1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

ZOOKEEPER DX Touch Edition03

 

■ ZOOKEEPER DX Touch Edition
同じ動物を揃えて消していくマッチ3パズル。全ての種類の動物をノルマの数だけ集めるとレベルアップ。

 

同じ動物を揃えて消していくマッチ3パズルです。動物を上下左右に動かし、タテヨコで3つ以上マッチするとその動物が消えます。マッチしない場合は元の位置に戻ります。マッチして消えた場合、動物は上から補充されます。その際に連鎖をします。連鎖中も他の動物を動かすことが出来るアクティブ連鎖です。各レベルにはそれぞれノルマの数が決まっています。全ての種類の動物をそのノルマ数分マッチして捕まえることが出来ればレベルアップします。制限時間が過ぎてしまうとゲームオーバーです。

 

とうとう本命マッチ3パズル「ズーキーパー」です。世界では本命は「Bejeweld2」でしょうが、日本での本命はズーキーパーでしょう。その「ズーキーパー」がタッチパネルという素晴らしい操作方法を得て登場です。

 

 

ZOOKEEPER DX Touch Edition05 ZOOKEEPER DX Touch Edition08

 

ここは動物園。園長がゴウマンなため怒った動物たちがオリから逃げ出してしまいました。逃げた動物たちを捕まえてチツジョを取り戻さなければいけません。

ZOOKEEPER DX Touch Edition06 ZOOKEEPER DX Touch Edition07

ZOOKEEPER DX Touch Edition10 ZOOKEEPER DX Touch Edition11

 

画面には動物がたくさんいます。この動物は上下左右に動かすことが出来ます。動かしたとき同じ動物がタテヨコで3つ以上マッチするとその動物は消えます。

ZOOKEEPER DX Touch Edition13 ZOOKEEPER DX Touch Edition14

 

タップしてから動かしたい方向に移動します。そうすると同じ動物が3つ揃って消えます。

ZOOKEEPER DX Touch Edition15 ZOOKEEPER DX Touch Edition16

 

3つ以上の動物でも同じよう消えます。たくさんの動物を一緒に消すと得点が高いです。

ZOOKEEPER DX Touch Edition44 ZOOKEEPER DX Touch Edition45

 

こんな風にL字型で消すことも出来ます。下に表示されている「LUCKY」の動物を消すとさらに得点が上がります。

ZOOKEEPER DX Touch Edition46 ZOOKEEPER DX Touch Edition47

 

5匹を1度に消すことも出来ます。

ZOOKEEPER DX Touch Edition48 ZOOKEEPER DX Touch Edition49

 

動物を消すと上から補充されその際に連鎖をします。連鎖中も他の動物を動かすことが出来るアクティブ連鎖です。連鎖を続けていくと獲得できる得点が大幅に上がります。

ZOOKEEPER DX Touch Edition53 ZOOKEEPER DX Touch Edition42

 

各レベルではノルマ数が決まっています。ノルマの数は右上に表示されています。

例えばここで左下のキリンを消してみましょう。すると上に表示されているキリンが消えました。このレベルではノルマが3です。いまキリンを3匹捕まえたのでノルマをクリアしたことになります。最後に残ったのはカバさんですね。

ZOOKEEPER DX Touch Edition19 ZOOKEEPER DX Touch Edition20

 

見事カバさんを消して全ての種類の動物のノルマをクリアしました。ノルマをクリアするとレベルアップします。

ZOOKEEPER DX Touch Edition21 ZOOKEEPER DX Touch Edition22

 

たまにスペシャルパネルが出てくることがあります。このスペシャルパネルをタップすると、ランダムで選ばれた1種類の動物を全て消してくれます。

ZOOKEEPER DX Touch Edition25 ZOOKEEPER DX Touch Edition26

 

左下の双眼鏡をタップするとマッチすることが出来る動物の場所を教えてくれます。しかし使用回数には限りがあります。

ZOOKEEPER DX Touch Edition28 ZOOKEEPER DX Touch Edition29

 

レベルが上がっていくと動物の種類やノルマが徐々に増えていきます。

下にあるバーは制限時間です。これが無くなったときノルマを達成してないとゲームオーバーになります。

ZOOKEEPER DX Touch Edition31 ZOOKEEPER DX Touch Edition32

 

終わると園長のありがたいお言葉がいただけます。

ZOOKEEPER DX Touch Edition33 ZOOKEEPER DX Touch Edition54

 

モードはレベルクリアの「ノーマルモード」と、エンドレスの「とことんモード」があります。

ZOOKEEPER DX Touch Edition34 ZOOKEEPER DX Touch Edition35

 

「とことん」はノルマが100匹です。ゲームオーバーになるまで捕まえまくります。

ZOOKEEPER DX Touch Edition36 ZOOKEEPER DX Touch Edition38

 

ズーキーパーはとにかく素早く消していけば得点はあがります。しかしレベルが上がるにつれてノルマ数も増えるし、制限時間が減るスピードも速くなります。そんななかで得点を高くするには連鎖を狙う必要があります。

そのときちょっと頭に入れておくといいのは動物を消したときの特性です。

例えば左下のカバさんをタテで消したとします。すると補充される動物はタテで1列が3段ズレて落ちてきます。

ZOOKEEPER DX Touch Edition55 ZOOKEEPER DX Touch Edition57

 

ではこちらの右下のカバさんをヨコで3つ揃えて消したとします。すると補充されるのは3列が1段ズレて落ちてきます。プレイしてみればこれはわかりますよね。

ZOOKEEPER DX Touch Edition59 ZOOKEEPER DX Touch Edition61

 

これを考えるのはこういう風に連鎖で消すことが出来るような状態の時です。このライオンとキリンはどちらも動かせばマッチする状態になっています。

ZOOKEEPER DX Touch Edition64 ZOOKEEPER DX Touch Edition65

 

下のキリンを上に動かして消してみました。

ZOOKEEPER DX Touch Edition66 ZOOKEEPER DX Touch Edition70

 

このとき注目するのは上の部分です。

キリンをヨコで消しても上に並んでいる動物の配置は変わらずに1段落ちてきています。横で消したときは上の配置が変わらないで落ちてくるので、キリンが消えている最中に即座にライオンとキリンと続けて動かしていくことで連鎖になります。

そしてこれはライオンからでもキリンからでもどちらでも良いです。

ZOOKEEPER DX Touch Edition67 ZOOKEEPER DX Touch Edition69

 

今度はこういう状態です。キリンとサルがタテでマッチして連鎖できそうな場合です。ここでキリンを横に動かして消してみます。

ZOOKEEPER DX Touch Edition73 ZOOKEEPER DX Touch Edition74

 

するとサルの位置が離れて連鎖できなくなってしまいました。しかしこの場合はサルの方から消していればちゃんと連鎖させることが出来ます。

このように動物の配置と、タテでマッチするのか、ヨコでマッチするのか、動物をタテ移動させるのか、ヨコ移動させるのかで、連鎖が出来たり出来なかったりすることがあります。そのときは消す順番をしっかりと把握していないといけません。

ZOOKEEPER DX Touch Edition76 ZOOKEEPER DX Touch Edition77

 

このような消し方と落ち方を頭に入れてまず全体を見渡します。いきなり「揃った!」と左下のゾウを消したりしちゃダメです。

まず見て、消すことが出来そうなところをしっかりと確認します。それからからどの順番で動かしていくかをきます。

確認したらそうですね、上の方からカエル、サル、キリン、ゾウ、ライオンのような感じで一気に動かします。

決めたら一気に動かします。タテマッチが入れば予想もしないところで消えたりしますので、そのあとは臨機応変で対処します。

ZOOKEEPER DX Touch Edition79 ZOOKEEPER DX Touch Edition80

 

ズーキーパーは最初から反射だけで探していたのでは連鎖が間に合わないので、このように動かす動物の順番の確認をしてからマッチした方が得点は伸びると思います。

ZOOKEEPER DX Touch Edition87 ZOOKEEPER DX Touch Edition89

 

逃げた動物をたくさん捕まえて集め、高得点を目指していきましょう!

ZOOKEEPER DX Touch Edition83 ZOOKEEPER DX Touch Edition30

ZOOKEEPER DX Touch Edition37 ZOOKEEPER DX Touch Edition84

ZOOKEEPER DX Touch Edition43 ZOOKEEPER DX Touch Edition04

 

 

同じ動物を揃えて消していくマッチ3パズルです。動物を上下左右に動かし、タテヨコで3つ以上マッチするとその動物が消えます。マッチしない場合は元の位置に戻ります。マッチして消えた場合、動物は上から補充されます。その際に連鎖をします。連鎖中も他の動物を動かすことが出来るアクティブ連鎖です。全ての種類の動物をそのノルマだけマッチして捕まえることが出来ればレベルアップします。制限時間が過ぎてしまうとゲームオーバーです。

 

マッチ3パズルの大本命「ズーキーパー」ですね。PC版だけではなくDSや携帯などでも発売されています。説明することもないくらい有名なアクションパズルです。そのズーキーパーがもっとも相性が良いであろうタッチパネルでの操作を得てついに登場しました。

 

ズーキーパーはもともと「Bejeweled」というパズルのフォロアーなのですが、そのBejeweledの宝石を動物に変え、逃げた動物を捕まえていくテーマをつけて爆発的に人気が出ました。可愛い方がやっぱり受けるんでしょうか。単純なルールでわかりやすくハマりやすい。このズーキーパーでマッチ3パズルというものに触れた人も多いでしょう。

最初はBejeweledと同様の普通のマッチ3パズルでしたが、ある時「ズーキーパーアクティブ」という「アクティブ連鎖」をくっつけてアクション性が高くなりました。「アクティブ連鎖」というのは動物が揃って消えている間に他の動物を動かしてマッチさせるいう連鎖方法です。Bejeweledではマッチしたあとは宝石が消え終わるまで見ているだけだったのが、アクティブ連鎖でその間も動物を動かせるようになりました。これによって探していくパズルから攻撃的に消していくパズルになり、スピード感も出てハマり度が一気に上がり中毒者が続出しました。

 

しかし、アクション性が高くなったことで犠牲になったのが操作性です。PCでプレイするにはマウスを使わねばならず、あまりにも速すぎる動きではマウスの操作と腕が追いつかないのです。

その後しばらくして出たのがNintendo DSのズーキーパーです。DSはご存じの通りタッチペンでプレイします。タッチペンで遊ぶズーキーパーで非常に快適でアクティブ連鎖もかなり楽に作ることが出来ました。直接動物を操作できるというタッチパネルはズーキーパーとの相性が抜群だったのです。

 

そしてこの「ZOOKEEPER DX Touch Edition」です。タッチペンは指になりさらに操作性は向上しました。まさに動物を指でいじっている感覚。ある意味アクティブパズルズーキーパーの完成形と言ってもいいでしょう。

 

思った通りタッチパネルのでの操作は非常に快適です。狙った動物がすぐに動かせるのでストレスは全くありません。やっぱりこれですよね!欲しかったのはこのスピード感です。

グラフィックはDS版のズーキーパーに似ていますね。DSよりも動物が大きくなってとても見やすく、大きいので指でつかむのも簡単、マッチもしやすくなりました。アクティブ連鎖を思う存分楽しむことが出来ます。スピードが出ますので連鎖もしやすく点も伸びやすいですね。

 

BGMもあのほんのりとした懐かしの曲、そしてキツめの園長のお言葉。やっぱりこれらが無いとダメですよね。

 

得点を上げるコツとしては上に書いたとおりです。ズーキーパーの場合、単純に消していくだけでは得点があまり伸びません。どうしても連鎖を狙っていく必要があります。連鎖を続けると1つの動物が1000点とか2000点で消えていきますので、そこで一気に得点を稼ぎます。

タテ消しは偶然性が高く意外な連鎖を呼び、ヨコ消しは計算の出来る連鎖になります。計算の出来る連鎖は確実に繋げるようにし、その途中で偶然に繋がる連鎖を組み合わせて連鎖数をなるべく伸ばすようにします。

 

視認で反射的に連鎖を繋げていくのはかなり難しいです。ですからどの順番で消していくかをあらかじめ決めておいた方がいいのです。そのためにはちゃんと盤面を把握することが大切です。制限時間がスゴい勢いで減っていくと焦るでしょうが、しっかりと見て確認してどの順番で動かすか決め、それから一気に連続して動かします。連鎖すればかなり時間も回復しますから大丈夫です。消すときは最低でも連鎖、そのぐらいの気持ちでプレイすると得点も伸びていくでしょう。

スペシャルパネルと双眼鏡の使いどころは、連鎖の最後にでも繋げるといいんじゃないかと思います。

 

あとは根気、そしてぶるぶると動物が震えだしても慌てない冷静さですね。

 

モードはレベルクリアのノーマルモードと、エンドレスのトコトンモードです。GameCenterに対応しているので世界中の人と得点を競うことが出来ます。モードは今後のアップデートでさらに追加されるようです。

 

簡単なルール、わかりやすく可愛い動物、中毒性の高いパズル。タッチパネルで完璧になったマッチ3パズルのズーキーパーです。

 

難点。ちょっとマッチした動物が消えるのが早い感じですね。連鎖を繋げるのが忙しいです。タッチパネルなので消えるのを早めにしたんでしょうか。

4つ以上マッチしたときに出てくるアイテムがありません。モードも2つしかなく少ないです。タイムアタックとかクエストとかいろいろと欲しかったですね。さすがに得点を競うだけでは・・・。

確かに完璧になったズーキーパーですが、これだけだと以前プレイした人が懐かしくて遊ぶ、だけで終わってしまうと思います。ひそかに盛り上がっている「対戦ズーキーパー」、あれが最初から入っていれば懐かしくて遊んだ人も新たなズーキーパーに触れることが出来たはずなのに、対戦ズーキーパーが入っていないのは非常に残念です。

どうせ出すならアップデートで追加するなんてことはしないで、全てにおいて完璧な状態で出して欲しかったです。

 

思い返せば、この「ズーキーパー」こそが始まりでした。「MiZoo」のレビューにも書きましたが、かつてまだAppStoreが無かったとき、勝手アプリとして「iZoo」というのがありました。これが見事なズーキーパーのパクリアプリだったのですが、これに親が猛烈にドハマりしまして、ディズニーとかサーティワンとか色んなスキンを作ったりして楽しんでいました。

 

AppStoreが始まってからもずっとハマっていたのですが、しばらくしてふと思ったことは、

「ズーキーパーみたいなパズルは他にないのだろうか・・・」

これでした。

 

それからAppStoreのランキングを眺めてみたり、似たようなパズルの「カスタマーはこんな商品も購入しています」からたどって探したりしてみましたが全く見つからず。AppStoreはカテゴリには分かれていますけど、似たようなアプリを探すことは極めて難しいんですね。

 

「だったら作ってしまえ」と始めたのがこれです。ここは「ズーキーパーのようなパズルを探すため」に作ったサイトです。

カテゴリも細々と分けているのも操作の仕方とかにしています。「ズーキーパーみたいなゲーム」「ぷよぷよみたいなゲーム」「パネルでポンみたいなゲーム」。そういうのがすぐに見つけられるようにしました。「あんなゲームを」と思ったときにいろんなのが探せることが出来ればと思ったんです。

「bejeweled2 ズーキーパー系」が突出して多いのはそういう理由からです。

 

そしてやっと終着点です。

 

タッチして動かせる、とても可愛くて楽しくて面白いマッチ3パズルです。おすすめ。

 

 

     

    ZOOKEEPER-DX-Touch-Edition100 

    マッチ3パズル / 位置替え系 / bejeweled2 ズーキーパー系 / おすすめ
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.0
    開発 / KITERETSU INC.

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 4.2 以降が必要

     

    ZOOKEEPER DX Touch Edition
    AppStoreへ

     

 

  • 対戦ズーキーパー
  • MiZoo
  • ボンバーマン・チェインズ
  • キノピアン
  • Piyo Blocks 2

2 Responses to “ZOOKEEPER DX Touch Edition”

  1. k-1 より:

    ども、はじめまして。
    アプリダウンロードの参考にさせてもらってます。

    3マッチ系だとdungeon raidがなかなか面白いので
    ぜひレビューしてもらえないでしょうか
    個人的にはZOO KEEPERを超えていると思うのですが

  2. Puzzle-App より:

    >k-1 さま
    はじめまして!いつもお越しいただいているようでありがとうございます!

    >Dungeon Raid
    Dungeon Raidは発売されて1カ月ほど全く見向きもされなかったんですが、いきなり人気出ましたねー。それ以後メジャーになったっぽいので取り立ててレビューする必要もないかな、と放っておいたのですが。
    また時間があったときに書いてみようかと思います。

PAGE TOP ↑