1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

22 Apples01

 

■ 22 Apples
交互にリンゴのタイルを取っていくボードゲーム。11個ずつ取ると勝ち。

 

交互にリンゴのタイルを取っていくボードゲームです。農夫のおじさんを動かしてリンゴのタイルを交互に取り合っていきます。リンゴのタイルの取るとその場所におじさんは移動します。リンゴのタイルは農夫のおじさんの縦列か横列の場所からしか取ることは出来ません。赤いリンゴと青いリンゴをそれぞれ取っていき、両方のリンゴを11個ずつ先に取った方が勝ちです。また取るとどちらのリンゴも11個を越えてしまう場合は負けになります。

 

相手のリンゴの数を計算して先を読みながらリンゴタイルを取っていく簡単なゲームです。

 

そんな「22 Apples/ 22 pommes / 22個のリンゴ」のiPhone/iPod touch版です。

22 Apples47

22 Apples48

 

 

このゲームはリンゴを集めていくゲームです。

上下に自分と相手のタルが置いてあります。場には赤いリンゴと青いリンゴか書かれたタイルが24枚置いてあります。1枚は農夫のおじさんです。リンゴは5個と3個と2個と1個があります。

22 Apples03 22 Apples04

 

このリンゴのタイルを交互に1枚ずつ取っていきます。自分の番がきたら農夫のおじさんの縦列か横列にあるリンゴのどれか1枚を取ります。縦列、横列以外のリンゴのタイルは取ることが出来ません。

22 Apples05 22 Apples07

 

リンゴのタイルを取るときは自分のリンゴのタルにドラッグして入れます。青いリンゴは青いタルへ、赤いリンゴは赤いタルへ入れます。タルに入れるとタルの中の数字がリンゴの数だけ加算されていきます。

22 Apples09 22 Apples11

 

リンゴのタイルを取るとその場所に農夫のおじさんは移動します。移動したら自分の番は終わりです。相手の手番に移り、相手は移動した農夫のおじさんの縦列か横列からリンゴを1枚取るというわけです。あとはこれを繰り返します。

22 Apples14 22 Apples15

 

タルの中のリンゴはタイルを取ると加算されていきますが、11個を越えてしまうリンゴのタイルを取ることは出来ません。

例えば今上の「Player 1」の番ですが、タルには8個ずつリンゴが入っています。右の画像のおじさんの縦列横列には赤い5個のリンゴや青い5個のリンゴがありますが、5個を取るとリンゴのタルの数は13個になり11個を越えてしまいます。つまり取ることは出来ません。

ですからここで取れるのは青い1個のリンゴか、赤い3個のリンゴのみになります。

22 Apples16 22 Apples17

 

「Player 2」の番になりました。「Player 2」もリンゴは11個と8個入っています。青いリンゴはすでに11個ですからもう取ることは出来ません。つまりこの場面でとることができるのは赤い2個のリンゴだけということになります。

次の「Player 1」は上の青い3個のリンゴを取ります。

22 Apples18 22 Apples19

 

こうやって取り合っていき、両方のリンゴのタルが11個ピッタリになると勝利です。またさきほどのように、農夫のおじさんが青と赤のリンゴを取ったらどちらも11個を越えてしまうような位置になってしまったプレイヤーは負けになります。

22 Apples20 22 Apples21

 

ここでおじさんの縦列か横列からリンゴのタイルを取ってみましょう。とりあえず右にある5個の赤いリンゴを取ってみます。リンゴは青が3個、赤が5個になりました。

22 Apples23 22 Apples24

 

相手は上の3個の赤いリンゴを取りました。ここで5個の赤いリンゴを取ってもいいのですけど、そうする赤のリンゴは10個になって、あとは1個の赤いリンゴしか取ることが出来なくなります。手が狭くなるので1個の青いリンゴを取ってみます。

22 Apples25 22 Apples26

 

相手は右の5個の赤いリンゴを取りました。合計11個です。もう赤いリンゴは取れませんね。ここで1番右下の5個の赤いリンゴを取ってみます。

そうすれば相手は次の番で横列の赤いリンゴは取れません。縦列の1個の青いリンゴか、5個の青いリンゴのどちらかしか取ることが出来なくなります。

22 Apples27 22 Apples28

 

相手は5個の青いリンゴを取りました。ここで上の1個の青いリンゴを取ってしまうと、次の相手の番で3個の青いリンゴを取られて負けになります。1個の赤いリンゴも次の次くらいの番で負けそうな感じです。

ここは5個の青いリンゴを取ってみます。相手は2個の青いリンゴしか取ることは出来ません。

22 Apples29 22 Apples30

 

次は上の1個の赤いリンゴか、右の1個の赤いリンゴか、2個の青いリンゴです。上の赤いリンゴを取れば次で青いリンゴを1個取られて負けです。1個の赤いリンゴも同様です。

しかし2個の青いリンゴを取ると、次は相手はどのリンゴを取っても11個を越えてしまうのでこちらの勝ちです。

22 Apples31 22 Apples32

 

これでゲームオーバー。勝利です。こんな風にリンゴを取りながら11個を越えないように、そして11個になるように集めていきます。

22 Apples33

 

強さは3段階あります。タップしてリンゴがかじってあれば選択状態です。追加ルールとして「Orchard Dog」「Elongated Orchard」「Mystery Harvest」の3つがあります。

22 Apples34 22 Apples35

 

「Orchard Dog」は自分の番でリンゴを取り農夫のおじさんが動いたあと、犬のタイルを好きな場所に重ねることが出来ます。この犬のタイルが重なっている場所のリンゴは取ることが出来なくなります。

22 Apples36 22 Apples37

 

例えば下が相手、上が自分です。下の3個の青いリンゴを取りました。

22 Apples38 22 Apples39

 

そうしたら犬のタイルを動かして、5個の赤いリンゴを隠してしまいます。そうすると相手は青のリンゴばかり取ることになるので困ってしまうというわけです。

22 Apples40 22 Apples41

 

「Elongated Orchard」は縦8枚、横3枚の列になります。縦長になるので結構難しいです。

22 Apples44 22 Apples45

 

「Mystery Harvest」はタイルの種類がランダムになります。

取るリンゴの位置をよく考えて、相手より先に11個ずつのリンゴを集めていきましょう!

22 Apples46 22 Apples02

 

 

交互にリンゴのタイルを取っていくボードゲームです。リンゴタイルを取り合っていき、11個にしたら勝ちという単純なゲームです。

 

ボードゲームの「22 pommes / 22個のリンゴ」のiPhone/iPod touch版ですね。

ルールはとても簡単で、互いにリンゴのタイルを1枚ずつ取っていくだけです。ただしリンゴの取り方にちょっとだけルールがあって、「取れるリンゴは農夫のおじさんの縦列横列からだけ」ということと、「取ったリンゴはリンゴと同じ色のタルに入れていき、11個を越えるリンゴは取れない」ということです。

あとは2つのタルが11個ピッタリになれば勝ち。どのリンゴも取れなくなったら負け(取れないようにしたら勝ち)という単純なゲームです。

 

農夫のおじさんは取ったリンゴのタイルの位置に移動するので、取る列は毎回変わります。取るリンゴタイルを考えると、次に相手が取るであろうリンゴタイルもわかるいうところがいいんですよね。2手3手先が一目瞭然でわかるというのが単純で悩ましくて面白いです。

しかも後半になると「11個を越えるリンゴは取れない」というルールによって自分も相手も、取れるタイルが無くなって手がどんどんと狭まっていきます。それをかいくぐるようにタイルを集めていく取っていく感じ、また相手を陥れるように取っていく感じが非常に面白く、終盤のラスト6手くらいが非常に熱いです。

簡単なゲームですからプレイもすぐに終わります。すごく負けたという感じはしません。この辺のあまり後腐れのない感じもいいですね。

 

リンゴのタイルは赤いリンゴ、青いリンゴとも5個が4枚、3個が3枚、2個が2枚、1個が3枚の12枚、計24枚になっています(「Mystery Harvest」ヴァリアントルールではこれが変わります)。

プレイのコツとしては、まずは少ない3個、2個あたりから取っていくのがいいのではないかと思います。5個のリンゴタイルを残していけば、終盤相手を追い込むのにも利用できますし、タルのリンゴを6個にしておけば5個を取ったら一気に終了も出来ます。でもタルが7個、8個になってしまったときは要注意です。11個にするにはタイルは少ないし、相手に取りたいリンゴタイルを取られてしまうと11個にならない場合も出てきます。自分のタルの個数、相手のタルの個数をしっかりと確認しながらリンゴを集めましょう。

 

ヴァリアントルールの「Orchard Dog」が面白いですね。相手の欲しいタイルをロックしてしまうわけです。これにより先を読んだ駆け引きが起きます。また犬で隠すこと=その場所のリンゴタイルを取れない=農夫のおじさんがその列に移動できないということなので、相手の行動制限も出来ます。なかなか面白いルールです。

 

グラフィックは非常にシンプルです。BGMは小鳥のさえずりが聞こえているだけです。操作はタイルを動かすだけですから問題はありませんが、ちょっともっさりという感じですね。

元々のゲームも10cm位の箱にコロンと入っているだけなので、このくらいシンプルな感じでもいいかもしれません。

 

難点。ゲーム自体はとてもシンプルなので、そんなにやり込めるというものではありません。ボリューム不足な感じも否めません。プレイも○×ゲームよりもちょっと難しい程度ですから5分くらいでサッと終わります。CPUは難易度を最高にするとずいぶんと長考します。考えた割には結構弱いというダメダメさです。

アップデートでオンライン対戦も予定されているみたいですが今はまだありません。予定で書くくらいなら、オンライン対戦をつけてから出せばいいのにといつも思いますね。

 

相手のリンゴの取り方を予想しながらプレイしていくゲームです。

 

 

     

    22-Apples100 

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0
    開発 / Clément SAMSON

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.0 以降が必要

     

    22 Apples
    AppStoreへ

     

 

  • Bad Apples: Battle Harvest
  • Bad Apples
  • Rivals for Catan
  • Mystery Mania
  • Tribal Dice by Ben Stanley

Comments are closed.

PAGE TOP ↑