1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Pictureka01

 

■ Pictureka!
イラストの中から指定されたものを探し出すアイテム探しゲーム。全てを見つけるとクリア。

 

イラストの中から指定されたものを探し出すアイテム探しゲームです。カードをめくって、指定されたものをイラストの中から探していきます。イラストそのままのものもあれば、「昆虫」や「電気で動くもの」など、グループで指定される場合もあります。全ての物を見つけ出すとクリアになります。

 

ボードゲームに「Pictureka!」というアイテム探しゲームがあります。サイコロを振ってめくったカードに指定されたイラストを探し出すゲームです。ちゃんと探し出すことが出来ればそのカードをもらえ、カードの枚数で勝敗を決めるゲームです。そのものではなくグループで探すので、考えながら探せる面白いゲームです。

 

日本では「Pictureka!」ではなく「エガッタ!」というタイトルで発売されています。「絵があった!」ということらしいですが、面白いタイトルですね。見つけたときは大きな声で「エガッタ!」と叫んで指をさします。

 

そんな「Pictureka!」のiPhone / iPod touch / iPad版です。

Pictureka71

 

 

ゲームが始まるとまず最初にカードが引かれます。

Pictureka08

 

そこには探すべきものが書かれています。「1」が探す数で、「rope or wire」が探すものです。ロープかワイヤーがついたものを1つ探してください、ということですね。

Pictureka09

 

チェックマークをタップしたらスタートです。画面にはとても個性的なイラストが描かれていますね。左下は制限時間です。

Pictureka10

 

右下の赤い矢印をタップすると探すもののカードの内容を確認することが出来ます。

Pictureka11

 

画面をフリックすると左右に移動させることが出来ます。

Pictureka12

 

色んなイラストの中から目的のものを探し出してタップします。

Pictureka13

Pictureka14 

Pictureka15

 

正解ではないものをタップすると×印が出てしまいます。誤タップによるペナルティはありません。

Pictureka16

 

残り時間が少なくなってきました。探すものは「ロープかワイヤー」ですよね。この「トースター」にはワイヤーついていますよね。

Pictureka17

 

はい!正解!このように正解はズバリそのアイテム、というわけではなく、「ひもかワイヤー」が1部分でも使われていればそれが正解になります。

Pictureka18

 

正解するとすぐに次のカードがめくれられます。今度は「葉っぱがあるもの」が1個ということですね。ちょうど植木鉢みたいなものがあります。タップしてみましょう。

Pictureka19

 

これまた正解!タップするとその場所には新たなイラストが出てきます。

Pictureka20

 

次は「移動するもの」を3つ探します。

Pictureka21

 

このスケートボードも「移動するもの」ですよね。

Pictureka22

 

ハイ!正解!

Pictureka23

 

こんな風に次々にめくられるカードのものを制限時間内に見つけることが出来ればクリアです。

Pictureka24

 

今度は「音がするもの」を2つ見つけます。

Pictureka26

 

音がするもの、音がするもの・・・。

Pictureka27

Pictureka28

 

あれはアコーディオンでしょうか。あれは音がしますよね。

Pictureka29

 

正解!

Pictureka30

 

制限時間内に見つけることが出来なければゲームオーバーです。

Pictureka31

 

問題はいくつかまとまって出ることもあります。「ジャングルにいる動物」と「車輪がついたもの」2つですね。

Pictureka33

 

車とか、自転車とかなら「車輪がついたもの」は正解になります。この大砲みたいなものも車輪がついていますから正解です。

Pictureka36 

 

青いカードは探すもののイラストが描かれています。これを30秒以内になるべくたくさん見つけます。

Pictureka37

 

それぞれのイラストは大きかったり小さかったりしているので、なかなか見つけづらいですよ。

Pictureka38

Pictureka39

 

これは「甘いもの」3つと「道具」2つです。数も増えたり減ったりします。

Pictureka42

Pictureka44

 

「家具」が4つと、「足があるもの」2つです。

Pictureka45

 

カメとかイスとか。イスは「足のあるもの」と「家具」のどっちで正解になるんでしょうか?

Pictureka46

 

「ADVENTURE GAME」は1人用で、島を探検しながら進んでいきます。「VERSUS GAME」ではCPUやお友達と対戦することが出来ます。

Pictureka03

Pictureka49

 

相手をAIかお友達から選ぶことが出来ます。対戦人数は2~4人です。

Pictureka51 

Pictureka52

 

「VERSUS GAME」では、カードをめくってそこに書かれているものを見つけることが出来ればそのカードが貰えます。獲得したカードの枚数が、先に指定の枚数に到達した人が勝ちです。ゴールの枚数を設定できます。

Pictureka53

 

自分の番が来たらサイコロを2つ振ります。色のサイコロと数のサイコロです。色はカードに対応しています。

緑のカードには先ほどと同じように探すものが書かれていて、サイコロは探す数になります。

Pictureka60

 

「バスルームにあるもの」5個です。5個はキツイですね。

Pictureka61

 

よーいスタート!

Pictureka62

Pictureka63

 

青いカードにはそのものずばりのイラストが描かれています。これを早く見つけた人がカードを貰えます。プレイヤーが順番に探して、見つけたタイムを競います。1番早かった人がカードを貰えます。

Pictureka58

Pictureka56

Pictureka57

 

赤いカードは探す個数を自分で宣言します。

Pictureka66

 

1番多く宣言したプレイヤーが探す権利を得てプレイします。

Pictureka70 

 

前のプレイヤー以上の数でしかビット出来ないので数は段々と多くなります。

Pictureka68

Pictureka69

 

自分の名前やキャラクターはたくさんのモノの中から選ぶことが出来ます。

Pictureka04

Pictureka05

 

不思議なイラストの中から指定されたイラストを早く見つけていきましょう!

Pictureka55 

Pictureka02

 

 

イラストの中から指定されたものを探し出すボードゲームです。とても楽しいアイテム探しのゲームです。

 

まず目を引くのがこの独特のイラストたち。人や動物、車や家具、数字や文字、なんでもあります。大きいイラストや小さいイラストがごちゃ混ぜに並んでいます。

ゲームでは、カードをめくってそこに書かれているものを探し出します。しかし、探し出すものは「昆虫」とか「家具」とか「ジャングルの動物」とか、大きな範囲のものになっています。さらに正解となるのがこれまたユルユルな感じです。「歯」とかだったら動物でも人間でもOKですし、「ボタン」だったらボタンそのものではなくて、シャツを着ている人でもOKになります。

このユルユルな感じが手書きのイラストとうまくマッチしていてとても楽しいです。

 

ユルいな問題なら探すのも簡単なんじゃないだろうか?と思いきやとんでもない。これが意外と難しいのです。

 

アイテム探しや絵探しなどは、基本的には視覚で探していきます。例えば「ネコ」なら、どんなイラストでもどんなポーズをとっていてもパッと見て判断できます。ところが「ボタン」だと「この人のシャツにはボタンがついているな」とか1回考えてしまうのです。この「1回考えてしまう」というのがクセもので、ほんのちょっと時間が掛かって簡単に見つからないんですよね。

 

ゲームが進むと、「バスルームにあるもの」「チョウチョ」みたいに同時にいくつかの問題が出ます。2つになると考える時間も増えもっと混乱します。さらに「バスルームにあるもの」が見つけ終ったら、すぐ次のカードがめくられ「電気が必要なもの」「チョウチョ」に変わります。変わってしまうとまた混乱し、「今何探してるんだっけ?」とわけがわからなくなってしまうのです。

探すものを見つけてタップしたら、その同じ場所に違うイラストが出現します。問題はクリアしていくと次々と変わるし、イラストもどんどん変わる。うまくできていますね。

 

しかもじっくり考えているヒマはありません。制限時間がどんどんと迫ってきますから。これがまた軽快で人を焦らせるような音楽がガンガンにかかって「さぁ早く探せ」といわんばかりにこちらを追い詰めます。ヒントも一切無しです。

次々と変わるイラストや問題、軽快な音楽とタップの操作性。非常にテンポが良く全体の完成度がとても高いゲームです。

 

「VERSUS GAME」では本体を持ち替えて、通常の「エガッタ!」と同じような遊びが出来ます。イラスト自体は、「VERSUS GAME」のほうが実際の物と同じくらいの密度になっています。1人用の「ADVENTURE GAME」では多少間が空いていて余裕がある感じです。

問題もイラストの配置もプレイするごとに変わるので、位置を覚えてしまうということはなく何回でも遊べるようになっています。

 

難点。対戦は本体を持ち替えてのプレイになります。ローカル対戦やBluetooth対戦がないのが最も残念な点です。本体持ち替えてアイテム探ししてもあまり面白くありません。やっぱり全員が同時に探してなんぼのものだと思います。何回でも遊べるといっても1人では限度があります。

全編英語です。Electronic Artsは普段はろくでもないところまで変な日本語化するくせに、何でこれに限って日本語化しないのか理解不能です。難しい単語は出てきませんが、瞬間的にカードの文字を認識しなければいけないので、日本語のカードになっていないのは残念です。

 

20110113追記 : アップデートでゲーム内、カードまで全て日本語化されました。これにより直感的に遊べるようになりました。

 

Hasbroの公式サイトでPICTUREKA! Demo(PC/Flashサイト)を遊ぶことが出来ます。

気に入った方は、実際の製品もAmazonやら楽天で購入することが出来ますので探してみてください。お子さんと遊ぶと盛り上がります。

 

イラストがとても可愛い、テンポの良いアイテム探しゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Pictureka100 

    ボードゲーム / アイテム探し系 / 記憶力ゲーム / おすすめ
    価格 / ¥240
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.1
    開発 / Electronic Arts

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.0 以降が必要

     

    Pictureka!
    AppStoreへ

     

    Pictureka! for iPad (iPad)
    AppStoreへ

     

  • MONOPOLY Millionaire
  • Liqua Pop
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • TETRIS®
  • LITE-BRITE

Comments are closed.

PAGE TOP ↑