1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

McGuire01

 

■ McGuire
ホテルの建設、合併、株購入を繰り返していく対戦思考ゲーム。最終的にお金を1番持っているプレイヤーが勝ち。

 

ホテルの建設、合併、株購入を繰り返していく対戦思考ゲームです。互いにホテルを建てながらホテルチェーンを作っていきます。ホテルの株を買って資産を増やします。ホテル同士がくっつくとホテルチェーンになり、ホテルチェーンがくっつくと吸収合併が起こります。最終的にお金を1番持っている人が勝ちです。

 

モノポリーなどに代表される古典的なボードゲームに、「Sid Sackson/シド・サクソン」が作った超名作「Acquire/アクワイア」というゲームがあります。これは経済、株をテーマにしたホテル経営ゲームなんですが、単純でとても良くできたゲームです。そのアクワイアのフォロアーですね。

 

McGuire48

 

 

これがプレイ画面です。タテ12マス、ヨコ9マスになっています。ここにホテルを建設していきます。家のマークはすでに建設してあるホテルです。

各プレイヤーは6つずつホテルのコマを持っています。×のマークがそのコマの位置です。

ホテルのコマは好きなところに建てられるのではなく、建てる場所が全て決まっています。ですからこの×の中からホテルを建てたい場所を選びます。しかし他のプレイヤーがどこの場所のホテルのコマを持っているかはわかりません。

ホテルを建てたら1個補充されます。

McGuire04 

 

自分の番でやることは

 

・ホテルを1つ置いて建てる

・ホテルチェーンの株を3枚まで購入する

 

の2つになります。

 

まずは「ホテルを1つ置いて建てる」をやってみます。真ん中にホテルを置いてみましょう。ホテルが2つ繋がりましたね。

置いたホテルのコマが2つ以上繋がるとホテルチェーンができます。

McGuire05

 

ホテルチェーンが出来たら、どのホテルチェーンを作るか決めます。ホテルチェーンは7色あってそれぞれ価値が違います。左の2つ(青、水)が高く、右の2つ(緑、オレンジ)は安いホテルです。真ん中の3つ(赤、紫、黄色)は普通のホテルです。

左に書かれている金額が所持金です。真ん中は所持株数になります。

McGuire06 

 

ここでは青の高いホテルチェーンを作りました。ホテルチェーンを作ると創業者ボーナスとして、無条件でそのホテルチェーンの株券を1枚貰えます。青のホテルの株が1になっていますね。同時に銀行の株数が1減っています。株の総数は決まっているのです。

下のPriceは株価です。

ホテルチェーンを作るとホテルに色がつきます。

McGuire07 McGuire08

 

次は「ホテルチェーンの株を3枚まで購入する」です。出来ているホテルチェーンの株を購入できます。今は青のホテルチェーンしか出来ていないので、青しか買えません。これは買わなくても構いません。

下のホテルをタップして3枚購入しました。株数は3枚増えて4枚に。1株$5ですから$15支払って、現金は$45まで減りました。

これで自分の番は終了です。

McGuire09

 

他のプレイヤーのターンです。株を買ったり、ホテルを置いて新しいホテルチェーンを作ったりしています。ホテルは繋げると価値が上がります。

McGuire10 McGuire11

 

互いにホテルを建てたりチェーンを作ったり、株を買ったりを繰り返し、しばらく進んだところです。ホテルチェーンもだいぶできていますね。株もそれぞれ取得しています。

 

プレイヤーの所持金を見てください。だいぶ減っていますね。

 

実はここが最もこのゲームで重要なところですが、購入した株は売ることは出来ません。

では、どうやって現金を増やしたらいいのでしょうか?

McGuire13 McGuire14

 

各ホテルチェーンがくっつくと、ホテルチェーンの吸収合併が起こります。大きいチェーンに小さいチェーンが吸収されてしまうのです。

この場合だと青のホテルチェーンに、オレンジのホテルチェーンが吸収されてしまいます。

McGuire15 McGuire16

 

 

ホテルチェーンが吸収されると、吸収された側(オレンジのホテルチェーン)の筆頭株主と第2株主は配当金をもらうことが出来ます。

オレンジのホテルチェーンを見ると筆頭株主は黄緑のプレイヤーです。第2株主が自分です。この2人がそれぞれ配当金を貰えます。

McGuire14 

 

オレンジのホテルチェーンは吸収されて消えます。ここでオレンジの株を持っていたプレイヤーは、持っていた株を売るか、そのまま持っているか、または吸収されたホテルチェーンの株と2:1で交換することが出来ます。

ここでは「Sall All」で全て売ってみましょう。

右の画像の所持金を見ると、現金が増えています。

 

つまりこのゲームでは、大きなホテルチェーンに小さなホテルチェーンを吸収合併させ、吸収された小さなホテルチェーンの株を売ることでしか現金を手に入れることは出来ないのです。

McGuire17 McGuire19

 

オレンジのホテルチェーンは吸収されて消えましたね。青のホテルチェーンはさらに大きく成長しました。

 

ここで新たに現金を手に入れるにはどうするか?と考えると、赤か、黄色か水色のホテルチェーンの株を買い、筆頭株主、第2株主になったあと、青のホテルチェーンに吸収合併させれば儲かることが出来ます。

 

小さなホテルチェーンを買い、価値を高めてから大手チェーンに売る。M&Aの典型的な形ですね。

 

その際に株を売って現金を得てもいいし、株式交換で大手チェーンの株を手に入れても良いし、またはそのまま保持してさらに新しいチェーンが出来ることを狙って株をため込んでもいいわけです。

今、右上に新たにオレンジのホテルチェーンが出来ました。先ほどの5枚のオレンジのホテルチェーンの株を現金化せずに持っていれば、オレンジのホテルチェーンの株をすでに5枚取得済になる、というわけです。

McGuire20 McGuire21

 

ちょうど黄色のホテルを合併できる位置のタイルを持っていますね。しかし、株の表を見ると黄色のチェーンの株は1枚しか持っていないので、筆頭株主、第2株主の権利はありません。ですからここまだくっつけずに、黄色のホテルチェーンの株を買っていきましょう。

でも水色も赤色も吸収される可能性があります。どこの株を買っていくか、ここが悩み所ですね。

McGuire25 McGuire26

 

と、ノーマークだった右上のオレンジのチェーンが水色に吸収されました。あのとき売らずに保持していれば大儲けできたかもしれませんね。

McGuire27 McGuire28

 

とうとう黄色のチェーンが吸収されました。配当金を$40もらいます。

McGuire29 McGuire30

 

黄色ホテルチェーンの株4枚をどうしましょうか?ここは大手の青のホテルチェーンの株に交換し、筆頭株主を目指します。

McGuire31 McGuire32

 

青のチェーンがどんどん巨大化しています。ホテルチェーンは11個のホテルになると独立し、他のホテルチェーンに吸収されることはなくなります。今後は更に大きくなっていくでしょう。

青が右下の紫に伸び始めると、みんなこぞって紫の株を買い始めます。

McGuire34 McGuire35

 

上の水色のチェーンも大きくなり始めました。独立したチェーン同士を接続するような場所にホテルを置くことは出来ません。

そして紫も青のチェーンに吸収されます。なんとか第2株主になっていますので配当を貰えます。ここでまた持ち株をどうするかを決めます。

McGuire38 McGuire39

 

うまく立ち回れず、とうとう現金が無くなってしまいました。紫のホテルチェーンを合併させれば多少現金化できますね。

McGuire42 McGuire43

 

独立したホテルチェーンが41個以上に繋がるとゲーム終了です。全ての株の配当金と精算をします。最終的に1番お金を持っていた人が勝ちです。

McGuire44 McGuire46  

McGuire47 McGuire03

 

 

ホテルの建設、合併、株購入を繰り返していく対戦思考ゲームです。アクワイアは本当に良くできたゲームですね。味気ないシンプルなゲームですが、経済のエッセンスが詰まったゲームです。

 

ゲームでは「ホテルを置く」「株を買う」これだけです。繋がればホテルチェーンが出来ますし、繋げれば繋げるだけホテルの株価も上がります。

株はいつでもどのチェーンの株でも買うことは出来ます。

しかし株は好きなように売ることが出来ないので、やがては現金不足になっていきます。現金を得るにはホテルを吸収合併させ、その株を売却しなければいけません。積極的に吸収合併を仕掛けないと現金がなくなり、身動きが取れなくなってしまうのです。売却する際には筆頭株主と第2株主になっていれば配当金が貰えます。株は各チェーンで25枚ですから、13枚取得すれば自動的に筆頭になります。

 

モノポリーは交渉のゲームですが、このゲームは先を読むゲームです。どれが売れそうか?どこが儲かりそうか?相手の持っているホテルはわかりませんから、相手が株を買いだしたところを見逃してはいけません。ここに駆け引きが生まれます。

 

ホテルタイルはランダムで配られますから、そのあたりは運ともいえるのですが、このゲームは運だけでは勝ちきれないところがあります。

 

ゲームとしてはとてもシンプルに最低限のことは出来るようになっています。フォロアーですし非常に素っ気いない画面ではありますが、元々のボードゲームもかなり素っ気ないものなので、ルールさえわかればこれだけで十分なくらいです。

プレイは1人対AI3人のみです。ホテルチェーンが出来るとファンファーレが鳴ったりしてちょっと楽しいです。

ゲームの行動のログが見られるのも良いですね。

 

アクワイアの雰囲気を楽しむのにはいいのではないでしょうか?

 

難点。ホテルチェーンの価値がいまいち把握できないです。これはもともとのボードゲームもそうなんですが。吸収合併や配当金はホテルの数や価値で決まっているのですが、その説明がすっぽりと抜け落ちてしまっています。いつでも確認できるようになっていれば、もっとよかったですね。

AI対戦しかありません。ローカル対戦ぐらいはつけて欲しかったものです。AIはとても弱いです。

 

一応、株価と配当金はこんな風になっています。たぶん合っていると思うのですが違っていたらご指摘ください。

ホテルチェーンの数 株価 配当金
橙/緑 黄/紫/赤 水/青 株価 筆頭
株主
第2
株主
2 $2 $20 $10
3 2 $3 $30 $15
4 3 2 $4 $40 $20
5 4 3 $5 $50 $25
6-10 5 4 $6 $60 $30
11-20 6-10 5 $7 $70 $35
21-30 11-20 6-10 $8 $80 $40
31-40 21-30 11-20 $9 $90 $45
41以上 31-40 21-30 $10 $100 $50
41以上 31-40 $11 $110 $55
41以上 $12 $120 $60

 

 

ボードゲーム版の「Acquire/アクワイア」も面白い名作ゲームですので、気になった人はAmazonやらで検索して購入してみてください。

 

 

ホテルの建てて売って稼いでいくゲームです。

 

 

細かいルールの参考に

 

アクワイア

http://www1.ttmy.ne.jp/ikasama/game/acquire/index.html

 

 

     

    McGuire100 

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー
    価格 / ¥120
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.0.1
    開発 / Smuggly Systems Intergalactic

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.0 以降が必要

     

    McGuire
    AppStoreへ

     

  • Catan
  • Can’t Stop
  • リバーシクエスト
  • Agricola
  • Plant Tycoon

Comments are closed.

PAGE TOP ↑