1318 Review twitter Follow me!RSS

Puzzle-App.com パズルゲームアプリのレビューサイト

starstarstarstarnone

Kingdoms01

 

■ Reiner Knizia’s Kingdoms
互いにタイルを置いていって得点を競うボードゲーム。最後に得点が1番多い人が勝ち。

 

互いタイルを置いていって得点を競うボードゲームです。自分の城タイル、危険タイル、資源タイルを場に置いていきます。得点は縦列、横列で計算します。プラスのタイルやマイナスのタイルがあるので、どの場所に置くかがとても重要です。危険を避け、より多くの資源を獲得します。最終的に得点が1番高い人が勝ちになります。

 

とてもわかりやすく、悩みどころが満載のReiner Knizia(ライナー・クニツィア)のKingdomsです。Kniziaのゲームは悩みどころが多くとても面白いのですが、たまに自分が何を悩んでいるのかがわからなくなってくるという訳のわからないゾーンに陥ることがあります。その点、このKingdomsは非常にわかりやすくて面白いゲームです。

 

そんな隠れた名作「Kingdoms / キングダム」のiPhone / iPod toucn / iPad版です。

Kingdoms109

Kingdoms02 

 

 

Kingdoms03

 

これがゲーム画面です。手前が自分のお城のタイル、その右が自分が持っている資源のタイルです。1番右が資源・危険タイルの山になります。

Kingdoms93 

 

ゲームはとても単純です。タイルを真ん中にある縦5、横6のマスに順番に置いていきます。

 

自分の番が来たら

 

・手元にある城タイルを置く

・山の資源・危険タイルをめくって場に置く

・手元にある資源・危険タイルを置く

 

このうちのどれか1つをします。

Kingdoms06

 

山のタイルをめくって置いてみましょう。タップしてめくり、ドラッグして好きな場所に置きます。タップしてめくってから置きたい場所をダブルタップしても置くことが出来ます。

これで自分の番は終了です。

Kingdoms94

 

相手が自分の城タイルを置きました。

Kingdoms09

 

タイルはこのような構成になっています。手元にあるのが「お城タイル」です。これは8角形の形をしていて縁が各プレイヤーの色になっています。「お城タイル」は1から4まであり、それは左側の点で表示されています。プレイする人数で1のお城タイルの数は変わりますが、2人でプレイする場合は1の城が4枚、2の城が3枚、3の城が2枚、4の城が1枚になっています。

Kingdoms105

 

次は「資源タイル」です。これは山になって右下に積まれています。ただし、このタイルは最初に1枚だけ自分の手元に持ってスタートします。1から6(平野、農場、村、工房、市場、塔)まであり、各2枚ずつあります。

Kingdoms106

 

これは「危険タイル」です。これも右下の山に混ざって置かれています。-1から-6(沼、廃墟、狼、山賊、ゴブリン、オーガ)まであり各1枚ずつあります。

Kingdoms107

 

「特殊タイル」です。様々な効果が現れるタイルです。x2(金鉱)が1枚、山のタイルが2枚、ドラゴンのタイルが1枚あります。

これが全てのタイルになります。

Kingdoms108

 

戻ります。

自分の番が来たので今度は手元のお城タイルを置いてみます。タップして置きたいお城タイルを選んでからドラッグして置きます。

Kingdoms95 

 

タップして選択してから、置きたい場所をダブルタップしても置くことが可能です。

Kingdoms11

 

さて得点はどのようになるのかといいますと、得点はお城のタイルと資源のタイルをかけた点数になります。

Kingdoms14

 

右側に置いてあるお城タイルは1のお城タイルです。この列同じ列にある上の+4の資源タイル、そして横の同列にある+4の資源タイルに影響を及ぼします。

今は1のお城X{(+4の資源タイル)+(+4の資源タイル)}で8点を得ていることになります。

Kingdoms96

 

しかし相手もまた同じ計算になります。資源タイルは共有ですので、相手も8点、もう1つお城のタイルがあるので+4点ということになります。

Kingdoms97

 

相手が更にこの場所にお城タイルを置くと、もう4点追加されます。ここに相手のお城タイルを置かれても自分の得点がかわることはありません。8点のままです。

Kingdoms98

 

最終的な得点は各縦列と各横列で計算していきます。お城タイルには1から4のタイルがあります。置いたお城タイルの数でも得点が変わります。

Kingdoms18

 

1番左の縦列は4のお城タイルと1のお城タイルが置いてあります。つまり、お城タイル(4+1)X資源タイル(+4)で、この縦列だけで現在20点を獲得していることになります。

Kingdoms99

 

こうやってタイルを順番に置いていき、得点を競います。

Kingdoms19

 

自分の番では資源のタイルかお城のタイルのどちらかを置きます。

Kingdoms21

 

あっと。右のタイルの山の中から「危険タイル」が出てきました。これは資源とは違い、マイナスの表記になっています。

Kingdoms24

 

とりあえずここに置いてみましょう。

Kingdoms25

 

マイナスの危険タイルも資源タイルと同様の計算になります。1番上の列は危険タイルを置く前は、1のお城と3のお城、4の資源タイルがあって合計16点でしたが、危険タイルを置いたことにより、1のお城と3のお城、+4の資源タイルと-2の危険タイルを足して2、合計8点に減ってしまいました。

もちろんここにさらに危険タイルを置かれると、マイナス分はもっと大きくなります。

お城タイルを置いて倍率を上げるのはもちろんいいのですが、相手に危険タイルを置かれてしまうと得点が減ってしまうこともあります。

Kingdoms100

 

+5の資源タイルを引きました。どこに置いたらいいでしょう?自分の赤のお城が得になる場所、相手の青の城のに得にならない場所を探して置いていきます。

Kingdoms30

 

ここでしょうか。自分の4の城と3の城が置いてあるので倍率も高いし、高得点ですよね。

Kingdoms31

 

たまに山から「特殊タイル」を引くことがあります。これは金鉱です。「X2」という表記になっています。これが置いてある列は得点が倍になります。

が、しかし、マイナス点も倍になります。

Kingdoms32

 

相手が-5の危険タイルを引きました。ちょっとやな予感。

Kingdoms33

 

うわ。4の城と2の城の位置に置かれました。そのまま-5をかけた分マイナスになります。

Kingdoms34

 

今度は自分の番で-3の危険タイルをひいちゃいました。もうほとんど置く場所がないんですよね。

ここに置いたら4の城があるし・・・。

Kingdoms37

 

とりあえずここにしましょう。

Kingdoms38

 

あれ。他の場所の方が相手の得点も下げられたのでよかったかもしれません・・・。

Kingdoms39

 

ゲームはマスが全てタイルで埋まると終了になります。そこで最終的な得点が確定します。あと残り1枚。

Kingdoms42

 

最後の1枚は特殊カードの「山」でした。

Kingdoms43

 

「山」の特殊カードが置かれるとその列は分断され、別々の計算になります。例えばこの赤い自分の城は、山を越えて左側のタイルの効果を得ることは出来ず、右側3つのタイルだけの計算で、逆の左の得点は計算されません。

Kingdoms101

 

つまりx2の「金鉱」の効果はなくなってしまったというわけですね。

Kingdoms102

 

でもいいこともあります。ここに山のタイルが置かれたことで、下の2の城にかかるマイナスの危険タイルの点もなくなりました。このように山は効果、得点を分断します。

Kingdoms103

 

全ての得点を計算し、第2ラウンドになります。左下の数字が2になっています。これを3ラウンド繰り返し得点を競います。

でも、ちょっと見てください。手持ちにお城のタイルが微妙に違いますね。

実は使った2から4のお城タイルは3ラウンドを通じて1回しか置けません。1のお城タイルは次のラウンドが始まるとき、全て戻ってきます。つまり3ラウンドを通じて、いつ、どこで3や4のお城を置いて勝負を仕掛けるかが重要なのです。

Kingdoms44

 

残りの最後の特殊カード「ドラゴン」です。

Kingdoms60

 

「ドラゴン」は縦列横列の全てのプラスの「資源タイル」を無効にします。でもマイナスの「危険タイル」は有効です。縦列の上にある「+5の資源タイル」は無効になり、下の「-1の危険タイル」だけが計算されます。迷惑なタイルですね。

Kingdoms104

 

後はこれを繰り返し、最終的に得点が1番高かった人が勝ちです。

Kingdoms64

Kingdoms68

 

自分は得になるように、相手が損をするように置いていきます。

Kingdoms77

Kingdoms79

 

オプションではプレイ人数や相手の強さ、考えるスピードなど設定することが出来ます。

Kingdoms84

Kingdoms85

Kingdoms86

 

相手の考えを読み、タイルをうまく置いて得点を伸ばしましょう!

Kingdoms89

Kingdoms83

 

 

互いタイルを置いていって得点を競うボードゲームです。

 

自分の番ですることは

 

・手元にある城タイルを置く

・山のタイルをめくって場に置く

・手元にある資源タイルを置く

 

このうちのどれかです。そして3ラウンドゲームをして合計得点が1番高い人が勝ちです。

 

縦列、横列は全て別々に計算されます。つまり1つのタイルは2回計算対象になるということです。

得点は城X(資源タイル+危険タイル)です。

2以上の城タイルは次ラウンド開始時にも戻ってきません。

 

あまり派手な感じではないですが、ルールがとても簡単でわかりやすいです。おそらくこれを読んだだけで、「ああ、なるほど」と、ゲームの内容とか困り所まで理解できたと思います。クニツィアのゲームは、ジレンマや悩みどころが多く面白いのですが、たまに何を悩んでいるのかわからなくなるような時があります。しかし、このゲームはとても明解。悩むというより、困ってしまうんですが、こういう事で困っているということがわかるゲームです。

 

ゲームの得点は城と資源のかけ算で決まります。かけ算ということは、要素が2つ必要ということになります。つまり、ちゃんと自分の得点にしようとしたら2手必要になります。

しかし、その2手の間に相手の番が入ってきます。つまり先に点を確定させるのは相手なのです。このジレンマ。それは逆もしかり。ここに壮絶な駆け引きが生まれます。

 

先に4の城を置けば、マイナスの危険タイルを置かれたら得点を下げられます。得点の高い資源タイルを置けば、いい場所を先に取られます。

タイルが埋まってくれば今度は置きたくても置けない状態が続いていきます。いい資源タイルを引いて自分に得な場所に置こうとしても相手も一緒にプラスになったり、マイナスの危険タイルを引いて相手の点を下げようとすれば同時に自分の点も下がってしまったり。ここもジレンマ。しかしそれでも最小の被害で治めるような場所を探して置いていきます。

相手の置いたタイルに相乗りし、ことごとく足をひっぱりあう。自分が得になり相手が損をすればそれでいいんです。

 

タイルを引いたらそれは必ず置かなければいけません。これは運です。しかしどこに置くかは戦略になります。

そこでポイントになるのは、1枚だけ最初に資源・危険タイルを持っているということです。これはプラスでもマイナスでもいざという時の切り札に使えます。この1枚があるだけで、運のみにはならず、非常に戦略的に面白いものになっています。

 

またタイルが全て見えているのも特徴です。資源タイルや危険タイルは数が決まっています。ボードゲームではカウンティングという、人が使ったものとかお数を覚えておいて全体であといくつ残っているからこういう手を打とうとか、そういうことを計算したり読んだりするんです。

ですが普通はそんなことはしません。だって面倒くさいですから。

でもこのゲームの場合、全てタイルが見えているので、あと何枚残っているかというのがわかりやすいんですね。タイルの数も少ないし、資源は全部2枚で危険は1枚、城のタイルも決まっています。ですから計算がとても楽なんです。もしかしたら残りの-6が出るかもしれない、ならここは潰しておこう、とかそういう読みもやりやすく、簡単にカウンティングしながらできるんです。なんかちょっとうまくプレイしている気になりますね。

 

2以上の城タイルはラウンド終了時に回収されてしまうというのもポイントです。これにより3ラウンドを通じた戦略を考えることが出来ます。早い場面に4や3の城を使い切れば後半の点は伸びません。しかし、後半になってもちゃんとその城がうまく使えるかの保証はありません。マイナスをかけられば総得点は減ります。

まさにいつ使うか、どこに置くかが非常に重要なゲームです。

 

4人まで対戦できますが、ごちゃごちゃになってくるので、2人か3人がいいと思います。

 

 

難点。ゲームは非常に面白いのですが、グラフィックとか何やらがとにかく地味ですね。操作性もあまりよくありません。ドラッグしてると指で隠れるし、どこに置けるのかがよく見えません。タップ→ダブルタップの方が良いかもしれません。

城タイルが下過ぎて選択がやりづらいです。

音は何もないし、画面の迫力も無いし、どうもここのはReiner Knizia’s MoneyReiner Knizia’s High Societyもそうですが、再現度は高いですけど、それだけって感じです。ゲームが動かしづらいというか、自分の感覚とズレるというか。

マルチプレイヤーモード、ローカル対戦、インターネット対戦、すべてありません。残念です。

このキングダムは「市場のお店」というゲームのリメイク(城はお店、資源はお客)なのですが、そっちのほうがもっとわかりやすくてよかったんじゃないでしょうか。

 

 

簡単で手軽に困ることが出来るゲームです。おすすめ。

 

 

     

    Kingdoms100 

    ボードゲーム / 対戦思考ゲーム / ストラテジー / おすすめ
    価格 / ¥480
    カテゴリ / ゲーム
    バージョン / 1.00
    開発 / Skotos Tech

    iPhone、iPod touch および iPad 互換
    iOS 3.2 以降が必要

     

    Reiner Knizia’s Kingdoms
    AppStoreへ

     

  • Reiner Knizia’s High Society
  • Reiner Knizia’s Money
  • Reiner Knizia’s Masters Gallery
  • Battleline – A Reiner Knizia game
  • Reiner Knizia’s Color Conquest

Comments are closed.

PAGE TOP ↑