1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Briscola01

 

■ Brisca / Briscola / Briscas
互いにカードを出し合って得点を競うカードゲーム。点数が多い方が勝ち。

 

互いにカードを出し合って得点を競うカードゲームです。イタリアの非常に有名なトリックテイキングカードゲーム「ブリスコラ」です。カードを出して強い方が場のカードを取り、総得点を競います。

使用するのはトランプなんですが、イタリアのトランプです。イタリアのトランプは、起源のタロットカードの形を色濃く残していて、4種類のマークと8、9、10が無い10枚のカード、計40枚になっています。しかもこれが地方によって、ローマ式、ナポリ式とそれぞれ図柄が決まっているというとても面白いカードです。

いわゆる普通のトランプは、あれはマークなどを簡略化したフランス系のトランプになります。

 

 

Briscola02 Briscola04

 

このゲームは驚くほど簡単なゲームです。まず最初に先攻後攻を決めて、それからカードが配られます。

自分の手札は下で常に3枚です。この手札の中から好きなカードを互いに1枚ずつ出して、強いほうがその2枚のカードを取ります。これだけです。

 

カードの強さは

 

エース(1)→3→キング(12)→騎士(11)→兵士(10)→7→6→5→4→2

 

の順番になっています。

Briscola05

 

カードの勝敗は、最初の出した人のカードと同じマークで数字が上の場合、勝つことが出来ます。数字はそれぞれのカードの左上に書いてありますね。

例えば左の場合、最初に自分がコインの6を出しました。相手は杯の4を出しました。マークが違うので自分が勝ちになり、この2枚のカードを貰えます。

次に右の場合です。最初に自分が杯の7を出しました。相手は同じく杯の11を出しました。マークが同じで数字も相手が上ですのでこの2枚のカードは相手が取ります。

Briscola06 Briscola07

 

相手が杯の12を出しました。ここでこちらはコインの12を出してみます。するとマークが違うのでこの2枚のカードは取られてしまうわけです。

カードを取ったら互いに1枚ずつ山札から補充し、そのカードを取った人が先攻になります。

Briscola08 Briscola09

 

さてカードにはそれぞれ点数がついています。得点は以下のようになっています。

 

エース(1)→11点。

3→10点。

キング(12)→4点。

騎士(11)→3点。

兵士(10)→2点。

7、6、5、4、2→0点。

 

です。

 

最初のところでコインの6で相手は杯の4を取りましたが、6と4では互いに0点。つまり取ったところであれは得点にならないのです。

しかし上の場合は12が2枚取られましたので、4+4で8点取られたことになります。

最後にこの得点が高い方が勝ちになります。

Briscola10 

 

カードにはもう1つ「切り札」というのがあります。中央左にあるのが山札ですが、その隣にある棍棒の6が切り札のカードになります。これは1番最初に表になり、この場所に置かれます。ここに置かれたカードのマークが全て切り札となります。ここでいえば棍棒のカード全てが切り札になります。

 

切り札は切り札以外のカードに全て勝ちます。

例えばここでは相手が剣の10を出しました。剣の12を出せばマークも同じで数字も大きいので当然勝ちます。

しかし棍棒の10と棍棒の3は切り札です。ここでどちらを出しても剣の10には勝ちます。

切り札のカードは炎で燃えている表示になっています。

Briscola12 Briscola13

 

相手が剣の6を出しました。これは0点ですね。どれを出したらいいでしょう?

切り札の棍棒が2枚ありますが、片方は3で2番目に強いカードです。それをここで使う必要もありません。かといって杯の3を出すとマークが違っているので負けて杯の3は取られてしまいます。3は10点のカードですからここでは出せません。

そこで棍棒の10を出して勝ち、棍棒の10の2点を獲得するというわけです。

Briscola14 Briscola15

 

同じマークで得点を取れるカードがあったら、積極的に出して自分の得点にしていきましょう。

Briscola16 

 

切り札のエースと3は最強のカードです。例え相手が他のエースを出したところで勝ちます。

Briscola17 Briscola18

 

山札が無くなるとラストラウンドです。得点表示は消え、最後の3枚のプレイになります。

Briscola19 Briscola20

 

全てのカードを出し切るとゲーム終了です。終了時に得点の高い方が勝ちになります。

Briscola21 Briscola22

 

ゲームでは手札が3枚しかないので、段々と得点の高いカードだけがたまっていってしまいます。

Briscola23 Briscola24

 

こういうときでも切り札の杯をうまく使ったりして切り抜けていきます。

Briscola25 Briscola26

 

ラストラウンド。切り札は杯です。基本的に切り札のエースと3は最後まで残しておくというのが定石です。今までそのカードが出てこなかったことからも、相手の残り2枚は切り札の杯のエースと3であることは間違いないです。

するとどう考えてもこちらの2枚は必ず取られるので、ここは杯の12を出して得点を少しでも稼いでおきます。

Briscola27 Briscola28

 

やっぱりそうでした。両方のカードは取られます。

Briscola29 Briscola31

 

得点結果です。最後の3枚で逆転されました。

Briscola32

 

エースや3のカードを出すと画面が揺れたりエフェクトが入ります。

Briscola35 Briscola34

Briscola36 Briscola40

Briscola41 Briscola39

 

ゲームではWiFi対戦することも可能です。互いのカードを読み合い得点を競いましょう。

Briscola03 Briscola42

 

 

互いにカードを出し合って得点を競うカードゲームです。「ブリスコラ」というカードゲームです。イタリアでは、日本でいうところの大富豪のような位置づけのポピュラーなカードゲームです。

 

ルールは簡単で、強いカードを出した方が2枚のカードを取る、それだけのゲームです。カードにはそれぞれ得点がついていて、取ったカードの総得点で勝敗が決まります。

 

気をつけるところとしては、1-3-12-11-10-7-6-5-4-2という強さの順番をちゃんと覚える、1が11点、3が10点、12-11-10の絵札がそれぞれ4点、3点、2点。残りは0点という点数を覚える。相手のカードに勝つには同じマークで強い数、または切り札のみ。それ以外は別に難しいところはありません。

 

トリックテイキングゲームとしては珍しく、先に出した人のカードのマークと同じマークのカードを出さなければいけないというフォローのルールがありません。いつでも好きなカードを出すことが出来ます。つまり後手が圧倒的に有利なのです。

 

後手が有利であるがために、序盤は0点のカードを出しつつ牽制から入ります。最初のうちは切り札のカードも多いし、先に絵札のカードを出せばあっさり取られてしまうことがありますので。

しかしそれらのカードが無くなってくると、手には強いカードばかりが残って段々手が狭くなってきます。中盤ではいかにタイミング良く絵札を出して獲得し自分の得点にしていくか?がポイントです。

 

後半は強いカードが集中します。スタートから中盤まではその序章に過ぎません。全てのカードの総得点は120点です。つまり60点以上取れば勝ちです。エースや3は10点クラスですのでしっかりと自分の得点にしていき、また残り枚数と手札を計算して最後の勝負を仕掛けます。

 

カードを取り合うという単純なゲームですが、やってみると意外と難しくて、3枚という手札の少なさ、得点のカードと無得点のカード、切り札などいろんな駆け引きがあって面白いゲームです。

 

グラフィックはとても綺麗で牧歌的なBGMが常に流れています。エースと3を出したときには画面が揺れるのも面白いですね。ブリスコラのゲームは結構AppStoreにあるのですが、リアルタイムで得点が表示されるところ、独自のカードデザイン、カードの数値の表示、演出などが、このゲームのいいところじゃないかと思います。

 

難点。CPUが弱いです。最初のうちは難しいのですが慣れてくるとCPUに勝ちまくります。難易度設定ぐらいは欲しいものです。Briscas Versusのほうは無料のアプリになっていますが、単体では遊ぶことは出来ません。 Brisca / Briscola / Briscasをインストールしている人がいれば、その人をホストにしたWi-Fi対戦をするときにBriscas Versusをインストールすると普通に遊ぶことが出来ます。

ゲームに飽きるということはないのですが、1人用だけでは飽きてきます。せっかくBriscas Versusが用意されているので、ぜひ対戦をしてみて下さい。

 

このゲームはPlay Briscasのサイトのゲームをアプリ化したものです。Play Briscas(PCサイト)のサイトでは普通に遊ぶことが出来ます。

またイタリアのトランプはネットでも手に入りますし、普通のトランプでも8、9、10を抜けば遊ぶことが出来るので気になった人は試してみてください。このブリスコラをちょっと難しくしたスコパというゲームもありますからそちらも合わせてどうぞ。

 

単純なカードゲームですが、なかなか奥が深いゲームです。

 

 

     

    Briscola100 

    カードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.2
    開発 / Makebari

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 2.0 以降が必要

     

    Brisca / Briscola / Briscas
    AppStoreへ

     

    Briscas Versus
    AppStoreへ

     

  • Wizard
  • Black Maria
  • Hey, That’s My Fish! HD
  • Pictureka!
  • Ubongo Puzzle Adventure

Comments are closed.

PAGE TOP ↑