に上がってしまいます。

さらに相手の目指している目的地はプレイヤー同士ではわかりません。そもそも邪魔が邪魔になっていない場合だってありえます。しかも手持ちの電車コマは45個と決まっています。他のプレイヤーの邪魔をしていると、今度は自分の必要な時にコマが無くなってしまうかもしれません。

 

コマを置くための列車カードは5枚のうちから選んで2枚取ります。表になっているのは5枚なので好きなものを自分で選べます。ただしオールマイティに使える「機関車」は、自分の番では1枚だけしか取ることはできません。

欲しい色のカードが5枚の中に無い場合は、山札から取ることもできます。ふせてある山札は何が来るかはわかりません。でも山札からめくったときは、たとえ「機関車」が出てももう1枚引くことが出来ます。5枚のうちから1枚選んで、あと1枚は山札からめくるということもできます。

 

この表になっている中ら選んでいくのがいいんですよね。ただ山札からめくって集めていくのではなく、自分で好きなものを集めていけます。相手が取っていくところも見えるので、相手プレイヤーが何を集めているのか見ることもできます。

列車カードはいくらでも溜め込むことはできますが、カードを取ったときはそれだけで自分の順番が終わるので、あまりにも溜め込んでいるとどんどんと列車コマを置かれていってしまって後手後手に回る可能性もあります。

目的地カードには都市が2つずつ書かれていて、その距離が長いほど得点が高いです。この目的地カードは自分の番で追加することが出来、達成すればもちろんゲーム終了時に得点が加算されます。

しかし達成できなかった場合はその得点がマイナスになります。列車コマは45個だけですし、どう考えても置けない路線のカードを取るのは得策ではありません。この辺は列車コマ数の残りとマップの状況を見て選んでいきましょう。

 

戦略としては、基本的には長い区間の路線を作っていくといいです。短い路線は得点が低いのでいくら作っても点数はあまり伸びません。6マスの路線はそれだけで15点になり、目的地カードの達成点数にも匹敵します。

あといくつかの地点で混雑して重要になる場所があります。たとえば「Nashville(ナッシュビル)-Atlanta(アトランタ)」とか、「Seattle(シアトル)-Portland(ポートランド)」、「New York(ニューヨーク)-Pittsburgh(ピッツバーグ)」などです。

こういったところはなるべくなら最初のうちに取ってしまったほうがいいかもしれませんね。

 

ゲームの完成度はとても高いです。操作はカードを集めてドラッグして置いていくだけです。置けないときはそのまま赤いマークが出るし、枚数をわざわざ自分で宣する必要はありません。たとえば3枚のカードを持っていて2マスの路線にドラッグすれば勝手に2枚だけが置かれます。カードが足りなくてもオールマイティがあれば勝手に補充されて列車コマが置かれます。

もともと簡単なゲームですから難しくないのですが、さらに得点計算や残りの電車コマの数のまでみんな勝手にやってくれるので非常にサクサクと遊びやすいです。

 

グラフィックも雰囲気があってとても綺麗です。BGMもゆったりと流れているし、汽車の音とかもあって旅行をしている感じがしますね。

iPad版よりも画面が狭いので、マップ表示がどうなるかと心配しましたが、意外なほど見やすかったです。

 

このチケット・トゥ・ライドは、ゲーム自体をあまりしない人などと一緒に遊んでみても大体好評です。ルールがとてもわかりやすく、誰でも「これは面白い」とそれがちゃんと伝わるところがいいですね。

目的地カードを引いていくので、やるべきことが明確で最初で迷うことがありません。また邪魔をされても迂回すれば挽回できるし、そのほうが得点が高くなったりします。この困難を克服できてしまうところが快感なんですよね。

ボードゲームの場合は、小さい列車をコロコロと並べていきます。いっぱい並んでいる姿はとにかく可愛いです。列車カードもカラフルだしどんどん引けば手元に貯まるので、純粋にこれもいっぱいあって楽しいです。

 

また実力の差が出づらいという点もあります。この実力差がつかないというのは重要で、結局はどうやって負けたかという負け方なんですよね。将棋の名人にコテンパンに叩きのめされても、何回も何回も向かっていけるような心の強い人だらけなら別ですが普通の人はそうではないですから。

でもこれは「あそこでああしていれば勝てたかも」「あのカードが集まっていたら勝てていた」という風に負けたときに感じられるゲームなんですね。だからこそ人気もあるしみんなで何回も楽しめるのではないかと思います。

 

そういうわけでだいたい誰にでも好評なゲームですので、このアプリだけではなく年末に集まったときなどにはボードゲーム版のほうも遊んでみてはいかがでしょうか?

 

難点。ゲーム部分は問題なしです。AIはちょっと弱い感じがしますね。

マップが北米の1種類だけです。iPad版は有料アドオンでマップの追加ができるのでそこは残念です。

またオンライン対戦がありません。オンラインも遊べたら完璧でしたね。今後実装する予定なんでしょうか。わかりませんが、期待はしましょう。

 

この「チケット・トゥ・ライド」は発売元のTicket to Ride / Days of Wonderでオンラインで遊べるようにすでに公開されています(PCサイト・要登録・要Java)。購入する前にぜひお試しください。

 

列車カードを集めて路線を繋いでいくボードゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Ticket-to-Ride-Pocket100

    ボードゲーム / カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / おすすめ
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Days Of Wonder, Inc.

    iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.2 以降が必要

     

    Ticket to Ride Pocket
    AppStoreへ

     

    Ticket to Ride (iPad)
    AppStoreへ

     

  • Ticket to Ride Europe Pocket
  • Yardmaster: Rule the Rails!
  • Big City Adventure: New York City
  • Amber Route
  • Scotland Yard

One Response to “Ticket to Ride Pocket”

PAGE TOP ↑