1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Magic Arrows01

 

■ Magic Arrows
矢印パネルを動かして揃え消していくマッチ3パズル。パネルを動かすことができなくなったらゲームオーバー。

 

矢印パネルを動かして揃え消していくマッチ3パズルです。上下左右の矢印パネルをタップするとその方向に色のパネルが移動します。同じ色のパネルがタテヨコで3つ以上並ぶとパネルはマッチして消えます。消えて支えを失ったパネルは下に落ち、上から新しいパネルが補充されます。その際に連鎖をします。連鎖中もほかのパネルを動かすことができるアクティブ連鎖です。タテヨコで同時にマッチすると「マジックアロー」ができます。マジックアローをタップすると矢印に向かってリンクが発動しパネルを消すことができます。時間がたつとパネルから矢印は消えます。すべての矢印が消え、パネルを動かすことができなくなるとゲームオーバーになります。

 

 

Magic Arrows02 Magic Arrows04

 

画面には矢印のついた色のパネルが並んでいます。このパネルをタップすると、そのパネルは矢印の方向に移動します。

Magic Arrows05 Magic Arrows06

 

下向きの矢印ならパネルは下へ、上向きの矢印ならパネルは上に向かって移動します。パネルはタップして動かすこともできますし、スライドさせて一気に動かすことも可能です。

Magic Arrows07 Magic Arrows09

 

パネルを動かしたとき、同じ色のパネルがタテヨコで3つ以上並ぶとマッチして消えます。

Magic Arrows11 Magic Arrows12

 

パネルについている矢印は一定の時間が経過すると消えてしまいます。消えるとそのパネルを直接動かすことはできなくなります。

Magic Arrows14 Magic Arrows15

 

同じ色のパネルをタテとヨコで同時にマッチさせると「マジックアロー」を作り出すことができます

Magic Arrows16 Magic Arrows17

 

パネルがマッチして消えると上から新たなパネルが補充されます。その際に連鎖をします。連鎖中も他のパネルを動かすことができるアクティブ連鎖です。

Magic Arrows18 Magic Arrows19

 

連鎖していくとコンボになり加点されていきます。アクティブ連鎖ですので連鎖中に他のパネルを揃えることもできます。またマッチしている最中のパネルに後づけすることもできます。

例えば右の画像のように黄色いパネルがマッチしている最中に黄色の下向きの矢印のパネルをタップすると、マッチしている黄色のパネルに後づけしてマッチパネルの数を伸ばすことができます。

Magic Arrows13 Magic Arrows20

 

矢印の消えたパネルは動かすことはできませんが、マッチすることはできます。マジックアローを作る方法あパネルをタテヨコで同時にマッチすることですから、左のようにT字型でマッチしてもOKです。

Magic Arrows21 Magic Arrows22

 

パネルを消していくと徐々にレベルが上がっていきます。レベルが上がると新たな色のパネルが出てくるようになります。

Magic Arrows23 Magic Arrows24

 

「マジックアロー」はタップすることで発動します。マジックアローが発動するとパネルの矢印の向きに沿ってリンクでつながり発動していきます。このとき繋がったパネルはすべて消えます。

Magic Arrows25 Magic Arrows26

 

画面は「上と下」「左と右」でつながっているので、下向きに進むと上から出てきます。左に進むと右から出てきます。これは普通にパネルを動かすときも同様です。

Magic Arrows27 Magic Arrows28

 

パネルは空いている場所に落とすこともできます。

例えばこのようにマッチして消えて空間が空いたとき、上から補充される前に黄色い右向きの矢印のパネルをタップすれば、この場所に落とすことも可能です。

Magic Arrows31 Magic Arrows32

 

マジックアローでは矢印のついていないパネルも消すことができます。矢印のついていないパネルはマジックアローは直進してリンクします。

またマジックアロー発動中のリンクの中に、別のマジックアローを巻き込んでリンクさせるとさらに高得点になります。

Magic Arrows35 Magic Arrows36

 

さらにレベルが上がると泡パネルがでてきます。泡パネルは動かすことはできませんが、パネルを移動させてぶつけるとその泡パネルは消すことができます。

Magic Arrows38 Magic Arrows39

 

一定の量のパネルをマッチして消すとレベルが上がります。レベルが上がったときは矢印のついていないパネルや、泡パネルがすべて消えます。

Magic Arrows40 Magic Arrows41

 

矢印がパネルから無くなり、すべてのパネルが動かすことができなくなるとゲームオーバーです。

Magic Arrows45 Magic Arrows46

 

ゲームは通常の「ENDLESS」モードと「PUZZLE」モードがあります。

Magic Arrows03 Magic Arrows48

 

パズルモードでは指定された回数だけ移動させ、すべてのパネルを消していくモードです。

Magic Arrows49 Magic Arrows50

 

問題は全部で60問あります。

Magic Arrows51 Magic Arrows52

 

オプションではパネルの色を変更することができます。

Magic Arrows53 Magic Arrows55

 

矢印にはっきりとした縁取りがつく上に、模様による識別もできるようになるので色覚異常の方でも十分に遊ぶことができます。

Magic Arrows56 Magic Arrows57

 

矢印のパネルを素早く動かしてマッチし、たくさん連鎖をして高得点を狙いましょう!

Magic Arrows33 Magic Arrows34

Magic Arrows37 Magic Arrows43

Magic Arrows42 Magic Arrows44

 

 

矢印パネルを動かして揃え消していくマッチ3パズルです。上下左右の矢印パネルをタップするとその方向に色のパネルが移動します。同じ色のパネルがタテヨコで3つ以上並ぶとパネルはマッチして消えます。時間がたつとパネルから矢印は消えます。すべての矢印が消え、パネルを動かすことができなくなるとゲームオーバーになります。

 

矢印のついたパネルを動かして消していくマッチ3パズルですね。

サイコロを動かして揃えて消していくプレイステーションの「XI[sai]」というゲームを作った会社のパズルですね。携帯アプリで配信されている「MagicArrow(マジックアロー)」というパズルのリメイクです。

 

カラーパネルにはそれぞれ矢印がついていて、これをタップしたりスライドさせたりして移動させます。カラーパネルはこの矢印の方向にしか動かすことはできません。動かす方向が決まっているのでかなり制限された状態になります。隣に動かせばすぐに同じ色が揃うのに、矢印が横に向いていないがためにそこに動かすことができない、という状態がしょっちゅうおきます。

「動かすことのできる方向が決まっている」というのがこのパズルの1番の特徴です。

しかし盤面のパネル数が少なめなのと、パネルの色数があまり増えないので、動かすことは難しいのですが揃えるのは意外と簡単です。少ないパネル数なので連鎖も起きやすく爽快感もあります。

 

同時マッチで出来上がる「マジックアロー」が面白いですね。このマジックアローはタップすると発動して、矢印の通りにリンクして繋がって大量消しができます。マジックアローはカラーパネルとマッチしません。ですから連鎖して消えてしまうことがないので、困ったときまで取っておくことができます。

作りすぎてあまり溜め込んでしまうと、カラーパネル数が減るのでマッチ自体が難しくなりますが、後半に進むと矢印が消えていくスピードがかなり速くなるので、そういったときの緊急回避として使うのに便利です。

 

パネルの操作は非常に快適です。タップしてパネルを動かすことも、一気にスライドして動かすこともどちらでも好きなほうでできます。パネル自体が大き目というのもいいですね。

またマッチ中もほかのパネルを動かすことができるアクティブ連鎖になっています。他のパネルを揃えたり、マッチしているパネルに繋げてマッチ数を伸ばすこともできます。マッチしてから消えるまでの時間がわりと余裕があるので、連鎖を繋げていくのもそれほど難しくはありません。それ以外にも「パネルでポン」のように、空間にパネルを落とす消し方もできます。

パネルの動かし方に幅があって、後づけや落ちてくるパネルを予想してマッチさせるようなやり方などもできます。パネルの向きの制限はありますが、消し方については柔軟で丁寧な感じがします。

 

コツとしてはやはりパネルを動かすことができる方向を把握すること、また動かしたパネルだけではなく、動かされたパネルでのマッチの仕方なども想定していくと高得点が狙えるのではないかと思います。

エンドレスモードではパネルを消していくとレベルが上がっていき、それに従いどんどんとパネルの矢印が消えるスピードが速くなっていくのですが、レベル10、レベル20、レベル30と10レベル毎にこの矢印の消えるスピードがリセットされます。ですからレベル9とかレベル19などが非常にキツくなります。

スピードが遅いときマジックアローを作って溜めておいて、最後で使用してレベルを進めていくとだいぶ長く遊べるのではないかと思います。

 

モードはエンドレスとパズルの2つのモードがあるのですが、実はこのパズルモードがなかなかの難易度があり、非常にやりがいがあります。60問と結構な数があるのでこれだけでも十分に楽しめます。

 

グラフィックも見やすくて綺麗ですし、パネルのスタイル変更で色覚異常の方でも遊べるモードがついています。

見た目のややこしさとは違い、揃えやすく連鎖もしやすい爽快なパズルです。

 

難点。携帯版ではキャラクターがついていたみたいですけど、それは無くなってしまったんですね。スタイリッシュなのはいいんですが、ちょっと淡泊になってしまった感じがします。

全体的に拘束されたような動きでプレイするパズルなので、どこかで2方向とか全方向とか動かすことができたりして、開放感を感じたかったです。上下や左右の端にパネルを動かして逆に持っていくとき、ちょっと引っかかるような感じがするので、もっとスムーズに動いてくれればよかったです。

ここのパズルだったら、「Xi」は操作的に難しいとしても、ぜひ名作パズル「オトスタツ」を出してほしいですね。

 

シンプルでわかりやすく、爽快で難しいアクションパズルです。

 

 

     

    Magic-Arrows100

    マッチ3パズル / 位置替え系 / 個数揃え系
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0 (iOS 4.0 テスト済み)
    開発 / Shift Inc.

    iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.3 以降が必要

     

    Magic Arrows
    AppStoreへ

     

 

  • :Shift:
  • Graveyard Shift
  • Atlantis: Magic Smileys
  • The Magic Labyrinth
  • bit Dungeon

Comments are closed.

PAGE TOP ↑