1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

REGENCY Lights01

 

■ REGENCY Lights
光をタップして弾けさせ消していく完全思考型パズル。すべての光を消し切るとステージクリア。

 

光をタップして弾けさせ消していく完全思考型パズルです。光る球をタップすると光のレベルが上がってより明るく光ります。光のレベルが5段階に達するとその光は弾けます。弾けると光はタテヨコに飛び散ります。飛び散った光が、ほかの光の球にあたると、あたった光の球のレベルが1段階上がります。あたった光の球がまた5段階目になれば連鎖していきます。光のレベルを上げていき、すべての光の球を消すことができればステージクリア、バッテリーが無くなればゲームオーバーです。

 

 

REGENCY Lights02 REGENCY Lights03

 

画面には光の球が並んでいます。光の球をタップするとタップした場所の光のレベルを1段階あげることができます。

REGENCY Lights04 REGENCY Lights05

 

光のレベルは5段階まであります。光の球をタップするたび1段階ずつ上昇していきます。

REGENCY Lights06 REGENCY Lights07

 

光のレベルが5段階目に達するとその光は弾けて消えます。

REGENCY Lights08 REGENCY Lights09

 

光の球が弾けると、その場所からタテヨコに向かって光が飛び散ります。飛び散った光が、他の光っている球に当たるとその球の光のレベルが1段階上がります。

ここの場合、弾けて消えた光の隣の球が1つ大きくなりました。

REGENCY Lights12 REGENCY Lights13

 

光のレベルをタップしてあげると上にあるバッテリーメーターの数値が1つずつ減っていきます。バッテリーが無くなる前にすべての光の球を消すことができればステージクリアです。

REGENCY Lights19 REGENCY Lights20

 

タップして光のレベルを上げるとバッテリーの数値は減っていきますが、弾けた光が3連鎖をするとその都度バッテリーが1メモリ上昇します。

REGENCY Lights23 REGENCY Lights24

 

なるべくたくさん連鎖させてバッテリーをチャージしていくことが長くプレイするコツです。チャージしたパワーはステージをクリアしても引き継がれます。さらに連鎖をするとそれだけ高得点を得られます。

REGENCY Lights22 REGENCY Lights25

 

気を付けなければいけないのは、タップするとどこの場所の光の球でもレベルが上昇します。すでに光が消えている場所をタップしてしまうと、そこに1レベルの光ができてしまいます。

REGENCY Lights28 REGENCY Lights29

 

そうするとせっかくすべて消したのに1つだけ残ってしまうということもありますので気を付けましょう。すべての光の球を消すことができずにバッテリーが切れてしまうとゲームオーバーです。

REGENCY Lights31 REGENCY Lights32

 

ゲームは得点を競うエンドレスゲームと問題を解いていくパズルゲームがあります。

REGENCY Lights18 REGENCY Lights41

 

さらにいくつかの特殊な装置を配置したスペシャルルールのステージもあります。この青い光は弾けると貫通してあたっていき、あたったすべての光の球のレベルを上昇させます。壊れた光の球は弾けた光を通しません。

REGENCY Lights33 REGENCY Lights35

 

赤い光は弾けると8方向に飛び散ります。

REGENCY Lights37 REGENCY Lights38

 

そのほかにも光が反射して方向を変えたりします。非常にトリッキーな動きをします。これらをうまく使いすべて消してステージをクリアし、得点を稼いでいきます。

REGENCY Lights43 REGENCY Lights44

 

このゲームのもとは「Splash Back」というFlashゲームです。日本では「水玉潰し」という名前で有名になりました。実はこれ、見た目よりも結構難しいのです。適当にタップしてもそれなりに消していけますが、少しは考えてプレイしないと得点は伸びません。

使用できるバッテリーの量があるということ、連鎖させるとバッテリーが回復するということから、最も重要な点は「いかに少ない手順にするか?」「いかに連鎖させて消すことができるか?」ということになります。

そういうのも踏まえて簡単なコツのようなものを。

 

基本的なボックスの連鎖の形はこういうパターンです。4段階目の光が3つと3段階目の光が1つです。この状態でどれかの4段階目の光をタップすれば連鎖してすべて消えます。

右の4段階目が4つの場合も同様に連鎖してすべて消えます。覚えておいてほしいのは3段階目が1つだけあったとしても4段階目の光をタップすれば同じようにすべて消えるという点です。

REGENCY Lights66 REGENCY Lights68

 

今度はこういう1列の場合です。3段階目が端にあり、4段階目が2つある状態です。この場合、すべてを連鎖して消すためにはタップして発動させる場所が重要です。

タップするのはこの真ん中です。右の光をタップすると3段階目の光の球は残ってしまいます。

REGENCY Lights70 REGENCY Lights69

 

これはタテの状態でも一緒です。タップするのは真ん中です。しかしもう1つ3段階目が逆の端にあればこれはどちらをタップしても連鎖してすべて消えます。これは3-4-4と4-4-3が重なったと思ってくれればいいです。1列の連鎖の発動パターンはこんな感じです。

REGENCY Lights72 REGENCY Lights71

 

それでは最初のボックスのパターンと1列のパターンを組み合わせてみましょう。ボックスの状態ではどの4段階目の光をタップしてもすべて消えましたが、上に1つ3段階目の光があります。

先ほどのようにタテに並んでいると考えると、この場所をタップすると連鎖が止まり、上の3段階目の光は残ってしまいます。ですからこの場合はタップするのは上の2つのどちらかです。

REGENCY Lights74 REGENCY Lights73

 

このように考えるとどこをタップして発動させれば連鎖が続きそうか、というのがなんとなくわかってきます。

REGENCY Lights75

 

しかも光は4方向に飛び散って当たりますのでタテヨコ列での距離はあまり関係ありません。離れていてもOKです。

REGENCY Lights76 REGENCY Lights77

 

実際の場合はまず全体を見て最初の発動させる場所を決めます。このあたりのボックスがよさそうです。先ほどのボックスの形になるようにこの場所をタップして1段階あげます。

REGENCY Lights49 REGENCY Lights48

 

次は今のボックスの周辺を見てみます。ここは4段階目-4段階目-2段階目という状態になっています。このままではボックスで始まった連鎖はこの2段階目の光の球の部分で止まってしまいます。

そこで連鎖して消えきるように4段階目-4段階目-3段階目というタテの連鎖パターンにします。この場所の光を1段階あげます。

REGENCY Lights51 REGENCY Lights50

 

次はここです。離れていても関係ないのでこれは横の位置にあると考えます。ここも1段階あげて4段階目-4段階目-3段階目の形にします。まあこのくらいでいいでしょう。

REGENCY Lights52 REGENCY Lights55

 

先ほどのボックスの光をタップして発動させます。するとこんな風に一気に連鎖をしてたくさん消すことができました。でも下のほうに少し残ってしまいましたね。

REGENCY Lights56 REGENCY Lights58

 

残った形を見るとあと1回、ここをタップすればすべて消すことができそうです。ということは最初に発動する前にこの場所の光を1段階あげておいたらすべて一気に消すことができたというわけですね。

こんなような感じで、全体を眺めて連鎖が続くように光のセッティングをしてから発動させるのがいいでしょう。

REGENCY Lights57 REGENCY Lights53

 

うまく光を連鎖させ、できるだけバッテリーをためて長くプレイし高得点を目指しましょう!

REGENCY Lights63 REGENCY Lights64

 

 

光をタップして弾けさせ消していく完全思考型パズルです。光る球をタップすると光のレベルが上がってより明るく光ります。光のレベルが5段階に達するとその光は弾けます。弾けると光はタテヨコに飛び散ります。飛び散った光が、ほかの光の球にあたるとその光の球のレベルが1段階上がります。あたった光の球がまた5段階目になれば連鎖していきます。これを続けていきすべての光の球を消すことができればステージクリア、バッテリーが無くなればゲームオーバーです。

 

途中でも書きましたが、このゲームのもとは「Splash Back」というFlashゲームです。このゲームのフォロアーもAppStoreには結構ありますね。でも盤面の数が違っていたりと様々です。本家では「水滴」だったものを「光」へと変えたこちらの「REGENCY Lights」は、ちゃんと公認を得て作られたパズルアプリになります。

 

ゲームの内容は「Splash Back」と全く同じです。光の球をタップして四方に弾けさせ連鎖して消していきます。すべての光を指定回数内に消せば次のステージ進めます。たったこれだのシンプルなゲームなんですが、タップした光が思わぬところに当たって連鎖していくのが非常に爽快なんですね。眺めているだけでも楽しいです。またすべてが一度に消えたときにはとても達成感があります。

ステージはプレイするたびに変化するのでどんな形になるのかはわかりませんが、ステージが進むにつれてタップしなければいけない数が増えていきます。終わるときにはあっさりと終るんですが、もう少し頑張れば得点が伸びそうな気がして「もう1回」とプレイしたくなるゲームです。

 

コツはどこで発動させるかをまず見極め、そこから連鎖するように作り上げることです。連鎖するには4段階-4段階-3段階という組み合わせを多く作ります。とりわけ最初のボックスの周りに3段階の光を多く集めれば20ステージくらいまでは続けてプレイしていくことはできるでしょう。

あとはとにかく最初のうちにバッテリーをしっかりとためておくことですね。ステージが進むとタップする回数が多くなっていくし、たとえば10回タップして11回目で発動→全消しなんていうこともしなければいけないので、それができるように連鎖を作り上げるだけの数を稼いでおかないといけません。

実際全部消すことができるかは読み切れないところもありますので、できるだけ「いかに手数を減らすか?」という部分でしっかりと正しい場所で連鎖をさせるようにしましょう。

 

水滴の部分が光にアレンジされていて、タップして弾ける演出がとても綺麗です。光が連鎖して消えていくとき音が徐々に高くなっていくところがいいですね。全体のグラフィックも細かいところまで丁寧だし、非常に完成度が高くまとまっていると思います。

 

またスペシャルルールとして8方向に飛び散る光とか、鏡に当たって方向が90度変わったりとか、オリジナルな要素もちゃんとあります。こちらのスペシャルルールはノーマルな「Splash Back」によりもかなり難しいですね。非常にやりごたえはあると思います。

今後のアップデートでさらにモードが増えそうなので楽しみですね。

 

難点。光の演出はとても綺麗でいいと思いますけど、みんな同じ形と色なのでそれが何段階目なのかを見落としがちになります。特に2段階目、3段階目の部分、1段階目とゼロの部分です。「Splash Back」はそこらへんがうまく出来ていて形でも見分けができるようになっています。

スペシャルルールで、光を止めてしまう壊れた光の球はいらなかったと思います。できれば消しづらく難しくなっていくのよりは、爽快感のほうを伸ばす感じのオリジナルにしてほしかったです。実際にプレイするとスペシャルのほうはごちゃごちゃしすぎて読み切れないしいまいちな感じですから、遊ぶのならLite版のほうだけで十分ではないかと思います。

 

ここは「REGENCY King’s Valley」を作ったところで、これも同じようにおしゃれで上品な感じのゲームですね。こういう方向で次々と出してほしいですね。

まあでもおしゃれなパズルって結構すぐ飽きちゃうんですけどね。

 

連鎖していく光がとても楽しいパズルです。

 

 

     

    REGENCY-Lights100

    完全思考型パズル / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.0
    開発 / Eiwa System Management, Inc.

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.0 以降が必要

     

    REGENCY Lights
    AppStoreへ

     

    REGENCY Lights FREE
    AppStoreへ 無料版

 

 

  • Supermarket Management
  • WoodenPath
  • iMamonoSweeper
  • Gipsy King
  • ワクチンケース

One Response to “REGENCY Lights”

PAGE TOP ↑