1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Kamon01

 

■ Kamon
互いにコマを置いていくボードゲーム。平行の辺同士をコマで繋げれば勝ち。

 

互いにコマを置いていくボードゲームです。順番に白と黒のコマを置いていきます。コマを置けるのは、マークか数字が同じ場所です。六角形のマスの平行の辺の部分同士を自分のコマで繋げることが出来れば勝ちになります。

 

ボードゲームに「Kamon」というアブストラクトゲームがあります。シンプルながら、先を読み相手の手を防ぎながら戦う面白いゲームです。

 

そんな「Kamon」のiPhone / iPod touch /iPad版です。

Kamon37

Kamon38

 

 

これがゲーム画面です。中央に並んでいるのが取るコマで、上にあるのが自分の白いコマ、黒いコマです。

まず最初に先手となったほうは、1つしかない蜂の巣のようなコマを取ります。この位置はランダムになります。そして取ったら6角形の辺に接した2つ(赤い部分)のどれかのコマを取ります。ここでは左上にある蓮の花の6を取りましょう。

Kamon11 Kamon12

 

コマを取ったらその場所に自分の色のコマを置きます。取ったコマは上に表示されます。そして手番が終了します。

ルールは非常に簡単です。

次からのプレイヤーはこの取ったコマ(蓮の花の6)と同じマークか、同じ数字のコマしか取ることは出来ません。つまり、ここでいうと蓮の花のマークがついたコマか、数字の6がついたコマしか取ることは出来ません。

黒のプライヤーは蓮の花の5を取りました。取ったコマはまた上に表示されます。今度は蓮の花か5の数字がついたコマしか取ることはできません。これを繰り返していきます。

Kamon13 Kamon14

 

勝利条件は六角形の平行の辺同士を自分のコマで繋ぐと勝ちになります。ここだと黒が左上から右下まで繋がっていますね。

Kamon04 Kamon05

 

例え曲がっていても繋がりさえしていれば勝ちです。

Kamon06 

 

角のところから出ている場合は、向かいの2辺のどちらかに繋がれば勝ちです。

Kamon07 Kamon09

 

またこのように小さい6角形で自分のコマが配置出来たとしたも勝ちになります。これは場所はどこでも構いません。さらにもう1つ、自分のコマが置けなくなっても負けになります。

Kamon08 Kamon10

 

これは葉っぱの6でしょうか。同じ葉っぱのマークか、6の数字のマークのコマを取れます。やっぱり端から進むと2辺に繋げることができますからここを取りました。

Kamon18 Kamon19  

 

白は中央を攻めていくようですね。こちらも真ん中あたりのコマを取ります。

Kamon20 Kamon21

 

あくまで中央のラインを繋げる感じで黒コマを置いていきます。

Kamon22 Kamon23

 

中央を白いコマに分断されてしまいました。非常にマズいです。しかもこれはピンチにもなっています。左右の端を繋げられたら負けてしまいます。慌てて左の鳥の3の場所をおさえに行きます。

Kamon24 Kamon25

 

完全に状況は不利ですね。白いコマは左上に到達しています。しかし白いコマがすぐに右下に繋がることはないですので、左右を何とかつぶしに行きます。

Kamon26 Kamon27

 

実は、潰しにいくフリをしながら下から黒いコマを回り込ませて、逆にこちらが左右を繋げてしまおうという狙いです。うまくすればあと2手くらいで勝てますね。

Kamon29 Kamon30

 

あっ!なんと6角形が出来て負けてしまいました。完全にノーマークでした。

と、こんな風にゲームは進んでいきます。

Kamon31 Kamon33

 

ここでは赤いマークがついていますがこれは消すことが出来ます。レベルは「Expert」「Normal」「Easy」を選ぶことが出来ます。

Kamon36 Kamon34

 

パズルモードや本体を持ちかえてのプレイなどもできます。先を読みながらコマを置き相手に勝利しましょう!

Kamon02 Kamon35

 

 

互いにコマを置いていくボードゲームです。順番に白と黒のコマを置いていって繋げるゲームです。

 

ルールはとても簡単ですが、コマを取ると相手が取れる状態になったりするので非常に悩みます。そして取ろうと思ったコマが、次に相手がリーチをかけられるコマになったりするとき、手がピタッと止まります。

「この位置は取りたい」「しかし取れば次に相手はあのコマを取れるようになってしまう」

ジレンマですね。

 

でもよく考えてみると、なんでジレンマを感じるかといえば、先が読めるからです。「同じマークか同じ数字のコマのどちらかしか置けない」というこのルール。難しそうに見えますが、とても先が読みやすいルールなんです。

「ここを取れば、相手はあそこしか取れないから、そうすればこのマークのコマが取れる」という風に3、4手くらいまで先は簡単に読めます。その3、4手先のぶつかり合いの攻防が楽しめるゲームなんですね。

 

「6角形の平行の辺同士を繋ぐこと」「6角形の形にすること」「コマを取れないようにすること」勝利の条件が3つあるというのも特徴です。

基本的には辺同士を繋ぐタイプで攻めるわけですが、そうすると大体手広くまんべんなく置いていった方がいいわけです。そのほうが相手も防ぎづらいですからね。中央突破だと分断されたらもう手も足も出ません。

しかし分断されたときの手段として「6角形の形にすること」があります。これはコマを集中しておいた方が有利なわけです。この2つの条件がうまく作用して、さっきまでどんどんと攻めていってたはずなのに、いつのまにか守勢に回ってるという、どちらか一方に大きく戦局が傾くことがないような感じになっています。それに盤面も狭いですからしょっちゅう戦況が変わります。

 

コツとしてはやはり、中央、それから6つの角です。手の広さからいってもこの場所はなるべく最初におさえておきたいところです。

最初にコマを取るときも中央、6つの角を取られるようなコマを取ってはいけません。逆にこちらは取れるように読んで相手を誘導しつつ取っていきます。

 

難点。ちょっとCPUが弱いでしょうか。エキスパートでもあっさり勝てますね。

 

読み合いが十分に楽しめるボードゲームです。

 

 

     

    Kamon100 

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.2
    開発 / JACTALEA

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 4.1 以降が必要

     

    Kamon
    AppStoreへ

     

    Kamon HD (iPad)
    AppStoreへ

     

  • Blue Lion
  • Devil’s Attorney
  • Chocobar Mania
  • PrismaPix
  • ミクフリック/初音ミク

Comments are closed.

PAGE TOP ↑