1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Reiner Knizias Lines of Gold01

 

■ Reiner Knizia’s Lines of Gold
タイルを置いて点数を獲得していく完全思考型パズル。手持ちのタイルを置ききるとゲームオーバー。

 

タイルを置いて点数を獲得していく完全思考型パズルです。手持ちのタイルを1枚ずつプレートの上に置いていきます。タイルにはシンボルマークが描かれていて、その個数で3つ揃えると得点になります。色で揃えると手持ちのタイルが1枚増えます。複数のラインで揃えるとさらに得点が増えます。順番に置いていき、手持ちのすべてのタイルが無くなったらゲームオーバーになります。

 

 

Reiner Knizias Lines of Gold02 Reiner Knizias Lines of Gold08

 

左上から手持ちの24枚のタイルが1枚ずつ出てきます。これをドラッグして画面上の12枚のプレートの空いている場所に乗せていきます。タイルはプレートをタップして選択し置くこともできます。

タイルをプレートの上に乗せてから左上の部分をタップすると決定になります。決定したタイルはあとで動かしなおすことはできません。

Reiner Knizias Lines of Gold09 Reiner Knizias Lines of Gold10

 

タイルは「金」「銀」「銅」の3種類があります。

金のタイルが30点、銀のタイルが20点、銅のタイルが10点とそれぞれ点数がついています。タイルをプレートの上に置くとそのタイル分の点数が入ります。

Reiner Knizias Lines of Gold11 Reiner Knizias Lines of Gold13

 

これらのタイルを、横もしくはナナメのラインで3枚揃えるとそれが得点などになります。

タイルにはそれぞれ1個から4個までのシンボルマークが描かれています。シンボルマークの個数の同じタイルがラインで3枚揃うと得点になります。

シンボルマークが1個の場合は100点、2個の場合は200点、3個の場合は300点の点数が追加されます。

Reiner Knizias Lines of Gold14 Reiner Knizias Lines of Gold15

 

手持ちのタイルはプレートに置いていくと徐々に無くなっていきますが、金、銀、銅など同じ色のタイルがラインで3枚揃ったときには追加のタイルがもらえます。

Reiner Knizias Lines of Gold17 Reiner Knizias Lines of Gold18

 

銅のタイルが3枚揃えば追加のタイルは1枚、銀のタイルが3枚揃えば追加のタイルは2枚、金のタイルが3枚揃えば追加のタイルは3枚もらえます。追加タイルは手持ちのタイルにプラスさせます。

Reiner Knizias Lines of Gold19 Reiner Knizias Lines of Gold20

 

シンボルマークは丸いコイン、四角いバー、そしてカップの3種類があります。横、ナナメのラインで同じマークが3枚揃ったときは、右上のボーナスゲージが上昇します。

コインなら1目盛り、バーなら2目盛り、カップなら3目盛り上昇します。ここでは1番下でバーが揃ったのでメモリが2つ上昇しました。

Reiner Knizias Lines of Gold21 Reiner Knizias Lines of Gold22

 

このボーナスゲージをいっぱいにすると、中央上のところにタイルを一時的に保留して置くことができるようになります。ここに保留するにはタイルをドラッグして置きます。保留したタイルはいつでも好きなときに使うことができます。

Reiner Knizias Lines of Gold25 Reiner Knizias Lines of Gold27

 

1番下の段のプレートのラインがすべて埋まるとそのプレートが消えて上から空白のプレートが新たに追加されます。

Reiner Knizias Lines of Gold28 Reiner Knizias Lines of Gold29

 

左のような状態はダメです。1番下のプレートが消えるのは有効なラインがすべて埋まった場合です。右下のタイルは横に3つ揃ってはいますが、ナナメでまだ揃っていません。

つまり1番下のプレートが消える最低の枚数は6枚で、右の画像のような配置で置いた場合になります。

Reiner Knizias Lines of Gold30 Reiner Knizias Lines of Gold31

 

タイルの色、マークの形、マークの個数のどれかで3つ揃えてラインを完成させると、左上にあるプレッシャーメーターが1目盛り上昇します。

いま、銅のタイルで3つ揃えたのでメーターが1つ上昇しました。

Reiner Knizias Lines of Gold32 Reiner Knizias Lines of Gold33

 

このプレッシャーメーターはタイルをラインを完成させるたびにどんどん上昇していきます。

Reiner Knizias Lines of Gold34 Reiner Knizias Lines of Gold35

 

プレッシャーメーターが上がっているとボーナスゲージの上昇するスピードが速くなります。速くなるスピードは針が青いゾーン、黄色いゾーン、赤いゾーンのどこにあるかで決まります。

しかしラインをタイルで揃えることができなかった場合、このプレッシャーは開放されメーターは0に戻ります。今は1番上のラインでタイルを揃えることができなかったので目盛りは0になってしまいました。

Reiner Knizias Lines of Gold36 Reiner Knizias Lines of Gold37

 

同じ色、同じシンボル、同じ数のタイルで3枚揃えるとボーナスステージに入ります。

Reiner Knizias Lines of Gold39 Reiner Knizias Lines of Gold40

 

ここでで宝箱を選択して点数や追加タイルを獲得することができます。ドクロマークが出てしまったら、このボーナスステージで手に入れたものはすべて失ってしまいますので、いいところで「CASH IN」を押して確定させましょう。

Reiner Knizias Lines of Gold41 Reiner Knizias Lines of Gold43

 

銀のタイルを揃えれば、違うボーナスステージに入ります。

Reiner Knizias Lines of Gold44 Reiner Knizias Lines of Gold45

 

たくさん揃えて続けていくと、タイルのマークの個数や種類が増えていったりします。

Reiner Knizias Lines of Gold54 Reiner Knizias Lines of Gold48

 

一定の枚数のタイル置くことができれば、それだけで新たに追加タイルをたくさん貰うことができます。手持ちのタイルが無くなってしまったらゲームオーバーです。そこまでの得点で競います。

いろんなマークのついたタイルをうまく配置して置き、なるべく長くプレイして高得点を狙いましょう!

Reiner Knizias Lines of Gold23 Reiner Knizias Lines of Gold49

Reiner Knizias Lines of Gold07 Reiner Knizias Lines of Gold03

 

 

タイルを置いて点数を獲得していく完全思考型パズルです。手持ちのタイルを1枚ずつプレートの上に置いて揃えていき点数を獲得していきます。手持ちのすべてのタイルを無くなったらゲームオーバーです。

 

ライナー・クニツィアの新作パズルゲームですね。1人プレイのみで得点を競うソリティア的なパズルです。作ったのは「Battleline – A Reiner Knizia game」の「Gourmet Gaming」です。「Lost Cities」あたりを出すのかとも思っていましたが新作がいきなり配信されたのでびっくりしました。

 

ゲームは12枚のプレートの上にタイルを置いていってラインで揃えていくという、ルール自体は簡単なものです。スタート時の手持ちの枚数は24枚と決まっていて、これを1枚ずつ置いていきます。面白いのはタイルにそれぞれ「色」と「マーク」と「個数」という種類があって、このマークとか色とかを揃えていくと得点になったりします。マークの分け方は「SET」にも似ていますね。

 

ところが実際の得点になるのはこのうちの「個数」を揃えたときです。「色」をそろえたときは手持ちのタイルを増やすことができます。「マーク」を揃えるとボーナスゲージという目盛りを上げることができます。最終目標である得点を増やすには当然長くプレイすることが大前提で、手持ちのタイルが無くなればそこでゲームオーバーですから、長くプレイするためにはどうしても得点だけではなく、シンボルの「色」や「マーク」で揃えることが必要になります。

 

「マーク」を揃えるとボーナスゲージが上がりますが、これを上げるとタイルの保留スペースが使えるようになります。非常に有効なスペースなので早めにゲージいっぱいにするのが重要になります。このゲージをいっぱいにするにはゲージの上昇速度を上げてくれるプレッシャーメーターを高い位置に保っておくことが必要です。

プレッシャーメーターはタイルをラインで揃えると1目盛りずつ上昇していき、タイルを揃えることが出来なかったらどんなにたくさんあってもあっさりと0に戻ります。失敗できないのでなかなか大変なのですが、これが割と簡単に上昇させることができるのです。

 

見ての通りこの「Reiner Knizia’s Lines of Gold」では横とナナメだけで、縦のラインがありません。

これが秀逸ですね。中央の2つのプレートだけが6つのコネクタで、残りのプレートはすべて2つのコネクタしかありません。タイルを置くときはそのプレートの2つのラインだけを注意して見ればいいんです。各プレートが重なるライン数は左右列が2ライン、中央の2つが3ライン、中央の上下が1ラインです。色、形、数の3種類のうち2つだけを注意して揃えていけばいいのならミスも少ないし、また最下段のプレートを埋めさえすれば上から空白プレートが次々と追加されるので、あっさりと埋まって終わりになるかと思いきや結構続けてプレイができます。

 

この「ミスしないで続けていける」のが、なんか妙にうまくなった気がしてだんだんと置いていくのが楽しくなってくるんですよね。このあたりのバランスがいいですね。

最初は「またクニツィアのイマイチ系のパズルかな」と思っていましたが、長く遊べるような工夫がされていてのめり込めます。同じパネルを揃えるとボーナスステージに進めるところなんかもちょっとパズルらしからぬ変化があって面白いです。

 

操作はタイルをドラッグして位置を決めるだけのなので簡単です。タップして場所を選択することもできます。決定するときは左上や1番上をいちいちタップしなければいけませんが、この設定はオプションで変更できますので、面倒くさいと思うかたは切り替えるといいと思います。

 

得点を伸ばすには、いかにミスをしないで揃えてプレッシャーメーターの高い状態で続けるか、保留タイルの場所を確保できるか、追加タイルをコンスタントに手に入れるかがカギだと思います。保留タイルの場所を確保できれば、1枚ずつめくられるタイルの運要素も減らすことができますので早めに確保するといいでしょう。

制限時間はありませんし、アプリを閉じても続けてプレイできるのでじっくりと考えてパズルにチャレンジしてみてください。

 

難点。バグが多いです。ゲームのルールとか長く遊べるところとかとても楽しいのですが、得点とかタイルの数とかみんなぐちゃぐちゃしてて全然わかりません。マイナスの要素を取るパズルに見えますが、攻めて揃えていけるので楽しく遊べるんですけどそれでも1人用ですからどうしても早く飽きそうですね。4の数のタイルが出てくると一気に難易度があがって終わりだすのがちょっと残念じです。

Battleline – A Reiner Knizia game」のほうも頻繁にアップデートで修正されていった経緯があるので、バクの修正を待ったほうがいいと思います。

 

いろんな種類のタイルを置いて揃え得点を稼いでいくパズルです。

 

 

     

    Reiner-Knizias-Lines-of-Gold100

    完全思考型パズル / ストラテジー / ソリティア系
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Rational Brothers LLC

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要

     

    Reiner Knizia’s Lines of Gold
    AppStoreへ

     

  • Battleline – A Reiner Knizia game
  • Lost Cities
  • Reiner Knizia’s Labyrinth
  • Reiner Knizia’s Color Conquest
  • Reiner Knizia’s Masters Gallery

Comments are closed.

PAGE TOP ↑