1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Shed01

 

■ Sh’ed
互いにカードを出していくカードゲーム。手札を全て無くしたプレイヤーが勝ち。

 

互いにカードを出していくカードゲームです。プレイヤーは配られたカードを順番に出していき、自分の手札を全て出し切ったら勝ち抜けです。元々のゲームは「Shit Head」というトランプの一種で、海外では結構ポピュラーなゲームです。ルールはとても簡単で大富豪とよく似ています。そんなに戦略めいたものもなく、気軽にちょっと遊ぶにはもってこいのゲームです。

専用のカードゲームも出ていたりします。

 

Shed87 

 

 

このゲームはトランプゲームの一種で、こういうのはゴーアウト系とかストップ系とかいいます。要するに手札を無くした人が抜けていくゲームです。代表的なのは「ババ抜き」とか「7並べ」とか、「ダウト」や「スピード」なんかもそうですね。先に手札を無くした人が勝ちです。広くいえば「大富豪」なんかもこれに入ります。

 

その中でもこの「Shit Head」は「ビーティングゲーム」という種類になります。

同じように手札を無くした人が勝ちなんですがカードを出しかたにちょっと特徴があって、ビーティングゲームの場合は「前のプレイヤーが出したカードより強いカードを出す、もし出せなかった場合は場にあるカードを全て引き取る」という手順になります。強いカードを出すところは大富豪と一緒ですが、違うところはパスではなくカードを引き取るところです。

以前レビューしたDurakもこのビーティングゲームに入ります。

 

ポイントはこの点だけですので、あとの遊び方は非常に簡単です。

Shed03 Shed05

 

まず最初にカードが3枚配られます。これはテーブルの上に伏せて置かれます。それからまた3枚配られます。これは全てオープンになって伏せたカードの上に重ねられます。

それから手札となる3枚が配られます。計9枚のカードが自分の前にあります。d

カードが配られたら手札の3枚とオープンになっている3枚を好きなように入れ替えることが出来ます。とりあえずここは「最初にオープンの札と手札を好きなように入れ替えることが出来る」とだけ覚えておいてください。

Shed04 Shed06

 

入れ替えたら「Start」をタップしてゲームが始まります。最初はオープンになっているカードに3があるプレイヤー、または手札に3があるプレイヤーからスタートします。

下にあるのが「自分の手札」、上と左右は「相手の札」です。真ん中が「捨て札」で右上が「山札」です。「自分の手札」には「テーブル札」というのがあってこれは最初は使用しません。

Shed10 Shed09

 

自分の番がきたら手札の上に並んでいる3枚のうちからカードをドラッグして出します。カードを出すには捨て札にあるカードよりも強いカードか同じカードを出さなければいけません。

カードの強さは「2-3-4-5-6-7-8-9-10-J-Q-K-A-2」の順番です。「2」は最強であり最弱のカードとなっています。このゲームではマークは一切関係ありません。

とりあえず、捨て札が3なので自分の手札から5をドラッグして出します。出したら「Done」をタップして決定します。

Shed11 Shed13

 

決定すると順番は隣のプレイヤーに移動します。同じようにカード出していきます。カードを出したら手札が常に3枚になるように山札から補充します。

Shed14 Shed15

 

1巡してきてまた自分の番になりました。捨て札のカードは4になっています。数が下がっているのですが、これは特殊なカードを使われたからです。

とりあえずそれはおいといて、ここで捨て札の4に同じ数の4を出します。カードを出すのは捨て札より強いカードか同じ数のカードです。ですから4には4を出すことが出来ます。

Shed16 Shed17

 

また自分の番です。捨て札のカードは6です。ここで「7」を出しましょう。この「7」というのが特殊なカードです。

Shed20 Shed21

 

捨て札に「7」が出た場合、次のプレイヤーは7以下のカードしか出すことが出来なくなります。先ほど数がさがったのは「3→5→7→4→4」と回ってきたんですね。

Shed22 Shed23

 

さて手札の3枚のうちからカードを出していけるときはいいのですが、出せなくなったときはどうなるでしょう?今捨て札はQです。手札は「3-7-8」でどれも出すことは出来ません。

先ほどのビーティングゲームのところで説明したとおり「もし出せなかった場合は場にあるカードを全て引き取る」ですから捨て札にあるQは自分が引き取ることになります。手札は4枚になりました。そして順番は次のプレイヤーに移動します。

Shed24 Shed25

 

捨て札に「2」が出ました。カードの強さは「2-3-4-5-6-7-8-9-10-J-Q-K-A-2」の順になっています。「2」は最強でも最弱でもあります。大富豪なら流れるところですが、このゲームの場合は続きます。「2」の次には弱いカードの「3」を出すことができるわけです。

Shed29 Shed30

 

これを繰り返しプレイしていきますが、場のカードを出していくとやがて右上の山札が無くなります。山札が無くなると手札に補充はされなくなりどんどんと減っていきます。

手札の3枚が無くなったら今度は「テーブル札」の上の表になっている3枚を使います。表になっているうちからどれかを出していきます。

Shed32 Shed33

 

さてこの「10」というのも特殊なカードです。「10」を出すと捨て札にあるカードは全てゲームから取り除かれます。そしてもう1度「10」を出したプレイヤーがカードを出すことが出来ます。

Shed37 Shed38

 

さあ、表になっているカードも無くなりました。今度は裏になっている3枚のカードを使います。これは何のカードかわかりません。自分の番がきたときどれかを選んで出します。何の数かはわかりませんので「運」ですね。

Shed39 Shed40

 

前のプレイヤーが「2」を出してくれました。次は何の数字でも大丈夫ですね。最後のカードを出してあがりです。全てのカードを出したプレイヤーは抜けていきます。

Shed42 Shed43

 

まだ続いていますね。出せなかったら捨て札を引き取りますので、あんなスゴい数になっています。

Shed46 Shed47

 

最後まで残った人が負けです。ルールとしては別に難しいところはありません。

Shed48 Shed49

 

カードを出すときは複数枚を同時に出すことも可能です。例えば捨て札は今「4」です。手札は「6-7-6」です。じゃあ6を出しましょう。

Shed50 Shed51

 

さらにここで「6」を2枚同時に出してもOKです。

Shed52 Shed53

 

次のプレイヤーは複数枚出す必要はありません。6より大きい9を1枚出せばそれでOKです。

「4」を出して次のプレイヤーが「6-6」と2枚出します。次に「9」を1枚出して続けていくことが出来ます。

Shed54 Shed55

 

捨て札は「6」ですが、ここに同じ「6」を2枚出していくのも可能です。注意するところは「捨て札より大きい数字か同じ数字」という部分のみです。

Shed56 Shed57

 

今一騎打ちになって自分の番です。相手のカードは「J-Q-Q」ですね。ここで5を3枚出すと次に「J」を出されてしまいますね。「A」を出せば相手は出せなくなるので捨て札のカードを全て引き取ります。

Shed60 Shed61

 

「7」を出せば「7」は7以下のカードしか出せなくなるのでこれも捨て札のカードを全て取ることになります。こんな風にちょっと出し方を変えるだけで有利になります。

Shed62 Shed63

 

まあそんな小細工したところで結局こういうことになるわけですが・・・。

Shed65 Shed66

 

「10」は捨て札のカードを全てゲームから取り除きますが、同じカードを4枚出しても同様にゲームから取り除かれます。また同じカードが4枚続けて捨てられたときも同様にゲームから取り除かれます。

今、前のプレイヤーが「8」を3枚出しました。ここで「8」を出すと捨て札には「8」が4枚続けて出されたことになります。

Shed74 Shed75

 

すると「10」と同じように全ての捨て札がゲームから取り除かれます。

Shed76

 

ゲームには「QUICK GAME」「GLOBAL CHALLENGE」「MULTIPLAYER GAME」があります。各国で1位を取っていくと次の国に進んでいくことが出来ます。

Shed80 Shed77

 

進んでいくと特殊カードのアンロックが外れていきます。ここでは新たにリバースというのが出ています。8を出すと順番が逆回りになります。そのほかにも順番を飛ばすスキップや、絵札無しなど色んな特殊な札が使えるようになります。

Shed79 Shed02

 

特殊カードはカスタマイズでカードを変えて使用することも出来ます。

Shed70 Shed71

 

うまくカードを使って、他のプレイヤーよりも早く全ての札を出し切りましょう!

Shed82 Shed86

 

 

互いにカードを出していくカードゲームです。相手より強いカードを出していき全て出し切ったら勝ちです。元々のゲームは「Shit Head」というトランプの一種です。ルールが非常に単純なカードゲームです。

 

トランプの一種、「Shit Head」ですね。そのまま「クソヤロウ」とか「クソッタレ」みたいな意味ですね。ルールは大富豪とよく似ていますが、カードを出せなかったときに全て引き取らなければいけないというところが違っています。ヨーロッパなんかでは盛んに行われているようですが、この「Shit Head」も大富豪と一緒でハウスルールが多いです。このゲームの最初ではその基本的な部分で遊べます。

 

プレイ自体は非常に簡単です。自分の番が来たら

「カードを出す」

「出せなければカードを引き取る」

と、これだけです。出し方についてもそんなに戦略的なものも必要ありません。

 

カードの強さは大富豪と一緒ですので戸惑うこともないと思います。違う点は「2」が最強と最弱の両方として扱うというところと、前のプレイヤーが出したカードの枚数に従うことはないという点です。

一応「2」は「リセット」という位置づけになっています。捨て札のカードがいくつであろうと関係なく(最強)、捨てた途端に捨て札の数字は0になる(最弱)ということです。

大富豪なら「2」で流れ、となるところが「2」でリセットされてしまうのでカードは捨て札の場所にどんどんとたまっていきます。ですから出せなくなったときにそれこそ10枚、15枚なんていうのはザラです。もうたくさん引き取ったときは頭を抱えたくなりますね。

 

でも面白いのは、たくさん引き取ってもそこに強いカードがいっぱい入っているので、意外と復活できてしまいます。しかも同じ数字のカードなら1度にたくさん出すことが出来るので、さばくのも結構簡単です。

このカードが貯まっていく緊張感と、逆転逆転が起きるのがこのカードゲームの面白いところです。

 

さらに「テーブル札」というのも特徴ですね。これは最初のときに手札とテーブル札の表になっているカードは好きなように入れ替えることが出来ます。何をテーブル札の表にするかは自由ですが、普通は強いカードを残しておきますね。いつでも出せる「2」や「A」、あとは絵札とか特殊カードとかです。

そして最後の裏になっている3枚です。これはホントに「運」です。開いて出してみてやっとわかるという、なかなか面白い方法です。カードゲームとして運だけというのはどうなのだろうとは思いますが、でもまあこのくらい最後までわからないほうが楽しいかもしれませんね。

 

手札は3枚だけでそこから選びますので、プレイ中にそんなに悩むことはありません。ただただ「出せますように」と祈るのみという感じです。多少考えるところといえば特殊カードの「7」とか「10」とかを何枚ずつ出そうかとか、ここは「A」でいくか「2」でいくかとかそのくらいです。

実際「2」のリセットがあるので、大富豪のように弱いカードだけがたまっていって手も足も出なくなるということはありません。またカードは流れてしまうわけではなく出せなかったプレイヤーが全て引き取りますから、当然そこまでに出した強いカードも出せなかったプレイヤーにいきます。ですから「いいカードがなくてつまらない」ということはありません。まあそこらあたりは誰でも楽しんで遊べるんじゃないかと思います。

 

特殊カードは結構重要です。最初のあたりで出てくるのは全てのカードを除外してしまう「10」と7以下しか出せないようになる「7」です。この「10」がとても大切でして「10」は「2」と同様にいつでも出せるカードです。しかも捨て札を全て除外したあとに、続けてもう1枚出すことが出来るのでジョーカー的な使い方も出来ます。この「2」と「10」、さらに4枚連続の捨て札除外などをうまく使ってカードを出し切るのがコツです。

 

ゲームのモードは「QUICK GAME」と「GLOBAL CHALLENGE」、「MULTIPLAYER GAME」があります。「GLOBAL CHALLENGE」は各都市を回りながら遊ぶのですが、プレイして勝ち抜いていくと特殊カードのアンロックがされていきます。これをクリアするとスキップとかリバースとか色んなカードが使えるようになり、ゲームに楽しいアクセントが入ります。また各都市のスキンもそれぞれ違っているし、みんなグラフィックも綺麗です。

「MULTIPLAYER GAME」は現在未実装です。アップデートでGameCenterでの対戦、ボイスチャットなどが盛り込まれるようです。プッシュ通知が何とかかんとかと書いてあるので、そういう感じにもなるかもしれませんね。

 

難点。 アップデートで多少は良くなりましたが、まだなんか不安定です。もうちょっとテンポよく進めていけるようにして欲しいです。操作する部分は下のカードのみですが、ドラッグするときなど特別問題はありませんでした。

しかし、どうせなら最初からマルチプレイヤーモードは実装しておいて欲しかったですね。元は単純なゲームですのでしっかりとしたストレスのないオンライン対戦を期待します。

 

このカードゲームは普通のトランプでも出来るので、ルールも簡単ですし興味のある人はちょっとやってみてください。

 

気軽に遊べるカードゲームです。

 

 

     

    Shed100 

    カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.1(iOS 4.0 テスト済み)
    開発 / findshorty

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.1 以降が必要

     

    Sh’ed
    AppStoreへ

     

  • Durak
  • Wars of the Roses
  • Rivals for Catan
  • Hacienda HD by Wolfgang Kramer
  • ポケプロ英和和英|ポケット版英語辞書の決定版!

Comments are closed.

PAGE TOP ↑