1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Puzzle Agent01

 

■ Puzzle Agent
パズル捜査官となって謎を解いていくカジュアルゲーム。パズルをすべて解いていけばクリア。

 

パズル捜査官となって謎を解いていくカジュアルゲームです。FBIのパズル捜査官となって、雪が積もった街のある工場で起きた事件を捜査してきます。途中で出てくるパズルの謎を解いていきながら、事件の解決を目指します。

 

 

Puzzle Agent02

 

ここはFBI。

Puzzle Agent04

 

パズル捜査課。捜査官は1人だけ、Nelson Tether。ヒマです。

Puzzle Agent05

Puzzle Agent06

 

そこへなにやら不思議な格好をした人が現れて・・・。

Puzzle Agent07

Puzzle Agent08

 

気がついたら不思議な人はいなくなっていました。夢だったのか。

Puzzle Agent09

 

しかし、驚きのあまり持っていた新聞を破ってしまいました。これを元に戻します。

こんな風にストーリーの途中でパズルの問題が入ってきます。

Puzzle Agent10

 

右にある「HINT」を使うとパズルのヒントを教えてくれます。ヒントには限りがあります。

Puzzle Agent11

 

破ってしまったクロスワードパズルをドラッグして元の形に戻します。出来たら右下の「Submit」をタップします。

Puzzle Agent13

 

正解だと「ACCEPTED」が出て任務完了です。

Puzzle Agent14

Puzzle Agent15

 

謎の人物がクロスワードパズルの紙に書き残したメッセージには「SCOGGINS」と書いてありました。

Puzzle Agent16

 

そこへ電話が掛かってきました。ミネソタ州のScogginsという町の消しゴム工場でなにかが起きたようです。

Puzzle Agent17

 

その街へ向かいます。

Puzzle Agent18

 

ここでタイトルイン。

Puzzle Agent19

Puzzle Agent20

 

イラストは元Lucas ArtsのGraham Annable。

Puzzle Agent03

 

Scogginsにつきました。ゲームのアドベンチャー部分では、このようにそこで何をするかが表示されます。ここではおじさんに話しかけてみましょう。おじさんをタップします。

Puzzle Agent21

Puzzle Agent22

 

そうすると話しかけることが出来ます。話しかける項目をタップします。項目の頭にパズルのマークが出ている場合は、そのパズルを解かなければいけません。

Puzzle Agent23

 

これはスノーモービルが全てのホテルを通るようにしてゴールまで導きます。

Puzzle Agent24

Puzzle Agent26 

 

間違えると「REJECTED」になってしまいます。

Puzzle Agent27

Puzzle Agent28

 

1度人に話を聞いた項目は消されていきます。

Puzzle Agent29

 

全ての行動が終わると新たな行動目標が表示されます。ホテルのドアをタップして中に入ってみましょう。

Puzzle Agent30

 

左上のパズルファイルをタップすると今まで解いたパズルの内容を確認することが出来ます。

Puzzle Agent31

Puzzle Agent32

 

人をタップするお話が進んでいきます。会話は全て英語、フルボイスです。

Puzzle Agent33

 

そしてこのホテルのフロントでもパズルの問題がでてきました。

Puzzle Agent34

 

ノートに書かれているマークをヒントに部屋番号を入力します。

Puzzle Agent35

 

出てくる人には全て話しかけることが出来ます。

Puzzle Agent38

Puzzle Agent36

Puzzle Agent37

 

画面の中にこういったガムがついているときがあります。これを取ると使えるヒントの数が増えます。

Puzzle Agent39

 

このパズルは会話の中からアームレスリング大会で優勝したのはだれかを選びます。

Puzzle Agent40

 

これは人形がネガのように色が反転し、向きも変わっています。正しいものを選びます。

Puzzle Agent41 

 

この静かな街でいった何が起きたのか?パズルを解きながら事件を解決しましょう。

Puzzle Agent43

Puzzle Agent44

Puzzle Agent45

Puzzle Agent49

Puzzle Agent50

Puzzle Agent51

Puzzle Agent48

 

 

パズル捜査官となって謎を解いていくカジュアルゲームです。レイトン教授のようなアドベンチャーパズルゲームです。

 

消しゴム工場の怪事件をパズル捜査官が調査します。アドベンチャーゲームのように色んな場所に移動して街の人に話を聞き、ストーリーを進めていく途中でパズルの問題が出てきます。ミニゲーム的なパズルもあれば、そのパズルをクリアしないとストーリーが進んでいかないものがあります。

わからないときはヒントを使います。ヒントは段階を重ねてより重要なものを教えてくれます。これもレイトン教授と同じですね。

しかし、ヒントのガム(最初は変形した脳みそだと思ってた)は限りがあるし、ゲーム中で見つけることが出来るのもわずかです。ヒントの使用回数もクリアの点数に影響しますから、なるべくならヒントを使わずにクリアしたいところでです。

 

グラフィックは元Lucas ArtsのGraham Annableが描いています。どこかで見たような、そしてとても味のある絵ですよね。コミカルでとぼけた感じのキャラクターがとても素晴らしいです。

そして全てのキャラクタの会話はフルボイスで再現されます。BGMや進行など映画を見ているようでとても楽しいです。

 

肝心のパズルですが、非常にオーソドックスなものです。昔のパズル本とかによく出てくるタイプのものです。

しかし、それをうまくストーリーにそって作られています。

例えばホテルのロビーにある人形をタップすれば、そこから人形のパズルが始まったり、保安官と話をしている最中に会話の流れからパズルに入ったりと、違和感のないパズルの配置がされています。全員の会話の中から正解を見つけるテキストロジカルなパズルがいくつか入っていたのが新鮮でした。

パズルの種類も偏らずに豊富で飽きずに楽しめると思います。

 

パズルの数は大体40前後です。

 

難点。英語です。これにつきます。こういうレイトン教授系のゲームのパズルは、それほど難易度が高いパズルはありません。そのかわりストーリーとうまく絡めて作ってあります。このゲームもパズル自体の難易度はかなり低いのですが、うまくストーリーの状況にあったアレンジがされています。こういうパズルの場合パズルの雰囲気が大事なのですが、その点でやはり英語が多少でもわからないとキビしいものがあります。

特にこのゲームの場合、テキストロジカルのパズルがいくつか出てきます。こればかりは何が書いてあるかわからないと、論理の建てようがありません(強引な総当たりでのクリアは可能)。

またヒントを使って教えてくれる情報も全て英語ですので、ヒントはあまり当てにしない方がいいかもしれません。

逆に英語がわかるとあまりにも簡単すぎるゲームではあります。

 

映画のようなパズルゲームです。

 

 

     

    Puzzle-Agent100 

    カジュアルゲーム / 完全思考型パズル / 推理系
    価格 / ¥600
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.1
    開発 / Telltale Inc

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.1.3 以降が必要

     

    Puzzle Agent
    AppStoreへ

     

    Puzzle Agent 1.1 LITE
    AppStoreへ 無料版

     

 

  • Puzzle Star
  • The Jim and Frank Mysteries – The Blood River Files
  • Ubongo Puzzle Adventure
  • Mystery of Unicorn Castle
  • Clash Puzzle

Comments are closed.

PAGE TOP ↑