1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Bird Snatch01

 

■ Bird Snatch!
順番に鳥を取っていて得点を競う対戦思考ゲーム。最後に1番得点が高かったプレイヤーの勝ち。

 

順番に鳥を取っていって得点を競う対戦思考ゲームです。鳥を順番に取っていきます。内容はそのまま「コロレット/Coloretto」ですね。以前にもあった「Life Stones」も同じコロレットのフォロアーです。

やることは単純で非常に悩ましいゲームです。

Bird Snatch48 

 

 

Bird Snatch02 Bird Snatch04

 

まず最初にプレイする人数を決めて名前を入力します。

Bird Snatch05 Bird Snatch06

 

ゲームの内容は非常に簡単です。自分の番が来たら、

 

・鳥を1羽、巣に乗せる

・枝の鳥を取る

 

のどちらかをプレイします。

 

まず自分の番が来たら右下にある巣箱をタップします。するとそこに鳥が現れます。

Bird Snatch09 Bird Snatch10

 

それから鳥を好きな場所の巣にドラッグします。これで自分の番が終わり、次のプレイヤーの番になります。

Bird Snatch11 Bird Snatch12

 

次のプレイヤーも「巣に鳥を乗せる」か、または「枝の鳥を取る」のどちらかをプレイして終了します。

Bird Snatch13 Bird Snatch14

 

上のプレイヤー3は「枝の鳥を取る」をプレイしました。枝の鳥を取る場合は3つの巣にいる鳥を全て取ることになります。そして「枝の鳥を取る」をプレイしたら、全員が「枝の鳥を取る」をプレイするまで順番を抜けます。

Bird Snatch15 Bird Snatch16

 

プレイヤー3は抜けましたから、あとはプレイヤー2と2人で交互にプレイします。黄色い鳥が出てきましたね。どこに置いてもいいのですが、とりあえず下の巣に置きましょう。

Bird Snatch17 Bird Snatch18

 

そうしたらプレイヤー2が下の枝の鳥を取りました。残りは自分だけです。

巣をタップしたら「Wild」と書かれた卵が出てきました。これはどんな鳥としてでもカウントできます。

Bird Snatch19 Bird Snatch20

 

あとは自分だけですから鳥をいっぱいまで乗せてみましょう。枝に乗っている鳥は3羽でも1羽でも取ることが出来ます。

Bird Snatch21 Bird Snatch22

 

3羽乗りました。紫の鳥が2羽と「Wildタマゴ」が1個です。すべての枝を取り終わると、また全員が参加して同じことを繰り返します。次に始めるときは最後の枝を取ったプレイヤーが1番最初になります。

Bird Snatch23 Bird Snatch24

 

自分の番で枝を取り鳥を獲得すると、表示されているタマゴの数字が上がります。これはそれぞれ獲得した色の鳥の数になっています。プレイヤー2は黄色い鳥が2羽、プレイヤー3は黄色い鳥が1羽とピンクの鳥が1羽、自分は紫の鳥が3羽と「Wildタマゴ」が1つです。

下の「My Score」をタップすると現在の自分の得点を見ることができます。

得点は各色の鳥の数で決まります。1羽だったら1点。2羽だったら3点。3羽だったら6点。4羽だったら10点。5羽だったら15点。6羽以上は21点です。

1種類をたくさん集めたほうが得点は高くなります。

自分は今、紫の鳥を3羽獲得しました。ですから6点です。そこに「Wildタマゴ」をプラスして4羽獲得したことになり、現在は10点ということになります。

プレイヤー2は黄色が2羽ですから3点です。プレイヤー3はピンクの鳥が1羽で1点、黄色が1羽で1点、合計2点になります。

Bird Snatch25 Bird Snatch26

 

このゲームのポイントは自分の番では「鳥の乗せる」か「鳥の枝を取る」のどちらかしかできないというところです。

たとえばプレイヤー2が黄色の鳥を集めていて、自分がとりやすいように、こんな風に真ん中の枝に黄色の鳥を乗せたとしましょう。

Bird Snatch27 Bird Snatch28

 

しかし次にプレイするのはプレイヤー3ですからあっさりとその枝をとられてしまうことになります。他のプレイヤーがお得な枝を作ってしまうと、ただただ点を渡すことになります。

Bird Snatch29 Bird Snatch30

 

この「+2」はそのまま2点を獲得します。鳥の数などは関係ありません。

Bird Snatch31 Bird Snatch32

 

さて得点は集めた鳥の数で決まることは書きましたが、もうひとつルールがあります。

実は集めた鳥の得点は3種類までがプラスの点となり、4種類以上の鳥はマイナスの点になります。

たとえば今は4種類の鳥を獲得しました。白は「Wildタマゴ」で黒は「+2タマゴ」です。

水色が3羽で紫が2羽、緑が1羽です。すると水色は6点、紫が3点、緑が1点で計10点です。そこに「Wildタマゴ」を水色に加えて水色の鳥を5羽にして15点。15+3+1で19点です。

 

しかしここでもう1種類、オレンジの鳥が1羽います。これはマイナスになります。4種類以上の鳥はマイナス点です。1羽ですから1点マイナス、で合計は18点。「+2タマゴ」を加えて現在の得点は20点ということになります。

Bird Snatch34 Bird Snatch35

 

4種類以上の鳥はマイナスになるので、理想をいえば3種類だけたくさんとっていくのがベストです。まんべんなく取っていくとマイナスが増えてしまいます。

逆に他のプレイヤーには余計な鳥を取らせるような置き方をしていきます。

Bird Snatch36 Bird Snatch37

 

下の巣に「Last Round」の札が出たら、そのラウンドをプレイして終了です。終了時に最も得点が高かったプレイヤーが勝ちになります。

プレイヤー2はあれだけたくさん取っていますが、種類がたくさんあってマイナス点が多くて実際はたった6点になります。

Bird Snatch39 Bird Snatch40

 

プレイする人数を1にすると対CPUで対戦できます。

Bird Snatch41 Bird Snatch43

 

2~4名にすると本体を持ち替えてのプレイができます。

Bird Snatch45 Bird Snatch46

 

うまく狙った鳥だけを取ることができるように、また余計な色の鳥は取らないようにしながら、相手よりたくさん点を取って勝利しましょう!

Bird Snatch47 Bird Snatch03

 

 

順番に鳥を取っていって得点を競う対戦思考ゲームです。鳥を順番に取って乗せていきます。「コロレット/Coloretto」のフォロワーになります。

 

Zooloretto」も同じカードゲームのコロレットをもとにしたゲームです。動物をトラックに乗せていって取るところなんか一緒ですよね。このゲームも自分の番では「鳥を乗せる」か「乗っている鳥を取る」のどちらかしかできません。自分の番でやるべきことが明確です。

 

まずポイントとなるところは、自分が欲しい鳥を乗せたときは取ることができず、取れるのは1巡した次の番ということです。自分の番でやれるのは「乗せる」か「取る」ですからね。乗せたら取れません。その間に他のプレイヤーに取られてしまったらどうしようもありません。ここがとても悩むところです。

 

もうひとつは鳥は4種類以上からはマイナスの得点になるという点です。鳥は3種類まではプラスの得点ですが、それ以上の種類はマイナスになっていきます。ですからまんべんなく鳥を取ってしまうようなやり方はダメです。理想は3種類のみをたくさん取っていくことなんですが、もちろんそんなにうまくはいきません。他のプレイヤーはこちらの邪魔をするように、自分が欲しい鳥と欲しくない鳥を同じ枝に乗せてきます。相手の集めた鳥の数もみんな見えますので、そういう駆け引きができます。

いつ鳥を取るか。欲張れば余計な色の鳥を取ることにもなります。欲しい枝は先に取らないと相手に取られます。しかし早く取りすぎれば、今度は鳥の数が少なすぎて得点が伸びません。

やり方としては人が集めていない色の鳥を集めるのがいいでしょうね。やっぱり要らない色の鳥は自分の枝には乗せたくないですからね。そうするとたくさん集めやすくなります。

 

でもこのゲーム、結構終わるのが早いんですよね。3人プレイだと、4ターンか5ターンくらいでゲーム終了になります。すると2ターンか3ターンあたりでどれを集めるか決めないとちょっと間に合いません。ただそれの色の流れを見極めるのは難しいです。この辺のどの色を集めようかと考えている混沌とした感じのところが1番面白いです。

 

グラフィックや操作性はあまりよくありません。ホントにただ遊べるだけという感じですね。でも得点表は見やすいと思いました。

 

ゲームはは2-4人の本体を持ち替えての対戦と、Bluetoothでの対戦があります。CPUとの対戦は1対1の2人プレイのみです。

ゲームは最初に1つずつタマゴが配られた状態で始まります。これが一応自分が集める色を決める目安にはなります。自分でプラスになる色を選ぶことはできませんが、Wildカードのタマゴもありますので、コロレットの雰囲気を味わう程度になら楽しめるかと思います。

 

難点。いちいち出てくるダイアログが非常にうっとうしいです。もともとのコロレットもアッサリとしたゲームですから、いくらでも真似はできるでしょうが、もうちょっと丁寧に作って欲しいです。難易度設定もないし、CPU対戦も2人用のみ。2人用は1つ枝を減らしただけという手の抜きようです。

これなら同じ値段の「Life Stones」や115円に値下げ中の「Zooloretto」を買ったほうがいいんじゃないかと思います。Bluetoothで対戦できるのはいいですけど、実際のコロレットもAmazonや楽天で1500円で買えますし、みんなで遊ぶのならそっちのほうがいいんじゃないかとと思います。

 

ネットでも「コロレット」はミヒャエル・シャハトのサイトでオンライン版(PCサイト)を遊ぶことが出来ます。ネット対戦ありの質の高いのをどこか出してくれないでしょうか。

 

鳥を集めて得点を競うゲームです。

 

 

     

    Bird-Snatch100 

    対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / The FellowSeed Company

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.1.2 以降が必要

     

    Bird Snatch!
    AppStoreへ

     

  • Life Stones
  • Doodle God
  • QUICK / COLLECT
  • うにょ! Revenge
  • Arcane Stones

Comments are closed.

PAGE TOP ↑