1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Expedition Beyond the Walls01

 

■ Expedition:Beyond the Walls
パーティを編成し遠征をして宝物を探しに行くサイコロゲーム。目的地で宝物を見つけるとクリア。

 

パーティを編成し遠征をして宝物を探しに行くサイコロゲームです。自分はパーティのリーダーとなってメンバーを雇います。武器や食糧、馬などを購入、装備して、探険先となる目的地まで遠征を始めます。遠征中はサイコロを振りながら進んでいきます。振って出たサイコロの目のイベントをクリアしながら、目的地までたどり着きます。たどり着いた目的地で探険をして、宝物を探し当てるとクリアになります。

 

 

Expedition Beyond the Walls17 Expedition Beyond the Walls18

 

そびえ立つ高い壁に囲まれた城塞都市。

外の世界の存在が忘れ去られてしまうほどの長い間、その場所に隠れてきた人々は、ついに自らの意志で壁を越えて未知なる土地へ出ようとしています。

強いパーティを組み、古代の遺跡や財宝の探索のため出発します。

 

まずゲームをスタートさせ、遠征する目的地を決めます。

自分はこのパーティのリーダーです。この画面で自分のパーティのメンバーを雇います。左下がメンバーの総数で右下が所持金です。中央下がパーティの最大重量で、中央にあるのがパーティ全体のステータスになります。

上に並んでいるのは雇うことのできるメンバーの職業です。

Expedition Beyond the Walls19 Expedition Beyond the Walls21

 

「+」をタップするとその職業のメンバーを1人雇うことができます。雇った人数は(1)と表示されています。コインのマークは雇うために必要な金額です。パーティの最大人数は自分も含めた9人までです。

メンバーを雇うとそれぞれの職業に応じてパーティ全体のステータスが上昇します。

例えば1番上の「adventurer(冒険者)」は50コインで1人雇うことができ、1人雇うごとに「Explore」が「+1」、「Lore」が「+1」、「Combat」が「+1」されます。

ステータスは「Explore(探険)」「Combat(戦闘)」「Lore(知識)」「Defense(防御)」「Hunting(狩り)」「Health(健康)」となっています。

Expedition Beyond the Walls22 Expedition Beyond the Walls23

 

それぞれのメンバーの職業の特徴、ステータスの関係はこのようになっています。

Expedition Beyond the Walls04 Expedition Beyond the Walls05

 

メンバーを雇ったら右下の「Market(市場)」をタップします。ここでパーティの装備を整えます。

アイテムにはそれぞれいろんな特徴や重量が設定されています。例えば「Horses(馬)」ですが、パーティがアイテムなどを装備して最大重量を超えてしまうとペナルティがつきます。しかしこの「Horses」を買うとその最大重量の上限を伸ばすことができます。

馬を1頭買ったので下の150/300が150/600に変化していますね。

Expedition Beyond the Walls24 Expedition Beyond the Walls25

 

とりあえず馬を3頭ほど購入し持てる量を増やしてから、槍や盾、薬など装備を揃え、あとは食糧をお金がゼロになるまで購入してみます。

パーティのメンバーをすべて雇い、装備などを購入したら右下の「March」をタップしていよいよ遠征の開始です。

Expedition Beyond the Walls26 Expedition Beyond the Walls27

 

「Market」で購入できるものの特徴はこのようになっています。

Expedition Beyond the Walls08 Expedition Beyond the Walls09

 

この画面が遠征の画面です。上がサイコロで中央がマップになっています。中央に表示されているのは現在のパーティの情報です。

左から「健康状態」「疲労」「食糧」「装備」「遠征日数」「パーティ人数」です。

 

今回の目的地は「Ironhelm」という場所です。

かつてここはワインに使うブドウなどを栽培していた古代の砦でした。しかし周囲の山にはモンスターが出没し砦は攻撃を受けていました。かなりの年月この古代の砦は持ちこたえていましたが、とうとう陥落してしまいモンスターの砦となってしまいました。それ以後近づくものも無く、長い年月のなかに忘れ去られた古の砦です。

この砦「Ironhelm」に城塞都市「Esa Lerza」からパーティを組織して向かい、探索をするのが目的です。

Expedition Beyond the Walls29 Expedition Beyond the Walls31

 

下の「Status」「Options」をタップするとパーティの状態を見ることができます。オプションではメンバー構成や武器の装備ができます。「弓」を2つ購入していたので、ここで1つだけ装備しておきます。

Expedition Beyond the Walls32 Expedition Beyond the Walls33

 

さていよいよ出発です。

パーティを目的地まで進めるにはサイコロを使います。サイコロは画面の1番上に表示されています。

まずサイコロを振る前に、いくつのサイコロを振るかを「3個~6個」の中から選んで右上の「Select」をタップします。最初は3個だけ振ってみましょう。

Expedition Beyond the Walls34 Expedition Beyond the Walls35

 

「Select」をタップすると「?」のマークがついたサイコロが選択した個数分表示されます。

次はこのサイコロを振ります。右上の「Roll」をタップします。するとサイコロが振られ図柄が3つ表示されました。これは「March(進む)」「Provision Use(食糧の使用)」というサイコロです。

Expedition Beyond the Walls36 Expedition Beyond the Walls37

 

次は振られたサイコロの中からどのサイコロを選択するかを決めます。タップするとそのサイコロを選択できます。

サイコロを選択するときは、1番最初は「必ず3個以上」選択しなければいけません。

ここでは3個しか振っていないので全部選択してから「Keep」をタップします。

Expedition Beyond the Walls38 Expedition Beyond the Walls39

 

「Keep」をタップして使うサイコロを確定すると青色になります。

すべて確定したら右上の「Process」をタップしてサイコロを実行します。上のマップでパーティが1マス前に進んでいますね。中央のパーティの情報も微妙に変わっています。

Expedition Beyond the Walls40 Expedition Beyond the Walls41

 

サイコロを振って確定させると、そのサイコロのイベントが実行されます。実行されたイベントの詳細は画面の下のエリアに表示されます。これは一気に表示されるのでスライドして確認することができます。

先ほど確定したサイコロは「March(進む)」「Provision Use(食糧の使用)」「Provision Use(食糧の使用)」の3つでした。確定したサイコロのイベントはすべて順番に実行されます。

ここではまず最初に「March(進む)」でパーティが1マス進みます。次に「Provision Use(食糧の使用)」で食糧を使って疲労の回復です。これは2つ選んだので2回行われます。以上の3つが行われこのサイコロのターンは終了します。

Expedition Beyond the Walls42 Expedition Beyond the Walls43

 

左が振る前、右が振った後です。1マス進んでいます。

ここで注意しなければいけないのは「日数」と「食糧」の関係です。サイコロを振った後では遠征日数が「2日」になり、食糧が「142」に減っています。

パーティにいるメンバーは「1日に1人1個の食糧を必ず消費」します。

すでに遠征は2日経ちました。パーティは9人ですから1日最低9個必要です。2日なので18個、「Provision Use(食糧の使用)」は1個の食糧を使用しますのでそれが2個で計20個の食糧を消費したことになります。

Expedition Beyond the Walls34 Expedition Beyond the Walls41

 

選択したサイコロのイベントがすべて終われば、またサイコロを振ります。

次はサイコロを「4個」同時に振ってみましょう。「4」を選択して「Roll」で振ります。

Expedition Beyond the Walls45 Expedition Beyond the Walls46

 

今度はサイコロが4個振られました。

サイコロを1番最初は選択するときは「必ず3個以上」選ばないといけないので、この4つの中から好きなものを3つ選んで選択します。もちろん4つ選んでも構いません。選択したら「Keep」をタップします。

Expedition Beyond the Walls47 Expedition Beyond the Walls48

 

最初に選択したときに振った個数以下であるなら(4個振って3つ選択したときなど)、残りのサイコロをもう1度振りなおすことができます。

振りなおすときはまた「Roll」をタップします。

Expedition Beyond the Walls49 Expedition Beyond the Walls50

 

サイコロを振りなおしたときは、今度は振りなおしたサイコロの中から「必ず1個以上」のサイコロを選択しなければいけません。今は1個しか振りなおしていないので、これを選択してすべて確定し4つのサイコロを実行します。

Expedition Beyond the Walls51 Expedition Beyond the Walls52

 

振り直せるなら、まとめていっぱい振って好きなように選択したほうがいいんじゃないか、と思われるかもしれませんが、そうとも言い切れません。

先ほど「日数と食糧の関係」でパーティは最低1日9個の食糧を必要とすると書きましたが、この日数が関係してきます。

 

サイコロを1回振ると「振った個数-1」日の日数が経過します。最初は3個振りましたから「-1」で2日経過していました。

今回は「4個」振りましたからまず「3日」経過したことになります。さらにサイコロを振りなおすと「振りなおすたびに1日追加」されます。「2回」振りなおせば「2日追加」、3回振りなおせば「3日追加」です。ですから「3日+振り直し1日」で4日経過したことになります。

確定したサイコロは「March(進む)」「Add Day(日数追加)」「Provision Use(食糧の使用)」「March(進む)」ですので、まず1マス進み、次に日数が追加され、食糧を使って、また1マス進みました。日数が2日追加されているので計6日経過しました。当然、これだけの日数分の食糧が必要になります。

サイコロを振りなおせば振った数だけ日数がかかります。日数がかかればそれだけパーティの食糧が必要になるというわけです。

Expedition Beyond the Walls53 Expedition Beyond the Walls54

 

例えばこんな風に6個まとめて振ってみます。サイコロは6個振られます。

Expedition Beyond the Walls55 Expedition Beyond the Walls57

 

当然いいサイコロも出れば悪いサイコロも出ます。これは「疲労」です。疲労の数値が上昇してしまいます。最低3個以上選ばないといけないので進めるサイコロを3つ選んで「Keep」します。

Expedition Beyond the Walls58 Expedition Beyond the Walls59

 

残りの3つのサイコロを振りなおしました。振りなおした場合は1個以上選ばなければいけないので1つ選択します。

Expedition Beyond the Walls60 Expedition Beyond the Walls62

 

残り2個を振りなおします。今回は6個振ったので最初に5日経過、2回振りなおしているのですでに+2日です。

Expedition Beyond the Walls63 Expedition Beyond the Walls64

 

最後の1個を振りなおします。振りなおした場合は最低1つ以上選択しなければいけないので最後にとんでもない目がでるときもあります。振りなおしたので+1日です。

Expedition Beyond the Walls65 Expedition Beyond the Walls66

 

これで6つすべてのサイコロが確定します。運よくすべて「進む」になりましたね。10マス進んで、その間に経過した日数は8日になります。歩いたりしていくとパーティの疲労値も上がっていきます。

しかしこれだけ日数が経過すると食糧もたくさん消費しそうですが、見てみると「105→100」にしか減っていませんね。

Expedition Beyond the Walls67 Expedition Beyond the Walls70

 

実はパーティは遠征中に「Hunting(狩り)」をして食料を調達することができます。最後のところに「You have hunted 67 provisions.」と書かれていますね。これは67個の食糧を調達したことになります。

ただし「狩り」をして食料を調達できるのはパーティのメンバーに「狩人」がいる場合のみです。また最初のところで「弓」を装備しましたが、「弓」を装備していると狩りの効率が上がります。

もう1つ言えばちょうど今通過した山の場所は非常に狩りをしやすいところだったのです。これらのことは最初に目的地を選ぶところで「Scouting Report」という形で書かれています。

Expedition Beyond the Walls71 Expedition Beyond the Walls72

 

また6つのサイコロを振ってみましょう。もちろん出てくるサイコロはいいものばかりではありません。ドクロのサイコロは「Death(死)」です。選択するとパーティのメンバーが1人倒れてしまいます。

Expedition Beyond the Walls74 Expedition Beyond the Walls75

 

サイコロを選択する順番も重要です。例えば火のサイコロは「休憩」です。人のサイコロは「疲労」です。残りの2つは「病気」というサイコロです。この中では「休憩」と「疲労」がまだマシという感じですね。

Expedition Beyond the Walls76 Expedition Beyond the Walls77

 

最初にこの3つを選ぶわけですが、このゲームではタップした順番でサイコロが選ばれます。ここでは「疲労」「疲労」「休憩」で選びました。

Expedition Beyond the Walls78 Expedition Beyond the Walls79

 

あと残りはこのようにしました。骨が折れているサイコロは「けが」ですね。健康状態が下がります。

Expedition Beyond the Walls83 Expedition Beyond the Walls84

 

これが実行結果です。サイコロは選択した順番にイベントが起きていきます。左から「疲労」「疲労」「休憩」の順です。数値の結果では別に差は出ませんが、この順番で結果が変わってしまうものもあります。

Expedition Beyond the Walls85 Expedition Beyond the Walls88

 

例えばこの「→x」と書かれているのは「Cancel(取り消し)」というサイコロです。これは次に選択するサイコロのイベントをキャンセルすることができます。

「休憩」をした後「キャンセル」「疲労」と選んだわけですが、結果を見ると休憩で全てのイベントは終了しています。「疲労」をキャンセルしたわけですね。キャンセルを使えば「Death(死)」のようなサイコロもキャンセルできます。

Expedition Beyond the Walls90 Expedition Beyond the Walls91

 

目的地「Ironhelm」までもう少しです。ここまでにすでに59日かかっています。

サイコロの中にはこのようなオレンジ色のものが出てくるときがあります。これは「敵などと遭遇」した時に出ます。このサイコロが出たら必ずそれを選択しなければいけません。

Expedition Beyond the Walls92 Expedition Beyond the Walls93

 

この黒いのは「Beastman(ビーストマン)」です。敵からの襲撃ですね。

Expedition Beyond the Walls94 Expedition Beyond the Walls95

 

敵などから襲撃を受けたりすると戦闘が始まります。戦士がいたり槍や盾などを装備していると戦闘に勝利することができます。もちろんメンバーが倒れることもあります。

戦闘に勝利するとアイテムなどをもらうこともあります。今回は「A scribe has been promoted to a scholar!(記録士は学者に昇格しました!)」と書かれています。

Expedition Beyond the Walls96 Expedition Beyond the Walls97

 

「Status」や「Options」を見ると「scribe」はいなくなって「scholar」になっています。

このようにゲーム進行中にイベントなどによってパーティのメンバーがランクアップする場合があります。当然能力値も上昇します。

Expedition Beyond the Walls98 Expedition Beyond the Walls99

 

残りはあと少しです。疲労度も健康状態もかなり低くなり、食糧は底をついています。それでも1人も欠けることなく最後の「Ironhelm」までどうにかたどり着くことができました。

Expedition Beyond the Walls100 Expedition Beyond the Walls101

 

このゲームの目的は、目的地にたどり着くことだけではなく、遠征先で探険をし宝物を探し当てることです。それぞれの目的地ではその場所でやることがあらかじめ指定されています。

例えばこの「Ironhelm」では、「Mutants(ミュータントとの戦闘)」「Decipher Runes(ルーン文字の解読)」「Explore Ironhelm(Ironhelmの探索)」という3つのことを順番にクリアしなければいけません。

Expedition Beyond the Walls102 Expedition Beyond the Walls103

 

目的地ではサイコロを使うことはありません。左下の「Explore」をタップすればすべて自動的にイベントが起き、結果が表示されます。

まず最初はIronhelmの周囲にいるMutantsを排除するため戦闘を行います。当然、ここまでたどり着いた戦力のみで戦うことになります。クリアすれば上に×マークがつきます。

次は「Decipher Runes(ルーン文字の解読)」です。このようなイベントにはパーティのLore(知識)の値が必要になります。ルーン文字の解読に成功、隠された入口を発見しました。

Expedition Beyond the Walls104 Expedition Beyond the Walls105

 

最後はこの「Ironhelmの探険」です。これも同じように左下の「Explore」をタップします。探険で獲得した宝物が次々と表示されていきます。

Expedition Beyond the Walls106 Expedition Beyond the Walls107

 

「Explore」が押せなくなればそこで探険が終了です。かなり大量の宝物を獲得することができました。また今回の遠征で「apothecary(薬師)」は「surgeon(外科医)」に昇格しました。

Expedition Beyond the Walls109 Expedition Beyond the Walls110

 

これで今回の遠征はクリア、無事目標の達成です。

Expedition Beyond the Walls111 Expedition Beyond the Walls112

 

成長したメンバーは「Continue」でそのまま次の遠征に使用できます。

Expedition Beyond the Walls113 Expedition Beyond the Walls114

 

パーティ全体のステータスもかなり上昇しています。手に入れた宝物は右下の「investors」というところで換金することができます。全て売ると5350になりますね。これを使ってさらに次の目的地に遠征するための準備をしましょう。

Expedition Beyond the Walls118 Expedition Beyond the Walls120

 

目的地を選ぶ場面ではその周囲の地形の情報などを見ることができます。もちろん先に進むにしたがって非常に難しくなりますので、ランクアップと装備の充実は必須です。

パーティを編成して遠征し、メンバーをランクアップしながら最後の探険までクリアしていきましょう!

Expedition Beyond the Walls122 Expedition Beyond the Walls123

Expedition Beyond the Walls125 Expedition Beyond the Walls126

 

遠征中に使用される全サイコロです。

Common。

Expedition Beyond the Walls02 Expedition Beyond the Walls03

 

Uncommon。

Expedition Beyond the Walls12 Expedition Beyond the Walls13

 

Rare。

Expedition Beyond the Walls10 Expedition Beyond the Walls11

 

Very Rare。

Expedition Beyond the Walls14 Expedition Beyond the Walls15

 

Encounters。

Expedition Beyond the Walls06 Expedition Beyond the Walls07

 

 

パーティを編成し遠征をして宝物を探しに行くサイコロゲームです。自分はパーティのリーダーとなってメンバーを雇います。武器や食糧、馬などを購入、装備して、探険先となる目的地まで遠征を始めます。遠征中はサイコロを振りながら進んでいきます。振って出たサイコロの目のイベントをクリアしながら、目的地までたどり着きます。たどり着いた目的地で探険をして、宝物を探し当てるとクリアになります。

 

パーティを目的地まで進めていくサイコロゲームですね。使うのは普通の目ではなく特殊なサイコロです。特殊なサイコロを使ってプレイするということで「Roll Through the Ages」や「Zombie Dice」なんかとよく似ています。

実際は一定の確率のマークがパッとランダムで出てくるだけなのでサイコロを振るという感じはしないんですけど、「Roll」と書いてあるし振るときもサイコロの音がするのでサイコロゲームということにしました。

 

このゲームは大まかに分けて「出発の準備」「遠征」「探険」と3つの行程を順番にプレイしていきます。

 

まずは「出発の準備」です。ここでパーティのメンバーを雇ったり、装備や食糧を購入します。雇うことができるメンバーの職業にはそれぞれ特殊な能力があって、どのメンバーも結構欠かせない感じです。

しかしその中でもやっぱり重要なのは「狩人」でしょう。

途中にも書きましたが、このゲームはとにかく食糧の確保がとにかく大変なんです。その食糧を少しでも狩りをして取ってきてくれる狩人はかなりありがたい存在です。冒険者や戦士も戦闘をするのに必要ですし、記録士などは正直遠征中は対して役には立ちませんが、最後の探険の時に文字の解読などする場合、「Lore」が必要になるのでメンバーに入れたいところです。

結局バランスよくという感じですね。

 

マーケットでは装備などを整えますが、ここでも重要なのは食糧です。またパーティでは最大重量が決められていてそれ以上を積むとペナルティを受けます。持てないことはないんですが、歩くスピードが遅くなったりします。馬を購入すれば最大重量の上限を伸ばすことができるので合わせて購入するといいでしょう。あと槍や盾などの武器、弓を使えば狩りの効率も上がります。

 

全ての準備が整ったら遠征をするわけですが、遠征でパーティを進めるにはサイコロを振ります。最初にいくつのサイコロを振るか決めることができます。サイコロはいくつ振ろうが最初は3つ以上選択しないといけないので、振るサイコロの最低個数は3つになります。4個以上振ればサイコロの選択の幅が広がるしサイコロを振りなおすことができるのですが、振りなおすたびに遠征日数が増えます。

遠征日数が増えれば当然それだけ食糧が必要になるので、目的地に着く前にパーティが全滅する可能性も出てきます(食糧が無くなると健康状態が悪くなってそれでも歩き続けるとバタバタと倒れていく)。しかし最低個数の3つだとあまり進めないし、振ったサイコロがそのまま確定になるので、非常にマズい目が出てしまったときに回避できなくなります。

このあたりの微妙なバランスが結構いいですね。

 

サイコロの目は見ての通り、ほとんどがネガティブな効果を及ぼすものです。これらのネガティブ効果をうまく避けながら、または最低限の被害に抑えながらパーティを進めていきます。あまり急ぎすぎると疲労もたまるし、うまく休憩なども使いながら健康にも気を付けましょう。

実際には5個くらいを振りながら進むのが1番いいんじゃないかと思います。

 

無事にパーティが目的地に着けばそこで宝物の探索をします。各目的地ではやることが設定されています。たとえば「戦闘をして」「文字を解読して」「宝物を探す」といった具合です。難易度の高い遠征先ではこれが10以上もあって何回も戦闘を繰り返したりしなければいけません。

ここですべてクリアすれば遠征成功ということになります。戦闘して全員が負けたり、文字を解読できなければそこで終了。遠征は失敗です。

ポイントはここで「Lore(知識)」や「Explore(探険)」などのスキルがどうしても必要になる点です。知識は遠征中はたいして役に立ちませんが、最後の最後に必要になるので記録士なんかをメンバーに加えないといけません。

 

そこで宝物などを手に入れれば持ち帰って売って次の遠征の資金にできます。遠征中にメンバーがランクアップしてさらに強くなることもあります。また馬などを新たに買って防具もいっぱい積んで、と準備万端で出発することができます。

難易度の高い遠征先では攻撃してくるパーティの規模も大きくなりますので、かなり強くしないとあっさりと全滅して今までのメンバーを失うことになります。全体的にバランスが難しいゲームです。

 

グラフィックは非常に質素で、プレイはサイコロを振るだけです。サイコロを選べばイベントは即座に実行され、結果だけが表示されて進みます。派手な演出も一切ありません。

しかしこれがなかなかドキドキします。敵の襲撃を受けたときなどは祈るようにして結果を見ます。

サイコロを振るので非常に運の要素が強いのですが、その運の中でもなんとかリスクを最小限に抑えて目的地までたどり着けるように考えるのが面白いですね。

 

とにかく自分が強くなっていくタイプのゲームではなく、バタバタ倒れてく中でいかに命を繋ぐか考えるゲームです。1人でプレイするのでソリティアのようですが、どう生き残るか、どういう準備をすればいいのか。なかなか戦略的にも十分に楽しめるゲームだと思います。

 

難点。全編英語ですね。特に重要な毎日の「イベント結果」もすべて英語になります。マークもついているし非常に簡単な英語なんですが、イベントの結果に微妙な変化があるのでそのへんだけ注意が必要です。また最初の「Scouting Report」に結構重要なことが書かれていたりするので目を通しておいたほうがいいかもしれません。

もうちょっと演出があって盛り上げてくれるとよかったですね。シンプルすぎてすぐ飽きたり合わない人がありそうです。

それ以外では複数のデータが残せたり、メンバーに名前とか付けることができたらよかったかも。

「強行軍」のところは飛ばしましたが、「強行軍」を選ぶとそのターンのその後の「進む」が1マスずつ増えます。「強行軍」「進む2」「進む3」の順で選ぶと「強行軍」で1マス進み、進む2では強行軍の効果で3マス進み、進む3は4マス進むことになります。しかしその分疲労も増えたりします。「進む2」「進む3」「強行軍」の順だと効果無しです。

サイコロ効果に関しては自信がないのもあるので、違うのがあったら教えてください。

 

何回かアップデートがあって遠征先も増えているし、Lite版では「Ironhelm」だけ遊べるようになっているので試してみてください。

 

サイコロを転がしてパーティを進めていくサイコロゲームです。

 

 

     

    Expedition-Beyond-the-Walls100

    サイコロゲーム / ストラテジー / ソリティア系
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.3.0
    開発 / Racingspider Games, LLC

     

    Expedition:Beyond the Walls
    AppStoreへ

     

    Expedition:Beyond the Walls Lite
    AppStoreへ 無料版

     

  • Amazon: Hidden Expedition
  • iM Detective
  • Lock ‘n’ Roll
  • Roll Through the Ages
  • 80 Days

Comments are closed.

PAGE TOP ↑