1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Army of Frogs01

 

■ Army of Frogs
順番にカエルを動かしたり置いたりしていくボードゲーム。先に7匹以上のカエルの塊を作ったプレイヤーが勝ち。

 

順番にカエルを動かしたり置いたりしていくボードゲームです。自分の番で「自分のカエルを動かす」「カエルを置く」「カエルを補充する」の3つのアクションを行います。順番にプレイして同じ色のカエルの7匹以上の塊ができるとその色のプレイヤーが勝ちになります。

このゲームの作者は「Hive」を作ったJohn Yianniという人です。このゲームもHiveとよく似た印象ですが、とても簡単に遊べるようになっています。

 

そんな「Army of Frogs」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

Army of Frogs02

Army of Frogs03

 

 

Army of Frogs05

 

まず最初にプレイする人数を決めていきます。2人~4人まででプレイすることができます。

Army of Frogs10

 

プレイヤーはCPUも選択できます。強さは6段階から選択することができます。

Army of Frogs11

 

これがゲーム画面です。中央の池には葉っぱに乗ったカエルがいます。下に表示されているのがプレイヤーです。今回は3人の対戦を選択しました。

Army of Frogs12

 

画面をピンチイン/ピンチアウトするとズームすることができます。

Army of Frogs13

 

自分の順番になると名前の上に看板が出ます。

Army of Frogs14

 

このゲームの目的は7匹以上のカエルの塊を作ることです。

 

自分の番では

 

・池にいる自分の色のカエルを動かす

・カエルを1匹池に置く

・カエルを1匹補充する

 

この3つを「動かす」「置く」「補充」の順でプレイしていきます。

 

まずは「池にいる自分の色のカエルを動かす」です。自分のカエルの色は名前のところに咲いている花の色になっています。この場合は青ですね。しかし最初なので池に青いカエルがいません。

ですからこの手順は飛ばします。

 

次は「カエルを1匹池に置く」です。

カエルは常に2匹手元に持っています。持っている色は自分のところに表示されています。ここだと青いカエルを2匹持っているということですね。

右上にその持っているカエルが表示されているので、この2匹のうち置きたいほうの色のカエルを池までドラッグします、カエルを置くには必ず池にいるカエルに隣接しなければいけません。

Army of Frogs15

 

カエルを置くことができる場所はこのように葉っぱが表示されますので、その葉っぱにかえるを乗せます。

Army of Frogs16

 

カエルを置きました。この位置でよければ右上の「チェックマーク」をタップします。×をタップすればやり直しです。

Army of Frogs17

 

最後の「カエルを1匹補充する」はランダムで手元のカエルが補充されます。終われば次のプレイヤーの番になります。相手も同じ順番でプレイします。

Army of Frogs18

 

自分の番が回ってきました。カエルの配置はこのように変わりました。

今度は池に自分の色の青のカエルがいますので、「池にいる自分の色のカエルを動かす」をプレイできます。

Army of Frogs19

 

カエルはこのように、カエルの塊の直線上の反対側の場所までジャンプするように移動させることができます。

Army of Frogs20

 

下のカエルを動かす場合は、直線上のこの位置にジャンプして移動させることができます。どちらを選択しても構いません。

Army of Frogs22

 

しかし上の青いカエル、これは動かすことができません。

カエルを動かすには「動かすカエル」と「動かさないカエル」にいくつかのルールがあります。

「動かすカエル」は先ほどの「直線上の反対側にジャンプする」ということです。「動かさないカエル側」のほうですが、たとえばここでこのカエルを下のほうにジャンプさせたとします。

Army of Frogs24

 

そうするとこのようにカエルが1辺で隣接して1列に繋がってしまいます。カエルを動かすときはこのように、1辺で隣接するカエルが3つ以上1列に繋がるような場所へ移動することはできません。カエルが1辺でつなげておけるのは2つまでです。

Army of Frogs25

 

とりあえずここは左下のカエルを右上にジャンプさせてみます。

Army of Frogs27

 

そして右上の「チェックマーク」をタップします。

これで「池にいる自分の色のカエルを動かす」は終わりです。もちろん自分の色ではないオレンジのカエルは動かせません。

Army of Frogs28

 

次は「カエルを1匹池に置く」です。先ほど置いて補充されたカエルは同じ青色カエルでした。ですから手持ちはまた青カエル2匹です。

Army of Frogs29

 

先ほどと同じように池にドラッグしてみますが、今度は葉っぱが2つしか出ません。「カエルを1匹池に置く」で自分の色のカエルを置く場合は、すでに池にいる自分の色のカエルに隣接するように置くことはできません。ここではオレンジ色のカエルの隣なら置くことができます。

Army of Frogs30

 

2つの葉っぱのうちこちらを選びました。OKならチェックマークをタップして終了です。

Army of Frogs31

 

1巡して自分の順番になりました。徐々にカエルが増えてきましたね。

Army of Frogs32

 

自分の番になるとまた同じように「動かす」「置く」「補充する」の順番でプレイします。プレイする内容は看板に表示されています。

「池にいる自分の色のカエルを動かす」では、池のカエルも増えてきましたので動かせる場所も2カ所に増えています。

Army of Frogs33

 

下の青いカエルが動かせるところは上と左上の2カ所です。

Army of Frogs35

 

右上のカエルは左側へ2カ所です。あくまでも動かせる場所は直線上です。

Army of Frogs37

 

さて、先ほど動かせなかったこのカエルですが、今回も動かすことはできません。直線上に場所もあるし、先ほどのように1辺のみで3つ以上つながってしまう状態でもないのにどうしてでしょう。

Army of Frogs38

 

これが「動かさないカエル」のもう1つのルールです。自分のカエルを動かす際に、残ったカエルの塊が分断してしまうカエルは動かすことができません。

この青いカエルが移動するとこのようにカエルの塊が2つになってしまいます。こういう状態になってしまう動かし方は禁止です。常にカエルの塊はすべて1つに繋がっていないといけません。

Army of Frogs39

 

カエルを動かすときは直線上に動かす。

塊が分断する位置にいるカエルは動かせない。

1辺で隣接しているカエルが3つ以上繋がるようには動かせない。

基本的な動かし方のルールはこれだけです。

Army of Frogs42

 

さて動かしたので自分のカエルを置いてみましょう。今度の手持ちのカエルは青色とオレンジ色の2匹です。

青色のカエルをドラッグすると、カエルを置くことのできる場所に葉っぱが表示されます。すでに池に置いてある自分のカエルには隣接できません。

Army of Frogs44

 

自分以外の色、オレンジ色や緑色のカエルを置く場合はどこでも大丈夫です。カエルに隣接する場所であればどこでも置くことができます。

自分の色のカエルを置く場合は置いてある自分の色のカエルに隣接できない。

置き方のルールはこれだけです。

Army of Frogs45

 

次の順番で同じ色のカエルのそばに飛んでいいけるように左上のほうに置いてみました。

Army of Frogs46

 

自分の番での「池にいる自分の色のカエルを動かす」ではこういう動かし方もできます。左上のカエルを右下にジャンプさせます。

Army of Frogs49

 

そのあと上に向かってジャンプさせます。「池にいる自分の色のカエルを動かす」で動かすことができるカエルは1匹だけですが、そのカエルを動かす回数には制限はありません。ルールに従って動かせるのであれば何回でも動かせます。

Army of Frogs51

 

こんな特殊なルールもあります。今この真ん中のカエルを左下にジャンプさせました。

Army of Frogs58

 

さらに上にジャンプさせました。

Army of Frogs60

 

こうすると1辺で隣接しているカエルが4匹で繋がってしまいます。しかしこれはOKです。

Army of Frogs62

 

この1辺で隣接しているカエルが3匹以上というルールは、1番端のカエルが1匹だけの場合のみ適用されます。このように端にいるカエルが2辺以上でつながっていれば、途中の1辺で隣接しているカエルはいくらつながってもいても大丈夫です。

たとえば輪のようにつながっている場合もOKになります。

Army of Frogs63

 

こういう動かし方もOKです。この青いカエルをジャンプさせます。

Army of Frogs83

 

さらに右上にジャンプさせます。下の緑のカエルが分断されてしまっていますね。ですからここでは止まれず、右上の部分にもチェックマークは出ません。

Army of Frogs85

 

そして下にジャンプします。

Army of Frogs87

 

次に左上にジャンプします。

Army of Frogs89

 

最後に下にジャンプします。

Army of Frogs91

 

最後はこの位置に止まります。右上にチェックマークが出ましたね。ジャンプして動いて行って最後に止まったときにカエルの塊が分断されていなければOKです。

実はこれは最初の位置とは場所が1つだけズレています。こうして1つだけ動かすことがとても重要になるときもあります。

Army of Frogs93

 

こんな手順でプレイを繰り返していきます。ゲームの目的は自分の色のカエルを7匹以上つなげて塊を作ることです。

名前の部分に表示されている数字は、下が現在池にいる自分のカエルの数です。上の数は池の中のカエルでつながっているカエルの数です。今は自分のカエルは8匹池にいて6匹が繋がっている、という状態ですね。

Army of Frogs67

 

カエルをジャンプさせてこのように7匹以上のカエルの塊を作ればそこでゲーム終了です。そのカエルの塊を作ったプレイヤーが勝ちになります。

Army of Frogs68

Army of Frogs69

 

ゲームは「Local Game」のほかに「Internet Game」も選べます。

Army of Frogs70

 

オンライン対戦をするには最初に自分のプロフィールを作って登録します。

Army of Frogs72

Army of Frogs09

 

「Internet Game」を選択し、部屋の名前とプレイ人数を設定します。

Army of Frogs73

 

部屋を作ったらほかのプレイヤーがやってくるのを待ちます。

Army of Frogs74

 

他のプレイヤーが入ってきたら下の「Play」をタップしてゲームスタートです。

Army of Frogs75

 

あとは通常のArmy of Frogsと同じようにプレイをしていきます。

Army of Frogs76

 

左上の吹き出しのマークをタップするとチャットで発言をすることができます。

Army of Frogs77

 

日本語もOKです。

Army of Frogs78

 

チャットのログは画面上に表示されます。

Army of Frogs79

 

さすがネット対戦、なかなか手ごわくて負けてしまいました。このように世界中のいろんなプレイヤーと対戦することができます。

Army of Frogs81

 

カエルを置いたり動かしたりしてほかのプレイヤーより早く7匹以上の塊を作り上げていきしょう!

Army of Frogs80

Army of Frogs04

 

 

順番にカエルを動かしたり置いたりしていくボードゲームです。自分の番で「自分のカエルを動かす」「カエルを置く」「カエルを補充する」の3つのアクションを行います。順番にプレイして同じ色のカエルの7匹以上の塊ができるとその色のプレイヤーが勝ちになります。

 

カエルを置いたり動かしたりして塊を作るゲームです。ゲームの作者は「Hive」と同じ人です。ですからこの「Army of Frogs」も非常にHiveとよく似ています。カエルを置くようになっていますが基本は6角形ですし、1つの塊という考えも一緒ですね。カエルの動きもHivの「バッタ駒」と同じです。

いくつかの駒の種類がありチェスのような感じのするHiveが、非常に簡単に遊びやすくなったと思っていただければいいのではないかと思います。

 

自分の番では3つのことをプレイします。

 

「池にいる自分の色のカエルを動かす」

「カエルを1匹池に置く」

「カエルを1匹補充する」

 

「カエルを1匹補充する」はゲーム中に勝手にやってくれるので、基本は2つのアクションをプレイすることになります。

 

「カエルを1匹池に置く」では、手元にある2つのカエルのどちらか1つを置きます。「補充する」ではランダムでカエルが手元に来るので何色のカエルを持っているかはわかりません。自分の色のカエルを置くことができる場合もあるし、ほかのプレイヤーの色のカエルを置かなければいけないときもあります。

自分の色のカエルを置くときは、すでに置いてある自分の色のカエルに隣接させることはできません。他のプレイヤーの色のカエルはどこでも置けます。

置くときのルールはこれだけですね。

ゲームの目的は7匹以上のカエルの塊を作ることですから、当たり前ですが池に7匹以上いないとゴールできません。ですからどれだけ早く自分の色のカエルを池に出すことができるかがカギになっていきます。

 

問題はこの「池にいる自分の色のカエルを動かす」のところです。ここがちょっとややこしいです。

動かすときはカエルを直線でジャンプさせて動かします。直線で動かせるならどの方向でも構いません。そして何回でも動かせます。しかし動かせるのは自分の順番で1匹だけです。

さらに動かしたとき、全体のカエルの塊が2つに分断してはいけません。つまり動いたら分断してしまう位置にいるカエルは動かせないということになります。

 

そして1辺で隣接しているカエルが3つ以上繋がって1列になってしまうようには形になるのはだめです。これはカエルの塊が2つに分断してはいけないと関係してくるのですが、1辺で隣接して延々とつなげてしまうと、分断できないのでそのカエルはすべて移動できなくなってしまいます。それを防ぐためのルールなんだと思います。

ただしこれには1つ抜け道があって、1辺で繋げた1列のカエルの端が2辺でつながったカエルになっていれば、そこまではいくら繋げて大丈夫です。1辺でつなげて輪になっているのもOKになります。

ややこしいですね。動かし方のルールは簡単なんですけど、文章で書くとなんとも説明しづらいです。

 

一応ゲームでは動かすときは動かせるカエルは色枠で表示されるし、選択すれば動かせる場所が表示されるので非常にわかりやすくなっています。まあこの辺の動かし方はあまり深く考えなくてもいいのではないかと思います。

そしてカエルの塊を早く作ったプレイヤーが勝ちです。

 

こうやって書いていくととても難しそうに感じますが、実際にプレイしてみると驚くほどゲームは簡単です。全体的にアブストラクトのような感じなので、プレイの幅が広くてとても悩んでしまうのですが、ゲーム自体はあっさりと終ります。

補充のカエルの総数は決まっているし、7つ以上で勝ちなので大体7巡~10巡くらいで勝負は決まります。感触としてはそうですね、「○×ゲーム(3つ並べるやつ)」や「重力付き4目並べ」みたいな手軽さです。

 

普通のボードゲーム版の場合だと動かすルールのところで混乱しそうなのですが、このゲームの場合、動かせるカエル、動かせる場所、置ける場所がすべてわかるように表示されるので、非常にゲームのテンポが上がっています。いくつかの選択肢の中から選べばいいだけですからとても楽です。この辺はアプリならではですね。

 

戦略としてはHiveの方法がそのまま使えます。分断できないというルールを逆に取り、相手のカエルがジャンプできないように封じ込めるようにカエルを置いていくこともできます。しかし「邪魔をする=相手プレイヤーのカエルの数を増やしてしまう」ということにもなるので、そのあたりはうまくバランスを取らなければいけません。逆に相手に同じことをされたら、いかに封じられたカエルを動かせるようにするかという部分を考えていけばいいのではないかと思います。

 

そしてこのゲームはオンライン対戦ができます。やっぱりCPUと人間とでは緊張感が違います。何戦か対戦をしてみましたが、これが意外と快適でした。日本語のチャットができるのもいいですね。でも相手が海外の方だと見えないでしょうから、名前は英字がいいかもしれません。

残念ながらPush通知での対戦はできないのですが、実際のプレイ時間が10分未満なのでPush通知はなくてもいいんじゃないかと思います。

 

グラフィックのカエルもかわいいですね。ドラッグして置くとき足をぶらぶらさせるのがいいんですよね。それにこのゲーム、BGMとかグラフィックの細かいところがとっても丁寧でよくできているんですよね。完成度が高いと思います。

 

思ったよりも手軽で簡単、戦略的な部分も十分に楽しめるゲームだと思います。

 

 

難点。この動きの難解さです。Hiveもそうなんですが、ややこしくてどうもすっきりとしないんですよね。なので「今ここがアブない!」という場所がよくわからなくて、ぼわーっとしたままゲームが終わってしまう感じです。動きは簡単なんですけど、いつも不完全燃焼で終わっていく感じです。

カエルはランダムで補充されるので、2人プレイはちょっと運の要素が強すぎる感じです。4人プレイが1番面白いと思いますが、終盤になるとCPUが長考し始める時があります。

オンライン対戦ではメールアドレスの登録が必要っぽいですね。そしてオンライン対戦を始める手順がちょっとスムーズでない感じです。AIはあまり強くありません。4人プレイだとなおさら強さが出てこないですね。手軽でプレイ時間が短いのでボリューム不足な感じはちょっとします。

カエルが多くなってくると画面がちょっと見づらいですね。全体マップなどで確認できればよかったのにと思います。

 

ここのBig Daddy’s Creationsは「Neuroshima Hex」を作っているところです。Neuroshima Hexはもう少しでAndroidまで含めたオンライン対戦が始まるらしいので、この対戦の部分がそのまま使われるのではないかと注目していました。チャットとかよかったですけど、出来ればマッチングの部分をもうちょっとスムーズにしていただけるとありがたいですね。ロビーのあたりもしっかりと用意してほしいです。

秋に予定されているという「Caylus」にも期待しましょう。

 

カエルを動かして塊をより早く作っていくゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Army-of-Frogs100

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / オンラインゲーム / おすすめ
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Big Daddy’s Creations

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.1.3 以降が必要

     

    Army of Frogs
    AppStoreへ

     

    Army of Frogs HD (¥450)
    AppStoreへ

     

  • Caylus
  • Carcassonne
  • Neuroshima Hex Puzzle
  • Neuroshima Hex
  • Tikal

Comments are closed.

PAGE TOP ↑